CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
失敗してもなお [2017年09月16日(Sat)]
今週の虹っ子では
「バシッ!」「バシン!」
という音が響きわたっています。

共通の課題は工作。
なぜそんな音がするかというと、作ったものでこんな遊びをしているからです。

DSCN0928.JPG

iPadの手順書を見て、牛乳パックを切って貼り合わせ、飾り付けるとオリジナルの円盤が完成。
まだ手順書を見ることに慣れていない小学校低学年の子たちにも、「見て作る」ことを意識してもらいました。
テープや色紙を使って思い思いの飾り付けをし、できあがったものがこれ。

DSCN0929.JPG
DSCN0930.JPG

今週はこのあとが盛り上がりました。
昔で言うパチンコのイメージで、円盤を輪ゴムにひっかけて飛ばします。
うまく飛ばすには少しコツがいるのですが、
「バシン!」
と新聞紙にあたったときの爽快感がたまらない。
男の子たちは特に楽しかったようで、失敗してもあきらめずに何度も飛ばして遊んでいました。

「失敗はつきもの」とよく言いますが、失敗はイヤなもの。
でも今週は、
「うまくなりたい!上手に飛ばしたい!」
という強い気持ちが、失敗を帳消しにしてくれていたようです。

新聞に穴が開いたり、円盤が刺さったりするほど強く飛ばせた子もいて、
今週は大にぎわいでした。

DSCN0926.JPG

クローバー


Posted by サポートネット at 10:40
せっかちさんにはゆっくり対応 [2017年09月12日(Tue)]
先週の虹っ子放課後デイでは、iPadを使って仲間はずれ探しをしました。

まちがいさがし.PNG

アプリを使用して、画面に表示されるイラストの中から1つだけ違うものを見つけてタップします。一見、簡単なように見えるのですが、問題が進むにつれて「ひっかけ問題」が増え、ミスが出やすくなります。

時間制限があるわけでないのですが、
「早く解きたい!」
というせっかちさんはミスが出ます。
「慌てずに落ち着いてやってみよう」
と声をかけ、ゆっくり取り組めばミスしないことを伝えています。

虹っ子ではあそびの時間にiPadを1人20分間使用することができます。
そのときにもせっかちさんは慌ててタップします。少しでも反応が遅いと連続してタップします。いわゆる「読み込み中」が待てないのです。
余計にタップするとおかしな画面が出てしまうこともしばしば。

「せんせー!なんかへんになった〜!!」
とさらに慌てるせっかちさん。

そんなときには、せっかちさんのペースには合わせません。
「何度もタップしてiPadが困っているよ。この画面のときには待ってあげてね」
と声のトーンを落として、あえてゆっくり伝えます。
「うん、わかった」
と少し落ち着きを取り戻したせっかちさん。
まだ慌てることはあるけれど、だいぶ穏やかに取り組めるようになりました。

子供が思い通りにならなくて、わーっとなったときに
大人も慌てて対応すると、子供は
「わーっと騒げば大人は動いてくれる」
と誤学習をしてしまいます。

せっかちさんは、発達のひとつの段階として見られる姿です。
そのときの大人の対応次第で、その後の子供の姿を変えることができます。
「わーっ!」を減らしたければ、大人は冷静に。
もちろんすぐにはうまくいかず、お互い忍耐が必要な練習ですが、少しずつ減らしていけるように、さまざまな生活場面で練習をすると変わっていけると思います。

クローバー

Posted by サポートネット at 12:50
夏休みの虹っ子 [2017年08月22日(Tue)]
連続30日以上毎日雨が観測された今年の仙台の夏。
放課後等デイ虹っ子のみんなはそんな中でも毎日元気に虹っ子に来てくれています。
長期休みの虹っ子の活動は毎年特別バージョン。
来所するとまず「今日虹っ子でやりたい活動やあそび」をプログラムの中から自分で選びます。
この方法に慣れてきた虹っ子たちの中には「今はあまりやりたくないけれど、もしかしたら後からやりたくなるかもしれないから三角印をつけておこう」と柔軟に予定を組み立てられるお子さんもいます。

今年の虹っ子の目玉は「科学あそび」!
毎週「自然に動き出すクリップ」や「落ちない10円玉」など職員とちょっと不思議な世界をながめています。
今週は水を使った科学あそび。
水を取り入れたことで「実験」っぽい雰囲気になり、さらにはハラハラドキドキ。
虹っ子たちからは「すごーい」「うわー、残念―!」(必ずしも成功するとは限らないのです・・・)と歓声があがっています。

DSCN9856.JPG

さらにこの夏新しいゲームが虹っ子に登場しました。
みんなで楽しめるあそびやゲームの探求に余念のないJ先生が見つけてきてくれたカードゲームです。
単純な絵合わせなのですが、幾通りものゲームの仕方があること、短時間で決着がつくものもあり勝敗にこだわってしまうお子さんでも悔しがる間もなく次々とゲームが続けられること等色々な要素がありこちらも虹っ子たちに好評です。

DSCN0302.JPG

こちらは虹っ子園芸部から。
今年も沢山のほうせんかが咲きましたかわいい
うさこ

Posted by サポートネット at 09:37
NPOで高校生の夏ボラ体験2017 [2017年08月10日(Thu)]
サポートネットは今年度も認定NPO法人杜の伝言板ゆるる主催、「NPOで高校生の夏ボラ体験2017」に参加しました。
4人の高校生が2週に渡りサポートネットに来てくれました。
プログラムは放課後等デイ虹っ子で子供たちと遊び、触れあうことの他、疑似体験を通した発達障害についての基礎理解、NPOの役目と我々サポートネットのミッションの紹介等多岐にわたります。

緊張した面持ちで子供たちの前にやってきた高校生たち。
「お姉さんたち、虹っ子に来たの初めてだからいろいろ教えてあげてね。」とスタッフが子供たちにお願いするとまかせてよ、と言わんばかりの笑顔が返ってきました。
虹っ子のあそびのルールを教えてあげたり、ボードゲームのルールを説明したり。
役割をお願いされた子供たちは「ねえ先生、お姉さんたちも一緒にDS大会に参加したらいいんじゃない?」「お姉さんもかき氷たべるかなあ?」と、みんなの優しさがここそこに光っていました。
そんな子供たちに引き込まれ高校生たちも自然と緊張がほぐれていったように見られました。

DSCN0179.JPG

夏ボラに参加したみなさん、色々な想いを持って虹っ子を後にしたことと思います。
また機会がありましたら、是非是非遊びに来てくださいね。
お待ちしていますかわいい

そしてそして。会員さんから大きなスイカをいただきましたるんるん
夏の特別おやつに子供たちも大喜びでかぶりつきました。
美味しいスイカ、ありがとうございました。

DSCN9938.JPG

うさこ

Posted by サポートネット at 13:22
自分でえらぶ [2017年07月22日(Sat)]
今週の虹っ子放課後デイは、まちがいさがしをしました。

じーっと絵を見て、間違いを探してマルをつけるという作業は単純ではありますが、「じーっと」というところに難があります。
細部まで注意深く見るという作業には「集中」や「忍耐」という要素も含まれます。
大人でも取扱い説明書を熟読するのが苦手な方がいますよね。それと同じだと思います。もちろん逆にそれが得意!という方もいますね。

そこで、今週は「難易度は自分で選択する」方法をとりました。

IMG_0273.JPG

その結果、間違い探しが苦手な子も得意な子もモチベーションを保って課題に取り組むことができました。
与えられたものだと納得がいかないことでも、自分で選択するとやる気になるものです。

小さい頃は選択するというよりすでに決められたものを与えられることが多いので、「選べる」ことは子供たちをワクワクさせることにもつながると感じます。

いつもなら
「せんせー、おしえて〜」
とヘルプを求めることが多い子が、無言で集中して取り組んでいた姿がステキでした。

クローバー
Posted by サポートネット at 10:23
すごろくはわかりにくい [2017年07月08日(Sat)]
今週の放課後デイ虹っ子は、すごろくをしました。
すごろくはボードゲームの代表とも言えるかと思いますが、
紐解くと、煩雑な目には見えないルールがいくつも存在します。

 ・順番通りにサイコロを振る
 ・触っていいのは自分のコマだけ
 ・今いるマスの次のマスから数え始めて進む
 ・自分の順番がくるまでは待たなくてはならない

すごろくは誰でも知っているゲームなだけに、これらのルールは説明書にすら書かれていないことがしばしば。

わかりにくいのです。
よくわからないから、何度もサイコロを振ってしまったり、人のコマを触ったりして
「みんなとゲームができない」という状況が生まれてしまうのです。


そこで今週の虹っ子では、細かいことも目に見える形にして取り組みました。
 ・順番をホワイトボードに書く
 ・手順を書く
 ・ゲーム中のマナーを書く
 ・コマに名札をつける
 ・今が誰の順番なのかを示す

これらをやってみたところ、すごろくが初めての子も、待つことが苦手な子も、暗黙のルールがわからなかった子も、スムーズに取り組むことができました。

DSCN0845.JPG

写真は低学年の子供たちの様子。
終わったときに
「たのしかった〜」
と全員が口をそろえて言っていたのが印象的でした。

クローバー

Posted by サポートネット at 15:24
サーキットあそび [2017年06月28日(Wed)]
今週の放課後等デイ虹っ子では運動課題に取り組んでいます。
限られたスペースの課題エリアに所狭しと組み立てられたサーキット。
運動課題の時には靴下を脱ぐよう勧めています。
靴下のイラストを貼ったカゴを用意しておくだけで、みんな何も言われなくとも靴下をいれてくれます。
DSCN0771.JPG

「もっと難しくしたい人は先生に言ってください」と伝えるとオリジナルサーキットが続出!
和室の前まで続く長〜いサーキットや、間隔をあけて大股歩きをしなければならないサーキット。
片足立ちコーナーではこんなポーズも登場しました。
おみごとですかわいい
DSCN0768.JPG

うさこ

Posted by サポートネット at 09:58
明日は半袖?長袖? [2017年06月20日(Tue)]
初夏ですが寒暖の差が大きい日々が続いていますね。
今週の放課後等デイ虹っ子ではiPadを使った課題。
着ていくのにちょうどいい洋服の目安を知るため明日の最高気温・最低気温を調べています。
寒がりな人もいれば、暑がりの人もいます。
また袖のある・なしで心地よさを感じる人もいます。
感じ方は人それぞれですが、“自分にちょうどいい洋服”選びの目安として、気温が参考になるよ、ということを子供たちに伝える課題です。

いつもおしゃれなポニーちゃんに洋服選びはどうしているのか尋ねてみると「自分で選んでいるよ」と教えてくれました。
この日長袖を着ていたポニーちゃんは「暑くもないし寒くもない。ちょうどいいよ」と話していました。

気温調べが親戚の住んでいる地域に広がることもあります。
「明日、最高気温が28℃だって!仙台より暑いね〜」
「明日、県外のおじいちゃんの家に行くとしたら何を着ていったらいいかな?」
など話題は尽きませんかわいい
DSCN0627.JPG
うさこ

Posted by サポートネット at 19:11
今日は父の日 [2017年06月18日(Sun)]
今週の放課後等デイ虹っ子ではフォトフレームを作りました。
iPadに示される手順書と現物見本を見ながらの制作。
手順書作りは課題作成のポイントの一つです。
どのような手順書が子供たちにとって分かりやすいものなのか、手順書に必要な要素とはなんだろう…等々毎回考えさせられます。

飾り付けにとても時間をかけていた、ブレードくんの作品です。
写真が見えるところには自分の似顔絵を描きました。
今日は父の日。お父さんへのプレゼントにもいいですね。
DSCN0549.JPG


DSCN0547.JPG
さてこちらはみんなのあそびの場、プレイルームの一コマ。
レゴブロックの下にタオルケットが敷いてあります。
中央にレゴブロックを広げて遊んでいると、お目当てのレゴブロック探しに夢中で
それぞれのパーゾナルスペースが曖昧になることがよくあります。
タオルケットを敷くことで共有スペースがぐっと分かりやすくなり、レゴブロックも探しやすくなりました。
うさこ

Posted by サポートネット at 09:35
「写真に撮らなくちゃね」 [2017年06月07日(Wed)]
虹っ子設定課題で度々登場するKAPLA(カプラ)はフランス発祥の木製ブロック。
同じサイズの木の板なのですが、完成作品を検索してみると「接着剤を使わずにこんなすごいものを作ったの!?」と思わず声をあげてしまうようなタワーや船、お城などが画面に表示されてきます。

今週の放課後等デイ虹っ子ではこのKAPLAを使って三角タワー作りにチャレンジ。
お子さんによって5段、10段作ることを目標として事前に伝えていますが、みんな目標をクリアしてももっともっと高いタワー作りに励んでいます。

バランス感覚のとてもいいブレードくん。
KAPLAを積み上げて様子を遠目からみていたのですが、そのタワーはカーブを描くことなく常にまっすぐ。
スタッフ「ブレードくん、すごいよ。KAPLAがまっすぐだよ。」
ブレードくん「え、そう?」
本人はあまり気にせず、ただ高さを追及していただけのようでしたが、どんどん高くなっていくタワーは美しいの一言。
手持ちのKAPLAを全て使い、テーブルを離れ自分の作品の全貌を見届けたブレードくんから「これは、写真に撮らなくちゃね」とリクエストがありました。

ブレードくんの作品がこちら。上から見るとずれていないことがよく分かります。
DSCN0450.JPG

DSCN0451.JPG

今回のKAPLAに限らず、虹っ子では子供たちから「写真に撮ってください」と頼まれることがよくあります。
レゴブロックやプラレール、ホワイトボードに描いたイラスト等々あそびの中で頑張って作ったけれどこのまま残しておくことはできないものはスタッフが率先して写真に収めてきましたが、その様子を見て子供たちからも自然とリクエストがあがるようになりました。
自分の作品を大事にしたい気持ちと虹っ子みんなで使うものという共有物の意識。
その両面をこれからも支えていきたいと思います。
うさこ
Posted by サポートネット at 10:16
| 次へ