CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
基本的な理解について [2017年08月20日(Sun)]
今日は、今年度第2回目のセミナー「発達障害の基本的な理解 〜医療的視点から〜」を開催しました。
今年度は、ヤマト福祉財団の助成事業により、『2017年 自閉症・発達障害支援セミナー 本人の自立と歩みよりの地域社会を目指して』を大きなタイトルに掲げて研修会を開催しています。

今日は、五十嵐小児科の今先生から、発達障害の基本的な理解についてお話しいただきました。
診断のこと、特徴のとらえ方、具体的な支援の例まで、とても分かりやすく、私自身はなんとなくしか分からなかったようなことも整理される感覚がありました。
そしてたくさんうなずきました。

なぜ、その人に合った支援や関わり方の工夫が必要なのか、診断から将来像までが、しっかりと結び付くような内容だったと思います。
多面的に考えることの大切さ。
いろいろな考え方、感じ方をする人がいるということ。
相手を尊重することの大切さ。
状態像の変化に合わせた支援が必要だということを、丁寧にお話ししてくださいました。

そして今先生の温かさを感じる内容だったと思います。

今月初めに第1回目のセミナーを開催し、その時も定員を超える人数が集まりました。
今日も本当にたくさんの方が参加されて、皆さんの熱意を感じました。

支援者の先生方も、保護者の皆さまも、それぞれ時間やご都合をやりくりして、あるいはご家族とお子さんと予定を事前に組み立てて、参加されていると思います。
「学びたい!」
「理解者を増やしたい」
といった皆さんの気持ちに少しでも応え、子供たち、ご本人たちが少しでも暮らしやすい社会になることを心から願っています。
ご参加の皆さまから、理解の輪がさらに広がりますように!

ご多忙な中、講師をお引き受けくださいました今先生に深く感謝申し上げます。
今先生、本当にありがとうございました。


リボン
Posted by サポートネット at 17:54
仙台に遊びに来てくれて、ありがとうございます [2017年08月18日(Fri)]
また雨かぁ…雨
そんな日々が続いている中、
今年もかつて学生ボランティアをしていた方々が遊びに来てくれました。
雨でも気持ちが明るくなる、嬉しいひとときです。

東京、青森、函館から3名。
みなさん、それぞれ学校や福祉の現場で活躍しています。

仙台に遊びに来てくれることも本当にありがたい。
それぞれ、ボランティアをしていた曜日に顔を出したので、子供たちも大喜び。

恥ずかしくて、なかなか挨拶できない子。
嬉しくて逆立ちし始める子。
「来年の僕にも会いたいでしょ」と来年の予約を取る子。
いろいろな子供たちの反応がありました。
中には、
「子供たちと会う時間までは仙台に滞在できないのですが、職員だけでも会いにきました」
と、いう方もかわいい

来てくれたボランティア卒業生のみなさん。
本当にありがとうございます。

040.JPG

「発達障害に関わる支援者のための情報交換会」の参加者もまだ募集しています。
8月25日(金) 19:00〜20:30(開場18:30)
場所:エルソーラ仙台 研修室(AER28階)
参加費:無料

詳細はこちら
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3589
まほろ
Posted by サポートネット at 20:15
支援者育成講座「ソイル」が始まりました [2017年07月31日(Mon)]
2017 年 支援者育成講座「ソイル」が始まりました。

発達障害を抱える子供たちの根っこがしっかり育ったら、自分らしく輝く存在になれると私たちは考えています。その根っこを育てるためには豊かな土壌が必要です。
土壌となるのは「支援者」。水分や養分をたっぷり含んだ良い土壌となるために、支援の方法を一緒に学んでみませんか?

というのを合言葉に、全 5 回の講座を開催しています。

7 月 30 日(日)は
第 1 回「発達障害のある人の支援の今とこれから」
    講師:梅田真理先生(宮城学院女子大学教授)
第 2 回ワークショップ「教材づくり〜ポイントと製作〜」
    講師:当法人職員

を午前と午後に分けて開催しました。

去年も梅田先生には、お話をしていただいているのですが、
何度聞いても新鮮。何度聞いても心に響きます。

発達障害だから・・・ではなく、ひとりひとりの状態に合わせて考える
発達障害でおしまいでは、何の解決にもならない
あれ?っと思ったら、接し方のスタイルを変えてみる
大人と子供、うまくいかない時は大人が歩み寄る

など、特別支援教育の理念から、自立に向けてのお話まで様々なお話を聞くことができました。

そして、午後はワークショップ。
教材を選ぶ.PNG

昨年も、ワークショップを開催したのですが、今年はカテゴリーを増やし
・マッチング
・ぺぐさし
・せんたくばさみ
の 3 種類の教材作成コーナーを設けました。


どの教材を作成するか、みなさんに選んでいただいたところ・・・・

マッチングが大人気!
マッチング2.PNG

正直、 iPad やスマートフォンを駆使しなければならないマッチングは少ないのではないか・・・と思っていたのですが、そんなことはなく沢山の方がマッチングを作成してくださいました。

自分でインターネットから画像を検索して作成した方、
Keynote やドロップトークを活用して作成した方、
見本のものをコピーして作成した方。

「デジタルとアナログの融合」という声があがりましたが、いろいろなマッチングができました。

せんたくばさみ課題や、ペグさし課題でも、子供に合わせてみなさんが試行錯誤。
基本に忠実なものを作る方もいれば、私たちが思いつかなかったような作品、箱を綺麗にデコレーションして、子供達の意欲を高めるような課題が出来上がりました。
せんたくばさみ2.PNGぺぐさし2.PNG

受講生の方々が、各々すぐに使える課題を完成させていたので、是非、子供達に使ってもらえるといいな。と思います。

そして、あー!ここをこうすれば良かった!!
と、さらに試行錯誤していただきたいと思います。
まほろ
Posted by サポートネット at 21:12
きれいなお花が届きました [2017年06月01日(Thu)]
会員さんよりキレイなお花が届きました。

IMG_3287.JPG
本日、6月1日はサポートネットの前理事長、大塚美智子先生の七回忌です。
教材室には、微笑んでいる大塚先生の写真があります。

6年経った今でも、中高生には知っている子もたくさん多く、
今でも時々大塚先生の話題になる事があります。
保護者の方々の話題にも、未だにあがることもあり、
こうやって、想っていただける方々がいることをとても嬉しく思います。
IMG_3288.JPG

先日、大塚先生が小学校で特別支援学級担任(当時は特殊学級)だった頃の保護者達が集まり
「大塚先生を偲ぶ会」
が行われました。

「まほろちゃんも来れるなら…」
と連絡があり、私も出席させていただきました。

保護者の方々にとって、先生の娘である私は30年経った今でも「まほろちゃん」です。
大塚先生の教え子たちは、私と同世代です。
当時、特殊学級が少なく、広範囲から集まってきていたことから、1つの学級にとてもたくさん児童がいた記憶があります。
自閉症、ダウン症、知的障害、プラダー・ウィリー症候群などなど
様々な子が集まってきて、みんな一緒の大きなクラスでした。
毎年行われるキャンプの時には、みんなの兄弟姉妹も参加し、私も一緒に遊んでいました。

特殊学級だったみんなが、運転免許をとった話、自分の稼いだお金でジムに通っている話などを聞きながら、
「立派になったなぁ〜」「素敵な生き方だなぁ」
と、今の近況を一緒に喜ぶことができました。

そして、保護者の方から大塚先生に言われた言葉を拾っていくと

「ひとりひとりに合った学びを積むことの大切さ」
「保護者と一緒に子供たちの育ちを考えていくことの大切さ」など、

サポートネットの理念がそこにあるようでした。

最後に
虹っ子にきている中学生の子が
「大塚先生に会いたいなぁ…」
と言っていたので
「天国に行けば会えるのかなぁ・・・・」
と答えたところ

「もう、生まれ変わっちゃってるよ。いい魂は早く生まれ変わるから」

っと。
そう想ってくれていることが、とても嬉しかったです。
IMG_3286.JPG
まほろ
Posted by サポートネット at 19:58
総会と保護者会がありました [2017年05月28日(Sun)]
本日は、平成29年度通常総会でした。

ご出席の皆様ありがとうございました。
議事のすべてが、満場一致で可決承認されました。

今回は、新拠点移転の発表もあり、出席予定以上にたくさんの方がいらしてくれたこと、そして皆さんとまた前進できることをとても嬉しく思います。
来て下さった方に感謝をこめて。
新拠点については「すぽっと」にも掲載していきます!

そして、子供支援事業のプリズム保護者会で発表したことがもう一つ
今年も「学び合い」の季節がやってまいりました。

今年初めの学び合いは

平成29年8月5日(土)
講師は、札幌市自閉症者自立支援センター ゆい所長 加藤潔先生です。

詳細は、案内チラシをご覧ください。
七夕前夜祭ですが、みなさん加藤先生に会いに来てください。
お申し込みはお早めにどうぞ。

保護者会では、活動の様子をスライドで見て頂きました。
IMG_0956.PNG

これは、その中の一枚。
2月(バレンタイン)の様子ですね。

今年も、子供たちの目がキラキラするような活動を考えています!!

改めて、総会、保護者会と長い時間のご参加ありがとうございました。

まほろ

Posted by サポートネット at 17:07
THE BIG ISSUE(ビッグイシュー) [2017年05月16日(Tue)]
5月15日発売の「THE BIG ISSUE」にみやぎ発達障害サポートネットが掲載されました。

IMG_3166.JPG

ビッグイシューは「ホームレスの仕事をつくり自立を応援する」事業で、
サポートネットの一番近くだと、ハピナ名掛丁入口で売っているのをよくお見かけします。
調べたところ、クリスロード・イオン仙台店付近も販売場所になっていました。

350円のうち、180円が販売者の収入になるそうです。

後藤はビッグイシューの販売のお手伝いをしたことがあります。
NPO・NGO関連の研修のおり、認定NPO法人ビッグイシュー基金の方のご協力のもと、新宿駅前でビッグイシューの販売をしました。

その頃、後藤は風邪をひいており、自慢の大きい声も出せず、1冊しか売れないという悲しい結果ではあったのですが・・・・。
能動的に動いた方が、販売数が上がるということを肌で感じました。


5月号の表紙・スペシャル企画はビートルズです。

ビッグイシューの記事はどのページも素晴らしく、全ページカラー刷りというのもすごい。
個人的には「ホームレスの人生相談」が好きです。
ビッグイシューを手に取ると、必ずそのコラムから目にします。

15日発売ということで、当日買いに行こう!!と決めていたのですが、
あいにく、15日の仙台は大雨・・・この雨では外で販売することは難しい・・・。
ということで、本日16日に手にしました。

ビッグイシューは店頭販売を行っていません。
欲しい!と思ったら、販売者の方のところへ行くことをオススメします。
まほろ
Posted by サポートネット at 17:37
認定NPO法人 みやぎ発達障害サポートネットの組織基盤強化ストーリー [2017年05月15日(Mon)]
Panasonic NPOサポートファンドのHPにビッグイシューで取材を受けた内容が掲載されました。

http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/report/miyagi_support-net.html


サポートネットはサポートファンドの組織基盤強化を受けて、大きく変わったと感じています。

私達は、支援の中で子供たちの「自分のいいところ」を伸ばし、引き上げ、それをどう強みにして生活に生かしていくかを考えています。

サポートファンドさんには、その組織版をしていただいたと思っています。

組織診断が始まったときにわかったこと。
職員みんなが「療育」という同じ方向を見ていました。
そして、今まで積み上げてきた「療育」が自分たちの強みであることを知りました。

平成30年までに、移転をしなければならない!!
と思い、移転の支援を募りたくても、
自分たちがどんな社会を目指しているのか語ることができなければ、何も動かないことも知りました。
だからこそ、自分たちの団体を職員全員が語れるようになるために、話し合いを重ね、練習もしました。

やりたいことの1つに
「自分たちのテキスト作り」があり、
目指すものができたけれど、具体的にどこから手をつけていいかわからない!!
という、中高生のテスト前のような気分になりつつ、
そこをみんなで一緒に考えながら、ひとつひとつ進めていったところ、
「みて!できたぁ!」ができあがりました。
みてできたの中.jpg


さらなる発展として、支援者育成も掲げ、
2017年には発達障害支援者育成講座「ソイル」を開催することも決まりました。
soil5_blog用.pdf

きっと、職員が急に変わったのではなく、
良い所をたくさん持っていて、その良い所を組織診断で見つけてもらい、
組織基盤強化で良い所を伸ばしていただいたのだと思います。

そして、こどもたちには「自分らしく自信をもって生きて欲しい」と願うように、
団体にも団体らしさの自信がつきました。


最後に、相馬代表の言葉を引用します

「発達障害の子どもの療育を担う地域のハブ的な存在として、一人でも多くの子が自分らしさを大切にできる大人になれるように私たちの活動を広げ、社会に子どもたちへの理解を深めていきたいと思っています」

まほろ
Posted by サポートネット at 19:50
10周年記念号の会報誌「すぽっと」 [2017年03月27日(Mon)]
3月19日にサポートネットは10歳になりました。
IMG_2565.JPG

そして、会報誌「すぽっと」の125号では10年目の特集でいっぱい!
いつもは4ページ構成ですが、今回は6ページ構成です。
特集は、新拠点へ向けて、職員がワークする様子。
今年、たくさんの方に書いていただいた紙飛行機!
そして、みんなの笑顔などなど

すぽっとでは、この10年目を記念して
「10個のいいね!〜サポートネットのいいところ〜」を連載してまいりました。

01 活動場所の進化
02 子供支援事業 ぬくもりすぺいす虹っ子の進化
03 市民理解への架け橋〜ボランティアの活躍〜
04 プリズム・虹っ子流 iPad活用法
05 すぽっと100号&ブログ3000記事突破
06 2回の認定とファンドレイジングへのチャレンジ
07 私たちの出会いとつながり
08 法人初の中期計画策定と組織基盤強化
09 療育事業プリズム〜法人独自の療育システム〜
10 みんなの笑顔〜あったらいいなが叶ったら〜

この10回目の「みんなの笑顔」は、プリズムの子供達に書いてもらった文章とイラストを掲載しています。

ここで、すぽっとにも掲載された作品を、1つずつ紹介したいと思います。

star_みんなのえがお.jpg
「みんなの笑顔」by star

「プリズムという場所」
 自分は行動が遅い。時間の使い方が苦手だ。小さい頃から、自分はどうして他の人たちにようにできないのかと、ずっと悩んでいた。しかし、プリズムではそんな自分のペースに合わせてくれて、その中で先生や友達と話して、それが自分の短所なんだと分かってきた。それで落ち込むというよりは、なんとなく腑に落ちて、その上で出来る限り頑張ろうと思えた。
一方で、自分は時間を要する分、一つ一つのことを丁寧に処理することができるらしい。このことは、プリズムの中で、時間のかかる自分をむしろ肯定的に捉えてくれたからこそ、気付くことができたのだと思う。それで、なんとなく自分に自信が持てた。
 プリズムに通い始めた頃は(その頃はまだ虹っ子だったが)、どうして自分がこのような場所に通っているのかもよく分からず、そんな中で多少面倒に思いながらも通っていた。だか、高校生になった今、改めて振り返ってみると、プリズムに通うのは月に数回で、生活の中心になっているとはいえないが、それでも、いやだからこそ、学校とは違う環境で、自分がどんな人間なのかが、通う度に少しずつ分かってきたような気がする。自分もプリズムに通い始めて8年くらい、その間には様々なことがあったが、プリズムという場所は、陰ながら自分を支えてくれていたようにも思える。
 今は部活が忙しかったりして、グループのセッションに参加できないことも多いのだが、セッションの中で、グループのメンバーとは特別話すことはなくても、なんとなく安心できる。また、グループセッションを振り替えて個別でやったときには、自分の悩みや、将来のことについていろいろ相談できて、少しすっきりできる。プリズムはやはり今でも、自分のことを支えてくれているのだろう。
 プリズムにいれるのも、高校卒業までの後1年くらいだろう。高校を卒業してから、具体的にどのような道に進むかは、まだ決まっていない。だが、おそらくどのような道であっても、プリズムに通って自分のことを知ることができたことは、大いに役に立ってくるだろう。だからこの先、プリズムへの感謝を胸にしまいながら、頑張っていこうと思う。
 10年後、自分がどんな人間になっているのかは全く分からないが、今よりも成長することができていればいいと思う。そのとき、プリズムもまた、今よりももっと素晴らしい場所になっていればと、そう切に願っている。
byシャア・アズナブル



「すぽっと」は仙台市民活動サポートセンター、福祉プラザ、児童館、NPOプラザ、のびすく、アーチル、えくぼなどに置いてあります。
創刊してから、毎月休まず発行している、サポートネットの柱のひとつです。
見つけた際には、ご覧になっていただけると嬉しいです。
まほろ
Posted by サポートネット at 19:02
89ersの観戦記 [2017年03月23日(Thu)]
先日、宮城県共同募金会さんからのお誘いで、バスケットボール
仙台89ers vs 富山グラウジーズを観戦してきました。

突然のお誘いだったということもあり、子供たちは来れるだろうか・・・・。

と思ったのですが、誘ったみんなほぼ「行けます!!」っとの返事。

常磐君は、お誘いの声を掛けた時に

『バスに乗り遅れて、プリズムに遅刻してきた。
来た時にはグループセッションが既に終わっていた』

という大ハプニングがあり心が乱れていたために・・・・

まほろ「常磐君!89ersの観戦誘われたよ!!みんなと一緒に行こうね♪」

と声を掛けた時に

常磐「行かない!!そんなの嫌だ!もうここにも来ない!まほろ先生も大嫌いだぁぁ!!」
(バスケのお便りをぐちゃぐちゃに丸める)
まほろ「今のは聞こえてないよ。何も聞こえなかった。大丈夫。先生は常磐君が大好き。一緒にバスケ観戦したい。落ち着いたらバスケのお誘いのおたより見てね。お母さんにメールしておくね。あとでお母さんからバスケの事きいてね」

と告げ、そっとその場を離れました。
(まほろの顔を見ていると、バスに乗り遅れた悲しさが込み上げてくるので)

数日後、虹っ子に来ていた常磐君から声を掛けられ

常磐「先生!Pepper来るんでしょ??楽しみだなぁ♪」
まほろ「楽しみだねぇ。89ersも楽しみだねぇぇ♪常磐君どっちの方が楽しみ??」
常磐「どっちも楽しみに決まってるでしょ!!~♪」

っと。
おぉ。自分で「行かない!」と言ってしまったことが反故になってる♪
一度やらないと言ってしまうと、後戻りができなくなってしまう常磐君だけに、反故にできたことがとても嬉しく、一緒にバスケに行くことも楽しみにしていたことも嬉しく感じました。

さて、バスケ。

第1クォーターにダブルスコアで差をつけられた89ers。
子供たちも
「負けるかもしれない・・・・」
という空気が流れる中、バスケ経験者の高校生だけは

「まだ、大丈夫。流れがこっちに向いてくれば、全然大丈夫な点差です」っと。

それを信じて応援するしかない!!

第4クォーター時には、かなり追い上げてきて・・・・

ついに逆転!!!
そこからのシーソーゲームも白熱し、それまで
「あきてきた・・・」と言っていた小学生も応援グッズを両手に声を出していました。
そして勝利!!!

大差からの逆転勝利に子供たちも「すごい試合だった!!」と大興奮でした。
ご招待いただき、本当にありがとうございました。

みんなのありがとうコメントを一部ご紹介します。
ちなみに、ほとんどの子が試合中に書いているため、勝利コメントではなく、観戦記ですね。

IMG_20170323_0002.jpgIMG_20170323_0001.jpg
まほろ
Posted by サポートネット at 13:13
組織基盤強化によって進化×深化を図った3年間 [2017年02月24日(Fri)]
Panasonic NPOサポートファンドのHPに、先日行われた
「2016年募集事業 贈呈式&組織基盤強化フォーラム」
の活動レポートが出ていました。

組織基盤強化といわれてもピンとこなかった3年前。
今では「療育」ばかりに焦点を当てがちだったスタッフもNPOとして考えるようになりました。
自閉症・発達障害のことについての勉強を深めることはもちろん、中期計画や行動プランを立てていく過程において、さまざまな視点を持つことができ、自分たちの療育を1冊の本にすることができたというのも、自信につながりました。

Panasonic NPOサポートファンドさん
本当にすばらしい3年間の学びをありがとうございました。

http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2016_pc.html
キャプチャ.PNG

まほろ
Posted by サポートネット at 17:23
| 次へ