CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
「発達障害児の教育の場における支援と二次障害の予防」 [2017年09月07日(Thu)]
2017年自閉症・発達障害支援セミナー
「本人の自立と歩みよりの地域社会をめざして」
のお知らせです。

「発達障害児の教育の場における支援と二次障害の予防」
日時:10月9日(月・祝) 10:00〜12:00(開場 9:45)
講師:植木田 潤 氏(宮城教育大学 特別支援教育講座 准教授)
定員:100名

本人の自立と歩みよりの地域社会を目指して、今回は教育の視点から学びます。

自閉症スペクトラム・発達障害のある子供たちへの、教育の場における支援や配慮のこと、二次的な障害に陥りやすい原因とその予防策など、この分野で研究を行っている宮城教育大学の植木田先生からお話しいただきます。

ご家族、教育・保育・福祉の場などで子供たちと関わる皆様、自閉症スペクトラム・発達障害について関心のある皆様のご参加をお待ちしています。

植木田先生.JPG

お問い合わせは事務局までお願いします。
TEL:022-265-5581
まほろ

Posted by サポートネット at 08:42
情報交換会を開催します [2017年08月08日(Tue)]
「みやぎ発達障害サポートネット」では、学校、幼稚園・保育所、福祉事業所など
発達障害に関わる支援者のための情報交換会を開催します。

8月25日(金) 19:00〜20:30(開場18:30)
場所:エルソーラ仙台 研修室(AER28階)
参加費:無料      定員30名程度

発達障害のことを学んでも、どこにつなげたらいいのか、福祉サービスはどのようなものがあるのか、子供や保護者に対してどのような関わりをしたらよいのか、法人としての人材育成を他の団体はどう行っているのかなど、さまざまな分野の方々と情報を共有することで、支援の輪を広げ、発達障害のある方が安心して過ごせる社会づくりをめざしていきたいと思います。

連携.png

申込みは、事務局までFAX、またはメールでお願いいたします。

発達障害に関わる支援者のための情報交換会(申込書).docx

FAX:022-352-7088
Mail:mddsnet@yahoo.co.jp

また、情報交換会とは別に、会終了後に、親睦を深めたく懇親会を企画しております。
お一人様(3000円)です。ご無理のない程度にご検討ください。みなさまのお目にかかれることを楽しみにしております。
Posted by サポートネット at 16:02
加藤潔先生セミナーは満員御礼 [2017年07月25日(Tue)]
8月5日開催の加藤潔先生公開セミナーは、お申し込み受付けが定員に達しました。
これからお申し込みの方は、キャンセル待ちになりますのでご了承ください。

今回のテーマは
「自己理解と育ちの支援」です。
お知らせ直後から、問い合わせが多数ありました。

多方面からの問い合わせがあることからも、加藤先生の人気の高さを実感します。

加藤潔先生ファンは多く、
何度でも聞きたい!
他の人にも聞かせたい!
もっとこの子たちのことが好きになりました!
と、多くの声をいただきます。

個人的には、毎年先生の話を聞くことで、初心に戻り、新たな気持ちでスタートすることができています。

8/5は仙台花火!!
次の日から七夕ということで、仙台にはたくさんのお客様がいらっしゃいます。
道路の混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。

まほろ
Posted by サポートネット at 10:03
七夕に、サポートネットの願いをのせて [2017年07月07日(Fri)]
本日、七夕ですね。

ただ、仙台に住む私たちにとっては、ごくごく普通の日。
街に七夕飾りが多く出るのは、旧暦の七夕である8月7日です。

8月7日は夏休み中であるため、学校関係の行事としては、本日行うところもあるかと思います。
子供の頃、「学校で7月に願い事を。家で8月に願い事をかなえるチャンスがある!仙台ってちょっとお得♪」と思っていました。
願い事は「欲しいもの」ではなく、将来の夢や得意になりたいことなど、努力目標であるというところが七夕の素敵な所だと思います。

さて、サポートネットの願いは
「発達障害のあるご本人とその家族の楽しく・安心した生活が実現しますように」
ということで、日々、子供支援と保護者支援を。今年からは、支援者育成も行います。

そんな中、内閣府より、休眠預金等活用審議会のヒアリングを受けることになりました。
内閣府のHPにヒアリング先のリストはこちらです。
http://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/20170627/shiryou_1-2.pdf

内閣府の政策の1つである「民間公益活動促進のための休眠預金等活用」
詳細はこちらです
http://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/index.html



サポートネットの活動概要等には

「パナソニックのサポートファンドを3年間受け、被災地で組織基盤強化を行い、発達障害の分野で確実に活動しており、行政からの支援の行き届かない分野で着実に活動をしている。何がインパクトであるかについても時間軸的な感覚も持っている。」

と紹介されていて、身が引き締まる思いです。

これからも、着実に地域に根付く活動を目指したいと思います。
まほろ
Posted by サポートネット at 14:27
すぽっとバックナンバーのお知らせ [2017年06月16日(Fri)]
サポートネットでは、移転に向けていろいろと準備を始めています。
本当にいろいろな準備がある中で、荷物の整理も大きな課題。
整理の仕方を整理しながら、少しずつ取りかかっています。

団体の活動開始と同時に発行を始めた、『会報誌すぽっと』は、創刊してから一度も休まず、毎月の発行を続けてきました。
今月で、128号の発行になります!

今回、『会報誌すぽっと』のバックナンバーを設置しました。
すぽっとバックナンバー
事業所にお越しの際に、どうぞお持ちください(99号まで、在庫限りとなります)
ぴかぴか(新しい)

すぽっとの中には、前理事長大塚先生が書いてくださった文章も、たくさんあります。
“美智子さんの知恵袋” は、子供たちを理解するための知恵、関わり方の知恵が満載。「背向型の原理」や「ピグマリオン効果とゴーレム効果」など、すぽっと第13号から44号まで、25回の連載になりました。
“知恵袋” 以外にも、巻頭などでたくさんの学びと気づき、温かさを私たちにくださいました。

okoさんのマンガ、“才能パレード” ももちろん!今までのものが載っています。

そして、発達障害を取り巻く、特にここ10数年の歴史と共に、NPOとして活動してきたサポートネットの歴史も詰まっています。

今まで蓄えてきた力が、さらに大きく花開くようにと願いをこめて、活動を続けます。

今年度開講する、支援者育成講座「ソイル」は、定員いっぱいのお申し込みをいただき、昨日、受付を終了しました!
日頃、支援に携わる皆さまと共に、学びを深めていきたいと考えています。

最後になりましたが、
会員さんより、本を寄せていただきました♪
天空図書にラインナップしますので、どうぞご覧くださいかわいい
図書ありがとう


リボン
Posted by サポートネット at 14:58
総会に参加してください [2017年05月22日(Mon)]
暑い日が続いています。5月なのに!?というような気温晴れ

もうすぐ会員総会の日です。

学校行事などと重なることもあり、やむをえずご欠席の方からは、委任状をいただいていますm(_ _)m ご協力ありがとうございます。
委任状の返送は、25日までです郵便局
必要事項の記入と、忘れずに印鑑を押して投函してください!
印鑑がないと無効になってしまいますので、ご確認ください☆

返信用の委任状ハガキは、皆さまから寄せていただいた書き損じ等のハガキを活用しています。
ご協力をいただき、本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)

そしてexclamation
やっぱり、総会に参加していただくのが一番ですわーい(嬉しい顔)
NPOの意思決定最高機関は、総会 ですexclamation

サポートネットの運営に大切なのは、会員の皆さまの意思です。
サポートネットは、どうだったらいい??
昨年の事業活動を振り返り、新年度の計画を共有。
総会で顔を合わせ、これからの運営について意見交換ができる年に一度の機会です。

ご都合のつく方は、ぜひぜひ、ご参加くださいわーい(嬉しい顔)

お待ちしています・・・揺れるハート


リボン
Posted by サポートネット at 16:22
今月末は総会です! [2017年05月11日(Thu)]
平成29年度の会員通常総会の開催日が近づいてきましたexclamation

正会員の皆さまに、議案書をお送りしています。
昨年度の事業報告、そして今年度の事業計画と、活動内容が本当に盛りだくさんです。
盛りだくさんながら、できるだけ多くの方に分かりやすいようにと考えながら、作成しています…m(_ _)m
ぜひ!資料をお読みいただければと思います。

そして、当日はぜひぜひ、ご参加くださいかわいい
今年度の活動の大きな部分になる、移転についてのお話もあります。
各事業の今年度の計画も、それぞれあります。
活動報告として、スライドショーも予定していますわーい(嬉しい顔)

サポートネットの活動目的は、
「発達障害のある人とその家族が、人格の尊厳を保ち、安心して暮らせる社会づくりに貢献すること」。
ご一緒に、夢を実現させましょうぴかぴか(新しい)

ご都合により欠席の場合は、委任状ハガキに必要事項を記入・押印の上、投函してください。
5/25必着ですので、お早目にお願いいたします。
総会の成立のために、印鑑を押している委任状が必要です。
何より、皆さま一人一人の意思表示が大切ですぴかぴか(新しい)
ご協力をお願いいたします!

賛助会員の方は、会の傍聴ができますので、ご参加の際には事前にお知らせください!

皆さまにお会いできますことを、楽しみに待っております。
どうぞよろしくお願いします。


リボン

Posted by サポートネット at 12:58
社会的インパクト評価促進のロジックモデル [2017年04月20日(Thu)]
内閣府で行っている社会的インパクト評価の普及促進に係る調査の一環で、実践事例ワークショップが2月に仙台で開催され、サポートネットからは代表理事と事務局長が参加しました。

社会的インパクト評価とは、短期・長期の変化を含め、事業や活動の結果として生じた社会的・環境的な変化、便益、学びその他効果を定量的・定性的に把握し、事業や活動について価値判断を加えることです。
社会的インパクト評価を行う目的は、大きく2つ「事業や活動の利害関係者に対する説明責任を果たすこと」及び「事業や活動における学び・改善に活用すること」が挙げられます
(引用:http://www.impactmeasurement.jp/about/


そして、ワークショップに参加し作成したロジックモデルが、
「評価が高かった事例」として、内閣府のホームページに掲載されました。
https://www.npo-homepage.go.jp/toukei/sonota-chousa/social-impact-sokushin-chousa
(一部抜粋)
ロジックモデル.PNG
3年間、組織基盤強化に取り組んできた上で、自分たちが何をしたいか、何を大切にしたいか、自分たちができることは何か、そして社会がどうなったらいいか・・・・と職員みんなで話し合ってきました。

ロジックモデルには、それが詰まっています。

子供たちに「見える化」「わかりやすく」「伝わるように」と常に考えながら療育プログラムを作成していますが、団体のことをほかの外部の方に伝える際に、私たちの活動の「見える化」「わかりやすく」「伝わるように」がここにあると思いました。

私たちは、このロジックモデルを、政策提言などの発信や組織の運営管理などの向上にも、大変有効な手立てとして捉えています。
まほろ
Posted by サポートネット at 17:51
新年度になります [2017年03月31日(Fri)]
新しい季節を迎える時期になりましたかわいい
子供たちも、卒園卒業・終業式を終えて、4月から新学期が始まりますね。

新学期は、いろいろと負荷もかかる時。
ゆるっと春休みを送って、ゆるっと新学期にしましょう(*^_^*)

さて、
昨日と今日は療育の調整日で、スタッフはミーティングや資料の整理、新年度の準備などをしています。
MTG1
年間計画を確認したり、個人目標を立てたり。
療育のプチ事例検討会も!

MTG2
MTG3

エネルギーをチャージして、新年度、皆さんをお迎えしますわーい(嬉しい顔)
元気にお会いしましょう!


リボン
Posted by サポートネット at 11:27
ビッグイシュー記事取材 [2017年03月23日(Thu)]
Panasonic NPO サポートファンド子ども分野の組織基盤強化事業を終えて、その取り組みについての広告記事が、BIGISSUE(ビッグイシュー)に掲載されることになりました!

今日は事務局で、そのインタビュー取材がありました。
東京からビッグイシューの取材チームとPanasonic NPO サポートファンドの東郷さん、そして、組織基盤強化事業でコンサルタントを担ってくださった杜の伝言板ゆるる(NPO中間支援組織)の大久保代表がいらっしゃいました。
インタビュー

取材内容は、法人の活動内容と、NPOとして組織基盤強化に取り組むことになった背景や、3年間の内容と成果について。
また、コンサルタントの大久保さんからは客観的なコメントを。

これまでの取り組みと、成果をお伝えする相馬代表の言葉から、パナソニックの組織基盤強化事業はすごいexclamationとあらためて感じています。
たくさんの方と出会うことができ、大きな力をいただき、組織の強化をすることができました。
私たちが叶えたい夢に向かって、着実な運営につなげていきたいと思います。

ビッグイシューは、1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊された冊子で、定まった住居を持たない等の状況にある方の自立を応援する事業です。
http://www.bigissue.jp/index.html

今日の内容は、5月15日号に掲載予定とのこと。
今から楽しみにしていますぴかぴか(新しい)


リボン
Posted by サポートネット at 18:10
| 次へ