CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
制服のカッコ良さ [2019年04月28日(Sun)]
先日、プリズムのグループでの出来事。

そのグループ4名は、小学校から顔を知っているメンバーです。
全員が高校生になったねぇ。と話をしながら、
何時に家を出るのか。
朝ごはんは食べて行くのか・・・・など、朝の支度について話しをしていた中で

制服で来所していたブルーさんのネクタイが渋くてかっこいい。
そのネクタイ、オシャレだねーと話していると、ブルー君はレッド君のネクタイの模様が好きと言います。
レッド君のネクタイは、斜めストライプで校章が模様として入っています。
その模様が羨ましいそうです。

ブルーくんの結び目をみながら

「それ、自分で締めているよね??」と聞くと

「もちろん」

と言った途端、他のメンバーから

「すげぇ!!負けてる!!!」「やべー。焦る」っと。

支援学校、高等支援、普通高校と、それぞれ選んだ道は違えど、割と実態が似ている子たち。
着眼点は、ネクタイの模様がカッコいいよりも、締めることができることがカッコいい。

他の子のネクタイは、パチッと止めるタイプだったり、
お父さんが結んでくれたものを、ほどききることなく、緩めて首にかけているそうで、
毎日自分で締めているメンバーがいることに衝撃を受けていました。
こういうところで、お互いを尊敬しあえるメンバーであることが素敵です。

支援学校に行っているグリーン君は、
「俺も制服で来てもいいけど、まほろ先生かっこいいって褒めるからやだ!」
と言います。

「言わないよ。でも、気を付けないと言っちゃうかもw」

と言いつつ、自分のネクタイも他の人に見せて感想をもらいたいのかもしれません。
その後も
「俺の制服姿見たい?」
と何度も聞いていたので。


さて、平成も最後ですね。
サポートネットも、GWにはお休みをいただきます。

次に、子供たちと会えるのは令和!
素敵なGW をお過ごしください♪
まほろ
Posted by サポートネット at 19:09
グル―プネームが続々と♪ [2019年04月16日(Tue)]
プリズムも新年度が始まっています。
グループ結成して4年目になるグループの子達に

「グループの名前を変えますか?今までと同じ名前でいいですか?」

と聞いたところ、満場一致で変えたい!!っと。

グループ名に関しては、全く興味のないグループと、毎年変えたいグループがあり、
このグループは昨年までは「グループ名を変更する」という概念がなかったために、子供達と考える作業をしてきませんでした。

変えたいと思っていたことに驚きつつ、せっかくなのでグループ名の候補をきいてみました。

ただ、いざ上がってくると

プリキュア
人形浄瑠璃
JR東日本
ふしぎがいっぱい
・・・・・・・。

それぞれ好きなもの。
そうなりますよねぇ。と思いつつ、あまりにそろわないので

「たぶん、自分の好きなグループ名にはなりません」と予告。

浄瑠璃くんの不安そうな表情。
プリキュアさんに関しては「プリキュア以外は無理です!」っと。

好きなグループ名を聞くよりも、あらかじめ枠を決めるべきだったことを反省しつつ、投票をすることにしました。
1人2票。
自分が提案した名前のほかに、友達の提案したものにも投票をします。

プリキュア以外は無理と言いつつ、他の友達が出したものにも投票したために、案外受け入れが良く、無事にみんなが納得のグループ名になりました。

他のグループでも、今年度からプリズムに入った子が、自分が提案したグループ名に決まると
「なんか楽しみになってきた!!」と。
自分の提案をみんなが受け入れてくれるのは嬉しいですよね。
もしかすると、長く通っているメンバーたちが
新メンバーのドキドキする気持ちを組み、提案に賛同してくれたのかもしれません。
そう思えるほど、他のみんなが快く投票してくれました。

言葉遊びゲームをしながらチーム名を考えたり、
去年よりもバージョンアップした名前になったりと、
どのグループも初回にして一番話し合いをするセッションかもしれません。

今年度もみんなのワクワクがいっぱいつまったグループネームが決まったことに、とてもワクワクしています。
ひまわり0406 (26).JPG
(小学生グループみんなで描いた桜の絵)
まほろ
Posted by サポートネット at 19:50
プリズムの卒業 [2019年03月08日(Fri)]
この3月、高校を卒業していくメンバーが7名います。

サポートネットが療育を始めたのが12年前。
当時。小学1年生だったメンバーが高校を卒業していきます。

25D595BB-93FD-4065-8873-184DF0A36F7A.jpeg

8本のバラの花言葉は「あなたの思いやり、励ましに感謝します」だそうで、1輪ずつ思いを込めて折ってくれた花束にとても胸を打たれました。
添えてあったお手紙にもエピソードが書かれていて、
彼女が一瞬、一瞬をしっかり受け止めていてくれたことがとても嬉しく、それを言葉にしてくれたこともまた嬉しく、感慨深い思いになりました。

3267B51E-F9C4-4659-8EB0-D68AE5771B96.jpeg
菓子折りに添えられたメッセージ。

最後の修了証書を読む際、感極まって泣きそうになる後藤が

「泣きそうなので、ちょっと待ってね」と心を落ち着かせていたところ

「私は大丈夫です。心配しないで」と、あっさり言われたことが、笑いも混じり、心が和らぎました。

最後に、彼から一言では、

「はじめは、なんでこんなところに来なくちゃいけないんだ!ととても嫌だったけど、徐々に慣れ、ここまで通うことができて良かったと思います」

初回に
「なんでプリズムなんかに通わなくちゃいけないんだ!?オレの人生が台無しだ!!絶望のどん底!最低だ!!」

と言われ、3回目あたりには

「まぁ、もう慣れたな。通ってもいいと思う」

と言ってくれたことを私も昨日のことのように覚えています。
どんなに悪態をつかれてもこちらが相手を想っていれば、いい関係性を構築することができるというのを、「信じる」から「確信」に変えてくれたのは、彼のおかげだと思います。

そして、先日。
12年間通った子が、言ってくれた言葉。

「プリズム楽しかった!」

あんなにいっぱい課題をし、時には「勉強しない!!!勉強嫌い!!」と言われたこともありました。
高等部に行ってからは、できる課題を増やすところから深めるところへ。
就労してからを想定し、暇な時間にしてもいい余暇・作業が強みになるように。
文章作りや、国語の動詞の使い方も欠かさずしました。
ローマ字でどんどん文章を打つ姿は、かっこいいなぁ。と思います。

どの子にも思う
「出会いに感謝ぴかぴか(新しい)

みなさん、ご卒業おめでとうございます。
これからもずっと、応援しています
まほろ

Posted by サポートネット at 12:50
卒業おめでとうございます [2019年03月01日(Fri)]
卒業.JPG
本日は、多くの高校で卒業式が行われました。

皆さま、ご卒業おめでとうございます。

そんな中、中学3年生2人、セーター君とパーカー君との会話です。

まほろ「どう?卒業式をあと1週間後に控えて、卒業証書授与の練習がんばってる?」
セーター「え、いや、練習には出ていません」
まほろ「そうか、練習だけ?本番も?」
セーター「本番はでます」
まほろ「本番はでるんですね♪練習しないと、間違えない?」
セーター「先生が教えてくれるから大丈夫」
まほろ「うんうん。それはよかった。練習が嫌な理由を聞いてもいい?」
セーター「恥ずかしいから」
パーカー「わーかーるーーーー!!!俺も嫌だ!!まじ、前に出たくない」
まほろ「パーカーさんも練習してますよね?」
パーカー「してますよ!毎日!うんざりですよ!なんで2人一緒に例するんですか?ちょっと間違えたらめっちゃ恥ずかしいですよ!」
セーター「うちも2人一緒に礼するよ!同じ!!」
まほろ「うんうん。せめて、セーターさんも前日練習は出ませんか?」
セーター「あ、前日練習は出ます。その予定でした」
パーカー「俺も、前日まで練習出たくないわー。恥ずかしい!こうやって、こうやって・・・(動きの練習)」
セーター「そうそう!!ひだり、みぎで・・・(一緒に練習)」

卒業式の練習は、ずっとじーーっとしているし、緊張感高いし、怒鳴られることも多いし・・・・確かに苦手な子も多いはず。

中3のジャージ君に、先日話しを聞いた時には
「卒業式の練習がちょっときつくて…学校に行くのが…」と言い辛そうにしていました。

みんなそれぞれ事情があるようです。

中学の卒業式の多くは来週末。
それぞれ笑顔で卒業できることを願っています♪
まほろ

Posted by サポートネット at 20:56
目標の最低ライン [2019年02月25日(Mon)]
現在、デザイン系の専門学校に通う青年の話です。

プリズムは卒業していますが、近況報告を兼ねて遊びにきてくれました。

絵を描くことが大好きで、初めて絵を見た時も上手い!とは思ったものの、
現在描いている絵を見ると上手いどころか「すごい!!」と思います。

学校の話を聞いても、しっかりと勉強している。
それなりにいろいろある様ですが、自分のやりたいことを見つめ前に進んでいる姿が何より素敵です。

彼は11月から、1つ目標を決めたそうで、それがとてもいい!!

「毎日、絵を描く」

この目標のすばらしいところは、
「やる気がないときには〇を描くだけでもいい」
と、低い目標もつけているところ。

直線、〇をひけることも、絵を描くには大事な事。
全ての絵を見ながら、常に基礎を大切にしているその姿勢が素敵です。

ギターを弾いている絵
自転車を漕ぐ絵
腕を前で組む絵・・・・

そのうち一つの写真を撮らせていただきました。

3769B107-0E05-4802-BAA7-ADAD9CE3DAFC.jpeg

専門学校の2年生は就職活動があるぅ・・・(苦笑)
中学3年、高校3年は所属が決まるまで、憂鬱だったよねぇ。
1,2月は憂鬱で、3月に所属が決まると、覚悟も出てきて楽になる。
そんな話題もでました。

3日坊主で終わらないために
「できる範囲で目標をたてる」

目標の最低ラインを自分でたて、決めた日から毎日できているという姿が頼もしく、
将来に向かって一歩一歩進んでいることを嬉しく感じました。
まほろ
Posted by サポートネット at 20:05
虹色の大きなヘビ [2019年02月22日(Fri)]
先日、小学生のグループの子たちと「虹色のヘビ」というカードゲームをしようと思っていたところ・・・・

赤さん「虹色のヘビってなに?どんなの?」
まほろ「カラフルな大きなヘビをみんなで作ろうと思ってます♪」
水色さん「うわぁー♪楽しそう!!クレヨン?」

(・・・・クレヨン??おぉっ!それ、それがいい!!)

まほろ「カードゲームのつもりだったけど、みんなで大きなヘビ描こうか」
みんな「描く!!!」


ふと、水で消えるクレヨンがたくさんあることを思いだし、その場で提案。
プリズムのグループ活動の中で、思いつきでコロコロ内容を変えることはあまりありません。
急な変更を苦手とするメンバーが多いからです。
が、「虹色のヘビ」というスケジュールだったので、それを変更と捉えているのは大人だけ。
みんなで虹の7色のクレヨンを選び、この色がいい!!とウキウキが伝わってきます。

ホワイトボードに大きなヘビを描くと、一斉に取り掛かりました。

へび1.JPG

文字も、1年生は1文字。2年生以上は2文字。
赤さんは、水色さんの文字を見ながら、見よう見真似でレタリングを♪

ヘビ2.JPG

できた!!

ヘビ.JPG

保護者の方とお話しながら
「普段、色ぬりはあまり好きじゃないけど、みんなと一緒だからできたのかもしれない」
という声もあがり、なるほど。

4人で写真を撮ろう♪とカメラを向けると、いつもは
「写真とりませーん」という子も、笑顔でピースをしていました。
達成感があったことが伺えます。
また1つ、このグループのみんなで楽しめる活動が増えました♪
まほろ
Posted by サポートネット at 10:09
恵方巻2019 [2019年02月02日(Sat)]
先日も、恵方巻を作っていることに触れたのですが、もう少し。

中学生、高校生はとても手際がいい!!
去年も作ったメンバーは、特に手際がいい!!

ということで、余った時間で恵方巻の動画を作成しました。

しかし・・・・このブログには動画の容量の問題でアップできなかったため、Facebookにアップしました。
よかったらこちらをどうぞ↓

https://www.facebook.com/MDDsnet

今年の恵方は「東北東」
笑ってはダメということで、一人みんなを笑わそうと奮闘する男子1名。

笑わせよう.JPG

・・・・ってか、みんなから見えてないからわーい(嬉しい顔)

この後、ハンバーグ師匠のネタを披露してくれたものの、みんな笑わずw
ひょっこりはんにもなっていました。
知らなかった・・・彼がこんなにみんなを笑わせたいキャラだったなんて!!

でも、笑ってはいけないので、みんな笑わず。
どことなく、年末のお笑い番組のようなシーンでした。

終わった後は、しっかりお皿を自分たちで洗います。

洗物.JPG

明日は節分ですね♪

子どもの頃、年の数より1個多く豆を食べる際、もっと食べたいがあまり
「早く大人になりたい!!」と思ったことを思い出します。
今は、年の数を食べるのですらお腹いっぱいに・・・。
まほろ
Posted by サポートネット at 19:22
大相撲カレンダーをありがとうございます♪ [2019年01月12日(Sat)]
プリズムには、行司さんが大好きな女子高生がいます。

特に、木村勘九郎さんと、木村寿之介さんが大好きです。
行事装束が好きなところから興味は始まっているのですが、顔がカッコいいところが好きなのだそうです。

木村寿之介さんは幕内行事。
木村勘九郎さんは十両行事。

もちろん他の行司さんの名前も、どこの部屋なのかも知っています。
プリズムの余暇の時間には、一緒に部屋のHPを見たり、動画を見たりして過ごします。

彼女がどのくらい行司さんが好きなのかと言うと・・・

You-tubeで大相撲の動画を見ながら、
「この声は寿之介さんです」っと。
画面に映っていないのにアナウンスの声でわかるほどです。
とても耳が良いので、間違いないのだと思います。


先日、お手紙が書きたい!!という話になり、木村勘九郎さんにファンレターを出すことにしました。
一度、何を書くかを一緒に考えてから、便箋へ。
勘九郎さんは「山響部屋」です。一緒にHPを見ながら住所も調べました。
鉛筆で長い文章を書くのはなかなか集中がいるもので、書き終えた時には達成感に満ちていました。

そして先日、勘九郎様よりご連絡があり、プレゼントが届きました。
それがこちらです。
「大相撲 2019暦」
IMG_0943.JPG
IMG_0942.JPG

「今年のカレンダーの最後に行司さんの集合写真があるので、彼女に届けてください。少しでも励みになったら嬉しいと思います」と。

本当に本当に嬉しい贈り物。
宛名には、大好きな勘九郎さんと寿之介さんのお名前が。
その美しい字に、日本文化を支えている方であることを、改めて感じました。

届いたカレンダーは2冊。
1冊は彼女へ。
もう一冊は事業所で使わせていただきます。

13日から初場所が始まります!!
お相撲さんの活躍を見るのはもちろんとして、
行事装束や、行司さんの道具などにも目を向けて見ると、また一段と興味の世界が広がるのではないかと思います。

木村勘九郎様、木村寿之介様、ありがとうございます。
これからもご活躍を期待し、応援していきます!
まほろ
Posted by サポートネット at 09:00
ホワイトボードをフル活用! [2018年12月03日(Mon)]
ホワイトボードはとても便利♪

少し字を教えたい時に使ったり、
ちょっと絵を描いて説明するときに使ったり、
耳からの刺激がつらい子には、指示する時に使ったり、
グル―プの時には、発表するときに文字化してから発表させたりすることもあります。

文章作りの時には、書きたい内容をホワイトボードに書き、
その内容で良ければiPad日記に書く。ということをしています。

IMG_7060.JPG

彼は、今まで書かれた文章をそのままiPadに書き写していました。
が、最近は、私が書いた文章を少し消し、自分の表現に直してからiPadに書くようになりました。

なかなか難しい文章となっていますが、きっと彼の中では自分らしい言い回しになっているのだと思います。
何がステキって「てにをは」を意識しているところ。
そして、iPadにしたためる文章もこのまま。
間違えていても、なんとなくわかることと、少しでも直そうとすると
「まって!!!(さわらないで)」
と嫌がるでの、今は文章作りを楽しむ時期と思い、そのままの文章を採用しています。

そして、これはグループ活動のホワイトボード。

IMG_7053.jpg
IMG_7055.jpg
IMG_7056.JPG
IMG_7054.jpg
クリスマスに食べたいもの、欲しいものを書いてもらいました。

トミカ君がフリーでこれだけたくさんの字数を書いているのは初めて見ましたし、
レゴ君は「じょうってどう書くの?」「きょうりゅう教えて!!!」と、書きたい言葉を大人に書いてもらうのではなく、書き方を教えてもらいたいという姿も初めて見ました。
感想は、書いてもらいたくなっても、自分の好きなものは自分で書きたいんだなぁ。

少し間違えても、ささっと拭けば書き直せる手軽さがいい。
みんな、欲しいものがしっかりイメージできているところもステキです。
サンタさんにみんなの願いが届きますように♪
まほろ

Posted by サポートネット at 20:28
○×ゲームの偉大さ [2018年11月19日(Mon)]
プリズムでのヒトコマです。

先日、グループセッションの中で、クイズに正解することができず

「俺、やめた。もうやらない」

と心が折れてしまったサル君。

近くにあったメモに、計算問題を書いていたので、後藤がその問題に答えました。
とはいえ、計算問題はさほど長く続くものでもありません。
他の友だちは、クイズ大会で大盛り上がり。
やらないと決めたのに、無理に誘うのもなぁ・・・・
切ない気持ちで終わらせたくないなぁ・・・と思い、

「ねぇ、このゲームしってる?」と○×ゲームを提案したところ・・・・。

知ってる!!

3戦目でこんな感じ。

IMG_0563.JPG

このゲーム、本当に終わることがあるのでしょうか・・・。
ただ、引き分けになる度に大笑いするサル君。

そこで気付いたこと。
クイズに少し間違えただけでも心が折れてしまう彼だけど、別にこの勝負には勝たなくてもいいんだ。
負けさえしなければ、楽しい。
むしろ何回やっても引き分けというのは、こんなに笑うのか!!っと。
○×ゲームは、1対1で子どもとの距離を縮めるのに割と使いやすいゲームだと思いました。

長く続くうちに、マスを増やしたくなり、増やしてみてもなかなか決着がつかない。
そろそろみんなのクイズが終わるかな?というあたりに、後藤が負けて終わりました。
○×クイズは、負けも想定しやすいところがとてもいいですね。(負け惜しみw)

子供たちが帰った後、たくさん机の上にあったメモ用紙を片づけていたら・・・・

IMG_6527 (1).JPG

その日、一番胸に刺さったのは、このダジャレでした。
まほろ
Posted by サポートネット at 20:12
| 次へ