CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
「個」を大切にした集団効果 [2012年02月11日(Sat)]
今日の中高生プログラムはクッキングスタジアム「クッキーをつくる」。

バレンタインデイが近いこともあってのプログラム。
今日のテーマ設定は
「左右の手のバランスを考慮しながらクッキー生地を平らに伸ばす」
暖房の利いたSchaleで、バターがどんどん柔らかくなって苦戦したようですが、出来上がりをイメージしながら抜型を上手に使っていました。

出来上がりも上出来!きつね色の美味しそうな焼き目。

女子の中にはボラ学生さんと「あ〜でもない。こ〜でもない。」と言いながらデコレーションに創意工夫。

一人一人の「個」を大切に集団プログラムを運営してきた成果が、子どもたちの「変化」として花開き始めています。

振返りのミーティングでは

バターと砂糖を混ぜる手順の時、プログラム立案の幸江さんは
“ボールと泡立て器を使った作業ではやり難いだろうから、ジップロックの中で揉むようにしてみよう”
と、考えてくださったのですが、大人の思惑とは大違い。
大半の子どもたちがボールと泡立て器を選択したのはなぜ?
を皆で検討・議論。
キーワードは
「経験」
かな?
次回この仮説を検証することに。

振返りのMTGではいつも最初に
「今日良かったこと」
次に
「改善したらより上手くいきそうなこと」
を挙げてもらっています。
「良いところ」にドンドン目が向くようになって素敵。

ハビニジでは
・必ずうまくいくこと
・褒められ・認められる場であること
の積み重ねが、子どもたち相互の関係でも素敵に広がっています。
今日はプログラムの終了後、お母さんたちと一緒に「カラオケランチ」に行かれたそうです。
素敵なのは親グループと子グループが分かれるように計画されていたこと。
お母さんたちもきっと楽しい時間を持たれたことでしょう。
こどもたちが広げてくれるお母さんたちの交流…素敵です。
今頃はお留守番のお父さんやご兄弟に報告されている頃でしょうか。
ここから「兄弟会」や「パパ会」へと広がっていくのも素敵。

「個」を大切にしてことが、仲間意識も育み、認め合う関係へと進んでいることに、スッタフも幸せを感じています。

Posted by サポートネット at 19:25
個性豊かに [2012年01月22日(Sun)]
思いもかけずこの冬一番の積雪となった今日の中高生プログラム。
こどもたちは元気にやってきました。
今日のテーマは「買い物→オリジナルラーメンを作ろう」。

Schaleの近くの100均ローソンで一人¥500円の予算で麺と具材を買って、出来るだけ「一人で」調理をしてみようというのがスタッフの立てた目標。
出掛ける前に、地図でお店の場所と経路の確認。

私たちから「この道を通りなさい」という指示はありません。
地図上でSchaleとローソンの位置を確認し(前準備として地図上に縁取りがされていました)、経路はサポーとを受けながら自分で考え、線を引いていきます。
地図を観て目的地までのシュミレートをしてみる…実はスタッフの予想よりズット難しかった子が多いのです。
実際に道路に立って風景を観ながら方向を決めるより、紙の上での仮想の世界を辿ることに、これほど困難性をもっていたのかと、大きな気付きをもらいました。

「行ってきま〜す」
とスタッフと出かけた子どもたちは、どの子も20分ほどで帰還。
火口が少ないので、今日は多くの子どもが麺を茹でてしまってから具材の準備に入りました。

子どもたちはとっても順調に作業を進めていました。
程なく完成した特性ラーメンは
野菜たっぷりの塩ラーメン。

彩も考えた味噌チャーシュー・

肉・アスパラ・たっぷりの野菜・煮卵と栄養も考えた味噌バター。

などなど…
その子らしい「個性」に溢れた特性ラーメン。
スタッフはお箸とお椀を持ってあっちのテーブル・こっちのテーブル…
味見隊も大満足の出来栄えでした。

雪の影響か、いつになくお母さんたちのお迎えが遅く、ほとんどのラーメンが延びてしまったのですが、スープと分けていた子どもが多く、お母さんの顔を見てから温め直して食べていただきました。
“お母さん早く来ないかな…”
と、どの子もお母さんたちに食べていただくことを心待ちにしながら落ち着きません。
『褒めてもらうこと』
の嬉しさがすっかり身に付いているようです。
もちろんお母さんたちは口々に
「美味し〜い!」(多少麺が膨れていても、もうそんなことを指摘されるお母さんはいません)

「ハビニジ」は、試行錯誤の連続の中でプログラムの展開をしてきました。
「集団であっても個別」
を徹底してスタッフには意識してもらいました。
ですから、クッキングもハンドワークも、成果物はみ〜んな違います。
特にクッキングでは、お互いの出来上がりを試食し合いながら、とっても素敵な交流風景も見受けられるようになりました。
素敵なのは、他の仲間の成果を認め褒め合っていることです。
さらに
一度経験したことを、ほとんどの子どたちが自宅で実習して腕を上げています。
T君は、前回の「餃子」を妹さんの誕生日に作ってあげて、ご家族で「餃子パーティー」だったとか。
手包みは難しかったT君のためにお母さんも近くの100均に走って「餃子メーカー」を買ってくださったそうです。
自信を付け、ご家族に喜ばれ、役に立つ…素敵です。

大事な大事な中高生の時期だからこそ、5年先を見通した支援を組立ていけたら幸せです。
Posted by サポートネット at 19:11
職人芸 [2012年01月08日(Sun)]
新年最初の「ハビニジ」は『餃子を作ろう!』で大盛り上がり。

ニラやキャベツを細かく刻む手つきも立派!


具を混ぜるのはタイマーを使って「ころあい」をつかみます。


そして…
焼き餃子

焼き目がなんとも美味しそう!

水餃子

ツルツルの喉越しが期待できます。


1年前は包丁も持ったことのない子供たちが多く、周囲のスタッフは
“ハラハラ…”
スタッフの「目で解る」工夫もどんどんヴァージョンアップして、気が付けばスタッフの「口出し」や「手出し」がグン!と減っています。
何よりも一人一人が「自分で」完結できるようになっていることが、私たちもお母さんたちにも嬉しい成果です。

今年度は日本財団さんの助成金をいただくことで運営が出来ました。
来年度は“制度に乗せることが出来たら良いな”(仙台市では児童デイサービスの受給は学齢期までなんです。)
中高生の時期だからこそ大切に積んで欲しいスキル。
そして仲間同士の繋がり・関わりから体得する他者との関係性やふるまい方。
子どもたちからも、この時期の「特別な支援の必要性」を学ばせてもらう貴重なプログラムです。

ニラのにおいの立ち込める中、シミジミと「この先」を考えています。
Posted by サポートネット at 12:58
個性豊かに [2011年12月25日(Sun)]
今年最後の「ハビニジ」は『クリスマスケケーキ』作りに挑戦。
調理道具やオーブンの数に限りがあるので(電気容量も)、今日は一人ひとりクッカーを使ってホットケーキをベースにデコレーション。
ホットケーキも色よく上手に作れるようになりました。

生クリームもそれぞれ電動ミキサーで純生クリームを泡立てて、トッピングはそれぞれの個性豊かに。

指示や修正の入らない活動は、子供たちがとても楽しそうでもあり、大満足!
スタッフが作ったものでお茶をして、各自のは大切に箱に入れて持ち帰り。

きっ今夜は、既製品では得られない満足感に満ち溢れた素敵な団欒を迎えることでしょう。
「個別」を大切にしながらの中高生のプログラムは、来年度も続けること目標に、スタッフも立案・準備鍛えられる営みです。


Posted by サポートネット at 13:05
黙々とコツコツと [2011年12月12日(Mon)]
昨日は「ハビニジ」(中高生のプログラム)。
「ハンドワークスタジアム」として『パニエシートのかご』の製作がテーマ。

この所ご家族や学校行事と重なってお休みをする子どもたちもいたのですが、久しぶりに全員揃いました。
手先の使い方や力の入れ方を加減しながら黙々と取り組み、使う色にも「その子らしさ」を尊重しました。
新聞や雑誌をまとめることにも「応用」できます。
それぞれのご家庭のどこかで活躍しているでしょう。

スタッフのコメントは以下です。
良かったことは
・黙々と作業が出来るようになったこと
・コツが分かると自分で作業がどんどん進めることができるようになったこと
・両手が上手く使えるようになった子が増えたこと

指導案を立ててくださっている幸江さんからは
・指導案を考えている私が配慮しなくては,いけないことも確認できました。
そして…
「帰りの時間の話も楽しいようです。」
と。
「ハビニジ」では
・同じような雰囲気のこどもたちとの場と時間の共有
・勉強熱心な学生ボラさん・こどもたちの「この先」を見届けている成人支援に関わっているスタッフ・保護者の視点からこどもたちの「ややこしさ」と向き合い、丁寧に特性を見極めながらの関わりを心がけているスタッフの総力
での運営が、こどもたちと共にこの1年を過ごす中で、こどもたち自身が伸びやかに、そして適切に振る舞い方を身に着けていることを感じています。


Posted by サポートネット at 06:18
買い物探検隊 [2011年11月29日(Tue)]
先週の日曜日。仙台駅前のアエルで総会が開催されていた頃、「ハビニジ」は予定を変更せずプログラムをやっていました。

今回のテーマは「メモを観ながら買い物をする」
お母さんたちにも手伝っていただき、Schaleちかくのダイエーで、一人一人が行動をしました。
スタッフ幸江さんからの報告です。

『シャーレからダイエーまでの,行き方は 私の頭の中では,最短のコースしか浮かんでいませんでした。(アーケードを通りクリスロード側からダイエーの中へ)

準備段階で「地図は?」と伊藤先生から指摘を受け地図を用意して,子ども達に渡すといろんなコースを選んでくれました。
・いつも通っているコース
・青葉通りの歩道を通るコース
・途中から小路に入って青葉通りに出て地下道を通るコースとそれぞれが選んで,途中で変更が有ったりでもスタッフの力を借りなくてもダイエーまで無事に行く事ができました。

保護者の方から買い物リストを書いていただきましたが,リストを書く事が難しいことを今回保護者の方は,実感されていました。
たとえば,豚肉を買うのに,部位や産地・グラム数と条件がある場合どのように書いたら子どもに伝わるか我が子の様子を思い浮かべながら工夫をして書いて頂いたようです。
買い物に一緒に行っている子どもは,肉類など汁が出そうなものをビニール袋に入れたり,氷を用意したり,入れ方もなかなか上手に入っていました。
買い物途中で自分で探せ無いものを店員さんに聞いたりと,シャーレでのハビNIZIでは分からなかったこどもたちの「出来ていること」も発見できました。

今日のハビNIZI での買い物は,夕食の材料という方が大方でしたが,2名の子どもはハビNIZIで作った豚汁を作って家族に食べさせる,日曜日は夕食当番でハンバーグとポテトサラダを帰って作ると嬉しい話も聞く事ができました。』

昨年11月から始まっている中高生のプログラム。
ライフスキルの獲得を大きな柱に、大学生のボランティアさんや若い力も借りながら、ベテラン・新米の主婦も活躍して、こどもたちととってもいい関係が構築され、そのことによって、こどもたちが「ハビニジ」の仲間と良い感じで付き合い方が身についていることを、大きな成果と受け止めています。
何よりお母さんたちが「変わった」と感じています。
そのことは、1年を迎えて書いてくださった感想レポートに、皆さんがご自身の「気づき」として書いてくださっています。

成人支援を担っているスタッフが多く関わってくれている「ハビニジ」。
長い先を見通す目で、中高生の時期に大切にしてあげたいことや、その積み重ねの上に、伸びやかな成人に育って欲しいという願いが、毎回のプログラム検討に活かされてきています。
近頃はこどもたちの嬉しそうで自身に満ちた笑顔で、終了の挨拶を迎えられることが幸せです。

こどもたちが帰った後、スタッフは2時間以上のミーティング。
今は月に2回だけのプログラムですが、こどもたちからもらった「気づき」を「共有」し、次回へのそれぞれの宿題を確認し、手立てを考える。
運営側の「当たり前」の営みもこどもたちの笑顔に繋がっていることに、スタッフに感謝をする日々です。



Posted by サポートネット at 06:28
その子らしく [2011年11月13日(Sun)]
中高生のプログラムの完成品です。拍手拍手
ほんの一例。
お米もピカピカでご飯がたっています。
豚汁の具材の切り方もなかなかです。


お米を研ぐ。
豚汁の材料を切り、調理・調味・そして後片付けまで、今日は全部一人で出来ました。
時間も予想以上に早く出来上がり、少しずつ「段取り」も付けられるようになって来ています。
素敵です。

子どもたちのプログラムが終わる頃に、いつもお母さんたちにお越しいただいて、指導者がその日の様子・気づき・そしてお家で協働していただきたいことをお伝えしています。
かなか家では調理をしてくれないと言っておられたお母様が多かったようですが、包丁の使い方・洗い方などとても上手になっています。
回を重ねる毎に出来ることが増えていますが、今日は早く終わったお子さんが、スタッフに自ら手伝いを申し出たり、周囲に気配りをしている姿もアチコチで…
毎回行っているスタッフの振返り
でも「イケテル」対応が評価されました。

また同じ材料で作ったのに何故か味が違うのには、毎回驚きです。
そして、それを子ども達も知っていてお互いの「味見」を楽しみにしています。
この1年で子どもたちからたくさんのことを教えてもらっています。
特に、中高生の時期には、同じような特性を持つ子どもたち同士の緩やかな関わりが「安心」を築き互いを「尊重」するようになり、認められる時間の積み重ねが「自信」を育むことを「事実」として伝えてくれています。

来年度の児童デイサービスの制度改正で、仙台市でも中高生のサービス受給が叶うようになることを願っています。
学童期から成人期に橋渡しをする大切な6年間を、これからも見守り続けることが出来たら幸せです。


Posted by サポートネット at 18:22
大切な場所で育ちあう [2011年10月16日(Sun)]
中高生のライフスキルを中心に「一人で出来る」力を育むために、そして解り合える人たちと出会い、交流することで積まれる「自己肯定感」の先の人生に思いを寄せながら…
『ハビリティトレーニングジムNIZI』がスタートから2年目に入りました。

今日のテーマは「「掃除をしよう」
雑巾を絞って
テーブルを拭いて
モップで床も拭いて
掃除機をかけて

ごみの分別をして
ごみ袋をしばって

いくつかの課題と、「個別」に取り組みました。
スタッフもどんどんサポートが上手になり、子どもたちも修正や指摘が入る回数もグンと減っています。

そして…
最後はサプライズ。
1年間述べ23回無欠席だった3人の表彰式。

コミックを2冊買うには少し足りないくらいの図書券と、「Schaleのお昼ご飯」を1回2名様まで無料で召し上がっていただけるチケットをお渡ししました。
「Schale」の利用者さんでお菓子つくりの上手なみゆきさんに「仕事」としてお願いをして作ってもらったガトーショコラを食べながら、
1年間の嬉しかったこと・出来るようになったこと・変わったことをお話ししていただきました。


こどもたちからも、お母さんたちからも、ハビニジが伸びやかに育つ「大切な場所」になっていることをお伝えいただき、スタッフは感涙。
ティッシュボックスがテーブルの上をあっちへ、こっちへ…

自主事業として組み立てさせていただき、日本財団さんのご支援をもあって続けることが出来ました。
もちろん担当のゆきえさんを始め、インターンやボランティアの学生も本当に頑張りました。
「いつまでも続けて大学生になったらOGとしても参加したい」
なんてますます涙が出ることを言ってくれたお子さんも。

自閉症/発達障害のある思春期のお子さんへの支援プログラムとして、目指した方向は間違っていなかったと感じています。
スタッフも「これからももっともっと支援できるように勉強します」と、心強い宣言も。
子どもたちや保護者の方ばかりではなく、サポートネットにとっても「大切な」ステージです。


Posted by サポートネット at 12:54
育ちあった一年 [2011年10月02日(Sun)]
児童デイサービスが中高生に受給できない仙台で、中高の6年間こそ「働く大人」になるための大切な時期だと、しっかりと育ち合う応援がしたくて始めた「ハビリテーショントレーニングジムNIZI」。
日本財団さんのご支援もいただき、一般の「塾」にお支払いいただくよりは、ずっと軽費で指導もかないました。

1年目の今日は、以前挑戦したポテトサラダをできるだけ「一人で」作って、サンドイッチに仕上げました。

立ち仕事にも慣れ、ピーラーもとっても上手に使えるようになりました。

切込みをいれたパンにサラダを詰める手の使い方も上手です。

彩も鮮やかに美味しく完成!

なんといっても「一人で」できるようになってるのが嬉しいですね。
この1年を振り返ってのご意見・ご感想を、お母さんたちに宿題にしていました。
素敵なコメントをいただきましたので許可をいただきましたのでご紹介。
『 半ば強引に(?)メンバーに加えてもらって1年。
Yが、成長したところと言えば…

変わったのは、Yよりも、家族ではないかと思います。
「無理だろう。できないだろう」と思っていたことを、次々とこなしていく、Y。調理?裁縫??小学校では、ハチャメチャ。中学校では、支援学級の課程でストップ。一度、ご飯を炊かせてみたら、炊飯器にもかかわらず、見事に出来損ないのご飯を炊くという、すばらしいことをやらかしてきれたし…。
ところがハビに加わったら、課題をなんでもこなしているじゃないですか!そうか、家庭でも、やり方を「分かりやすく」教えれば、できるんだ。
ポテトサラダは、ジジ・ババ〜ズから、大好評でした。

出来ないのではなく、できない環境を作ってしまっているだけなのかも。
「できた!!」という自信は、次の挑戦へと続き…。
高校の担任の先生からは「ほだい、いいどごさ、行ってんのが。うぢの学校の生徒さも、行がせっだいのが、いっぱいいだじゃぁ。」ですって。』

「親は協同療育者」というTEACCHでとても大切にしている観点が実現できていることを凄く嬉しく感じました。
こどもたちも同世代の、同じ特性を持つ仲間と緩やかに関わることを楽しみにし、育ち合っています。
来春の制度改正で、18歳までの療育的視点を大切に「福祉サービス」としても叶うようになったら幸せですが、多少の金銭的負担を負ってでも、その価値を認め参加してくださっている保護者の皆さんにも支えられていることを、改めて幸せに思います。

来月からは2クール目。
私たちも進化しなければなりませんね。
Posted by サポートネット at 12:11
あー良い匂い! [2011年08月21日(Sun)]
今日は中高生のプログラム「ハビリテーショントレーニングジムNIZI(通称ハビニジ)」の日。
今日は「(出来るだけ)一人でカレーを作ってみよう」
これまでのトレーニングの成果がどう出るかスタッフも試される瞬間です。
グループごと・材料ごとに担当を決めて、ジャガイモや玉ねぎ・人参を責任を持って切りました。


切った材料は一人分ずつ配分して、炒めるところからはパーソナルクッカーに活躍してもらって一人ずつ。

味付けも甘口・中辛・辛口から各自チョイス。もちろんハーフ&ハーフもOKです。

煮込みを待つまでは「きゅうりのいろいろな切り方」も学びました。
教材はみかんさんが、以前息子さんの学校の試験に出た問題を情報提供してくださったのを使わせていただきました。

ジャーン!完成です。

もちろん
「ほっぺた落ちる〜」
お母さんたちも大喜び。

これからは「一人で」をもっともっと意識して、同じ材料で出来るレシピを各自に考えてもらいましょうか。
スタッフも研鑽を積んでいきますね。
Posted by サポートネット at 11:57
| 次へ