CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12) リボン
わかりやすく遊ぼう (02/05) あおママ
わかりやすく遊ぼう (02/05) リボン
1月のサロンとランチ会 (01/12) まほろ
1月のサロンとランチ会 (01/08)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
初お披露目 [2012年02月16日(Thu)]
先日予告をさせていただいた通り、仙台の地元紙河北新報さんの情報誌「河北weekly」に「Schaleのお昼ごはん」を紹介していただきました。

お野菜タップリ感が伝わるでしょうか?
撮影日の実際のお食事はこちら


ブログや会報誌以外に、全くオープンにお知らせをさせていただいたのは初めて。
仙台の街の皆様への「デビュー」となりました。
早速記事を観てお越しくださった方も。
今日のお昼はお気に召したでしょうか?

Schaleでは、「お馴染み」になってくださる方が増えてきて、開発中の「ナン」の試作評価にもご協力をいただいています。
新しいお客様も増えて、ファンがどんどん増えていったら幸せです。
もちろんこれまでお客様が少なかったころからずっとご贔屓にして支えてくださった近隣の皆様にも、これまで通りの居心地の良さを感じていただけるように。
「Schale」の進化を楽しみにしていただけたら幸いです。
お近くへお越しの節はぜひお運びいただけましたら、スタッフ一同温かくおもてなしをさせていただきたいと思います。
Posted by サポートネット at 19:20
福豆・節分 [2012年02月03日(Fri)]
今日は節分。
カフェSchaleのお飾りは


切り絵のあお鬼。メンバーさんの作品です。

赤や、群青色の鬼も各窓辺に飾られています。

健康で、福豆のように噛むとじんわりと味の出る、そんな一年でありますように。

バレンタインに向けて、ハート切り絵の作成も進んでいるようです。
その次は雛祭りかなと、役割意識をもって意欲的に取り組んでくれています。

もうひとつの写真は進化したパニエ。

先日ご紹介したものより、少し小ぶりなスクエアタイプ。

小さな観葉植物にちょうどいい大きさです。

季節を楽しみながら、寒さや暑さとも上手に付き合っていけたらいいなと思います。
                                         りんご




Posted by サポートネット at 14:45
Schaleのお昼ご飯 [2012年02月02日(Thu)]
地元の新聞河北新報さんに毎週木曜日に織り込まれてくる「河北Weekly」

季節季節の旬な話題・地域情報などなど、仙台マダムには素敵な情報源です。
そして一番人気は「グルメ情報」でしょうか…

そのグルメ紹介に掲載のため、Schaleの「お昼ご飯」の取材をいただきました。
ライターさんの情報源はこのブログだったそうです。
嬉しいですね。
今日の「野菜たっぷりお昼ご飯」はこれ。

お客様が一段落した頃に取材の方がいらして、ショコラマダムとセッティング。

今日のような曇り空が撮影には最高なのだそうです。
報道記者さんと同レベルのカメラでの撮影。

掲載は2月16日号かその次の週の予定とか。
新しいお客様が増えるかなと楽しみにしています。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ち申し上げております。
Posted by サポートネット at 19:29
「技」を磨く-継続は力なり [2012年01月31日(Tue)]
Schaleが大切にしているトレーニングプログラムの一つに「ケーキデコレーション」があります。
専門家の先生に週に1度講師としてお願いをして、基礎から積上げながら力を付けています。
途中お休みもあったり、ゆっくりマイペースで進むメンバーさんが多いのですが、長い方はもう10か月目に入りました。
そして、こんなに素敵な仕上げが出来るようになっています。

今日はデザイン画を描いて、土台をデコレーション。
「絞りのバラ」はなかなか難しく、ここで挫折する人も多い技術です。
愛らしい小花も一つ一つ絞ったものが乾いてから改めて配置。
根気とセンスが問われます。
甘い香りに包まれてのトレーニングを“喜んで取り組むかしら”と思いきや、肩がこるとか目が痛くなるとか、案外受け身です。
“まだまだ組立が甘いね”
って反省もしています。
一方、目に見えて成果が出ることです。
なんだかんだ言っても褒められることを素直に受取り、最後までコツコツ取り組むのもメンバーさんの素敵な所。
だって上手になっているもの。

今は土台は発泡スチロールですが、そのウチ本物のケーキを焼いてデコレーションをして、Cafeの主力商品となってくれる日も来るでしょう。
真面目にコツコツ続けるメンバーさんたちは私たちの「たから」です。
だからこそ、夢の持てる仕事創りを共に成し遂げたいと願っています。
Posted by サポートネット at 18:55
パニエとアロマソープ [2012年01月27日(Fri)]
全国的に寒いのでしょうが、今日の仙台も本当に寒いです。

カフェの窓からは、晩翠通りの葉の落ちた銀杏の枝に雪がついた冬景色が楽しめます。冷え込んだのでお客様の入りが心配でしたが、カフェタイムも打ち合わせを兼ねたお客様が数組。今日はゆったりと時間が流れているSchaleです。

さて、最近のトレーニングの成果品のひとつをご紹介いたします。
ジャンッ!



ちょっと鳥の巣のようなかわいいかごは、パニエという名前。
中に入っているのは、手作りアロマソープです。
寒い日に、ほっこりする小物です。


こんな感じの型紙に糸を巻いて作っていきます。


麻ひもで春バージョンも製作中。

雪景色を楽しみながらも、一方では春を待つ今日の気分。


パニエ1個 400円。
アロマソープ1グラム5円の量り売りです。                りんご



Posted by サポートネット at 15:07
まだまだクリスマスプレゼント [2011年12月27日(Tue)]
12月26日の朝に出勤すると机の上に白い封筒がありました。

開いてみると中には


可愛いお手紙が入っていましたラブ

お菓子の家をお買い上げくださったお客様のお子さんたちとそのお友だちからのメッセージ。

まーちゃんのお菓子の家が、お子さん達の笑顔に囲まれ、歓声とともにお腹の中に収まった様子が目に浮かぶ温かなメッセージでした。

お手紙まで頂けたことがとても嬉しかったと、まーちゃんも感激の笑顔。

クリスマスの朝、目が覚めたら枕元にプレゼントが置いてあった。
そんな心境かな…とまーちゃんの笑顔に思いをめぐらせました。

Schaleの素敵なサンタさん、ありがとうございました。          りんご




Posted by サポートネット at 01:37
お菓子の家の初出荷と贈り物 [2011年12月23日(Fri)]
Schaleが迎える初めてのクリスマス。

昨日22日は会報の発送作業とクリスマス前最後の営業日でした。
朝一番の仕事のひとつは、お菓子の家の出荷準備。


ブログでご紹介した作品にお問い合わせをいただき、この日を迎えました。

お菓子の家の製作者のまーちゃんからのメッセージカードもお供します。
嬉しいね〜と華やかな気持ちで、お引取りの時間を待ちます(もちろん、仕事をしながらです笑顔)。

「楽しみにしてました♪」と、お客様。
まーちゃんも率先してご挨拶。

嬉しい。
まーちゃんのお菓子の家はお客様と一緒にどんなクリスマスを過ごすのでしょう。

さて、お引取りが終わったお客様は、Schaleのサンタさんに変身!?
お手紙と一緒にクリスマスプレゼントをいただきました。


すぽっとに同封されるNEWSを作成しておられる虹っ子進化プロジェクトさんからのメッセージ。

「みなさんの協力で発送ができ、多くの方に読んでいただけると思っています。本当にありがとうございます。」と。

虹っ子進化プロジェクトさんがずっとサポートネットを支えてくださっていることをメンバーさんにもお伝えし、みんなで感謝しチョコレートをいただきました。

「素敵な方ですね。」と、口にした人も黙っていた人も、それぞれの胸に贈り主からのメッセージは伝わったと私は感じました。

仲間内で買っているだけでは?と思う方もおられるかも知れません。

でも、最初に支えられるのは身近にいる人です。
明日は今日の先にこそ続くものだから。

「あったらいいね」を叶えたい。
必要な人から順番に。

お菓子の家はクリスマスのイベントできっと沢山の笑顔に包まれるだろうなと想像し、今もあたたかな気もちになります。

素敵な大人に出会って、世の中って悪くないって思えたらいいな。
自分の仕事に感謝の気持ちを持ってくれる人がいること沢山気づけたらいいな。

Schaleのサンタさんにも、素敵なクリスマスプレゼントが届きますように。 りんご
Posted by サポートネット at 08:28
Schaleのしゃべり場 Vol.1 [2011年12月17日(Sat)]
南雲さんとの出会いは4年前。
NHKのテレビでお見かけしたのが最初。
その後、ご縁があってその年から始まったメンター養成講座にゲストとしてご参加くださって、直接お目にかかる事ができました。

南雲さんが活動を始められたころ、100件くらいのメールを親の会や支援団体などに送り、返信のあった2、3件のうちの1件がサポートネットだったというのは、仙台にいらしてくださるとお話される私たちの間では有名な?エピソードです。

4年前、笑顔が本当に魅力的な男子だった南雲さんは、当時から大人っぽいという印象でしたが、そこから過ごした年月の何倍もまた素敵な人になられたと(上から目線のつもりはないのですが)、おばさんは感動するのでした。

昨日のおしゃべりからは、子ども達や後に続く人たちに対しての
「未来をあきらめないで」という南雲さんのメッセージが静かにしっかりと伝わってきました。

決意のある生き方は人をどんどん素敵にする。
感動しました。

南雲さんの笑顔のかげにあった、辛かったできごと。葛藤。
メンバーさんたちが話してくれること。
わが子が時々口にする日常。

多数派の「当たり前」に、こんなにも苦しめられている人たちがいることを無い事にしてはいけない。あらためてそう思いました。自分が多数派として生きてきた人間であることも忘れないように。

昨日の南雲さんのおしゃべりの中で、特に心にしまっておきたいと思った言葉。

支えてくれるのは
変わらない人。
変わらない場所。

仕事のため、残念ながら私は途中退席でしたが、少しの間でも十分素敵な時間でした。
お集まりのみなさま、ありがとうございました。           りんご
Posted by サポートネット at 09:29
一足早いクリスマス [2011年12月14日(Wed)]
ケーキデコの実習で、こんな素敵な「お菓子の家」が出来ました。

近づいてみると



男女各一名の利用者さんのトレーニング成果です。
製作中には、ベースとなっているジンジャークッキーの良い香りがハンドワークトレーニングのエリアに満ちて…
積み重ねてきたことで、パーツ一つ一つも大きさや厚みが揃い、デザインも自分で工夫が出来るようになって来ています。

もし
「我が家にも作って〜」
と言ってくださる方がいらっしゃいましたら「Schaleおおまち」黒電話022−263−1402へご連絡をください。
クリスマスにお子さんたちが大喜びする顔を思い描きながら、心を込めてお作りいたします。
Posted by サポートネット at 19:07
おめでとう ありがとう [2011年12月09日(Fri)]
ぐっと冷え込みの増した今日の仙台。

華やかな映像で、暖かな気持ちをSchaleから皆様へお届けしたいと思います。


どうでしょうウインク

メンバーさんがお母さんのお誕生日のプレゼントにしたいと、自ら今週のトレーニングに組み込んで制作したケーキです。

ケーキデコレーションのトレーニングの成果がこんなに華やかで温かな形となりました。
バラもメンバーさんが作ったものです。

製作者は結構な大柄の男子です。

彼がお母さんに手渡す時の笑顔が想像されます。

「お母さん幸せだね。」とスタッフ全員でうっとり。

お母さんと同じ日に誕生日を迎えるという友人の分のケーキも彼は用意していました。
そちらの映像。

ベガルタ仙台のエンブレム。

大切な人たちに心をこめたプレゼント。
贈られる側も贈る側も幸せに包まれて。

自己有用感を高めていって彼がSchaleを巣立つ日を応援していきたいと思います。
                                  りんご

Posted by サポートネット at 16:40
| 次へ