CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
変身中 [2009年12月27日(Sun)]
朝から事業所のレイアウト替えをしています。
今日は業者の方が入り、デスクやキャビネットなど、大物の移動をしました。
その前後には、細かいものをせっせと整理。
チームワークばっちりで、障子紙も全面プラ素材のものに張り替え終了。
キッチンもすっきり。
『虹っ子』の子どもたちが荷物を整理できる棚や、おもちゃ収納棚も新たに作成中です。

会員の皆様がもっと過ごしやすい『サポートネット事務局』へ。
子どもたちが、よりわかりやすい空間で過ごせるような『児童デイぬくもりすぺいす虹っ子』へ。
経過や新しいスペースは、また追ってレポートします。
年明け どんな具合に「変身」しているかお楽しみに!



Posted by サポートネット at 16:26
「おおごと」です [2009年12月23日(Wed)]
クリスマス前の休日にも関わらず、スタッフ総出で事業所の再構造化準備です。

移転して1年2ヶ月なのに、何と荷物の多いこと!!
“どこにこんなに入っていたのかしら?”
と思うほど…
事務局も、ここ数日りんごさんやけいこさんが時間を見つけては、不要な書類をバッサバッサと捨て下さってはいますが…


明日はいつも通りの事務局&『虹っ子』。
さて、今日中に一段落出来るのでしょうか…
(“きっと大丈夫”)
Posted by サポートネット at 13:11
知恵を集めて [2009年12月17日(Thu)]
午前中、『虹っ子』や事務局が、さらに会員の皆様にとって「安心・安全」を提供できる場として進化するためのミーティングが開かれました。

移転から1年2ヶ月。
『虹っ子』にも子供たちはもちろん、ボランティアさんやスタッフなど多くの人が出入りします。
元気な「虹っ子」に、事務局にかかってくる電話や、スタッフ同士の意見交換に遠慮なく伸びやかに過ごしてもらいたい。
一方、元々のサポートネットの成り立ちを考えれば、アエルにいた時のように会員の皆さまがもっと気軽に来て頂ける工夫も必要…
月日の積み重ねがあって気付けたことがたくさんあります。

気付いたら動き出そうよ。
ここ数週間、たたき台を出してくださった絵理子さんの案にスタッフが書き込んだり、備品の寸法を測って検討したり…
今日のミーティングには9つのアイディアが出され、一つ一つを丁寧に検証しあいました。
一つにまとめることが出来た後は、作業の段取り。

一階から二階への移動。その逆。移動はさせないで配置換えだけ…
ポストイットに書き出し、色分けをし…
ここにも見事な「視覚支援」。
療育で身につけた知識や技術が、ごく当たり前に大人の世界にも活きています。
本当に素敵!

『虹っ子』に来てくれているこどもたちには、ちょっとの戸惑いもあるかもしれませんが、既にスタッフが「伝える」工夫も始めています。
新年からもっと居心地の良いステージとなるはずです。
楽しみにしていてください。

Posted by サポートネット at 13:34
ご家族からの応援 [2009年11月23日(Mon)]
移転をして一年ちょっと。
『虹っ子』の再構造化も検討される今日この頃。
外周りも気になりはじめていました。

すると…
『虹っ子』Kちゃんのおばあ様の気遣いをいただき、Kちゃんのおじ様の手で、道路面との段差を綺麗に直していただきました。

有り難いことです。
こどもたちの安全を考えて、門扉から玄関までの狭いスペースには、基本的に車を止めることはありません。
でも、こどもたちがつまずいたりすることのないように。
万が一ブロックと鉄板に滑った車が飛び込んで来ないように。
有り難くお心遣いをいただきました。

Kちゃんの育ちを応援してくださるご家族に、サポートネットも揃って応援をしていただきました。
「安全と安心」の保障のために活用させていただきます。
Posted by サポートネット at 17:47
ほめカード [2009年10月15日(Thu)]
少し前から『虹っ子』の環境を含めた再構造化を模索し、会議でも提案していました。
具体的なイメージを持ちながら、スタッフがいろいろ考えてくれています。
また、札幌の加藤先生の力をお借りして、少し具体的なイメージを持つことも出来るようになってきました。
また、9月の末から3週連続で研修を受ける機会を得たスタッフは、たくさんいただいた知恵を「表出」するようになって来ています。
まさに「学んだことは実践」が行動として実行されてきています。

今日も美穂さんが『ほめカード』を創って来てくださっていました。
指導者やボランティさんが、その子その子に関わって感じた素敵なことを、眼で解るように伝え、溜めていくことが出来ます。
保護者の方とも共有できる「いいところ」探しにも繋がるでしょう。
「なかなかほめられない」と悩む保護者の方には、素敵な指針となるでしょう。
カードをファイリングしていけば『ほめられファイル』として自信の道具にもなるでしょう。
もちろん発展してソーシャル・ストーリーに置き換えることも出来るでしょう。
「やっぱりカラーの方が可愛いな」などと独り言(?)を言いながら、準備をして下さっていました。
導入の時期を伝え聞いておりませんが、もう試行が始まっているのかもしれません。
「進化」し続ける『虹っ子』です。
Posted by サポートネット at 20:21
危機管理 [2009年07月17日(Fri)]
新しい拠点に移って、あっと言う間に9ヶ月が過ぎようとしています。
大切なお子さんをお預かりしている中で、「安全」も大切なことです。
でも100%は難しいことも…
一番気をつけなければならないと思われるところから、手直しをしました。

板張りで滑りやすかった階段にカーペットと、滑り止めを付けていただきました。

真っ先に気付いたのは「虹っ子 いっちゃん」
「うわっ新しくなった!」
気付いてくれると嬉しいものです。

でも、慌てずゆっくり降りてきてくださいね。
Posted by サポートネット at 14:04
これも進化? [2009年02月09日(Mon)]
「めばえ」のお部屋の再構造化(?)というわけではないのですが、大工さんに来ていただきました。
設計士さんは、“和室を知らない子も多いので、残しておきましょう”と、書院もどきのような設えには手を付けずに改修をしておいてくださったのですが、増え続ける教材の置き場所の確保のために、スペース確保を優先せざるを得ませんでした。

床柱と違い棚が撤去されました。
さて、この後どれだけ視覚的刺激にならないように収納化されるか、楽しみにしています。
Posted by サポートネット at 14:05
修了しました! [2008年11月28日(Fri)]
5日間にわたって参加した「サービス管理責任者研修」が無事修了しました。
平日の営業日に、断続的ではありましたが5日間も事務局を留守にし、スタッフにはとってもお世話になりました。
その分しっかりと学んできました。(今回の研修は本当に中身の濃い充実したものでした。)
「演習」が多く、久々に緊張感に溢れた学びをさせていただきました。

児童デイサービスの中核的機能の確認から始まり、サービス提供の視点・サービス提供プロセスの実際・サービスの評価・サービス管理の実態をじっくりと確認できたことが大きな収穫でした。
「サービス管理責任者」って、「ファミレスのチーフマネージャ」みたいなものと考えるとイメージが掴み易いかもしれません。
『事業全体を見回して、「利用者主体」の計画を立案し、その実現に向けて調整をする。』
いやぁ、なかなか字義通りには上手く役割を果たすことはできないかもしれません。
でも、
『その子がその子らしく育ち、そのことによって保護者も安心した生活が営めているか…いつも自分の心に問いかけてみる』ことを忘れずにこれからの事業所運営に活かしていきたいと思います。
研修を受けるまでもなく
「丁寧に」「大切に」親切に」「誠実に」を掲げてきたサポートネットの運営理念をこれからも大切にしていきたいと思います。

研修で得た知識や情報は、もちろんスタッフと共有し、誰でも同じ質のサービスが提供できる事業所に進化していきたいと思っています。
事業所としての形態を整えつつある『虹っ子』です。
一方ファシリテーターの先生が
「良い経営が出来ている所は良いサービスが出来ている」⇔「良いサービスが出来ている所は良い経営が出来ている」
とおっしゃった言葉が胸に刺さりました。
「自己満足」に陥っていないか、冷静に判断することも必要ですね。

Posted by サポートネット at 21:23
「感謝」あるのみ [2008年11月27日(Thu)]
研修から18:00近くに事務局に戻ってみると、美穂さん・絵理子さん・佳江さんが、AASEMの猪又・片瀬両先生のSVを受けていました。
この10月から「めばえ」の目的を明確にし、ぶれない支援を構築するために先生方にスタッフを育てるお手伝いをしていただいています。

先生方への感謝はもちろんです。
そして、19:00過ぎまで熱心に指導を受けていたスタッフにもただただ「感謝」です。
皆本業は「母」です。
家にはそれぞれピースを持ち合わせたこどもがいます。
帰宅後のこどもたちとの時間も大切にしたいハズ。食事の支度もあるハズ。
いろんな制約を抱えながら、「虹っ子」たちをお母さんたちと一緒に育てていくために奮闘してくれています。

今日のサービス管理者研修でも、ファシリテーターの方から事業所の「経営」への意識を持つことも、サビ管の重要な「仕事」だと指摘がありました。
力を貸して下さっているスタッフに、充分な手当てが出来ていないのが今のサポートネットの実情。
心が痛みます。
いつまでも甘えてはいられません。が、現実に定員の半分程度の利用実績で推移している限り、なかなか豊にはなれません。
また、「お休み」も多発する昨今。予定通りの給付収入が見込まれない月が続いています。
そんな中で、同じ保護者として、発達障害の本人と家族のために「あったらいいな」を実現したいと願い、力を注いてくれているスタッフの存在なくして、サポートネットの運営は出来ません。
これは、『虹っ子』のスタッフだけではなく、事務局を支えて下さっている忍さん・美樹さん・和子さん・詠子さん…みんなの力で支えられているからこそ、少しずつ事業所としの整備が進んできているのです。

でもね…
“「確かな支援」が出来ているなっ”て、今日の研修の中の演習で実感しています。
他の事業所の方の支援スタイルを垣間見た時
サポートネットのスタッフが、「当事者」として、本当に本人に寄り添う支援を展開できるよう学び続けていることを誇りに思っています。
もちろん今は「進化中」
未熟なことも、時には失敗もあるかもしれません。
セッションが想定通りに進まなかった時には、ショボンとへこたれることもあります。
だけど、昨日より今日、今日より明日…と成長していこうと頑張っているスタッフには本当に頭を下げるだけです。

「手当倍増計画」を何とか実現するために、事務局も頑張ります。
そのためには、“こどもたちの未来を『虹っ子』で一緒に創りたい”と利用して下さる方を増やすことも課題の一つです。
ウ〜ン。今日は頭の中がウニで満たされてしまいました。

Posted by サポートネット at 21:59
冬支度 [2008年10月30日(Thu)]
今朝は本当に寒かったです。蔵王の「初冠雪」の発表も。
この「初冠雪」ってどうして判定するか知っていますか?
気象台から何と望遠鏡で目視で確認するのだそうです。
雪の量は全く関係なく、単に「白くなっている」ことが確認できたら「冠雪」なのだそうです。「ヘッ〜〜〜」ですね。

さて、一軒家に越して初めての冬を迎えます。
何しろ築30年強。
当時の建築では「断熱材」なんて入っていなかったことが改修時に判明。
少ない予算の中で北側のキッチン側と相談室の壁面だけ補強をしていただきました。
また、一般住宅だった割には吹き抜けや空間が多く、なかなか建物全体が温まり難い状況です。
こどもたちと「安全と衛生」を第一に考えて、『虹っ子』の暖房は温水パネルです。
石油のボイラーで温められたお湯がパネルをの中を通り、パネル表面を通して空気を暖める仕組みです。
総工費の1/3弱がこの暖房設備にかかっています。
大きなお金がかかりましたが、確かにホワッと温まり、空気も全く汚れません。
また、パネル表面も火傷をするほど高温にはならず、優しい暖かさに包まれます。

難点は立ち上がりが悪いことくらいでしょうか。
石油高騰の折、暖房の経費がどれくらいかかるのかドキドキしていますが、ここ数日のタンクの目盛りを見る限り、「想定範囲」で留まりそうです。(本当にそうだと良いのだけれど…)

冬を迎えるのあたっての課題はもう一つ。
「そと」のような「なか」のような玄関ですので、サッシから隙間風が…
玄関扉を何とか新設したいな〜と思ってはいるのですが…
(追加工事もあって助成金の枠を超えての出費でしたから無理かな〜)

いろんな「無理」を押しのけて実現した新拠点です。
スタッフを中心に防寒対策も検討してみましょう。
今朝、こんな奮闘ぶりを見守って下さっていた会員の方から
「夢は人を動かす」
「夢はかなう」
という素敵な言葉をいただき、スタッフの頑張りを「イケテル」と評していただきました。
こうしたメッセージがスタッフの「支え」になります。
有難いことです。

気持ちは凍らないように冬を迎えたいと思います。
Posted by サポートネット at 21:11
| 次へ