CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12) リボン
わかりやすく遊ぼう (02/05) あおママ
わかりやすく遊ぼう (02/05) リボン
1月のサロンとランチ会 (01/12) まほろ
1月のサロンとランチ会 (01/08)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
BOSAIサイドブック [2017年06月11日(Sun)]
先日、去年まで光明支援学校にいらした山口裕之先生より1冊の本が届きました。

全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会で作った
「BOSAIサイドブック」
サイドブック.JPG

山口先生も執筆者の一人です。
じっくりゆっくり拝読させていただきました。
震災のあった2011年、後藤も光明支援にいて、よく自閉症スペクトラムの話、
ITCの話など、いろいろと教えて頂きました。

本来、地学専門である自分が、ここ最近ずっと特別支援の学びを積んできた・・・
本当に自分ができることは「防災教育だったんだ!!」
と、データ収集や情報発信、様々なところで防災教育講演に呼ばれていたことを思い出していました。
先生は自閉症カンファレンスでも、このことについてお話しされています。


防災教育は「生きる力」の教育
確かな学力
豊かな人間性
健康体力

ふむふむ。
氷山モデルでの解説もあります。

他にも、サイドブックの中には

支援学校での防災教育の事例
震災時の状況、子供たちの様子
あたりまえの日常にある防災

など、様々な視点で掲載されています。
学校向けの視点で書いた著書ではありますが、福祉事業所もとても参考になる内容でした。

ちなみに、山口先生の著書の部分は
「Sphinxのひとこと」
http://sphinx.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-1fb5.html

でも読むことができます。
あえて、防災のところのリンクを貼りました。

私も、改めて
「1週間に1度は車にガソリンを入れておこう」
「水のストックの入れ替えを3週目の火曜日(自分の休みの日)にしよう」
「車の中に毛布を入れておこう」

と、頑張らなくてもできる範囲の「あたりまえの防災」を整理しました。

天空図書にありますので、みなさん手にとってお読みください。
合わせて、「実践編」もいただきました。
福祉避難所解説訓練の方法、実践レポートが掲載されています。

山口先生、本の寄贈ありがとうございました。
まほろ

Posted by サポートネット at 12:40
発達が気になる子のステキを伸ばす「ことばがけ」 [2017年05月26日(Fri)]
明石書店さんから本日、出版になりました。

その名も

発達が気になる子のステキを伸ばす「ことばがけ」
一番伝わりやすいコミュニケーション手段、それがその子の“母国語”です
著者 加藤潔
ことばがけ.JPG

目次をみると第5章あり、

指示や説明のことばがけ、
元気にすることばがけ
マイナスにしないことばがけ
ことばを引き出すことばがけ
支援する立場にある自分へのことばがけ

など、
「まず、原則を整理しましょう」書かれているあたりが読みやすそうに見えます。

どのタイトルを見ても、すぐに使えそうなものばかりなのも素敵です。

後藤は、本を読むときに好きなタイトルから読みます。
(物語ははじめから読みますが・・・)
そして・・・・

「支援する立場にある自分へのことばがけ」

が気になって仕方ありません。

子供たちへの支援についての本は、たくさん読んできましたが、
「支援者へのことば」というのは、あまり見かけたことがなく
その着眼点が目からうろこでした。

20代の頃、発達障害について何から勉強すればいいのか分からなくなり、
様々な研修会に参加しては、自分がどの場でどんな支援ができるのか??
このままでいいのか??どんな支援者を目指せばいいのか??
と分からなくなっているときに、

「自分のできることを続けていればいい。無駄にならないから」

と加藤先生に言われたことがあり、当時、

「あぁ、私は焦らなくていいんだ」

とホッとした気持ちになった記憶があります。
それが、セミナーの中だったのか、直接言われた言葉だったのかは覚えていません。
今だから言えるのは、当時、まだ自分の支援に自信がなかったのだと思います。
あの頃よりは成長していると思いますが、それでもこの本を読んで
「うんうん。それでいいんだ」
と、納得できたらいいな♪と思います。

・・・・と、実はまだ本が手元に届いていません。
注文したところ、お届け予定日が6月12日〜7月5日と・・・。

早くお読みになりたい方は、書店にて購入された方が早いかもしれません本
まほろ
Posted by サポートネット at 14:04
NHK発達障害プロジェクト [2017年05月18日(Thu)]
NHKでは、『発達障害プロジェクト』として様々な取り組みを始めています。
発達障害プロジェクト.PNG
〜「見えにくい」がゆえに誤解の多い障害
2017年5月から1年かけて 当事者や家族 一人ひとりの声を伝えます(発達障害プロジェクトサイトより)〜

5月21日(日)は、夜9時から
NHKスペシャル「発達障害 〜解明される未知の世界〜」が放送されます。
NHK総合TV
出演は、栗原類さんや本田秀夫医師ら。
〜小中学生の15人に1人と言われる「発達障害」。最新の脳科学研究や当事者への聞き取りにより、発達障害の人は、生まれつき、独特の「世界の見え方・聞こえ方」をしているケースが多いことがわかってきた。番組では、当事者の感覚・認知の世界を映像化。これまで誤解されがちだった行動の裏にある「本当の理由」に迫り、これまで言えなかった、わかってもらえなかった当事者の思いを生放送で発信していく(番組案内サイトより)。〜
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586892/index.html

NHK『発達障害プロジェクト』のサイトでは、
あなたの本音・体験談を募集中! として、番組への投稿サイトも開設されています↓
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/
PCやスマホでアクセスしてみてくださいexclamation

さらに、プロジェクトの中では、
みんなで作る 発達障害の “トリセツ”
「困り事」の取扱説明書 への投稿も募集しています。
トリセツの監修は、鳥取大学の井上雅彦先生。
すでに投稿されている内容も閲覧できます目ぴかぴか(新しい)

投稿に参加したり、番組を観たり。
感想をシェアしたり。

発達障害の理解が多くの人に広まることを願い、日曜日の放送も楽しみに観たいと思っています。


リボン
Posted by サポートネット at 13:44
支援者育成講座『ソイル』を開講します! [2017年04月13日(Thu)]
サポートネットは、法人設立から自閉症・発達障害のある子供たちへの療育支援に取り組んできました。
現在、子供支援事業の利用者は130名を超え、事業所は毎日子供たちの声でにぎわっています。自閉症・発達障害についての情報が増え、理解も広まりつつあるものの、まだまだ子供たちを取り巻く環境は多岐にわたっているのが現状です。

自閉症・発達障害のある子供たちへの支援の輪が広がることを願って
そして、子供たちが自分らしく輝く存在になれることを目指して

今年度、サポートネットは支援者育成講座「ソイル」を開講します。

日頃、支援に携わっている皆さまと共に学びを深めるため、連続講座を開催します。この講座は、講義・ワーク・事例検討の3部構成となっており、現場ですぐに活用できるものになっています。
詳細は下記をご覧ください。
先日、地域の皆さまへご案内を送付させていただきましたので、そちらもぜひご一読ください。


新しいスタートを切ることに、私たちもワクワクしています。
そこにさらなる広がりが待っている気がします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

soil5_blog用.pdf

ソイルチラシ.PNG

クローバー

Posted by サポートネット at 16:00
2017年・啓発デー [2017年03月29日(Wed)]
毎年4月2日は、国連が定めた世界自閉症啓発デー。
4月2日〜8日は、発達障害啓発週間です。

東京タワーのライト・イット・アップ・ブルーなど、今年も日本・世界の各地で、様々な取り組みが行われます。
仙台では4月4日(火)に、福祉プラザでDVD上映会があります。
自閉症スペクトラム・発達障害を知っている方も、これから知りたいぴかぴか(新しい)という方も、どうぞご参加ください。

以下、大きく3つのイベントをお知らせします。
詳細は、関連サイトをご参照ください。

かわいい世界自閉症啓発デー・上映会のお知らせ
http://blog.canpan.info/miyagi

主催:宮城県自閉症協会
共催:発達支援ひろがりネット 

日時:平成29年4月4日(火)
開場:13:00 (上映時間:13:30〜15:30)
13:30〜「自閉症の子どもたち」バリアフリーを目指して
     日本自閉症協会作成 啓発DVD
14:00〜「自閉症スペクトラムの理解と支援」大人の自閉症スペクトラム
      NHK厚生文化事業団DVD (信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部長 本田秀夫先生 監修)
場所: 仙台市福祉プラザ 2Fふれあいホール
     (仙台市青葉区五橋2-12-2)
駐車場はありませんので、一般の駐車場、公共交通機関をご利用ください。
*申し込みは必要ありません・入場無料*

【後援】 宮城県・仙台市・宮城県教育委員会・仙台市教育委員会・宮城県発達障害者支援センター(えくぼ)・仙台市発達相談支援センター(アーチル)・河北新報社・NHK仙台放送局


かわいい世界自閉症啓発デー 日本実行委員会公式サイトはこちら↓
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=13
自閉症についての情報や、応援メッセージの募集なども公開されていますので、ぜひご覧ください。

2017シンポジウムぴかぴか(新しい)は、4月8日(土)東京の灘尾ホールで開催されます。
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=166
日 時 : 2017年4月8日(土) 10:00 〜16:20
会 場 : 全社協・灘尾ホール(新霞が関ビル内)
     東京都千代田区霞が関3-3-2
テーマ : 『たいせつなことを あなたに きちんとつたえたい 〜発達障害のこと〜』


かわいいJDDNET(日本発達障害ネットワーク)では、4月1日(土)・2日(日)に東京ウィメンズプラザで映画の上映会があります。
https://jddnet.jp/event170401/
「みんなの学校」と、「シンプル・シモン」です。
1日(土)のみ、「僕と世界の方程式」も上映。

JDDNETでは、この上映会の運営費としてクラウドファンディングぴかぴか(新しい)にチャレンジしています。受付期間は3月31日の23:00まで。
https://readyfor.jp/projects/JDDnet20170401
目標の達成まで、あとひといき・・・exclamation

2017啓発
みやぎ発達障害サポートネットは、発達支援ひろがりネット構成団体。日本発達障害ネットワーク・エリア会員団体です。


リボン
Posted by サポートネット at 09:35
鴨下先生の凹凸書字シート [2017年03月03日(Fri)]
鴨下賢一先生監修の、新しい教材シートがスゴイですexclamation

ぴかぴか(新しい)発達が気になる子への
凹凸(おうとつ)書字教材シート
専門作業療法士・鴨下賢一 監修/オフィスサニー
http://www.office-sunny.shop/

なんと!!
マス目やなぞり書きの線に盛り上がりの加工がされています。
おうとつ

指で触れると、凹凸によって線がより分かりやすい。
見て・触れて、分かりやすい。
書いて、鉛筆の先で触れて、わかりやすい。

すごいです・・・!!
書字教材
マス目編だけでも、4種類のシート。
なぞり書き編は、14種類のシート。
他にも、模写やひらがな書字のシートなどがあります。


↓この本との併用がおすすめされています。
ことはじめ
発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ
鴨下賢一 著/中央法規

子供一人一人が今持っている力で、無理なく楽しく!学習ができて、力がついていくるんるん
無理を強いるのではなく、アプローチの仕方を学び、ステキな教材を活用していけたらと思います。


リボン
Posted by サポートネット at 12:03
空港利用の際の意見募集 [2017年03月02日(Thu)]
JDDNETから、パブリックコメント募集のお知らせがありました。

国土交通省航空局より、航空旅客ターミナル施設業における、障害者差別解消法に係る対応指針(航空旅客ターミナル施設事業)についてのパブコメ募集です。

↓下記のページから、意見募集の要項をお読みいただき、提出フォームに必要事項の入力をお願いしますひらめき
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155171208&Mode=0

ここ最近、航空旅客ターミナル施設関係者から、発達障害のある方への配慮について関心が高まっているとのこと。
空港の利用の際に、困っていること、気づいたこと、要望などはありませんか。

例えば、発達障害のある方が分かりやすい視覚的な配慮などは、他の方にもやさしい配慮であったりします。
すべてがクリアになるのは難しいかもしれないけれど、本人やご家族だからこそ挙げられる意見というのはあると思いますし、とても大事だと思います☆

2020年には、東京オリンピックでたくさんの人が出入りするだろうし。。。
よりよい環境が整ったらステキです飛行機

ぜひ、皆さんからの具体的なご意見を送信してください(^o^)


リボン
Posted by サポートネット at 11:28
教育のこと、意見募集のお知らせ [2017年02月12日(Sun)]
JDDNET(日本発達障害ネットワーク)より、お知らせがありました。

NHKハートネットTVでは、5月の放送に向けて、
「発達障害のあるお子さんの教育」というテーマの番組制作をしているとのことです。

それに先立ち、ハートネットTVホームページ上で、発達障害のあるお子さんの保護者の方や教育現場の皆様からの意見を募集しています。

「子どもをどの学校(学級)に通わせればいいかわからない」
「 “通級” に通わせたいが、仕事があってできない」
「クラスの障害のない子との関係が上手くいかない」といった悩み
「こんな選択、こんな工夫をしたら上手くいった」
という体験談など。

意見の書き込みサイトは下記となります黒ハート
カキコミテーマ「 “発達障害の子ども” とともに」
http://www6.nhk.or.jp/heart-net/voice/bbs/messagelist.html?topic=4170

サイト内の「投稿ルール」をよく読んでから、カキコミしてくださいね!

発達障害といっても、一人一人が直面している問題や体験談は様々あると思います。
よりよい未来に向けて、ぜひ、生の声を!!


リボン
Posted by サポートネット at 11:41
ぼくは写真で in仙台 [2016年11月01日(Tue)]
30日、辻井正次先生(中京大学現代社会学部教授/アスペ・エルデの会統括ディレクター)を講師にお迎えした公開セミナーでは、発達障害の特性に添った関わり方のコツや、法律、合理的配慮のこと、そしてペアレント・トレーニング、ペアレント・プログラムの概要についても学びました。
ペアプロの概要から、子供をほめる(肯定する)際のコツも、たくさんおしえてくださいました!

サポートネット10周年企画の夢ヒコーキには、「10年目のお祝いだね」コメントを書き入れてくださりぴかぴか(新しい) そして、「親の会って大事なんだよ」とご参加の皆さんに繰り返し話してくださった辻井先生。
保護者がつながり、声を届けること。子供たちが誰かとつながれること。
日本での発達障害をとりまく現状から、どのように支援の輪を広げていったらいいのかについても、たくさんのメッセージをいただきました。

午後の発達支援ひろがりネット・第10回支援情報交換会では、発達障害のある人の住まい・ひとり暮らしの見守りなどについて、取り組みはじめた方々からの現状や課題など、情報交換をすることができました。
ひろがりネットの活動と支援情報交換会も、10年目ぴかぴか(新しい)
顧問の阿部芳久先生から、これまでを振り返り、また、発信することの大切さなど、今後に向けてのメッセージもありました。

午前、午後とも、本当にたくさんの方にご参加いただきました。
自閉症スペクトラム・発達障害についての理解を深め、何度も学び、そして支援の輪を広げていきましょう・・・!

さて、今度の土曜日に、
自閉症のアマチュア写真家、米田祐二さんのドキュメンタリー映画「ぼくは写真で世界とつながる/上映会 in 仙台」が開催されますexclamation×2
ぼくつな1

11月5日(土)せんだいメディアテーク・スタジオシアターにて。
14:30と、18:30の2回、上映。
入場料は、当日1200円。前売り1000円(電話予約可)。

上映後に、映画を制作した貞末さんのトークと、音楽を担当されたchiharuさんによるミニライブあり。
詳細は下記URLでご確認、またはマザーバードさん(TEL 03-6913-5591)へどうぞ。
http://www.motherbird.net/~bokutuna/
http://www.motherbird.net/~bokutuna/-image/05-schedule/2016-11-sendai/sendai%20wide.JPG

ぼくつな2


リボン
Posted by サポートネット at 11:30
30日は交通規制 [2016年10月24日(Mon)]
今度の日曜日、10/30はセミナーを2つ開催します。
午前中は、「2016年 自閉症・発達障害支援セミナー・第3回」として、辻井正次先生(アスペ・エルデの会統括ディレクター)を講師にお招きします。
※このセミナーは申込み受付けを終了しました。

午後は、『発達障害者が暮らす「住まい」を考える』をテーマに、発達支援ひろがりネット主催・第10回支援情報交換会を開催します。
発達障害のある人の将来・住まいのことについて学びましょう。
こちらは、事前申込み不要。
当日のご参加をお待ちしておりますぴかぴか(新しい)

exclamationこの日、市内では、第34回杜の都女子駅伝が行われます。
それに伴い、12:00〜14:40に交通規制がありますexclamation
セミナーにお越しの際には、できるだけ地下鉄等の影響の少ない手段、また、ルートのご確認をお願いいたします。
参考PDF↓
morino-miyako_kisei2016.pdf

特に、午後の支援情報交換会は、福祉プラザで13:00開始ですが、会場前の道路はこの時間の前後は規制がかかりますので、時間に余裕をもってお越しくださいますよう、ご案内申し上げます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ぴかぴか(新しい)発達支援ひろがりネット
第10回 支援情報交換会
ひろがり第10回.pdf

発達障害者が暮らす「住まい」を考える
〜みんなで学び・考える〜


日時:平成28年10月30日(日)
   開場12:30
   開会13:00〜15:30(質疑を含む)

会場:仙台市福祉プラザ 11階 第一研修室
   (仙台市青葉区五橋2-12-2)

講師(予定):
 NPO法人煌の会 植村暢子さん
 NPO法人自閉症ピアリンクセンターここねっと 黒澤哲さん
 NPO法人グループゆう 佐藤裕信さん

コーディネーター:
 宮城県保健福祉部障害福祉課主任主査 川越総一郎さん

参加費:500円(当日お支払いください)

定員:60名
事前申し込み不要・当日受付です。

後援:宮城県教育委員会・仙台市教育委員会・宮城県発達障害者支援センター(えくぼ)・仙台市発達相談支援センター(アーチル)

http://blog.canpan.info/haxtutatusien/daily/201609/27


リボン
Posted by サポートネット at 09:41
| 次へ