CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
たわいもない話 [2018年04月16日(Mon)]
なんてことのない、たわいない会話。

それが苦痛という子ももちろんいます。
ただ、たわいない会話が平気になると、すこし生きづらさが減るようにも思えます。
みんな会話を全部受け止めなくちゃ!!そして言わなくちゃ!と真剣にコミュニケーションを取っていると思うと、それはへとへとになるだろうなぁ・・・とも思います。

中高生のグループでは、メンバーが会話を楽しむグループもあり、
話がもりあがりすぎてセッションの進みが遅くなる。。。ということもしばしば。

それは進行役としては反省点なのですが・・・

そのメンバーの中には、学校では一人で行動することを貫いている子がいたり、家で兄弟もいなければ、親子の会話がない場合があったり、しゃべると「毎回同じ話であきた」「うるさいから黙ってて」と言われて人と喋ることが怖くなった子もいたりと、様々な背景があります。

話したくても話せなくて困っている。という子もいますが、
話しが止まらなくて困っている。と言う子も同じくらいいると感じています。

「プリズムでは、自分が喋っても良い場所!だから、しゃべりたい!!」

という子が、たくさん話をしていると、それはそれで気持ちのバロメータにもなるので
(落ち着いている時は、割と、周りの雰囲気を見て話をやめることができます)
それはそれで大事な時間だと思い、本人が納得いくまで聞くこともあります。


先日、昼間に中学生本人から電話がかかってきました。
ヘルプを出せるようになっている子たちは、突然電話をくれることがしばしばあります。

前回、その子から電話が来た時は、友人とのトラブルで親が学校に呼ばれるかもしれない!という内容でした。

今回はなんだろう・・・ドキドキ。

まほろ「どうしたの?」
中学生「あの・・・俺、今友達と映画館にいるんです」
まほろ「うんうん(え・・・誰かにからまれたとか?ドキドキ)」
中学生「そして、映画(好きなアニメ)観たんですよ」
まほろ「うんうん。(ふむ・・・発達障害キャラがいたのかな・・・ドキドキ)」
中学生「ラスト、すっげー興奮しておもしろかったです」
まほろ「それは良かったねぇ♪(・・・・?)」
中学生「それだけっす」
まほろ「うんうん。それは良かった。教えてくれてありがとう」
中学生「はい。さよなら」

電話を切った時に、あぁ、トラブルではなかった。という安堵感。
そして、次に『すごく楽しかったことを今すぐ誰かに伝えたかったんだなぁ』と思い、
とても嬉しい気持ちになりました。

たわいもない内容ですが、なんだか、とてもステキな報告に思えました。

まほろ
Posted by サポートネット at 10:51
啓発デー2018年 [2018年04月02日(Mon)]
今日は世界自閉症啓発デーですぴかぴか(新しい)
啓発デー2018
世界自閉症啓発デー・日本実行委員会公式サイト↓
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/

日本では、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ユニバーサルデザインやバリアフリーへの取り組みも注目されています。

2030年までの国際開発目標であるSDGs(持続可能な開発目標http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/)では、
・貧困をなくそう
・すべての人に健康と福祉を
・ジェンダー平等を実現しよう
・人や国の不平等をなくそう
などなど、他にも環境保護、経済、産業に関する目標が17項目、掲げられています。

世界的に、様々な視点で課題解決に取り組む動きがあります。

自閉症スペクトラム・発達障害は、目に見えない障害、一見わかりにくい障害と言われることがあります。

発達障害者支援法が平成17年に施行された頃、そしてその後も、
「制度のはざまにある」
という言葉を何度も何度も聞いてきました。

発達障害の理解を広め、発達障害のある人が制度のはざまにおいてきぼりにならないように、とサポートネットもNPOとして活動を続けています。

そんな中。

福祉サービスに関するこの春の法改正により、発達障害への理解はどうなっているのかと疑問の声を挙げずにはいられない課題が浮かび上がってきました。
一見して分かりにくい障害もあるということを、世の中の人々が忘れてしまわないように、まだまだ、伝えていかなければならないようです。

一人一人を大切にすることは、簡単なことではないかもしれないけれど、私たちも私たちがやるべきことに、これからも取り組んでいかなければなりません!

仙台・宮城では、仙台城跡の伊達正宗公騎馬像が今日から4月8日(日)まで、ブルーライトアップされています。(日没から23時まで)
多くの方と、シェアできたらいいなと思います。

ブルーライトアップinみやぎ
http://www.miyagi-sfk.net/chuo/ekubo/node_5880/node_22953
主催 宮城県
   宮城県発達障害者支援センター「えくぼ」
   仙台市北部発達相談支援センター(北部アーチル)
   仙台市南部発達相談支援センター(南部アーチル)
後援 宮城県教育委員会
   社会福祉法人仙台市社会福祉協議会
   宮城県知的障害者福祉協会
   宮城県自閉症協会
   公益社団法人 精神保健福祉協会
   株式会社河北新報社


Posted by サポートネット at 16:22
今年はジュリアと一緒 [2018年02月23日(Fri)]
世界自閉症啓発デー2018のポスターが届きました。
2018啓発デー
2018 autism ポスター.pdf

昨年、セサミストリートのキャラクターに仲間入りした、ジュリアが一緒です。
ジュリアは、自閉症の女の子。
ポスターは、啓発デーのライトアップブルーの写真がたくさん散りばめられて、中心の白いハート型の中にキャラクターが配置されている、すてきなデザインです。

毎年4月2日は、国連の定めた世界自閉症啓発デー。
毎年4月2日〜8日は、発達障害啓発週間です。

公式サイトはこちら↓
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=13

公式サイトでは、自閉症や発達障害のある方とその家族への応援メッセージも募集しています↓
http://www.autism.or.jp/cgi-bin/keihatuday-m/regist.html

一人でも多くの方に、理解の輪が広がりますように・・・ぴかぴか(新しい)

さて、今日事務局では、会報誌すぽっとを発送しました。
発送作業にご参加の皆さま、ありがとうございましたるんるん
旭ヶ丘に移転するまでのこと、私たちが大切にしていきたいこと等々、今回も盛りだくさんの内容です。
私たちも、私たちにできることを、発信し続けていきたいと思います。


リボン
Posted by サポートネット at 14:37
仙台市 特別支援教育推進プラン中間案 [2017年12月15日(Fri)]
仙台市では、特別支援教育推進プラン2018(中間案)への意見を募集しています。

http://www.city.sendai.jp/kyoiku-tokubetsu/kurashi/manabu/kyoiku/inkai/kakushu/keikaku/suisin-bosyu.html
(上記サイト内のPDF資料をご参照ください)

今月の仙台市政だよりにもお知らせがありました。
意見提出の締め切りは、12月27日(水)。
郵便、FAX、Eメールで提出できます。

40ページほどの資料に、5年間のプランの詳細が記載されています。
特別支援教育における動向や、仙台市の取り組みと課題、体制づくり。
掲げられたテーマに基づくこれからの施策など。

資料には、小中学校の特別支援学級在籍者や通級児童の人数の推移や、発達障害・その可能性のある生徒数の推移、個別の支援計画の作成率と人数の推移、指導補助員の配置数の推移なども掲載されています。

全体の文字数はとても多いですが、関心の高いところだけでも読んでみませんか。
そして、意見があれば提出を。
子供たちの教育環境が、よりよいものになることを心から願っています。


リボン
Posted by サポートネット at 16:28
就労支援の仕組みについて [2017年10月27日(Fri)]
発達支援ひろがりネットでは、11月3日(金・祝)13:30〜、第11回支援情報交換会を開催します。

今年度は、就労支援の仕組みについて学びます。
就労継続支援A型・B型や、就労移行支援の制度などなど。まずは知ることから始めてみませんか。
どうぞご参加ください。
(下記URL参照)
リボン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぴかぴか(新しい)発達支援ひろがりネット 第11回支援情報交換会

生きづらさを抱える人の就労支援の仕組みについて
〜みんなで学び・考える〜

日 時:平成29年11月3日(金)
    開場12時30分
    開会13時30分〜閉会16時(質疑を含む)

会 場:仙台市福祉プラザ 11階 第一研修室

http://blog.canpan.info/haxtutatusien/daily/201709/13

ひろがりネット第11回支援情報交換会.pdf



Posted by サポートネット at 11:14
思い立ったらすぐ作成 [2017年07月20日(Thu)]
「先日、これ作ってみたんです♪」
と保護者の方に見せていただいた足型。

足型.jpg

サポートネットにも、今まで様々な足型がありましたが

なるほど!!

と思ったポイントがいくつか。

それは、下のマットを緩衝材素材の物を使用し、軽くて持ち運びしやすい。
どこに持って行っても、型崩れしない。
ガムテープ使用で、作るのが簡単。
本人の肩幅に合わせて作成しているので、立ちやすい。
滑りにくい素材で乗っても安心。

なぜ、この形になったのかと言うと、ハンドベルをステージ上で演奏する際、
じっと立っていることが苦手だったことから、

『足型があれば、じっと立っているのではないだろうか?』

と保護者の方が思い、ささっと作成したそうです。

どうすれば、声掛けをしなくても主体的に動くことができるか。
そして、彼はこの足型をたよりに、じっと立っていることができたそうです。

保護者の方の、パッと思いついたらすぐ実行というところが素敵だと思いました。

支援グッズとしては、頻度の高い足型。
ポータブル式というのも「なるほど」ポイントです。
まほろ
Posted by サポートネット at 17:46
BOSAIサイドブック [2017年06月11日(Sun)]
先日、去年まで光明支援学校にいらした山口裕之先生より1冊の本が届きました。

全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会で作った
「BOSAIサイドブック」
サイドブック.JPG

山口先生も執筆者の一人です。
じっくりゆっくり拝読させていただきました。
震災のあった2011年、後藤も光明支援にいて、よく自閉症スペクトラムの話、
ITCの話など、いろいろと教えて頂きました。

本来、地学専門である自分が、ここ最近ずっと特別支援の学びを積んできた・・・
本当に自分ができることは「防災教育だったんだ!!」
と、データ収集や情報発信、様々なところで防災教育講演に呼ばれていたことを思い出していました。
先生は自閉症カンファレンスでも、このことについてお話しされています。


防災教育は「生きる力」の教育
確かな学力
豊かな人間性
健康体力

ふむふむ。
氷山モデルでの解説もあります。

他にも、サイドブックの中には

支援学校での防災教育の事例
震災時の状況、子供たちの様子
あたりまえの日常にある防災

など、様々な視点で掲載されています。
学校向けの視点で書いた著書ではありますが、福祉事業所もとても参考になる内容でした。

ちなみに、山口先生の著書の部分は
「Sphinxのひとこと」
http://sphinx.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-1fb5.html

でも読むことができます。
あえて、防災のところのリンクを貼りました。

私も、改めて
「1週間に1度は車にガソリンを入れておこう」
「水のストックの入れ替えを3週目の火曜日(自分の休みの日)にしよう」
「車の中に毛布を入れておこう」

と、頑張らなくてもできる範囲の「あたりまえの防災」を整理しました。

天空図書にありますので、みなさん手にとってお読みください。
合わせて、「実践編」もいただきました。
福祉避難所解説訓練の方法、実践レポートが掲載されています。

山口先生、本の寄贈ありがとうございました。
まほろ

Posted by サポートネット at 12:40
発達が気になる子のステキを伸ばす「ことばがけ」 [2017年05月26日(Fri)]
明石書店さんから本日、出版になりました。

その名も

発達が気になる子のステキを伸ばす「ことばがけ」
一番伝わりやすいコミュニケーション手段、それがその子の“母国語”です
著者 加藤潔
ことばがけ.JPG

目次をみると第5章あり、

指示や説明のことばがけ、
元気にすることばがけ
マイナスにしないことばがけ
ことばを引き出すことばがけ
支援する立場にある自分へのことばがけ

など、
「まず、原則を整理しましょう」書かれているあたりが読みやすそうに見えます。

どのタイトルを見ても、すぐに使えそうなものばかりなのも素敵です。

後藤は、本を読むときに好きなタイトルから読みます。
(物語ははじめから読みますが・・・)
そして・・・・

「支援する立場にある自分へのことばがけ」

が気になって仕方ありません。

子供たちへの支援についての本は、たくさん読んできましたが、
「支援者へのことば」というのは、あまり見かけたことがなく
その着眼点が目からうろこでした。

20代の頃、発達障害について何から勉強すればいいのか分からなくなり、
様々な研修会に参加しては、自分がどの場でどんな支援ができるのか??
このままでいいのか??どんな支援者を目指せばいいのか??
と分からなくなっているときに、

「自分のできることを続けていればいい。無駄にならないから」

と加藤先生に言われたことがあり、当時、

「あぁ、私は焦らなくていいんだ」

とホッとした気持ちになった記憶があります。
それが、セミナーの中だったのか、直接言われた言葉だったのかは覚えていません。
今だから言えるのは、当時、まだ自分の支援に自信がなかったのだと思います。
あの頃よりは成長していると思いますが、それでもこの本を読んで
「うんうん。それでいいんだ」
と、納得できたらいいな♪と思います。

・・・・と、実はまだ本が手元に届いていません。
注文したところ、お届け予定日が6月12日〜7月5日と・・・。

早くお読みになりたい方は、書店にて購入された方が早いかもしれません本
まほろ
Posted by サポートネット at 14:04
NHK発達障害プロジェクト [2017年05月18日(Thu)]
NHKでは、『発達障害プロジェクト』として様々な取り組みを始めています。
発達障害プロジェクト.PNG
〜「見えにくい」がゆえに誤解の多い障害
2017年5月から1年かけて 当事者や家族 一人ひとりの声を伝えます(発達障害プロジェクトサイトより)〜

5月21日(日)は、夜9時から
NHKスペシャル「発達障害 〜解明される未知の世界〜」が放送されます。
NHK総合TV
出演は、栗原類さんや本田秀夫医師ら。
〜小中学生の15人に1人と言われる「発達障害」。最新の脳科学研究や当事者への聞き取りにより、発達障害の人は、生まれつき、独特の「世界の見え方・聞こえ方」をしているケースが多いことがわかってきた。番組では、当事者の感覚・認知の世界を映像化。これまで誤解されがちだった行動の裏にある「本当の理由」に迫り、これまで言えなかった、わかってもらえなかった当事者の思いを生放送で発信していく(番組案内サイトより)。〜
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586892/index.html

NHK『発達障害プロジェクト』のサイトでは、
あなたの本音・体験談を募集中! として、番組への投稿サイトも開設されています↓
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/
PCやスマホでアクセスしてみてくださいexclamation

さらに、プロジェクトの中では、
みんなで作る 発達障害の “トリセツ”
「困り事」の取扱説明書 への投稿も募集しています。
トリセツの監修は、鳥取大学の井上雅彦先生。
すでに投稿されている内容も閲覧できます目ぴかぴか(新しい)

投稿に参加したり、番組を観たり。
感想をシェアしたり。

発達障害の理解が多くの人に広まることを願い、日曜日の放送も楽しみに観たいと思っています。


リボン
Posted by サポートネット at 13:44
支援者育成講座『ソイル』を開講します! [2017年04月13日(Thu)]
サポートネットは、法人設立から自閉症・発達障害のある子供たちへの療育支援に取り組んできました。
現在、子供支援事業の利用者は130名を超え、事業所は毎日子供たちの声でにぎわっています。自閉症・発達障害についての情報が増え、理解も広まりつつあるものの、まだまだ子供たちを取り巻く環境は多岐にわたっているのが現状です。

自閉症・発達障害のある子供たちへの支援の輪が広がることを願って
そして、子供たちが自分らしく輝く存在になれることを目指して

今年度、サポートネットは支援者育成講座「ソイル」を開講します。

日頃、支援に携わっている皆さまと共に学びを深めるため、連続講座を開催します。この講座は、講義・ワーク・事例検討の3部構成となっており、現場ですぐに活用できるものになっています。
詳細は下記をご覧ください。
先日、地域の皆さまへご案内を送付させていただきましたので、そちらもぜひご一読ください。


新しいスタートを切ることに、私たちもワクワクしています。
そこにさらなる広がりが待っている気がします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

soil5_blog用.pdf

ソイルチラシ.PNG

クローバー

Posted by サポートネット at 16:00
| 次へ