CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
進路先を見に行く! [2018年09月15日(Sat)]
本日、宮城教育大学付属特別支援学校(略して付特)の文化祭、「ふとくまつり」があります。

先日のプリズムセッションでの一コマ。

中3君「僕、今度の土曜日にふとくまつりに行きます!!」

それまで、中3君の進路の中には、あまり付特はありませんでした。
なぜなら、公共交通機関の利用が少ないから。
(地下鉄1本はつまらないそうです)
できれば、そこそこ遠い学校に行きたい希望があります。
きっと、高校生になったら、友達と一緒にバスや地下鉄で♪という気持ちがあるのかと思うのですが、
あまり本人に理由をつきつめても苦しくなってしまうので、
“行きたい学校は自分で決めること”
という約束の元、行く可能性がある学校をいろいろ見学してきました。

ちなみに、高等支援については
「寮生活の中で、好きなテレビ番組を見ることができるという保証がない。無理」
という理由で希望をしないそうです。

宮城県の特別支援学級の子たちは、受験できる支援学校は多くて2校。
女子は「いずみ高等支援」もありますが、男子は高等支援に落ちたら、二次募集の支援学校に行くのが一般的です。しかも片道1時間以上の支援学校が多いです。
あまり滑り止めという概念がないため、不合格が不安な子供たちは地域の特別支援学校を受けます。
ただ、こうやって「付特を見に行きます」宣言をするということは、付特にも興味がある証拠。
ちなみに、プリズムの同じグループメンバーには、付特の高等部に通う友達もいれば、高等支援に通っている友達もいます。

今まで、高等支援を受験のために、試験前に個別に勉強している友達を見ていたことや、受験に合格した後に「すごい!!がんばった!!」と言われている友達を見ていたため、
受験だから頑張らなくちゃ。という気持ちは高まっている様子も見えます。

本人からは、特に進路希望の話はあまり出ていなかったため、「ふとくまつりに行く!」と言ったときの笑顔がとても印象的でした。

宮城教育大学付属特別支援学校は、もし不合格だったとしても地域の支援学校を受験することができるため、受験したい気持ちがあるのであれば、応援したいです。
次に会う時に、感想を聞きたいと思います♪
まほろ
Posted by サポートネット at 12:36
この記事のURL
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3723
コメントする
コメント