CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
1人で乗る美学 [2017年12月18日(Mon)]
タリス君の趣味の1つに「電車に1人で乗る」があります。
電車が昔から大好きで、中学になる時に「1人で地下鉄に乗って虹っ子(とプリズム)に来る」という目標を立てたことをきっかけに、1人で乗ることができるようになりました。
プリズムの日に、お母さんが車で来所しても、タリス君は1人で地下鉄に乗って来ますし、1人で帰っていきます。

人と一緒に乗るのが嫌なのかを聞いたところ

「嫌じゃないけど、1人で乗れるから」

ということで、自分1人でできることを誇らしく思っていることが伝わってきます。

さて、学校の校外学習。
みんなで地下鉄に乗ってお出かけをするそうで、

タリス「1人で乗りたいので、現地(の駅)集合がいいです。あと、帰りも泉中央に行くので現地解散でお願いします」

と学校の先生に訴えていました。
1人で地下鉄に乗れるといえども、解散後に泉中央に行くというのを学校がOKするのはなかなか難しい。
ただ、泉中央のお店に行きたいわけではなく、タリス君は「駅の雰囲気を味わいたい」だけです。
どうしたらいいものか・・・。

というお話をお母さんから聞いたので、タリス君と話しあってみることにしました。

まほろ「ねぇ、校外学習の帰りに泉中央に行きたいんだって?」
タリス「うん。駅を見るだけ、ちょっとだよ」
まほろ「うん。いいよねぇ。趣味を楽しんでる。誰にも迷惑かけてない!素晴らしい!しかし、1つ問題があります・・・それは、寄り道になってしまいます。寄り道は、補導対象者になります。私はタリス君が補導されたらいやだなぁ」
タリス「ちょっとだけだよ。大丈夫でしょ」
まほろ「寄り道をする人って、ちょっとだけって思っていると思うよ。中学校の制服のまま、目的もなくウロウロしていたら、補導員に声掛けられるかもしれないよね」
タリス「じゃ、校外学習行くのやめようかなぁ・・・」
まほろ「それも、1つの選択肢だよね。休むか、寄り道をしないか・・・でもね、趣味を大事にしてほしいので、提案があります。土・日に行くというのは、寄り道にならないからいいと思うよ」
タリス「じゃ、今から行ってもいいの?」
まほろ「お母さんがいいよ。って言えば、今日行ってもいいと思います」
タリス「ふーん」

しばし考えていたタリス君。
さて、どうするのかなぁ・・・・と思っていたら、後日、お母さんから連絡があり

「おかげさまで、寄り道する事なく、帰ってきて、学校にも帰宅の電話報告ができた様です」とのこと。

話しあった時に、気持ちが乱れず最後まで聞いてくれたことも嬉しかったのですが、タリスくんが提案を受け入れ、無事校外学習に参加できたということも嬉しく思いました。

ちなみに、タリス君は褒められるのも得意ではありません。
「やりたくない!これやったら、お母さんに褒められちゃうかもしれない・・・・」
というセリフも時々出てくるので・・・・来所したときに


まほろ「寄り道しないで帰ってくることができたって聞いたよ。良かった♪補導されなかった、安心した。提案聞いてくれてありがとう」
と伝えたところ、

タリス「今度のスポーツ大会はバスで行くよ。朝早いから。スーツの人とかと一緒にならぶかもしれない」
と教えてくれました。
すでに気持ちは次のお出かけに向いています。

そして、また後日談。
プリズムの同じグループのみんなと、新拠点の場所確認で地下鉄に乗ることになったときも
「旭ヶ丘駅集合でもいいですか?」と。
それは問題がないのですが、念の為に聞いてみました。
まほろ「新しい場所を見に行ったら、もう帰るだけだよ?地下鉄の中が楽しいと思うのですが、一緒に帰りませんか?」

と提案したところ

タリス「僕のことは気にしなくていいです。一人で大丈夫ですから」

はい。一人で乗るのが本当に好きなのですね。
ホームでもあえて離れたところに立っていて、なんでもみんなより一本遅い地下鉄に乗って帰るのだそうです。
自分の好きなことを余暇として大切にしてほしいので、それも承諾しました。

タリス君が一人になりたいのは、乗り物に乗る時だけです。
基本的に、みんなと一緒が好きですし、プリズムの振替もできるだけみんなと一緒がいいと言います。
「1人で乗る美学」を大切に、これからも趣味を謳歌してもらいたいと思います。
DSCN0003.JPG
まほろ
Posted by サポートネット at 19:26
この記事のURL
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3627
コメントする
コメント