CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
発達が気になる子のステキを伸ばす「ことばがけ」 [2017年05月26日(Fri)]
明石書店さんから本日、出版になりました。

その名も

発達が気になる子のステキを伸ばす「ことばがけ」
一番伝わりやすいコミュニケーション手段、それがその子の“母国語”です
著者 加藤潔
ことばがけ.JPG

目次をみると第5章あり、

指示や説明のことばがけ、
元気にすることばがけ
マイナスにしないことばがけ
ことばを引き出すことばがけ
支援する立場にある自分へのことばがけ

など、
「まず、原則を整理しましょう」書かれているあたりが読みやすそうに見えます。

どのタイトルを見ても、すぐに使えそうなものばかりなのも素敵です。

後藤は、本を読むときに好きなタイトルから読みます。
(物語ははじめから読みますが・・・)
そして・・・・

「支援する立場にある自分へのことばがけ」

が気になって仕方ありません。

子供たちへの支援についての本は、たくさん読んできましたが、
「支援者へのことば」というのは、あまり見かけたことがなく
その着眼点が目からうろこでした。

20代の頃、発達障害について何から勉強すればいいのか分からなくなり、
様々な研修会に参加しては、自分がどの場でどんな支援ができるのか??
このままでいいのか??どんな支援者を目指せばいいのか??
と分からなくなっているときに、

「自分のできることを続けていればいい。無駄にならないから」

と加藤先生に言われたことがあり、当時、

「あぁ、私は焦らなくていいんだ」

とホッとした気持ちになった記憶があります。
それが、セミナーの中だったのか、直接言われた言葉だったのかは覚えていません。
今だから言えるのは、当時、まだ自分の支援に自信がなかったのだと思います。
あの頃よりは成長していると思いますが、それでもこの本を読んで
「うんうん。それでいいんだ」
と、納得できたらいいな♪と思います。

・・・・と、実はまだ本が手元に届いていません。
注文したところ、お届け予定日が6月12日〜7月5日と・・・。

早くお読みになりたい方は、書店にて購入された方が早いかもしれません本
まほろ
Posted by サポートネット at 14:04
この記事のURL
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3563
コメントする
コメント