CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12) リボン
わかりやすく遊ぼう (02/05) あおママ
わかりやすく遊ぼう (02/05) リボン
1月のサロンとランチ会 (01/12) まほろ
1月のサロンとランチ会 (01/08)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
認定NPO法人 みやぎ発達障害サポートネットの組織基盤強化ストーリー [2017年05月15日(Mon)]
Panasonic NPOサポートファンドのHPにビッグイシューで取材を受けた内容が掲載されました。

http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/report/miyagi_support-net.html


サポートネットはサポートファンドの組織基盤強化を受けて、大きく変わったと感じています。

私達は、支援の中で子供たちの「自分のいいところ」を伸ばし、引き上げ、それをどう強みにして生活に生かしていくかを考えています。

サポートファンドさんには、その組織版をしていただいたと思っています。

組織診断が始まったときにわかったこと。
職員みんなが「療育」という同じ方向を見ていました。
そして、今まで積み上げてきた「療育」が自分たちの強みであることを知りました。

平成30年までに、移転をしなければならない!!
と思い、移転の支援を募りたくても、
自分たちがどんな社会を目指しているのか語ることができなければ、何も動かないことも知りました。
だからこそ、自分たちの団体を職員全員が語れるようになるために、話し合いを重ね、練習もしました。

やりたいことの1つに
「自分たちのテキスト作り」があり、
目指すものができたけれど、具体的にどこから手をつけていいかわからない!!
という、中高生のテスト前のような気分になりつつ、
そこをみんなで一緒に考えながら、ひとつひとつ進めていったところ、
「みて!できたぁ!」ができあがりました。
みてできたの中.jpg


さらなる発展として、支援者育成も掲げ、
2017年には発達障害支援者育成講座「ソイル」を開催することも決まりました。
soil5_blog用.pdf

きっと、職員が急に変わったのではなく、
良い所をたくさん持っていて、その良い所を組織診断で見つけてもらい、
組織基盤強化で良い所を伸ばしていただいたのだと思います。

そして、こどもたちには「自分らしく自信をもって生きて欲しい」と願うように、
団体にも団体らしさの自信がつきました。


最後に、相馬代表の言葉を引用します

「発達障害の子どもの療育を担う地域のハブ的な存在として、一人でも多くの子が自分らしさを大切にできる大人になれるように私たちの活動を広げ、社会に子どもたちへの理解を深めていきたいと思っています」

まほろ
Posted by サポートネット at 19:50
この記事のURL
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3556
コメントする
コメント