CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12) リボン
わかりやすく遊ぼう (02/05) あおママ
わかりやすく遊ぼう (02/05) リボン
1月のサロンとランチ会 (01/12) まほろ
1月のサロンとランチ会 (01/08)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
わかりやすく遊ぼう [2016年02月03日(Wed)]
未就学児のプリンセスさん。
課題の後、きせかえマグネットで遊ぶのがお気に入りです。
きせかえ1
たーくさんのお洋服、靴、帽子…。
夏バージョン、冬バージョン。
あれやこれやと考えながらパーツを選んで、5人分の女の子のスタイルを作りますぴかぴか(新しい)
とても楽しそうな姿(^o^)

…しかしexclamationこれを時間内におさめるのは至難の業。
余暇の時間は15分程です。

楽しい時間のはずなのに、「そろそろお片付けだよ」なんて言われると面白くない!スタイルがなかなか決まらない…(>_<)

時間の見通しを視覚的に提示してみたり、本人と交渉して選ぶパーツを減らしたり。
それでもなかなか終わりません。
女の子の数を減らすことの提案もしましたが、本人の気持ちは毎回、
「5人全員完成させたい。」

時間が伸びて、お母さんもドキドキです。

観察していると、パーツを決めるときに、箱のイラストを参考にしているようでした。
決めたいのに決められないのかな。
参考になるものがもっとあればいいのかな?
と思い、先週、聞いてみました。
「ねぇ、、見本があったら使う?」と。
すると、
「うん!」との答え。
次回までに作ることを約束しました。

実際、見本を作り始めてみると…
きせかえ2
これが意外とむずかしかったです。
この服だとこの靴じゃおかしいかなぁ…。色にこだわってたしなぁ。と悩んでしまいました(^_^;
自分でやってみないと分からないものです。
なんとか作って、カラーコピーしました。

そして今週。
完成した見本をプリンセスさんに見てもらうと、
「わあーるんるん
と、良い反応。
見本を近くに置いて、いつものプレートの上に作っていました。
見本に忠実に完成。
きせかえ3
見本の上にパーツをのせていくのかな?と思いきや、“近くに置いておく” という私の想定外のスタイルでしたが、とにかく、役には立ったかんじ。

あれこれおしゃべりもしながら、今までよりサクサク進んで、スッキリ終了exclamation
お片付けもして、お母さんにもほめてもらい、気持ちよく「さようなら」できました。

遊びの場面でも、わかりやすく設定することの大切さを、プリンセスさんに教えてもらいました☆
そして、もっと早く気付けばよかったと反省…。

また次回の約束もしていますかわいい


リボン
Posted by サポートネット at 10:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3381
コメントする
コメント
あおママさん
コメントありがとうございます!
困っていることはどこなのか、なぜなのか。いろいろな角度からの視点と、アプローチの仕方(対応策)は、自閉症スペクトラム・発達障害の理解と支援の手立てを学ばなければ、発想自体が難しいことがたくさんあります。また、学んだつもりになっていて、上手くいかないこともたくさんあります。
なので、今回のようにスムーズにいったときは、通じ合えたような、うれしい気持ちでいっぱいになります(^o^)
楽しい時間を積み重ねていきましょう(^o^) 私たちスタッフもチームで考えていきます。
Posted by:リボン  at 2016年02月05日(Fri) 21:39

いつも着せ替えが時間内に終わらず、アラアラ、困ったなぁと思っていました。
でも、先生方はどうしたら楽しく遊べるか、どうしたら出来た!と満足して帰られるかを娘の立場に立って考えてくれていて、着眼点の違いにハッと気付かされました。
出来ないことにばかり目が行きがちですが、どうしたら出来るか、という視点で物事を捉えることの大切さを、母が学んだセッションでした。
娘が楽しく遊んで帰られるように、着せ替えの見本を作って頂きありがとうございます!
Posted by:あおママ  at 2016年02月05日(Fri) 19:46