CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
境界線とか個性とか [2012年12月20日(Thu)]
今朝、民放テレビ番組の中で、発達障害について取り上げられたコーナーがありました。
これは、先日12月5日に文部科学省が、
「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒の割合が6,5%いる」との調査結果を公表し、それを受けての取材コーナーだったようです。
(この文科省の発表については、今月の「すぽっと」でも少し触れます。新聞記事で読んだ方もいらっしゃると思います。)

出勤途中にたまたまワンセグで見ていて、事務局に着くと、同じくたまたま見ていたmikanさんとすぐに話が合い、他のスタッフを交えて話をしました。

発達障害のことが取り上げられるのは、大切なこと。
今日見た放送は、タイプ別に何人かのお子さん・お母さんの取材があり、JDDネット、デイサービス、精神科の医師、と様々な角度から取材をされていました。
スタジオでのコメントもいろいろ。

決して短くはない時間を取ってのコーナーだったけれど、正しく取り上げてもらうのには難しいのかな…と思ってしまう部分も正直ありました。
知らない人たちに誤解されるのは、いやだから…。
精神科の医師の中でも、発達障害専門の先生の見解が大切だと思います。番組として、専門家の監修があれば理想的。

スタジオのどなたかが「大人だって、個性的だと思う人がたくさんいるよね」と言っていて、他の出演者がにこやかにうなずいていました。
たしかにそう。
そうだけれど、実際に例えば学校や職場で、その個性に出会ったとき、いつでも誰でも、本当にその人をきちんと受けとめている?
理解に苦しんでいたりしない?

受けとめられ、理解されていたら、障害はないってことだよね。
それなら本人も親も傷付いたりしない。

疑問を残さない取材が、これからも増えていってほしいと思います。
私たちもまた、少しずつだけれど向き合い、上手に伝える方法も学んでいきたいと思います。


リボン
Posted by サポートネット at 20:47
この記事のURL
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/2826
コメントする
コメント
ネコずきママさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
やっぱり少し、スッキリしない部分がありましたね。温かく笑って受けとめることもあるけれど、まだまだ、苦しさに押しつぶされそうな毎日を過ごしている方もたくさんいると思います。「誰でもあるよね」で片付かないこと、正しい理解による改善を強く望みます。
また「虹っ子広場」をよろしくお願いします☆
Posted by:リボン  at 2012年12月22日(Sat) 11:10

くまのプーさん@熊谷さま
はじめまして。コメントありがとうございます。
やはり専門家の所見や監修は必須だと思います。マスメディアの威力はすごいですから…。民放でも、私はいくつか観たことがありますが(夜の8時9時代)、ご本人の苦しさから周囲の工夫まで、ステキにまとめられたものもありました。私たちもまた、伝え続けていきます。

Posted by:リボン  at 2012年12月22日(Sat) 10:49

初めて投稿します。

私も拝聴し、疑問に思いました。発達障害がきちんとわかっている医師の監修が必要ですよね・・・。


それと、誰でもあるよね〜、個性として輝く・・・的なコメントはよく耳にしますが、実態が分からない無責任なきれいごとに聞こえるな、と不快に思うこともあります。

特性はありながらも、学校・職場などみなさん1人1人の身近な環境の中で苦しまなくていいことに関わりの中で苦しくなっている場合があることを身近なこととして考え、受け止めてほしいなと常々思います。
追伸:たまにブログを拝見しています。
Posted by:ネコずきママ  at 2012年12月22日(Sat) 09:56

初めて投稿します。
私もこの番組を拝聴しました。

評価できる部分と今後、自分なりに考えた課題をコメントします。

これまで、国営放送では、各種障害に関する優良な番組が製作されてきましたが、民放で初めて私は視聴しました。評価できることは、より広い視聴者層をもつ民放で取り上げていただいとことです。一方で 残念なことは、掘り下げが不十分で、発達性障害を持たれる親御さん、本人の苦労の実態把握には、まだまだ、距離、深さ共に掘り下げが必要と感じました。特に学齢が上がると、、現実には、面白半分のいじめや、配慮の足りない教師の発言によって子供達のトラウマが増幅され、番組の言うような個性の受け入れが安全に担保されていない現状があると思います。このような番組が単発ではなく、本障害に関する専門医の所見や学校現場のいじめ撲滅課題の深堀を定期的に、継続的に取り上げて頂きたいと思いました。自分も制作側の方にお願いする機会を今後、作りたいと思います。
Posted by:くまのプーさん@熊谷  at 2012年12月21日(Fri) 14:21