CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
ご近所付き合い [2011年10月22日(Sat)]
「Schale」は、仙台市の繁華街から1本外れた大町と言う地域にあります。
この界隈は「御譜代町」として町人の町として栄えたところですが、最近ではちょっと若者向けのオシャレなお店や飲食店も目立つところです。
一方、最近の「Schaleのお昼」には、定年後の人生を仙台で過ごしておられるような他県ご出身とお見受けするご夫婦連れもチラホロ…
街中なのに静けさの楽しめる不思議な地域です。

「せんだい・みやぎNPOセンター」さんとのご縁で、この街で活動のステージを持たせていただいて7か月。
それは震災からの月日とリンクしています。
震災当時は、会員さんや自分たちの「日常を取り戻す」ことを目標に、当初は全国からいただいた支援物資をご近所に役に立てていただく余裕もありませんでした。
幸いライフラインの復旧が早かったこともあって、「お昼ご飯」を全国から入ってこられたNGOやNPOの皆様にご提供できたことが、地域にお手伝いできたことでしょうか。

夏を越え、秋を迎え、街の落ち着きが取り戻ってくるのと合わせ、これからのこの地域での「Schale」の立ち位置も少しずつ明確にしていきたいと思っています。
コミュニティカフェやソーシャルビジネスもキーワードして立てて運営を安定していくために、「知恵袋隊」と言っている市民活動や施設運営や街づくりやデザインのプロフェッシャルな皆様とのミーティングや実践も待ったなしの時期になってきました。
何より毎日トレーニングに通い、就労を目指す利用者の方々が、この街で「いいことがあった」という実感を持って卒業して行って欲しいと願っています。

そんな当たり前のようなことを支えてくださる「ご近所」の皆さんとのお付き合いを通して、「自閉症/発達障害」のある方を理解していただくための丁寧な営みも忘れてはいけないと思っています。
そのためにはまず「ご挨拶」。
これは3月からご近所の、特に「食」に関連するお店の方々に意識的に行ってきました。
Schaleのお財布で買える程度のこの街の名品(上村豆腐店さんのお豆腐やかま栄さんの卵焼きやみさわ屋さんのお煎餅・庄司商店さんの村田のお野菜など)を通してのお付き合い。
震災後は復興支援や研修に来てくださる先生方との打合せや懇親は、隣近所の飲食店さんとの顔繋ぎにもなりました。
「覚えていただく」ことから「実は…」と自分たちのことをお伝えするチャンスが生まれています。
今後はインターンシップとしてのお願いや「モビルクルー」的なトレーニングとしてお店のお掃除などに協力をしていただきたいと思っています。
昨日は最近良くお邪魔する「「ラ・サルテン」さんには、私たちが苦手な食材調達(時に魚介類)への力を貸していただきたいとのお願いに快諾をいただき、また町内会長さんや大町活性化を考えてるご近所の皆さんを紹介してくださるというお話もいただきました。
有難いことです。

利用者さんを増やして、施設外就労トレーニングのチームが作れるようになって、大町の皆さんに愛されて…
そうした経験から自信を持って社会に出て行っていただきたい…
私たちの願いです。
Posted by サポートネット at 08:11
この記事のURL
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/2601
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント