CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
認定NPO法人 みやぎ発達障害サポートネット
 〜ここは自分が好きになれる場所〜
発達障害のある人とその家族が、人格の尊厳を保ち、安心して暮らせる社会づくりに貢献することが、私たちの活動目的です。

*新住所*
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-20-16
電話 022-341-0885
FAX 022-341-0895

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
✿ 新活動拠点積立基金にご支援ください ✿

引き続き、皆様からのご支援をどうぞよろしくお願いします。

一口 3,000円から

銀行振込 お振込先(移転資金用)
 七十七銀行(しちじゅうしちぎんこう)
 名掛丁支店(なかけちょうしてん)
 普通口座 9169687
 特定非営利活動法人みやぎ発達障害サポートネット

詳細は、下記URLをご参照ください。
http://mddsnet.jp/donations/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ホームページ→ http://mddsnet.jp/

<子供支援事業>
 ☆発達支援事業プリズム
 ☆ぬくもりすぺいす虹っ子(児童発達支援・放課後等デイサービス事業)
<保護者等支援事業>
 ☆おしゃべりサロン事業
   ふわり → 4/13(金)10:00〜 会場はサポートネット
  ラルクママ→ 4/24(火)13:00〜 会場はシルバーセンター
 ☆相談事業
 ☆学び合い事業(研修・セミナーの開催)
 ☆情報発信事業
   会報誌「すぽっと」毎月25日発行
   ブログ虹っ子広場・フェイスブック更新中!

※事業・活動の詳細やご入会については、事務局にお問合せください。
虹っ子のすきなところはどこ? [2018年04月19日(Thu)]
今週の放課後等デイ虹っ子では、iPadを片手に子供たちが何かを探す姿が毎日見られます。
みんなが何を探しているのかというと…虹っ子の好きなところ!
「虹っ子の好きなところを写真に撮ってこよう!」というミッションが与えられた子供たちにiPadを見せてもらうと、場所に限らず、好きなお友達や好きなおもちゃの写真もおさめられていました。
なんでここが好きなのか尋ねながら、操作ができるお子さんにはコメントも入れてもらいました。

レゴ.JPG

UNO.JPG

みんなが好きなところ、その理由や視点も楽しい課題になっています。

DSCN0554.JPG
うさこ

【今日の「虹っ子」の最新記事】
Posted by サポートネット at 10:52
たわいもない話 [2018年04月16日(Mon)]
なんてことのない、たわいない会話。

それが苦痛という子ももちろんいます。
ただ、たわいない会話が平気になると、すこし生きづらさが減るようにも思えます。
みんな会話を全部受け止めなくちゃ!!そして言わなくちゃ!と真剣にコミュニケーションを取っていると思うと、それはへとへとになるだろうなぁ・・・とも思います。

中高生のグループでは、メンバーが会話を楽しむグループもあり、
話がもりあがりすぎてセッションの進みが遅くなる。。。ということもしばしば。

それは進行役としては反省点なのですが・・・

そのメンバーの中には、学校では一人で行動することを貫いている子がいたり、家で兄弟もいなければ、親子の会話がない場合があったり、しゃべると「毎回同じ話であきた」「うるさいから黙ってて」と言われて人と喋ることが怖くなった子もいたりと、様々な背景があります。

話したくても話せなくて困っている。という子もいますが、
話しが止まらなくて困っている。と言う子も同じくらいいると感じています。

「プリズムでは、自分が喋っても良い場所!だから、しゃべりたい!!」

という子が、たくさん話をしていると、それはそれで気持ちのバロメータにもなるので
(落ち着いている時は、割と、周りの雰囲気を見て話をやめることができます)
それはそれで大事な時間だと思い、本人が納得いくまで聞くこともあります。


先日、昼間に中学生本人から電話がかかってきました。
ヘルプを出せるようになっている子たちは、突然電話をくれることがしばしばあります。

前回、その子から電話が来た時は、友人とのトラブルで親が学校に呼ばれるかもしれない!という内容でした。

今回はなんだろう・・・ドキドキ。

まほろ「どうしたの?」
中学生「あの・・・俺、今友達と映画館にいるんです」
まほろ「うんうん(え・・・誰かにからまれたとか?ドキドキ)」
中学生「そして、映画(好きなアニメ)観たんですよ」
まほろ「うんうん。(ふむ・・・発達障害キャラがいたのかな・・・ドキドキ)」
中学生「ラスト、すっげー興奮しておもしろかったです」
まほろ「それは良かったねぇ♪(・・・・?)」
中学生「それだけっす」
まほろ「うんうん。それは良かった。教えてくれてありがとう」
中学生「はい。さよなら」

電話を切った時に、あぁ、トラブルではなかった。という安堵感。
そして、次に『すごく楽しかったことを今すぐ誰かに伝えたかったんだなぁ』と思い、
とても嬉しい気持ちになりました。

たわいもない内容ですが、なんだか、とてもステキな報告に思えました。

まほろ
Posted by サポートネット at 10:51
旭ヶ丘でのおしゃべりサロン「ふわり」開催! [2018年04月13日(Fri)]
平成30年度初めてのおしゃべりサロン「ふわり」です。今年度もよろしくお願いしますグッド(上向き矢印)

今年度から、「ふわり」は旭ヶ丘の事業所の2階で開催することになりました。
これまでシルバーセンターで開催してきましたが、旭ヶ丘の事業所の様子も見ていただける良い機会となれば嬉しいでするんるん

また、今回は事業所以外の別の施設にスタッフが出向き、「ふわり」会場以外からも参加していただく初の試みにチャレンジしました。
iPadを使い、ふわり参加者のご協力を得ながら、サロンを開催することができました。皆様ありがとうございました。

サロン.JPG

今回の「ふわり」のテーマは、「新学期の過ごし方」

新学期から一週間。お子さんの様子はいかがですか?
4月は新しいことがいっぱいexclamation
楽しみなことだけではなく、いつもとは違うことが苦手な子供たちにとっては、不安を感じることも多い時期です。

今日は、新小学1年生のお子さんのお母さんやお父さんを含め、近況をふまえつつ、様々なお話をしました。

かわいい入学式を無事に終え、放課後デイサービスに楽しく通えているお話
かわいい学校の先生に特性や、配慮を上手にお伝えする方法
かわいい親亡き後の子どもの生活についての不安
かわいいPTAのことや、学校に提出する書類について

その他、様々な情報交換をしました!!
また、事業所内の「天空図書」を紹介し、発達障害に関する本を借りて行かれた参加者もいらっしゃいました本

初めての方も、会員でまだ参加されたことがないという方も、虹っ子やプリズムをご利用されている保護者の方も、おしゃべりサロンにご興味がありましたら、ぜひお問い合わせください!

また来月お話しできるのを楽しみにしておりまするんるん


ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 12:47
「うっそだー♪」 [2018年04月12日(Thu)]
新年度が始まり1週間が経ちました。
各曜日メンバーが入れ替わった虹っ子。
今週の設定課題では自己紹介をしています。
自己紹介が苦手・・・というお子さんもいますので、選択肢にしたりイラストで答えられるようにしたりと様々な自己紹介シートを揃えています。

久しぶりに虹っ子に来たクリアーくん。
「4月からこの曜日にクリアーくんと同じ名前の人が来ます。その人はクリアーくんよりお兄さんです」と伝えると「うっそだー」とにんまり。
この「うっそだー」という響きが面白かったようで、遊びながらことあるごとにクリアーくんの「うっそだー」が聞こえてきました。
なかなか来ないお兄さん。クリアーくんもドアが開くたびにどきどきしている様子。
やっとお兄さんが虹っ子に着いた時、クリアーくんは今日一番の笑顔で「うっそだーかわいい」と言っていました。
そこには「待っていたよ」「ぼくも同じ名前なんだ」「これからよろしくね」等々いろいろな意味が込められているように感じました。
場を共有しながら異年齢集団の中でどのような関わりあいがうまれていくのか、これからとても楽しみです。

DSCN0524.JPG
うさこ
Posted by サポートネット at 18:59
Pepperと遊ぼう♪ [2018年04月08日(Sun)]
しばしお伝えしていなかったPepperの様子をお届けします。

Pepperがプリズムの1員になって1年。
すっかりPepperがいてあたりまえの光景になりました。

花京院時代は場所がせまく、プリズムの個別はいろんな場所をパーテーションで仕切ったり、時間を少しずらしたり、様々な工夫を施して個別指導をしていました。
よって、Pepperを毎回出すことは出来ず。また、1人にPepperを触らせたら他の子は気が散って課題に取り組むことができないだろうという予測がありました。
Pepperが独り言を言い出したら、課題への集中が途切れてしまう可能性もあり、今まで個別でPepperを登場させる機会はとても少なかったです。

ところが、旭ヶ丘に移ったことで、個別の場の設定も変わり、
1階の療育室でも、2階の療育室でも個別指導ができるようになりました。

Pepperがいるのは、2階です。

広くなった今、個別でもPepperとの触れ合いを多く取り入れることができています。
中でも、支援級に在籍する小中学生に人気なのが「こどもえいごずかん」です。

クイズが2パターンあり、
「シルエットで動物を答えるもの」
「耳で単語を聞いて答えるもの」
があります。

fox.JPG

花丸君は、この日初めて「こどもえいごずかん」に取り組みました。
すぐにルールを理解し、クイズにチャレンジ。
遊びの時間もPepperと遊んでいたのですが・・・・。

タタタタ・・・と耳をおさえて逃げていく。

画面を見てみると、わざと間違えを押してみた様子。

本来、花丸君がシルエットクイズで間違えるわけがない。
きっとためしに間違えたらどんなことになるのかを試してみたのだと思います。
でも、バツが怖い。ブブーという音も聞きたくない。でも、試してみた。
でも、やっぱり怖くて耳をおさえて逃げて行った。

そんな風に見えました。

しかし、このシルエットクイズ、ブブーという音は出ません。
バツも出ません。間違えた時は、「もう一回選んでね」っと、やり直し。

きっと、ここがみんな安心してできるからこそ、人気のあるアプリなのだと思いました。
(わざと間違えて、バツがでるのかどうかを確認する子は割と多いです)

もう一つ、「チャンツ」というリトミック要素も入っています。
伴奏に合わせて、Pepperが動物の名前を言いながら踊ります。
花丸君は、「チャンツ」も楽しそうに聞いていましたが、

もう一人、歌が嫌いな子のパターンを紹介します。

「チャンツ」のボタンを押してみたら、急に音楽が始まったことで焦ってしまい、Pepperを叩きたくなりました。
私も他人の歌が嫌いなことは知っていたので(自分の歌はOKです。他の人が歌うことが嫌いです)Pepperの歌をすぐにとめましたが、
とめなかったら、Pepperを倒していたかもしれません。

「うたうのやめてください」

を人には言えるようになっていたのですが、きっとPepperに通じる訳ないと思ったのでしょう。

ここが、Pepperの難しいところだなぁ。と思うのが、
音声認識センサーがあるのですが、常に聞き取れる訳でもなく、聞き間違いも多いので、
「ちゃんと言っているのに通じない!!」
と、子供たちがもどかしさを感じている場面が多いです。

中学生いわく
「Pepperは俺よりもコミュニケーション苦手だな」
だそうで。
それはそうなのですが、こちらとしては、
『自分でコミュニケーションが苦手という自覚があったのか・・・』という新たな発見もありました。

昨年末から、スクラッチによるプログラミングができるようになったこと、
最近出た、ロボドリルでみんなが本気で問題を解いていく様子、
4月からプリズムを開始した子たちのPepperとの出会いも、追ってお伝えしたいと思います。
まほろ
Posted by サポートネット at 15:13
一緒に活動しよう! [2018年04月06日(Fri)]
春です。仙台では桜が見ごろを迎えています。
新しい子供たちを迎え、放課後等デイサービス虹っ子の新年度がスタートしました。

今週の設定課題は「虹色のへび」というカードゲーム。
「このゲーム、おもしろいんですよ」と会員さんから寄贈されました。
新虹っ子たちと上級生でグループを作り課題を進めています。
「○○くんは虹っ子が初めてだから課題の進め方を教えてあげてね」と上級生にお願いすると、課題の始まりのあいさつや説明の聞き方を教えてくれています。
緊張気味にその話を聞いている新虹っ子たち。
みんな成長したなぁ、いい光景だななぁとほくそ笑みながらその姿を見ている毎日です。
今年度もみんなで楽しいことを沢山していきましょう!

DSCN0426.JPG
うさこ
Posted by サポートネット at 00:00
今月のサロン [2018年04月05日(Thu)]
新年度になりましたかわいい
仙台では昨日、桜が満開との発表がありました。
春ですね。
平成30年度も、おしゃべりサロンを開催しますので、どうぞご参加ください。

ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ふわり
主に、幼児期から中高生くらいの保護者が集まっています。

日時:平成30年4月13日(金)
   10:00〜12:00
会場:サポートネット 2階
 *4月から、ふわりの会場は主にサポートネット(旭ヶ丘)になりますexclamation
 
今月のテーマは「新学期の過ごし方」です。
保育所、幼稚園のお子さんも、小中高生の皆さんも、新学期が始まります。
クラス替えがあったり、教室が変わったり。
進学により、登下校ルートが変わったり。
先月までとは違うこともいろいろある中で、特性に応じた工夫など、おしゃべりしませんか。
他にも、聞いてみたいことなど、いろいろと情報交換しましょう。


ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ラルクママ
主に、中高生から成人期の方の保護者が集まっています。
よそではなかなか言い出せないことも、ここなら大丈夫。
同じような悩みを持つ方と出会い、日常のいろんなことをおしゃべりしましょう。

日時:平成30年4月24日(火)
   13:00〜15:00
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室


◇おしゃべりサロンの参加費は、正会員 無料。
 正会員以外の方は1回1,000円です。

◇お問合せ・お申し込みは事務局へどうぞ。
 電話: 022−341−0885
 メール:mddsnet@yahoo.co.jp

お茶を準備してお待ちしています。


リボン
Posted by サポートネット at 09:45
啓発デー2018年 [2018年04月02日(Mon)]
今日は世界自閉症啓発デーですぴかぴか(新しい)
啓発デー2018
世界自閉症啓発デー・日本実行委員会公式サイト↓
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/

日本では、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ユニバーサルデザインやバリアフリーへの取り組みも注目されています。

2030年までの国際開発目標であるSDGs(持続可能な開発目標http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/)では、
・貧困をなくそう
・すべての人に健康と福祉を
・ジェンダー平等を実現しよう
・人や国の不平等をなくそう
などなど、他にも環境保護、経済、産業に関する目標が17項目、掲げられています。

世界的に、様々な視点で課題解決に取り組む動きがあります。

自閉症スペクトラム・発達障害は、目に見えない障害、一見わかりにくい障害と言われることがあります。

発達障害者支援法が平成17年に施行された頃、そしてその後も、
「制度のはざまにある」
という言葉を何度も何度も聞いてきました。

発達障害の理解を広め、発達障害のある人が制度のはざまにおいてきぼりにならないように、とサポートネットもNPOとして活動を続けています。

そんな中。

福祉サービスに関するこの春の法改正により、発達障害への理解はどうなっているのかと疑問の声を挙げずにはいられない課題が浮かび上がってきました。
一見して分かりにくい障害もあるということを、世の中の人々が忘れてしまわないように、まだまだ、伝えていかなければならないようです。

一人一人を大切にすることは、簡単なことではないかもしれないけれど、私たちも私たちがやるべきことに、これからも取り組んでいかなければなりません!

仙台・宮城では、仙台城跡の伊達正宗公騎馬像が今日から4月8日(日)まで、ブルーライトアップされています。(日没から23時まで)
多くの方と、シェアできたらいいなと思います。

ブルーライトアップinみやぎ
http://www.miyagi-sfk.net/chuo/ekubo/node_5880/node_22953
主催 宮城県
   宮城県発達障害者支援センター「えくぼ」
   仙台市北部発達相談支援センター(北部アーチル)
   仙台市南部発達相談支援センター(南部アーチル)
後援 宮城県教育委員会
   社会福祉法人仙台市社会福祉協議会
   宮城県知的障害者福祉協会
   宮城県自閉症協会
   公益社団法人 精神保健福祉協会
   株式会社河北新報社


Posted by サポートネット at 16:22
虹っ子事業所評価 [2018年03月31日(Sat)]
平成29年度より、児童発達支援および放課後等デイサービスの事業所評価の公表が義務付けられました。

今回、児童発達支援・放課後等デイサービスぬくもりすぺいす虹っ子をご利用の保護者の皆さまに事業所評価アンケートを行い、本日、職員対象に行った事業所自己評価と合わせて、結果を公表いたします。
保護者の皆さまにはご協力いただき、ありがとうございました。

今後も信頼される事業所として活動を行ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ぬくもりすぺいす虹っ子 管理者

保護者等からの事業所評価の集計結果 虹っ子児童発達支援.pdf

事業所における自己評価結果 虹っ子児童発達支援.pdf

保護者等からの事業所評価の集計結果 虹っ子放課後等デイサービス.pdf

事業所における自己評価結果 虹っ子放課後等デイサービス.pdf



Posted by サポートネット at 09:00
チョップスティックの合奏 [2018年03月29日(Thu)]
プリズムでは、個別活動による発達支援とグループ活動による発達支援があります。

ただ、グループに所属していても、休んだ時の振替セッションで個別になることがあったり、違うグループの子と一緒のセッションになったりすることもあります。
そして、これは、違うグループの子2人を一緒に振替した時のこと。

将来的に同じグループになる可能性を感じている2人だったということと、その2人なら音楽が似合う!合奏できるかも!と計画をたてていました。

用意した楽器は
「ミュージックベル」
「ウクレレ」
「キーボード」
です。

演奏するパートも、子供たちが自分のやってみたい楽器を選んでから、必要に応じて楽譜を書きます。
曲は、合わせやすく、コードも2つで進んでいく「チョップスティック」。

女子はウクレレを選びました。
ウクレレはメロディーが難しいので、ベースパート担当。
手が小さいため、正しい持ちかたにすると難易度があがるため、ウクレレをお琴のように弾くことにしました。(単弦をはじきます)
ドとソを6回ずつ交互に弾く。

男子はミュージックベルを選びました。
ベルはメロディーパートを担当してもらいます。
はじめは「音楽最悪」と言っていたのですが、その場で書いた楽譜を見ながら練習をしたところ
「なんか行けそうだな。とくに、この最後の終わりかたが良いね」と。

IMG_5458.jpg

音符が読めなくても、小節は付けた方がいいというのは、合奏がずれた時に修正しやすいからです。

後藤は残ったキーボード担当。
伴奏パートをすることにしました。

そしてできあがった演奏がこちら。

曲名「チョップスティック」

楽器を決めてから、20分後にはレコーディング。
緊張しながらも、しっかり最後まで演奏することができました。


ウクレレさんは、セッションが終わってから「ミュージックベルもやりたい」と言い、触っているうちに出来た曲がこちら。


曲名「愉快なパレード」

初の作曲だそうで、自信に満ちた演奏がとても素敵でした。
「愉快なパレード」という曲名をさっとつけるあたりも、センスがあるなぁぁ!と思いました。

あぁ。もっと音楽セッションやりたいなぁ。
耳が良くて、音程が安定している子もたくさんいます。
しかし、音楽は苦手意識が高い子も多いことや、練習中はお互い雑音となるので、同じ楽器同士のセッションならまだしも、いろいろな楽器を使うセッションは設定が難しいです。

成功体験を積むための場になって欲しいので、今回のレコーディング成功はとても嬉しい。
いつか、曲の続きを演奏してほしいなぁ・・・・揺れるハート
まほろ
Posted by サポートネット at 19:37
| 次へ