CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年01月 | Main | 2019年03月 »
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
小麦なでしこ? or ビスカリア??[2019年02月27日(Wed)]
小麦なでしこ? or ビスカリア??

昨年の秋に、我が家で採取した小麦なでしことビスカリアの種を蒔きました。今年の冬は暖かかったので、ポット苗がとてもうまく育ちました。

DSCF4848.JPG

この苗をプラバホールの昇り庭に植えました。

昇り庭 5 DSCF4851.jpg

でも〜同じような苗なので、小麦なでしこかビスカリアか見分けがつかなくなりました。
どっちを植えたかは春にならないとわからない!
ともあれ、どちらも、春にはピンクの小花が咲きますので、可愛い花々を見にいらしてくださいね。

昇り庭2 DSCF4851.jpg
どうしたらいい?視覚障がい者の方への合理的配慮[2019年02月26日(Tue)]
どうしたらいい?視覚障がい者の方への合理的配慮

本日、松江市視覚障がい者協会の三輪会長さん、小笠原事務局長さん、ライトハウスライブラリーの歩行訓練士の庄司さんに来て頂いて、視覚障がい者の方への合理的配慮について職員研修を行いました。

4研修20190226_104211.jpg

松江市視覚障がい者協会の方々からは、
障がいのある人ひとり一人のできることは違うので、その人の困りごと、必要な手助けは何か聞くことが大事であると教えられました。
そして、完璧にはできないので「失敗を恐れないで!」「自分勝手にやりすぎないで」でも、「めげないで」と、言って頂きました。

研修ADSCF4842.jpg

ライトハウスライブラリーの庄司さんからは、私たちが陥りやすい誤解や思い込みについて、教えて頂きました。
例えば、視覚障がいの方で、点字がわかる人の割合は1割。だから、点字表示があれば、バリアフリーだと思うのは間違いだとか。
「本当にそうだなー!」と。
研修をすることで、誤解や思い込みが少しでも減るようにとおっしゃっていました。

また、視覚障がいの方の移動のお手伝いができるように「基本のきほん」を教えて頂きました。

研修 1DSCF4845.jpg

研修XDSCF4838.jpg

コンサートにいらっしゃる方に、安心して、コンサートを心から楽しんで帰っていただけるように、私たちも、実践研修をしながら、少しずつ訓練をしていきたいと思っています。
本日、研修をして頂いた三輪さん、小笠原さん、庄司さん 本当にありがとうございました。
プラバ音楽の学校「笛のオーケストラを大解剖!」開催☆[2019年02月24日(Sun)]
プラバ音楽の学校第8回
「笛のオーケストラを大解剖!」開催
ぴかぴか(新しい)

今回は、当館の専属オルガニスト米山麻美を講師に「笛のオーケストラを大解剖!」と題して、パイプオルガンの音色や構造を学ぶ講座でした。
間近でパイプオルガンの音色を聞いたり、仕組みを教わったりの、パイプオルガンが身近に感じられる講座だったと思います。

音楽の学校1 DSC_1255.jpg

パイプオルガンは、笛に空気を送って音を出します。ストップという機能によって多様な音色が作れることから、「笛のオーケストラ」といわれます。

音楽の学校2 DSC_1262.jpg

プラバホールのパイプオルガンは、33のストップによって、フルートのような音から低くて重厚な音まで出すことができます。また、3段の手鍵盤と1段の足鍵盤によって、様々な音色を組み合わせて演奏することができます。こんな、仕組みを、オルガニストが一つ一つ解説していきました。

音楽の学校 3 DSC_1269.jpg

音楽の学校 4 DSC_1257.jpg

参加者の方からは
「普段なかなか見る機会のないパイプオルガンの裏側を知ることができて、本当に楽しかった」
「何となく聴いていたパイプオルガンが、仕組みを知って、これからの聴き方が変わるのではないかと楽しみです」
と感想を頂きました。
私たちも、もっと多くの方に、パイプオルガンを身近に感じてもらう努力をしなければと改めて感じました。

今回が、本年度の最後の「プラバ音楽の学校」
1年間、ご支援頂いた講師の皆さん、心から感謝申し上げます。
また、ご参加いただいた皆さん本当にありがとうございました。
昨年度から始まった「プラバ音楽の学校」ですが、2年間で、松江、島根に、こんなにもバラエティの富んだ素晴らしい音楽人材がいらっしゃることを、多くの方に知っていただけたのではないでしょうか。
これからも、お世話になった講師の皆さん、参加して頂いた皆さんとのご縁を大事にしていきたいと思っています。

音楽の学校5IMG_2768.jpg
     < 2018 プラバ音楽の学校 >

≪お知らせ≫
来年度、「プラバ音楽の学校」開催 決定!
3年目を迎えて、参加者の皆さまが求めておられるものは何かと、ただいま、リニューアルに向けて検討中です。
もうしばらくお待ちください。ぴかぴか(新しい)

先行予約抽選会を開催しました。[2019年02月15日(Fri)]
サポート会員向け先行予約抽選会開催!ぴかぴか(新しい)
 当法人が主体的に行っている事業に「学校支援事業”わくわく★音楽体験事業”」と「自主企画“鑑賞事業”」があります。これらの私たちの活動に賛同し、コンサート等を鑑賞することで、活動を支援して頂いているのが、賛助会員(サポート会員)です。
 サポート会員になると、たくさんの特典がありますが、その一つがチケットの先行購入です。

昨日、2019年度プラバ音楽祭の「マイシート」の先行予約の抽選会を行いました。
なぜ、抽選会をするの?
 現在、サポート会員数は63人です。その方に、ご希望の席で鑑賞して頂きたいのですが、お手数を余りかけずに且つ公平に決定するためです。

 抽選会は、公開で実施しています。その様子を皆さんに知っていただきたいと思います。
      抽選会DSCF4795.jpg
                           【抽選会の模様】
              抽選会2.jpg
                        【1名の方が参加してくださいました】
 
 抽選会は終わりましたが、まだ、一般発売前の先行予約はしています。
 是非、サポート会員になって、私たちと一緒に
   「音楽の溢れる豊かなまちづくり」に参加しませんか!ハートたち(複数ハート)

2019年度プラバ音楽祭マイシート 先行予約始まりました![2019年02月10日(Sun)]
2019年度プラバ音楽祭のマイシートは、3月2日(土)に販売開始をします。これに先駆けて、只今、当協会の賛助会員(サポート会員)の方々に対する
   先行予約を受付中です。
サポート会員は、
  当協会の社会貢献活動に賛同していただいた方々が
  会費を払って頂くことで、会員になれます。
特にサポート会員は特典が盛りだくさん!
  (特典は下のちらしです)
是非この機会に、サポート会員になりませんか黒ハート
  詳細は、プラバホールチケットコーナーまで電話0852-27-6400

先行予約のエントリー受付期間
  :2019年2月7日(木)〜2月13日(水)


    サポート会員チラシ2019年度マイシート.jpg

2019年度 プラバ音楽祭の公演はこちら↓

     IMG_2767 (1).JPG
第30回松江プラバ室内合唱コンクール[2019年02月09日(Sat)]
先日開催された、第30回松江プラバ室内合唱コンクール、出場団体の皆様の素晴らしい歌声がホールに響きわたる1日となりました。

出場団体の皆様、素敵なハーモニーをありがとうございました!

平成元年からスタートし、30回を迎えた本コンクール。
これまでにも沢山の団体の方にご参加をいただきました。歴史あるコンクールが、新しい時代も長く続いていきますようにわーい(嬉しい顔)

今回は、各部門の出場団体に金・銀・銅賞、金賞受賞団体には山陰中央新報社賞、そしてすべての出場団体の中から、コンクール大賞が選ばれました。

また、福島県で開催される第12回声楽アンサンブルコンテスト全国大会へも、3団体が推薦されました。

審査結果一覧は、島根県合唱連盟HPをご覧くださいぴかぴか(新しい)

また来年も、多くの皆様のご参加をお待ちしています!

image1 (34).jpeg
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

NPO法人松江音楽協会さんの画像
http://blog.canpan.info/matsue-music/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsue-music/index2_0.xml