CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
政治家の発言(失言)に思ふ [2019年07月05日(Fri)]
■参院選のこの機会に
政策からちょっと離れて、政治家の資質を考えてみました。国会議員の失言の多さが指摘されています。北方領土を戦争で取り戻すのは賛成かというあの発言が騒がれてからまた色々言われていますが、最近大手メディアで報じられた範囲の国会議員の失言で、私が「ひどい」と思うものをまとめてみました。
・「(同僚議員は)復興以上に大事」
桜田義孝五輪相による同僚のパーティーでの言葉。しかも当初記者団には否定していた。その後にも批判が強まり、首相により事実上の更迭。後日「最近は、結婚しなくていいという女性がみるみる増えちゃった」「子どもを最低3人くらい産むよう」お願いしてほしいと発言したことも批判されました。以前の復興大臣も、配慮が必要な立場の人なのにもかかわらず、なぜか被災地へ失礼な発言がありました(「(東日本大震災が)まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大な、甚大な額になった」)。
・「何人が死んだんだ」
米軍ヘリの不時着が相次いだ沖縄の負担は重い事は言うまでもありません。昨年1月、松本文明内閣府副大臣の本会議でのヤジ。沖縄の人たちに対して、品も配慮もない発言です。これが本音ならば、誰かが死なないと問題視しないという事になってしまいます。死者を出さぬようにするのが政治家の責任だと私は思うのですが。
・「なんであんな黒いのが好きなんだ」
アフリカを支援する議員の会合で、山本幸三議員(自民)。今時のセリフとは思えませんが、「アフリカ支援」=「黒いのが好き」という観念がひどいと思います。
・性的少数者は「『生産性』がない」
杉田水脈議員(自民)の月刊誌への寄稿。LGBTをも包摂しようとする風潮の中で、これも議論になりました。私にとっては、子供を産むことだけが生産性ではないと気付かせてくれた貴重な発言でもあります。
・・・
追伸 本当はもう少し長く書いたのですが、書いていてもムカムカするセリフが多く、引用は最小限に留めしました(切り取りや曲解の意図はないので、気になる方は前後の文脈も検索して検証して下さい。まだまだ沢山出てきます)
・・・

■背景にあるもの
様々な失言がある中、どうしても目立つのは要職にいる自民党議員が多いですが、他にもそれ以外の共通項があるのではと考えてみました。そこで辿りついたのが、多くの失言に共有する以下の視点です。
1.上から目線である事
2.命の尊厳を軽んじている事
3.差別的であること(少数派に対して)

また、正式な会議ではない場(身内や支援者のパーティ等)でのポロっと出た発言(=本音に近い?)等も含まれており、政治家の資質が伺い知れるような気がしています。生活者目線ではなく、封建時代を思わせるような政治家像が21世紀でも浮かびます。そして何より、命を軽視していると思われることです。特に少数派や、負担を強いられている人たちの。自分がその立場だったら言えないなと思う発言や、行政に甘えたいわゆるクレクレ君ではなく、(被災者等の)高い必然性の中で本当に助けを必要としている人達に対して発されることがある事です。自戒を込めて、国会議員のから地方議員としても学ぶべきと思いました。
もちろん、失言の中には事実の言及に過ぎないという見解がとれるものもあり、ひたすらたたけばいいというモノでもありません。ただ、事実だとしてもその場で言うべきではないよなと思われる真理や事実などがあり、線引きを難しくしている要因だと思います。

ただ、これら全て文言が特定されています
その発言がどう相応しくないのか、反論はあるのか、論じることができます。ただの軽率な発言なのか、発言者の(時に偏った)思想によるものか、はたまたそれ以外か等・・・議論をすることができます。検証すらできないのは、文言が特定されていない場合です。
私の松戸市議会で決せられた懲罰(※HP参照)以外で、文言が特定されていないままに批判されたり非難されている件をご存知の方は是非教えて頂きたいです…なにせ未曽有の事でなかなか世の中にサンプルがなく、学べないのです。
参議院選挙、始まる [2019年07月04日(Thu)]
65702039_2186819134778188_2833757634501279744_n.jpg
■暴風雨の中の参議院選挙公示
強い雨風の中、松下政経塾の先輩・長浜ひろゆき氏の出陣式に市民力として参加しました。立民の議員は同じ党なので応援するしかないでしょうが、私のような無所属無党派の議員たちは今回も自分の意思で来ています。これぞ超党派。
そういえば今回の参議院選挙でも超党派という言葉は良く聞かれますが、例えば「重大な反党行為」として昨11月に長浜氏を除籍(除名)に処した国民民主党も応援しています。政権与党から'政策無き野合'と言われるのもごもっともだと思います。党や組織のご都合主義で動く言いなり議員の集合体ではなく、自分の政策と信念で応援する人を決し、その応援履歴も『ガラス張り』にして、ほんらいの民主政治を確立するべきだと強く思いました(そこもおおらかに受け入れる長浜氏の器の大きさは尊敬しますが)。
                    §
野田よしひこ前総理大臣をはじめ、松下政経塾の出身者が県内中から超党派で応援に駆けつけました。思いつきや思い込みばかりの安倍政権では国益を損なうという国会の内部からのご指摘は傘をさすのも忘れて頷いて聞いていました。ガラス張りの政治で説明責任を果たす事を共に求めて参ります。演説からも学ぶことあり、大変勉強になりました。

追伸 あっ、しまった。バタバタして先輩に結婚の報告をするのを忘れてしまいました。まあ、今日から投票日までお忙しいでしょうから、余計な私事でお気遣いさせてはいけないから良しとするか(^^ヾ
中日の応援歌が禁止となった件から政治を想ふ [2019年07月03日(Wed)]
■サウスポーの独り言
中日の応援歌にいちゃもんが付き、使用禁止となった件。
なんでも球団や監督から「お前が打たなきゃ誰が打つ」という歌詞の「お前」というフレーズが相手に不遜な態度で、かつ教育上良くないという理由らしい。何故今更。とかくこの世は窮屈になりました。
でも、昨日の対巨人戦では坂本の打席で「お前」と巨人ファンからの一斉応援で使われていました。野球界で統一見解があるわけでもなく滑稽で滑稽で…しかも一番の当事者である選手本人たちからの訴えもないままに、'外野(それも一部の)'が決める面妖さ。
こうしてプロ野球ファンが減っていく一因となるのでしょう。
                   §
…ただ、まだ救いはあります。それは、問題とされる文言(=ここでいう「お前」)が特定されている事です。文言が特定されているという事は、そこを争点として是非の議論が前進するのです。
文言の特定が行われずに処分されるのは本当に恐ろしい事だし、現代の民主主義の真っ当なあり方とは思えません。なんとなくで処分されたら皆さんはどう思うでしょう。自分でなければいいや!と思う人もいるかも知れません。しかし(ちょっと考えれば分かりますが)明日は我が身かもと想像力がつく人は、自分ができることをして世の中を僅かでも良くする方向に持って行く方が暮らしやすい社会になるのではないでしょうか。
                   §
今日から選挙が始まります。
強引に数の力で民意を踏みにじる事のない候補を私は選ぼうと思います。国の行方が決まるのだから。
以上、サウスポーの独り言でした。
会派の変更など [2019年07月02日(Tue)]
■議会の会派に変更がありました
6月27日付でみらいクラブの3人(桜井・大橋・箕輪・がんの。敬称略)の議員及び無所属の中村議員がまつど自民へ合流し、松政クラブになりました。
現在(7/2;13時現在)まだ議会の公式HPにはUPされていませんが、13人の最大会派となりました。

それにしても、かつて辞職勧告決議を出した議員と同じ会派を組むという感覚が今の私にはどう理解してよいのやら・・・。
私の市民力は2名ですが、数だけ肥大化して議論をすっとばしたり市民に説明責任を忘れないようにと自戒を込めて思いました。