CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
一般質問はじまる [2019年06月12日(Wed)]
■一般質問(初日)
今日から一般質問が始まりました。来週火曜日までの5日間です。
質問内容は旬な課題からスタンダードなものまでさまざまでしたが、特筆事項としては、新人議員の発言取り消しでしょうか。一般質問を通告すると担当課の職員が事前にヒアリング(すり合わせとも言う)に来る習慣がありますが、その時にもらえると想定していた答弁と違う事にご立腹された政策実行フォーラムの岡本議員が質問権の侵害と言われ、質問後に執行部に説明責任を求めると強い口調で言われましたが、その直後、宇津野議員から(休憩して)もしそれが事実なら問題ではとの指摘もあり、彼女は議長室に呼ばれたようで、最終的には自ら発言を取り消すというかたちになりました。
                     §
私も1期目の時、何気なく発言したことが中川ひでたか議員に指摘されて初めて発言取り消しをした覚えがあります。たしか最初の9月議会でした。当選から1年も経たないうちに異例のことに戸惑った覚えが懐かしく思い出されますが、当選後約半年でこんなことになるとはなんというか、色々と驚いたのではないかと思います。

今回の発言取消は本人の問題と言えばそれまでですが、これまでの執行部と議会の質問やり取りに問題はなかったのか、或いは会派での'新人教育'は十分だったのか、議会としてできる事は何かなど、本人の責任以上のあるべき姿を想起させる出来事でした。

PS.余談ですが、その後の増田議員の新松戸駅東側の開発に関する質問時には、職員が市民に対して大変失礼なやり取りがあったと発言され、少し議場がざわつきました。別件で(発言こそしませんでしたが)私も担当職員の言われ方には強い違和感を覚えた経験が少なからずあるものですから…このように、市民に見えない場(主に控え室)で担当と議員だけの密室で行われているヒアリングに色々と弊害が出ているのではないかと痛感する次第です。
インターネット中継では雰囲気までは伝わりにくいかもしれませんが、傍聴された方などはどうぞご感想をお寄せ下さいますと幸いです。
定例会招集日 [2019年06月11日(Tue)]
■招集日
6月定例会が始まりました。議案が上程され、一部採決が行われました。
<個々の賛否結果(先議)>
先議の議案第1号、2号、13号、については採決がされ、全員賛成でした。
※木村みねこ議員のみ体調不良の為欠席
上程された議案は本日HPに公開されると思いますが、ご参考まで下記リンクを張っておきます。

■驚いた広報委員会
今回、一般質問の通告者が35人でした(一説にはこの定数になってから過去最高というウワサも)。広報委員会では、議会だよりの紙面が足りるのか心配の声が上がりました(大丈夫だそうです)。
ですが、そもそも質問権は議員の大事な権利の1つ。全員が質問しないことが当然と思い込んでいる人(や、議長や監査が質問できないと慣例を信じ込んでいる人)の方こそ認識を改めるべきではないでしょうか。何より私が思う事は、10人近くやらないことが常態化している議会の方に驚くべきではないかということです。特に、毎回質問する議員と4年間殆どしない議員がはっきりしている事も気になります。

まあ、それも議員の自由と言えば自由ですし、その議員を選ぶ有権者の自由です。

議員である以上、一般質問を欠かさないのが当たり前と信じ込んでいる一議員のボヤキでした。
https://www.city.matsudo.chiba.jp/gikai/index.html


【補足】議運のできごと [2019年06月10日(Mon)]
■陳情3号、上程されず
先ほどの議運で、請願・陳情の扱いについても話し合われました。
ゆきとどいた教育を推進するための請願5本は全て教育環境常任委員会に付託されることになった一方で、陳情は付託されないものが出てきました。付託状況は以下の通り。
*陳情1号『市民の財産である明市民センターの跡地を残し市民のために活用する事を求める陳情』
 右矢印1教育環境常任委員会へ付託
*陳情2号『常盤平地区にコミュニティバスの早期運行を求める陳情』
 右矢印1建設経済常任委員会へ付託
*陳情3号『松戸市の一連の大型事業構想について市民への説明責任を果たすことを求める陳情』
 右矢印1付託しないと議運で決定
陳情3号については傍聴者が見守る中、上程するかどうか賛否意見が拮抗していましたが、採決の結果、付託しないことになりました。中には「今議会から(執行部に)働きかけているから」や「勇み足は誤解を招く」のような反対意見が保守系議員から相次ぎました。一方で、出すべきという意見もかなりあったのですが、数で押し切られました。以下が賛否です。
委員会付託に賛成:桜井、宇津野、二階堂、関根。 
 〃 付託に反対:渋谷、大谷、伊東、飯箸、末松。
        ※木村議員は体調不良により欠席

更に議会の取り決めで、現在、議案や請願陳情及び常任委員会の特定テーマが内容が重複すると「一般質問」ができないという運用があります。これに対して「(請願・陳情等と内容がかぶるので)一般質問の通告をしなかったのに、このように議運で削除(付託&上程しない)と決まると結局何も議論ができなくなる」という的を得た指摘がありました。
最近、どんどん自由な議論をする機会が狭まっているように感じます。今後の(もとい喫緊の)課題です・・・。
議会日程決まる [2019年06月10日(Mon)]
■一般質問日が決定!
先ほどの議運で、一般質問日が決定しました。
6月12日から順番に8、7、8、6、6人の5日間です。
山中啓之質問日は、
6月17日(月)の4人目に決定!
6/17午後1時過ぎに傍聴に来て頂ければご覧頂けると思います。

※ちなみに中西議員の次ですので、市民力の2人とも傍聴できるぞ!という方は早めにお越しいただければ幸いです。
※インターネット生中継もあります↓
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/matsudo/WebView/
環境省の決定に思ふ [2019年06月05日(Wed)]
■環境省がスーパーのレジ袋の無料を一律禁止に
レジ袋無償配布、一律禁止へ=五輪までに−環境相方針
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060301079&g=soc

環境省が東京五輪2020までに上記の方針を実現したいようだ。

何でもその場限り、1回限りの使い捨てをやめる意識は非常に良いと思う。

できることなら政治家(候補者)も、その場限りの「マニフェスト」の選挙後のポイ捨てを禁じる法律を作ってはどうだろうか。

大事な政策はいつまでもマイバッグのように身に着けておくべきだと思う。

・・・薄っぺらいのはレジ袋の厚みか、それとも。
6月定例会の足音 [2019年06月04日(Tue)]
■6月定例会招集告示日
今朝は招集告示日です。
議案13件、請願5件・陳情3件が来週から始まる6月定例会にかかる見込みです。

御礼 [2019年06月03日(Mon)]
■御礼
誕生日のメッセージにもお返事できていない無礼者で誠にすみません。

そんな中にもかかわらず、
「結婚おめでとう!」
「頑張ってね!これからも応援する」
「生春巻き食べたいなぁ」
・・・
等の沢山の祝福メッセージをお寄せ頂きまして、本当に恐縮しております。

全くと言っていいほどお返事が追い付いておりませんが、全てしっかりと読ませて頂いております。
今は御礼しか申しあげられませんが、本当にどうも有難うございます。
精進します。

追伸 生春巻きはもうありません(事務連絡です)。