CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年12月 | Main | 2016年02月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
明日はオーストラリア・デー! [2016年01月29日(Fri)]
◆オーストラリアとの友好を願って
琴奨菊関の優勝に引き続き小保方さんの手記発売と、最近は地元ネタに事欠かない松戸市ですが、その松戸市とホワイトホース市(旧:ボックスヒル市)が姉妹都市の友好を結んで今年で45周年。
明日は松戸駅周辺の市民劇場で記念フェスが開催されます。
詳しくはコチラ↓
https://www.city.matsudo.chiba.jp/profile/intl_exchange/other_projects/AUSDAY.html
                  §
思えば、私はオーストラリアには特別の思い出があります。
高2の夏休みに3週間くらいホームステイのプログラムがあり、アデレードで過ごしました。大自然、歴史ある街並み。身近な動物。そして、気さくでおおらかな人たち。

学校で習う受験英語や試験などでは決して得ることができない、自らの思いの発露によって発せられる言葉と言葉。そして意思疎通ができた時の感動。
ずっと松戸市で育ちもっぱら日本語を「公用語」として使ってきた私が、初めて一定の期間中、ずっと異国語のみを‘手段’として使い、ネイティブたちと交わす英会話の感動と喜びは、時の経つのを忘れるものでした(英語でもよく喋る方です、たぶん)。
試しにカンガルーやクロコダイルを食し、ベジマイト(あちらではポピュラーな、独特のジャム)と納豆(いわずもがな、日本の代表的和食)の美味しさを互いの国の友人に伝えるにはどうすればいいかを語り合いました。

翌年から始まるイギリス留学も、このオーストラリアでのステイがきっかけとなりました。
やっぱり「英」語ってくらいだから本場ゆかりのクイーンズイングリッシュを身に付けたい!と強く思いました(と言いつつ1年後に『コックニー訛りで帰ってきたぞ』と言われることになるとは、この頃の私は無論まだ知る由もない)。

・・・取りとめなく脳裏に思い出が蘇りますが、そんなわけでオーストラリアの人には特別の感謝と親愛の情を抱きつつ、松戸市民としてこの友情の襷をこれからも自分なりに存分に継ぎたいと思います。ベン、元気かーー!!(ココ、見てないよな…)


(以下、巻末特別オマケ)

Hi,Ben.
How are you doing?
Last year,we had a very good time in Matsudo. Next time,let me show your favorite one (I prefer beer or something) when you come again or I visit you.
(I hope you've already mastered Japanese Kanji and check here every day.^^)
Sincerely yours Keiji
広報委員会の視察(2日間)を終えて [2016年01月28日(Thu)]
tk.jpg.jpg
◆高槻市議会と長岡京市から学んだこと◆
2日間の委員会視察を無事終えて、今、帰路の新幹線に乗っています。
さて、今回の視察はテーマがとっつきやすいわりに奥が深い内容で、非常に収穫の多い視察でした。
高槻市と長岡京市の「議会だより」は、それぞれタイミングをみてタブロイド型からA4の大きさに変更しており、トップから目を引き付ける季節感のある写真(職員の‘力写’や市民から公募)や読みたくなるような柔軟性の高いリード文で、以前目にした(視察が集中しているという)あきる野市議会の議会だよりを彷彿とさせます。一方、中身は充実しています。どちらも年5回以上の発行(松戸市議会は定例会毎のみ。年4回)で、一通りの議事内容は抑えつつ、個々の議案の賛否などは無論掲載しつつも、絞る所は絞りつつ(例えば議事録を見れば全て載っている一般質問は、会派間で合意の上、抜粋している高槻)、読み手にとってバランスの良い構成になっています。「シンプル」にした時に、必要なものとそうでないものの取捨選択が非常にバランスが良いと感じました。
更に驚いたのは、両市とも「全戸配布」をしているという点です。長岡京市議会ではシルバー人材を活用して雇用にも一石二鳥。
◆広報の意義と果たすべき役割は
他にも「専門用語の解説」@高槻や「キッズページ」@長岡京など、細かい点を挙げればキリがないのですが、最も大切な事は、広報の本来の目的である‘ほんらい伝えるべきことを、読者が読みやすい&読みたくなる紙面構成で、手に取ってもらえるような工夫を随所に凝らしている’という、いわば当然の徹底をしていることです。
その根底には、読者目線−とくに、議会に馴染みの少ない人、初めての読者層へのアプローチーが徹底して貫かれていると感じました。
より深く考察すれば、市民参加を通じて情報公開をどれだけ行っているか、市民の意見を紙面(ひいては議会)に反映しているか、ということに尽きます。たかが紙媒体の変更と捉えれば簡単な事のように聞こえますが、両市議会とも他の改革にも熱心であることから、それぞれの実現までには議会改革に賭ける想いがあることが必要なのだと思いました。
視察後には全委員で意見交換をする議会があった事も非常に有意義でした。
内容の濃い2日間でした。


※写真は高槻市の研修にて。議会だけでなく市の広報もタウン誌を意識して作られています。こんなところにも二元代表制の良い意味の緊張感による取り組みを垣間見た気がします。
広報委員会の視察へ [2016年01月27日(Wed)]
Mt.Fuji.jpg
■一路、関西へ
朝からラッシュに揉まれて1泊で広報委員会の視察へ向かっています。今日と明日で議会報の編集インターネット放映について、大阪府高槻市(人口約35.5万人・定数34人)と京都府長岡京市(人口約8万人・定数24人)の議会へ訪問します。
【高槻市議会】
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/shigikai/index.html
【長岡京市議会】
http://www.city.nagaokakyo.lg.jp/

松戸市の議会だよりはまだまだ読みやすいとは言えません。より良いものにするために、渋谷委員長をはじめ各委員が広く意見を集めて今後話し合いが行われる見込みですが、事前に上記2市の広報を拝見してみたところ、デザインや大きさ(A4)等の工夫もさることながら、全体的にウチよりも格段と内容が読みやすくなっている感がします。個々の議案の賛否態度の掲載は当然のこと、行政視察の実績報告をしていたり、市民への報告会を開催して(その様子を載せて)いたり、初心者向けに専門用語を解説していたり、キッズコーナーを設けたり…色々な個々の指摘はできますが、全体的にみると
★従来の議会だより以上に、広く情報が公開されていること
と、
★市民の参加(意見交換、報告等)が担保されていること
の2点が目立っているように感じます。インターネット中継やHPも、考え方は同じです。
                      §
自分の議会において実現していない個々の箇所は、先方がよく見えてしまうものかもしれませんが、大きな流れとして上記2点はもはや見逃す事の出来ないいわば「時代の趨勢」と言えるでしょう。
引き続き、松戸市議会議会だよりをベターにする為に、市民の皆様からの御意見をお待ちしております!
取り急ぎ新幹線の車中より、のぞみをこめて−
ボランティアを募集しています! [2016年01月26日(Tue)]
26.jpg
■近況
新年会もひと段落を迎えましたが、今宵は千葉土建さんの新春事業所交流会の来賓で副市長たちと共にテーブルを囲みました。超党派の会派代表たちが集まりました。
ビンゴ大会ではいつになく会場から「リーチ!」の声が頻出する中、謀らずも1位でビンゴ!してしまいました…皆さまスミマセン(普段ビンゴ運のない私が1位になるなんて、数年前の新松戸祭りの打ち上げと今回の2回のみで…あっ、H君の結婚式の時もありました)。戦利品は…台所で腰痛を和らげるグッズ(笑)!
                   §
【ボランティアのお願い】
年度末に向けてなにかと忙しくなります。是非、少しでも力を貸して下さる方がいらっしゃいましたら、ご協力お願い致します。この度、以下の要領で募集します。

活動報告レポート配布ボランティア 
 対象:不問(どなたでも)
 内容:レポート配布のお手伝い
 時間:随時(1日30分でもOKです)
お待たせしました!新しいレポートができました。

ライブ(政啓談話等イベント)スタッフ
 対象:不問(どなたでも)
 内容:LIVEイベント等の企画・運営
 時間:不定期(月に1〜2回を予定)

春季短期インターン生
 対象:大学生、専門学校生、高校生
 内容:議員の活動、議会傍聴、研究&研修等を体験する
 時間:応相談(やる気を重視します)


ご興味のある方は、
メール もしくは  047(348)3933 へお気軽にどうぞ。
※留守電の場合は必ず連絡先を入れてください。
祝!琴奨菊関優勝! [2016年01月25日(Mon)]
◆初優勝!琴奨菊関!!
松戸市にある佐渡ケ嶽部屋の大関・琴奨菊が昨日の千秋楽で初優勝を決めました。
昨日、本郷谷市長も古ヶ崎で期待をお話しされていましたが、(例年の甲子園・予選などの経験則から)大変恐縮ですが市長が応援すると負けるジンクス(?)のようなイメージが個人的にはありまして(笑)、今回は優秀した喜びもひとしおです。
不祥事などで相撲離れが叫ばれたりした昨今ですが、10年ぶりの日本人力士の優勝にTVの視聴率も非常に高かったようです。
                §
2008年の当時大関・琴欧洲が優勝した時も、松戸市をあげてお祝いしました。役所にも表敬訪問され、生で拝見した興奮を味わいました。また、あの時使う予定だったパレードカーに議会棟の裏でちょこっと乗せて頂いた事が、つい昨日のように思い出されます。
今回もきっと何らかのお祝いをすると思います。これからも地元の佐渡ケ嶽部屋に期待しています!!
今夜は久々にお酒でも飲もうかな(仕事が終われば…)。
読書会のお知らせ [2016年01月22日(Fri)]
q.jpg
◆読書会のお知らせ◆
読書会では毎月1冊の本をテーマに、参加者でより詳しく、より深く、本書の内容を理解をしながら読み説きます。
皆でワイワイ、楽しく意見交換(意見を無理に言わなくてもモチロンOK)します。
司会はいつも通り、山中啓之が(独自の哲学を元に)縦横無尽に展開・進行いたします。
今回の図書は
『人口減少社会という希望 コミュニティ経済の生成と地球倫理』広井良典著(朝日選書)
事前に一読の上、当日はモーニングコーヒーを飲みつつ、静かながらも清々しい朝を迎えましょう。
どうぞ、初めての方もお気軽にご参加ください(^^)/
大丸2︎日時:2月20日(土)10:30〜
大丸2︎場所:abill cafe+
(新松戸3-265)
※お申し込みは、keiji★mskj.or.jpまで(★を@に)。
新しいチラシができました! [2016年01月21日(Thu)]
kg.jpg
■できたて配達中!
けいじの政治定期(37)号市民力通信定期(21)号ができました。+αもあわせて順次、皆様の元へお届けしています。

※お知らせ
市民力通信は、印刷の関係で文字が一行、途切れています。
誤植:議論が噴出
 ↓
正:議論が噴出するのでしょうか
と、正しい方に読み変えて下さい。申し訳ありません。
某人気アイドルグループの解散劇に思ふ [2016年01月20日(Wed)]
■時には芸能人(グループ)の話を
人気アイドルグループが解散すると仄めかして・・・結局、解散しないようで。この間、ファンの方はずっとやきもきしたでしょうが、元々芸能ニュースに興味が無い私は、正直、平和だなあと思うと同時にどーでもいいと思った話題No.1でした。せめて芸能ニュース(グループ解散云々)としてではなく、社会的な現象(周りの騒ぎ方の異様さなど)として捉えると少しは興味は湧きますが、特に生産性もなく、一国の総理大臣が見解を示すような内容でもないと思います。まあ、そのグループ自体には何の思いもありませんが…念のため。
さて、ある国会議員が「政治も同様に、同じグループが長年続く上ではさまざまな課題もある」と発言されたようですが、まさに私にとっては常に我が会派の「市民力」が分裂せずに力を増す方が重要な課題として捉えなければなりませんし。
また、裏では軽井沢バス事故などの深刻なニュースもあり、重大なこと・目を向けなければならないことの正しい判断もできなくなりそうなメディアを危惧します。
                  §
結局、グループ解散せず。
理由を詮索したり見解を色々と述べる人が出て来ていますが、所詮は相当平和な「芸能ネタ」なのです。生産性のあるやり取りとは思えません。
ただ1つ言えるのは、そうやって「周囲が騒ぐこと」自体によって、利益を得る人がいるということです。これを意識することが大事です。
解散しようがしまいが、その人たちは儲かればどっちでもいいのです。例えばTVや雑誌などマスコミはこれをネタにして記事にしますし、HPのクリック数で広告収入を得る会社や個人もあるでしょう。それ自体が影響の多いグループならば、経済効果も無視できません。
私もその‘騒ぐ一員’の仲間になるのは望まないので、今まで全く取り上げてきませんでしたが、考え方を変えると、読み手がお金をかけずにちょうど良い「リテラシー養成」の好材料になると思い、こんな事を書いています。だから、別にそのグループじゃなくてもいいし、解散云々はホントどーでもいいのです(ココも大事)。
私がここにその渦中のグループ名を書かないのは、この件に直接便乗してヒット数を上げようとする輩に対してのせめてもの抵抗(になるのかは分からないですが、自己満足)です。

ちきりんさんなら、こんな時「自分のアタマで考えよう」と言われるのかな・・・。
広報委員会に思ふ [2016年01月19日(Tue)]
■広報委員会でした
ある程度長いこと同じような仕事に携わっていると、極力労せず自動的に処理するように働く人と、より完成度を高めようと深化して物事の本質や細部にまで積極的に脳を活用するように働く人とがいる…のだとしたら、私は生きている限り、後者でありたい。むしろ、後者であろうとする事こそが私にとって生きている事そのものかもしれない。
                  §
さて、今日は恒例の広報委員会
2月1日発行の議会だより1面に初めて「議長・副議長の挨拶」が載る案が出されました。例年は正副議長が一身上の都合で12月議会最終日に辞めて改選となる為、新しい正副議長の「就任の挨拶」が載っていたのですが、今年は(私が知る限り)初の議長存続というある種‘異例’の事態が起きました。
よって、正副議長連名の就任挨拶だと「このたび、新しく就任しました」という内容では主語と述語が一致せず(うち一人は続投のため)、日本語としておかしいと思い、委員会で私が指摘しました。
すると、どなたかから代わりに今回から「議長のみの挨拶とする」という案も出されましたが、むしろ例年の主旨から‘今年は就任の挨拶はしないの?’という疑問が生じます。むしろ、新しく就任された副議長の方こそ、決意表明を聞きたいと考える読者も多いことでしょう。
                 §
結局、具体的な結論は出ずに委員長に一任することになりましたが、このように挨拶一つでも、ただ慣例でやっているのかしっかりと哲学を持って言霊を吐いているのか、が問われます。
また、どのような内容(就任という情報か、時候の恒例の挨拶か、はたまた両方か)を読者にお知らせするのかという広報委員会としてのスタンスも問われます。
他にもいつものように背景の色の見やすさだとか文字のフォントだとか代わり映えなく指摘されますが、今日は私の上記の指摘が、結果的に議論に最も時間を割く事になりました。
大の大人が沢山集まっているのだから、大半が決まった記事の推敲程度(色やフォント等)を論う以上に、そもそも論として、確たる目的を持って広報とは何か、何を伝えるべきか、という大きな理念や方針を決定した方が、税金を払っている市民(読者)の為にも議会の為にも、ひいては松戸市全体の公共益になる気がした新年1回目の広報委員会でした。引き続き、このスタンスで臨みたいと思います。
政啓談話のお知らせ [2016年01月18日(Mon)]
【今年もやります】政啓談話!
今年もいよいよ来週から、議会の日本一わかりやすい解説と共にお送りする「政啓談話」を開催します。固い話は一切なし。政治家が来ても特別扱いしませんし、仰々しい式典のように挨拶メインでちょろっと話して候補(議員)を拍手でもちあげて予定調和で終わり、なんて意味のないことも致しません。市民の為に、市で取り組んでいる事についてお話しします。どなたもお気軽にお越しください。

1月24日()10時〜馬橋市民センター
2月6日()16時〜新松戸市民センター
2月7日()15時〜アビルコーヒー(新松戸3-265)

※2月6日(土)は市民力が集合します!
※参加無料。
 アビルのみ、ワンドリンク(¥200〜)でお願いします。
| 次へ