CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年12月 | Main | 2014年02月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
小保方晴子さんの功績に想う [2014年01月31日(Fri)]
■小保方さんフィーバーは続く
小保方さんのニュースが世界を飛び回って1日。私の元にも「六中出身?」と知り合いのTV局の人から問い合わせがあったりしました(^^ヾ
今年の流行語大賞は「STAP細胞」でしょうか?ノーベル賞も取って欲しいものです。山中教授とのコラボ研究とかもならないかな、と私の中で果てしなく夢想は続きます。
■すごく気になること
さて。ニュースを見て、とても気になったことが一点ありました。
それは、彼女の研究成果があまりにも常識破りだったため、昨年春、世界的に権威ある英科学誌『ネイチャー』に投稿するも却下され、おまけに「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」との意見まで頂戴したと言うことです。
権威を持つ既存の「科学的根拠」が、ぽっと出た新人の研究によって揺らぐのを恐れる力というのは、きっとどこの世界にもある。科学者の世界でも、政治の世界でも。小保方さんの御心境はいかほどだったろうか。
それでもめげない彼女の姿勢に感動するのはもちろんですが、それ以上に気になるのは、権威ある高名な研究者(論文の審査員?)が「歴史を愚弄している」とまで言い切った事に対してどう思っているのかという事です。
・・・なんだか、
@ネイチャーの科学的根拠・レベルが揺らぐ
A研究者の人格に対する(それこそ)愚弄ではないか
と思うのは私だけでしょうか・・・!?
【祝・松戸市出身!】STAP細胞の作製に成功! [2014年01月30日(Thu)]
革新的な万能細胞「STAP細胞」を開発したのは理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子さん(研究ユニットリーダー・30歳・早大出身)。この細胞は「iPS細胞」よりも作成が簡単で、刺激だけで新万能細胞の作成に繋がると言います。がん化の恐れが少ないのも特徴です。
従来の常識を打ち破る驚くほどの単純さに、当初「ネイチャー」には論文を突き返されたりもしたそうです。先駆者は理解されないというのもまた陰の御努力がしのばれます。
しかし、ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授も当初は邪魔者扱いされていたと言うから、異端児から先駆開拓者が生まれるというのは最早、世界の定石なのかもしれません。
この発見により、将来的には医療用などに応用される可能性も出てきました。
大いに期待してしまいます♪
おめでとうございます。松戸市出身の1人の人間として、本当に誇りです!
市議会レポート配布中! [2014年01月29日(Wed)]
新しいレポートを配布しています。全部で三種類。
まだまだありますので、どうぞお気軽にお受け取り下さい。
【予告】けいじの政治塾、第3期塾生を募集します [2014年01月28日(Tue)]
msj.jpg
■近く皆様のお手元へ!
市民と学び、楽しみ、時にマラソンもする「けいじの政治塾」が誕生してから早いものでもうすぐ満2年を迎えます。お陰様でこの2年間で延べ46名の塾生を輩出してきました。

さて、来たる4月からの3期目に当たり、塾生を募集します。
意識の高いリピーターの塾生も多いため、申し訳ありませんが3期目はさらに定員枠が少なくなりそうです(今のところ新規10名程度を予定)しています。

さて、今日はひょんなことからRISOさんの試用印刷をして頂く機会に恵まれ、フルカラーのチラシを500枚ほど作ってみました(写真)。近く、皆様のお手元へお届けします。
従来のピンクの黒一色チラシと基本的な内容は変わりませんが、斬新なデザインをその目でご覧になりたい方は、どうぞ駅頭などでお受け取りください♪
PS.厳密には、色合いが違う2種類があります。お楽しみに!
政啓談話 [2014年01月27日(Mon)]
■御礼
昨日の議会報告会@小金原にお越しいただきました方々、どうもありがとうございました。

■次回のお知らせ
2月1日()10時〜@八柱市民センター

2月2日()14:30〜@関さんの森(森のサロン室内)

2月11日(火祝)17:30〜@新松戸市民センター

※↓詳しくはコチラ
SKMBT_22314012712560.pdf
明日は報告会です! [2014年01月25日(Sat)]
CIMG1874.JPG
【政啓談話(無料報告会)のお知らせ】

※マニフェスト達成後、更に政治を身近に、楽しく、あなたの元へ届けます!
■日時:1月26日()15〜17時
■場所:小金原市民センター 会議室
■概要
メインテーマ:『新設ハーフコース開催地に問う!‘七草マラソン、どうだった?’』

一般質問を重ねること早4〜5回。やっと実現した市制施行70周年記念イベント、七草ハーフマラソン大会。
これまで10kmだった距離が倍以上伸びて何とハーフ(21.0975km)になりました。
健康ブームも相まって、お陰様で6000人以上(去年は4000人程度)のランナーが参加。沿道もかつてない程の賑わいを見せました。
街づくりや市民の健康を考える上で欠かせない運動やスポーツ施策について、七草をテーマにお話しします。どうぞお越しください!
【山中より一言】
思えば10回以上参加しているこの大会。
マラソンにハマったのはほんのここ数年ですが、会社勤めの時からエントリーを重ねてきましたので、一市民としての嬉しさがひとしおです。
そんなランナー目線からも、皆さんとこの’’お祭り’’を共有し、今後も盛り上げていければと思います。
第2弾「新松戸まちゼミ」始まるよー! [2014年01月24日(Fri)]
■新松戸まちゼミとは
お店が講師となって、専門知識や情報などを無料で伝えてくれる少人数制のミニ講座のこと。
今朝の朝刊折り込みの「UKIUKI」や、新松戸の方は明日(25日)の朝刊折り込みを参照して下さい。期間は2月一杯。お店によって内容が違いますので、是非チェックを!お得で楽しそうな企画が色々あります。
◎お問い合わせ 047(343)8248上野(ふとんのうえの)
入札不調に市立病院問題を思う [2014年01月23日(Thu)]
■入札不調「増えた」4割(千葉日報より)
千葉県内の公共工事の入札で、落札業者が決まらない「不調」が相次いでいるそうです。去年より多いと回答した市町村が実に4割。そういえば昨日あたりの新聞でも松戸市立病院の大手業者(3社)の入札辞退の記事を(改めて)見ましたが、他にも発注工事の進捗も遅れているところもあるそうで、厳しい状況です。
東日本大震災にの復興需要の人手不足に加え、円安の影響などによる資材価格の高騰も大きな理由。
そこへ来てアベノミクスで建設需要が増加し、消費税増税を控えてニーズも増えるという状況。また、東京五輪の開催決定も拍車をかけている様子。

■延びる市立病院の建設完成は誰のせいか
これで市立病院の建設工事の完成予定も延びる事はほぼ間違いなさそうです。
本郷谷市長は4年間の任期内に入札を決定する事ができるのかすら怪しくなりました。とは言え、議会の「市立病院建設検討特別委員会」はできてもう13年目(あれ、もう14年目かな?)・・・この問題にかかわらずですが、議会における「検討時間」の長さは、かねてより傍聴で感じるところでした。2期目に入ったこの3年半は私も会派を組んで委員を送り出していたものとして、議会の遅い決定意志に何かできなかったのかと反省することしきりです。市長の決断と議会の決断、二元代表制の元で市の意思決定がなされます。

今年は6月に市長選、11月に市議選と松戸は選挙イヤーです。
責任のなすりつけ合いや犯人探しをしているだけの選挙になったら、松戸市はもう共に沈んで行くしかなくなるような危機感を覚えます。なんとかならないものかと、無い頭で悩む毎日です。
すいません [2014年01月22日(Wed)]
昨日、急に調子が悪くなり、傍聴を途中で退出し、それから半日完全にダウン!してました。数年に一度あるんですよね、こういう時。
病院でもらった薬も少し飲みましたので、既に自分の中ではかなり回復に向かっていますが、周囲に「たまには良く休め」・「治りかけでも周りにうつす可能性があるから」と言われます。有難いですが、ビラのポスティングや諸々の事務作業がまだまだですので、そうも言ってられません。復帰します。
昨日の午後からと今日の仕事キャンセルしてしまった方々には大変ご迷惑をおかけしました。誠にすみません。
皆様も時節柄、お身体には充分お気をつけ下さいませ。

広報委員会がありました! [2014年01月20日(Mon)]
今日は12月議会最終日に委員&役職がコロコロ変わってから最初の広報委員会でした(傍聴者1名)。
議題の1つめ、2月発行予定の議会だよりのチェックは比較的早く済みました。
議題の2つめ、その他のところで私は以下の2点を指摘しました。
@昨年発生した「事故」についての改善策
賛否の態度をチェックする証拠が議会にはどこにも無いので、外部の方から「ある議員の議場と広報に掲載されている賛否態度が違う」と指摘がありました。
委員(議員)間でも認識が違うようで、真実が確認できない事態です。個々の議員の賛否態度の記録(注意:賛否公開ではない)の確保をするべきだと私を始め数人の委員は主張してきましたが、一向に改善されません。
会派持ち帰りとなりました。
Aやるはずで未だやっていないアンケートについて
個々の賛否態度の掲載を市民がどれだけ望んでいるのか、という事を知るためにも、一度しっかり市民の意向を確認しようとアンケートを取ることで議論してきましたが、具体的な運用内容が決まらずに執行されずのまま…もう、一体いつからやっているのか分かりません、この話題。

@もAも、もう去年からずっと議論しているのに、実行に移すことができないでいます。結局、今回も両方とも会派持ち帰りとなりました。
忘れて風化されないように、話題がでない時は毎回これから出そうと思います。
いやはや・・・傍聴されてた方は一体この議会に何を思われたのでしょうか。

しばらくお寒い日が続きそうです。
| 次へ