CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年03月 | Main | 2013年05月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
議会報告会の御礼 [2013年04月30日(Tue)]
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
(こちらは議会控え室や地元の会合などで相変わらずバタバタしております)
さて、先週末は市民力の報告会@馬橋東市民センターにお越しいただきまして、ありがとうございました。
連休明けにはいよいよ「政啓談話」を各地で行います。

■今後のお知らせ!
新しいレポートが皆様のお手元に届いている頃とは思いますが、念のためスケジュールを書いておきます。
5月10日(金)19:30〜 市民劇場・1F会議室
5月24日(金)18:30〜 新松戸市民センター
5月31日(金)18:30〜 松飛台市民センター(初)

どうぞお誘い合わせのうえ、ご参加ください!(無料)
市民力の「報告会だよ!全員集合」 [2013年04月26日(Fri)]
■ボランティアに感謝します!
昨日のレポート配布の募集してから12時間以内の間に、早くも3人の少数精鋭の方々からご協力の志願を頂きました。本当にどうもありがとうございます。
意識の高い市民に囲まれて幸せです。昨日、学生F君と10000枚位配りましたが、増刷決定です(^^)。引き続き、ご協力頂けます方はご一報下さいますと幸いです。
※詳細は昨日のブログ記事をご覧ください。

■第10回市民力議会報告会(いよいよ明日!)
4月27日土曜日(明日!)市民力が全員集合して記念すべき第10回目の議会報告会を開催します!
☆4月27日()(明日です!)
☆場所:馬橋東市民センター・第二会議室
☆時間:16:30〜

議会での代表質問(質問率100%)の中から、特定のテーマについて分かりやすくお話します。
今回は、
・人口減少について
・松戸市制施行70周年について
 などなど

お気軽にお越しください。飛び入り参加も歓迎です。
どうぞお誘い合わせの上、(お気軽な服装で)いらしてください。無料です。
【配布ボランティアを募集します】新しい市議会レポートができました! [2013年04月25日(Thu)]
s.jpg
■配布ボランティアを募集します
新しい市議会レポート「けいじの政治Vol.26」ができました!
今日は恒例の市民力の駅頭で「市民力通信」最新号と共に、皆様にお届けしています(マラソンで培った体力は仕事で生かさないと。笑)。
・・・とはいうものの、一人での配布は限界があります。
皆様のご家族・友人、そして近所に配って頂ける方は、ボランティアをお願いできませんでしょうか。
今月は小中高校の入学式を始め、宇宙と科学の日の来賓等、市制施行70周年イベントが多く、いつものように配布しきれていません。可能な方はぜひご一報くださいますと幸いです。(大量に配布して下さる方には、こちらからお届けさせて頂きます)
皆様のご協力をお願い申し上げますm(_ _)m
TEL&FAX 047(348)3933
メールアドレス keiji*mskj.or.jp(*を@に変えて下さい)
※留守の場合はご連絡先とお名前をお願いします。
こちらから折り返し連絡致します。

愛知視察(第一弾)雑感続き [2013年04月24日(Wed)]
新幹線の移動中に書いておいたさっきの続きです。

■豊橋市(決算審査の方法などについて)
こちらも一宮とほぼ同じく人口38.1万人。議員定数は36人。
豊橋市議会では、予算特別委員会は正副議長を除く全員が委員会を構成し、決算審査特別委員会では正副議長及び議選の監査委員を除く全議員が委員会に参加するという、(ほぼ)全員野球の審査体制です。特に決算は、H24年から9月に全ての会系が審査されるように統一されました。

■まとめ
どちらの議会も、改革というよりは、自然に元からやっていたという感じです。職員さんもその発祥や経緯は掌握しきれていない事からも、相当議会の市制(と市政)の歴史の深さを感じました。
しかし、その理念が議員・職員にどの程度までよく理解されているかは、今回の研修だけでは分かりませんでした。ですから、裏を返せば、まだまだ改善の余地があるという印象を受けました。
まあ、議会改革には終わりというものは無いのかもしれませんが…。
愛知県視察(第一弾)雑感 [2013年04月24日(Wed)]
1泊2日間の愛知県への議運視察が終了を迎えようとしています。夜には地元で会合があるので、豊橋駅@新幹線待ちの今のうちに簡単ですが雑感を書いておきます。

■一宮市(一般質問の一問一答制、決算審査などについて)
人口38.1万人、議員定数40人の一宮市(いちのみやし)。驚いた事に、かなり昔から一問一答制を導入していたとのこと。H8年頃に始めて質問時間に制限(120分以内)がかかり、現在では70分以内になっています。基本的に特別委員会というものが無く(!)、予算等も各常任委員会に分割して付託しているとのこと。
では、どこでこれら議会制度についての議論を行っているのかというと、ズバリ、議運でした。少数意見を尊重し、基本的に「全会一致」で進めているとのこと。台会派が数で押し切って少数意見を排除するどっかの市議会とは大きく違い、和の心を感じます。議会としての統一感もありますね。
決算については、9月定例会でこちらも各常任委員会で分割し、10〜11月の閉会中に審査するそうです。分割付託をすることの是非は分かれるところですが、一般的には自分の専門の特定分野に質問するので、深掘りした議論ができると言われています。
一方、閉会中の日程調整に足並みがそろわなかったり、全体的なスケジュールが年末に押してしまったりと、本来のあり方としては課題もありそうです(一宮市議会の事務局の方に聞いた話では、そもそも行政実例では本来、分割付託は好ましくないとされているそうです)。
現場で実際に配布される通告書を拝見したところ、各議員はかなり自由に書いている感じで、ある意味個人の意思が尊重されているのかなと思いました。
議員にもよりますが、一問一答ゆえに質問と答えがかみ合うように、ある程度しっかりと事前ヒアリングを行うのが基本。それゆえ、関心の高い質問テーマは、どうしても答弁がかぶったりするのは仕方がないかも知れません。
インターネット選挙解禁に思ふ [2013年04月23日(Tue)]
■そんな浮かれてていいの?インターネット選挙の解禁
7月の参議院選挙からネット選挙が解禁されることになりました。騒ぐほどの事でもないというのが本音なのですが、図らずも私の支持者から、果ては大きな政党の現職議員に至るまで様々な所から私に意見を求められる機会が多く、いちいち答えるのが面倒なのでここに簡潔に私見を書いておきます。私自身、インターネットを駆使している意識はありません。嗜む程度に使っている程度だと思っているのですが、それでも、次から聞かれた時には『ココ(本ブログ)を見てね』という事にします(笑)。

■ネット選挙解禁で何が変わるか
よくモノの本などで、インターネットは「武器」と言われています。
大きな変化として一番確実なのは、極めて低レベルな情報が増産される事だと思います。政党・候補者の出した情報は、瞬時に有権者によって加工され、流布されるでしょう。おそらく、次の段階として、何らかの防止対策が叫ばれるようになるまでになるでしょう。その内容は主に、○○候補・××政党に対する批判・不祥事(めいたようなもの)が多いのではないかと思います。中には、2ちゃんねるのような匿名性の高いものや、出典が不明なものも、選挙戦のドサクサにまぎれてくるかも知れません。最悪な場合は候補者同士の応酬になるでしょう。醜い足の引っ張り合いだけは、避けたいものです。

■若年投票率は向上するか?
では、肝心の投票率向上は期待できるでしょうか。特に、低迷する若年投票率は上がるでしょうか。私の見解は「どちらとも言えない」です。ネットはあくまでも1つのツールであり、最も大切なのはその内容です。投票率が上がるも下がるも、全てはそこで行われる議論の内容次第だと思います。中身のない表面的な書き込みが多ければ、有権者は「やっぱりダメだな、政治家って」となり、投票には行きません(その分、ネット上でその想いを吐露するのにエネルギーを費やす可能性は大いにあると思います)。
ネットでは政治や選挙が頻繁に話題になるけれど投票率は低いまま、という状況だけは回避したいものです。

■ネット選挙・政治に臨む山中啓之(私)の考え
ネット環境が高齢者にも普及してきたとはいえ、それでも、ネットを使わない(=あるいは頼らない)50〜60代かそれ以上の年代が有権者の「主力」です。高齢化はまだまだ加速度的に進みます。家族や友人・知人からの依頼や、支持政党で投票先を決める人も多いと思います。
私は個人的には、あくまでネットは‘補完的な’ツールにすぎないと思っています。候補者本に触れた時の「この人の言っている事はよく分かる」「ちょっと難しい」「なんだか楽しそう」などといった‘一次情報’に勝るデータはないと思いますので、本当に自分の政策を届けたければ、やはり、できる限り、自分の足で1人1人、直接市民に会って話す方が遥かに有意義であり、大切だと思います。ですから、私は今後も自分で汗をかいてチラシを配ったり、一人でも街頭演説を続けたいと思います。HP等は今まで通りにやって、あとはひたすら自分の生の声を届けるために力を使いたいです。

■市民(有権者)にできること
市民(有権者)が備えておくべき事は、なにより
@なるべく候補者本人に会い、主張や人柄を確かめる
ことではないでしょうか。ITがない時代からずっとこの民主主義社会では選挙は行われてきたのですから、ITツールのみの情報収集に頼らなくする姿勢が実はとても有効だと思います。
そして次に、
AITリテラシー(情報リテラシー)を高めること
です。誤情報に惑わされぬように、多面的な発信源からその候補者や政党を吟味する事や、実態との差を比較する事です。
また、そもそも
B選挙直前になって、急に自分に都合の良い情報ばかり流すような候補・政党はちょっと警戒すべき
だと思います。
HPやブログなど、ネットは紙の媒体以上に発信された情報の頒布スピードが速いですから、PRとして必死に活用したがる候補も出ると思います。今回のネット解禁に伴って「有権者に見栄えの良いIT広告作ります!」のような謳い文句を掲げて、デザインから記事の内容までゴーストライターとなる‘IT選挙屋’や、ITマーケティングデータの‘調査&販売会社’が跋扈することでしょう。
本来、ITは(紙媒体ほどには)お金をかけずに作成し、一般庶民にも分かりやすくかつ効果的に政策などを伝えるためのものです。そして、お金持ちや大きな組織に属している‘特定の人間’だけではなく、広く普通の人が政治家になる可能性を開くものであるはずです。
それが、本人の素性を隠すための‘化粧’や‘仮面’の技術費用の投入合戦になってしまったら、単純に金をかけた人(=金持ち)が勝って、IT屋を儲けさせるだけのことです。

まあ、必要以上にネット選挙解禁と騒がず、静観して普通に仕事をしている方が得だと考えています。これが、私の結論です(^^ヾ
視察もろもろto愛知県 [2013年04月23日(Tue)]
■愛知県へ行ってきます
今日から1泊2日で、議運の視察です。
来月にも1泊2日で、広報委員会の視察です。
連続で愛知県へ…「市民力」は市議会で最少人数の会派(3人)ゆえに、上記のように常任委員会以外の1人あたりの仕事量が多いのですが、慣れてくると逆にやりがいを感じます。

今日は一宮市へ一問一答制について。
明日は豊橋市へ全議員参加の決算委員会について、それぞれ学びに行ってきます。
連休明けの広報委員会の視察では、名古屋と豊川。
名古屋は議会報の取り組みを、豊川は議会報に関するアンケートを実施した件について、それぞれ学んできます。

昨日は久々に日付が変わる前に寝たせいか、今日は4時台に目が覚めてしまいましたので早速仕事に取りかかっています。
疲れたら新幹線で寝ればいいや、と。それにしても東京ー名古屋って、新幹線で寝るには短し、起きるには長しの距離ですよね(^^ヾ
【第23回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソンかすみがうら大会結果】 [2013年04月22日(Mon)]
ksm.jpg

先月、3月定例議会も終わり、固くなった身体を解そうとちょっとフルマラソンに挑戦しました(まあ、もっと疲れることになるのですが、議会中はそこまで想像が及ばないものです・汗)。
雨の霞ケ浦周辺を走ってきました。以下、雑感です。

■憧れの(雨の)かすみがうらマラソン大会
結局4月の大会は雨に見舞われます。
3月中旬に嵐のようなキツイ日があったので荒天は去ったと構えていたら、雨。それもご丁寧に前日から大会終盤まで(^^ヾ
当日は朝から傘で大混雑の土浦駅前。着替えから荷物預け、ストレッチまで、何1ついつも通りにできません。開始前にびしょぬれになることを想定して靴&靴下2足持っていった去年の教訓が皮肉にも活きました。ほぼおろしたてのニューヨーク(靴)に防水スプレーを惜しみなくかける瞬間のランナーの気持ち、私の拙い文章力では伝える事ができませんが…。

■エントリーが間に合わなかった去年、今年は・・・
始めてフルマラソンに挑戦を決めた去年1月(七草の日)。その年のエントリーは終了していたので、今年は念願かなって、1年越しのエントリー!
・・・そんな大会で勇んでいたものの、今回は色々なものに見舞われました。
結果はなんとかネットでサブ4達成でしたが、決して良いコンディションで臨めなかったというのが実際のところです。特に…
@議会中による練習不足
議会中につき、3月の練習はたった3回、合計40.91km。フルマラソン1回に満たない距離です(^^ヾしかも、友人に誘われなければたったの1回(約12km)。今月は立て続けに2週連続フルマラソン大会に参加したので、数か月ぶりに100kmを超えます(ちなみに2月は約15km)…まあ、仕事は皆忙しいのだから、個人的な言い訳かも知れませんが。
A2週連続フルマラソン
先週の彩湖の疲れが抜けていなかった。自己判断&自己責任です。
B寝不足。
前日2時間しか寝れなかった。自業自得です。
C当日の雨(前述の通り)。
雨。これは唯一、私にはどうにもできない外部要因です。

そんな訳で、1年越しのかすみがうら挑戦でしたが、エントリーは間に合ったものの、調整が間に合わなかったという感じでした(^^ヾ

■走った感想
寒空の元でビニール袋に身を包んで臨んだ初めての大会となりましたが、客観的な結果(記録)よりも、走っている時に自分が感じた主観的な感覚は、意外にも非常に気持ちがよかったです。
序盤を抑えて走った(=慎重に導入した)ので、身体が温まった後半のペースを上げる事が出来たし、給水&エイドで上手くいった(取りたいものが取れた)し、おまけに集団の流れにも恵まれたせいかペースも維持しやすかったです。
・・・他にも色々ありますが、総じて、この悪環境だったがゆえに、一つ一つの所作において試合に集中できたということだと思います。そして何より、色々な応援の力をもらいました。いつもこの力が一番私を後押ししてくれます。

■結果■ 完走証より
4’00’31(グロス)
3’58’55(ネット)

総合順位 3781位/16227人中
種目順位 762位/3432人中
天候・雨/気温・5.2度/湿度・95.3%/北の風・2.6m(8時現在)


気付くと昨年のつくばマラソンに次ぐ2番目に自己ベストタイムだったようです。
30km〜ゴールまでが気持ちよかった。最初の1kmは6分半で、最後は5分半〜4分台前半まで上がりました。

■これからのこと
今回は、天気とは裏腹に自分ではとても満足した走りができました。2週連続なのに、ベストの時よりも疲れが少ないです。以前は1週間くらい走れなかったのに、今回は体が軽く、早速今日からの仕事にも快適に臨んでいます。特に、駅頭やポスティングは体力を使う仕事なので、ランニングで得たこの体力を、うまくこれからの仕事に生かして行ければと思います。
また、今回で私のフルマラソンはしばらくお預けです。この春が過ぎ、暑い夏も去った後で、気が向いたらまた走ろうと思います。ただ、私が後天的に獲得した数少ない貴重な習慣、この「ランニング」という健康に良い活動は、今後も続けたいと思います(←ランナーか読書家か春樹ファンなら分かりますよね、このセリフ)。ハーフや10kmなどは引き続き楽しみながら走りたいです。

■最後に
応援してくれた皆様へ 応援どうもありがとうございました。
昨日走ったランナーの皆さんへ 雨の中、ナイスラン!また走りましょう!
講演会のお知らせ [2013年04月19日(Fri)]
■イベントのお知らせ
元原子力プラント設計技術者の後藤政志さんが各地で講演会を開催しています。同氏を囲む会(代表090ー5572-9134(午前中・夜間))が主催。
ご興味ある方は、ご参考まで。

■原発を作ったから言えること
4月27日(土)14:00〜 野田市総合福祉会館
        18:30〜 流山市生涯教育センター
4月28日(日)11:00〜 取手市永山公民館
        14:30〜 柏市中央公民館講堂5F
(開場は30分前〜。定員になるまで先着。各500円)
小金消防署開所式へ [2013年04月18日(Thu)]
kj.jpg
■小金消防署開所式へ行きました
先月の内覧の際に既に中は拝見しましたが、5億円もかけただけあって立派な消防署ができました。
所の中でも天井が一番高く、各車輌が駐車しやすいように余裕のスペースが確保されています。
感染症を防ぐために仮眠室を個室化したのも一つのポイントだとか・・・まあ、それ以上に消防職員の快適性にもつながる方が大きいと思いますが。337号沿いなので、小金原の方面にも出やすくていいですね。安心安全、ひとつ確保。しかし、何より大切なのは日頃からの防災意識にたいする注意・啓発を怠らないことです。
事件が起きない事が最も良い事だと思います。
| 次へ