CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年01月 | Main | 2013年03月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
一般質問日は、3月4日です [2013年02月27日(Wed)]
■議会の音楽ツアーへご招待!
議運で代表質問(一般質問)の日程が決まりました。
■市民力 3月4日(月)午前10時〜 
ちなみに、冒頭に議会表彰があり、受賞者の和名ヶ谷中学校の演奏が楽しめます。さわやかな気分で代表質問に望みたいと思います(^^)。
どうぞ、併せて傍聴に来てください。※ライブ中継も行います!

ちなみに一般質問は2/28(水)3会派、3/1(木)3会派、3/4(月)1会派(市民力)+無所属3人の順で行われます。4日は質問の後、議案質疑も行われます。私は松戸市駐車場条例の一部改正について質疑します。
ヒアリング真っただ中 [2013年02月26日(Tue)]
■一日中、ヒアリング・・・
朝からトイレ以外ずっと控室にカンズメで執務しております。。。ヒアリングの嵐。一般質問の主旨を聞きに来られるだけあって、職員は聞き手に回り、話すのは控えめ。私はその逆。入れ代わり立ち代わりで職員数十人の方々と話しました。なんだか酸欠気味です(汗)。
ヒアリングを通じて、若干、通告内容の言葉が変わりました。質問の内容は変わりませんが、確定したらまたお伝えします。
明日は本会議(詮議の採決)&議運。私は本会議での登壇予定は特にありません。その後の議運、そして昨日から続くヒアリングの続きが明日もメインの仕事になりそうです。
PS.走り出したい衝動と本を読みたい衝動に駆られています。議会終わったらまたゆっくり江戸川を走ろう(心の声)。
通告しました! [2013年02月25日(Mon)]
■一般質問を通告しました!
通告内容は以下の通りです(若干微修正があります)。
1.市長の施政方針について
(1)市の人口減少への対策について
 ア 人口減少の現状について
 イ 将来の見通しについて
 ウ 市の対応について
(2)行財政改革について
 ア 歳入の確保について、どう考えますか
 イ 今回の組織改革について、その成果はどのような指標で図られますか
 ウ 公共施設の再編整備について
  ・公共施設白書について
  ・本庁舎の建替との関係について
 エ ソフト面での行政サービスの再編整備の必要性について
(3)市制施行70周年事業について
 ア 事業への考え方について、次年度以降も継続するものと今年限りのものは何ですか
 イ 今回の事業を実施することによって、後年に亘ってまちづくりの発展に寄与することは何ですか
2.教育施策方針について
(1)言語活用課を軸にした取り組みについて
  ア ICT環境充実の目的とその成果指標は何ですか
  イ 教職員の資質向上と、仕事量の負担増の関係をどう考えますか
(2)「いじめ」「不登校」「体罰」などの解消にむけた取り組みについて
  ア いじめの本市の近年の状況や特徴とその対策は
  イ 上記に関わる人間関係のトラブル等について、本市の現状認識と取り組みは
(3)市立松戸高校について
  ア 本年、キャリア教育プログラムに優れているとして文部科学大臣賞を受賞したが、キャリア教育に優れているというのはどのような成果指標で図られていると考えますか
  イ 地域への社会貢献は特にどのようなところで図られていますか
(4)図書館について
「図書館の持つ学習機会の拡大と充実」とは、具体的にどのようなものですか

3.放射能対策について
(1)手賀沼終末処理場へ搬出している焼却灰について
  ア 現状は?
  イ 今後の見込みは
  ウ 民有地の除染についての進捗と見通しは

4.効率的な行政サービスについて
(1)現在、産業連関分析による経済波及効果や、費用対効果が見えるようにする取り組みについての以下の進捗はどうなっていますか
 ・街路灯/防犯灯のLED化
 ・公共施設の耐震化
 ・商工観光課の各種事業(雇用、観光振興、企業誘致、プレミアム商品券等)
 ・市立図書館
(2)各種施策について効果(アウトカム)指標を持つ考えはありませんか。
5.民間業者や市民による契約不履行等への対処について
  市の対応に不備がない場合、相手方に対して同じ対応を取りますか。

・・・質問日は2月27日の議運で決定します。また報告します。
頑張れ、ランナー達! [2013年02月23日(Sat)]
Eric.JPG
■いよいよ明日は東京マラソン!
東京マラソンが、明日、いよいよ号砲です。
東京が一つになる日ーーーとのフレーズ通り、臨場感が高まってきました。ラジオをつければ、明日は寒くなるようだが雨は降らないので東京マラソンに出る方はご安心を!とご丁寧にいう番組も少なくない。寒さもさることながら、花粉症の人にはそろそろ気になる季節です。新聞のマメ知識によると今年は「表年」(※花粉が出回る年の中でも、強い年と弱い年が交互にやってくるらしい)ので、東北や関東一部地域では去年の倍ほどの花粉が出るとか。私も花粉症ですが、皆さん、お互い気をつけましょう。

■走らなくても楽しめる(ハズ)!
それにしても東京マラソンは実に3万6000人のランナーが走り、沿道の応援者は200万人に上ると言われています。今年からWMM(※World Marathon Majors:世界の主要マラソン大会をポイント制で行なわれる陸上競技シリーズ)となったこともあり、走者はもちろん、関係者や沿道の観客の熱気もものすごいことでしょう。今回はエントリーするも「10.3倍」の高倍率に漏れて、この200万人の方にちょこっと参戦させてもらう予定です。頑張れ、東京マラソンランナー達!!

PS.写真はワイナイナさんと。
※エリック・ワイナイナさんについてはコチラをクリック
 マラソンをたしなむ人の間では言わずと知れたオリンピックメダリストです。日本に来て19年、今彼は各地の大会にゲストで参加し、マラソンの楽しさを伝える活動をしています。(大会ではよく参加者全員がスタートした後の閑散としたスタート地点から、おもむろに準備してスタートラインに立って走り始める姿が印象的ですね。)流して走っているとはいえ、普通の人では追いつけないものすごいスピードです。
 先月行われた「勝田マラソン」では、偶然15km地点くらいで私の後ろからふわっと来て「ファイト!」と軽く背中を叩きながら声をかけてくれました。走りながら見とれるという放心状態を味わった大会でした。先日、地下鉄内で偶然の再会。私の方から気付いて「こないだの勝田マラソンでは励ましてくれてありがとう!」と声をかけました。メダリストとは思えない気さくさで、「東京マラソン走るの?」と言われて「いや、僕は落ちちゃったんだけど、仲間が走るよ」と答えました。
聞いたところ、明日はワイナイナさんも応援に来るらしいです!羨ましいぞ、東京マラソンランナー達!!
4常任委員会、一斉に開催! [2013年02月22日(Fri)]
■4常任委員会同時開催!同時傍聴は可能か?
今日は常任委員会です。4つの委員会が同時に10時〜スタートしたので、(元から少ない傍聴者ですが、)私の所属する教育経済はゼロ人でした。何より同時開催なので、全部は傍聴できません。ネットでも公開されません。
・・・
しかし、教育経済常任委員会(11名)は補正予算の1件のみで、私と共産党議員の2名からしか質疑が出ず、さくっと終わりました。健康福祉、都市整備、総務(→長いので遅くまでやっている)と、他の予定もあったため、一部ずつではありますが、結果的に全部の傍聴に回ることができました。いやはや。
(おそらく)今日開催の全常任委員会に傍聴した唯一の人間が、「同時開催だと傍聴できないから日や時間を分けるべきだ!」といっても説得力がないでしょうか…(^^ヾ
3月議会、開幕! [2013年02月21日(Thu)]
■始まりました!
本日より、3月定例会が始まりました。市長より新年度の施政方針や教育長から教育施策方針の説明がありました。議案も順次上程され、いやおうにも‘始まった感’でいっぱい(いっぱい)になります。
今日は、@松戸市議会会議規則やA委員会条例、B政務調査費の公布に関する条例の一部改正が行われ、即刻全て全会一致で可決しました。殆どが国の法改正によるものです。
順に主な内容は、@地方自治法改正に伴い公聴会・参考人の規定をしたこと、A常任委員会の名称変更・所管変更をしたこと、B政務調査費を政務活動費とすること(適用範囲は従来通り)。

■今議会の委員会に陳情は付託されませんでした。
そういえば、2月12日に市民から出された「松戸市議会会議規則第65条第2項の削除を求める陳情」(陳情第12号)が、昨日の議会運営委員会(議運)で委員会付託の有無(する場合はその委員会も決定する)を議論され、付託しないことに決まりました。
この陳情の付託の是非をめぐって議運で決がとられましたので、賛否をここに明記します(敬称略・順不同)。

【付託に賛成した議運委員】
山中、大井、伊藤(余)。
【付託に反対した議運委員】
石川、山沢、矢部、二階堂、平林、杉山。
※尚、委員長(深山)は賛否に加わりません。

1年前に不採択となった同趣旨の陳情だったので、付託に後ろ向きな意見が多かったようです。しかし、今の松戸市議会ルールでは同趣旨の陳情も1年経過すれば受理する仕組みになっており、今回の陳情はもちろん1年以上ゆうに経過しています。1年たてば様々な社会変化、周囲自治体議会の改革等の環境変化もあり、また議論を再開する事が可能であるはずなのですが、結果は上記のとおり3対6(上記の通り)でした。

他の千葉県内の自治体議会には類を見ない65条2項。その内容は、議会で「取り消しされた発言」を市民が知ることが(本会議で直接見に来ない限り)できない仕組みになっています。取り消し発言と一言にいっても、その中身はケースバイケースであり、些細な言い間違いの訂正から大きな政治ポリシーの認識の差まで、色々なものがあるため、議論が分かれることも多いのです。しかし、とにもかくにもまずはきちんと議論を始めないといけません。
いやはや、議論したくない人が多いのかな…。
議会の足音 [2013年02月19日(Tue)]
もうすぐ招集日。議会が始まります。3月議会では、新年度(H25年度)の予算が話し合われ、決定されます。額は昨年と同じ、1278億3千万円(過去最大タイ)。目玉の一つは、県内初の夜間保育園。子育て日本2位の名に恥じぬよう、子育て・文化などには全力で取り組んでいる本郷谷市長ですが、松戸市はPRも頑張らないといけません。原議員が訴えたLED街路灯も3160か所で設置する見込み。
私が(もう3年前になるか?)訴えた公共施設白書もあと1年後には完成しているでしょう。
市民力の取り組みが、順調に芽を出してきています。
皆さまも、引き続きご意見ください!
オリンピックのレスリング‘場外戦’に思う [2013年02月18日(Mon)]
【レスリングがオリンピックから消える!?】
今話題になっているレスリングは、五輪から消えようとしているのではない、消されようとしているのだ。
「駆け込み退職」に思う、の時と同様のことを感じている。存続・消滅の良し悪しではなく、この構造を冷静に操作しようとしている暗黙の人たちがいるのではないかと。
内弁慶&外地蔵の日本の外交姿勢に見られるように、今回のレスリングについても、この手のロビー活動や「場外戦」に滅法弱い。
もう10年以上前になるだろうか、冬季五輪スキー(ジャンプ)の板の長さ制限時にも同じことを感じた。日本人の身長は欧米人のそれに比べて低いから、相応の長さの板しか使えず、距離が出ない。メダルの数にも影響する。
正々堂々と戦う本試合の前に場外戦で働きかけようとする者は、意外と多いのかもしれない。そちらのほうが真の勝負だと言わんばかりに・・・。

【あらゆるところに‘場外戦’の影あり】
翻って、議会や行政はどうだろう。全く「場外戦」がないとはいえない(と控えめに言っておく)。事前に申し合わせて決めているかのようにぴたりと一致する議長(副議長)選挙。
また、議案や陳情などの採決前に、相手の意見を翻意させるために自分の主張を述べる「討論」も、いくら真剣にやっても会派で事前に賛否が決まっていれば、態度が翻ることはまずない(実際、討論後に会派で再度打合せする時間も設けられていない)。
これが、討論の形骸化と呼ばれる所以である。
(しかし賛否結果は事務局に提出を求められる。しかもメモだとか言って公表しない議員や会派がいるのも至極おかしな話だ…)
常任委員会の正副委員長選挙もそう。そんなのに限って、密室、つまり完全に「非公開」で行われている。私はここのところ改選時の委員会には毎回公開を求めているが、松戸市議会では時の委員長(副委員長)に頑なに「非公開」にされ続けている。これが松戸市議会の実態。
もちろん、民間の会議でも根回しはあるだろうが・・・では、どうするか。

【‘コスト’を払って情報公開を‘求める’しかない】
現状を嘆き、泣き寝入りするのではなく、できるところまで最大限に情報公開をしようと「議案等に対する議員個人の賛否態度」はHPに完全掲載してきた。
(参考:http://k-ji.jp/index.html
同様にオリンピックの問題も、誰がレスリングを外そうとしているのか、その委員(?)の名前をしっかりと公開することを提案する。議事録に載せるのももちろん必要だ。利権やしがらみでないなら、公開して困る事は何もない。多くの競技者の人生に影響する重要事項を決定する時には尚更だ。存廃いずれを語るにせよ、信念を持って、正々堂々と白日の公開の元に行うべきである。

ここでの私の主張のポイントは、場外戦を取り締まろうという事ではない。場外戦を、積極的にしっかりとその目で「観戦」しようということだ。
とはいえ、往々にしてこのようなケースは、ただ待っていても公開されない場合が殆どだ。なぜなら彼らは見られないところでさっと決めてしまうこと自体が狙いだからだ。
我々は「観戦」するためのコストを払わねばならない。
たとえば、議会の傍聴をするには一定の時間(自由な時間)、金(運賃など)、労力(体力)がかかる。まあ、実費でそんなにはしないだろう。しかし、資本主義の社会では、金にならないものはコストと考える。たかが数百円でも、わかりやすい収穫がないときは動きにくい。精神的コストが高いのも問題だ。投票に行かない人間もまさに然り。

【PCのセキュリティソフトは、当然の如くつけるものだろう?】
私はこのコストは、いわばPCの「セキュリティソフト」のようなものだと考えている。つけているからと言って特に得(実利)はないけれど、つけておかないと損(実害)が生じる事が大いにありうるものだからだ。この最低限のコストを払うことが標準装備となった時、レスリングは(少なくとも訳のわからないまま)五輪から消えることもないし、議会の情報公開も格段と進むだろう。

【問い】
・・・皆さんは、この‘コスト’をどのようにどのくらい払いますか。議員や一部の関心の高い市民等、「やってくれる」人にお任せですか?
この回答が、「実質ゼロ」でなければ、この国には大きな希望があります。共にコストを共有しましょう。
川を走るランナーに思う [2013年02月17日(Sun)]
車で役所に向かう道すがら、新坂川をランニングしている若い男性をちらほら見かける。ふと、来週行われる「東京マラソン」の最終調整なのではないかと思ってしまう。
ちなみに私の今シーズンのランニングは終わり、新年度、春になるまで大会参加の予定はない(早い話が、サボり気味というわけだ)。
3月議会があるし、しょうがない(ホラ、また!)。※カッコ内は心の声
図らずも、その人のウェアや靴などのギアや、フォーム、音楽聴いているかどうかとか、素早くチェックしようとする自分がいる。みんな自分よりカッコいいし、金かけてる。
とくに上着は、真冬に比べて、季節に合わせて徐々にパステルカラーの明るい色が増えてきている気がする。
まあ、あんまり見すぎると危ないから、事故る前に自省しよう。
とにかく、頑張れ東京ランナー!!
千葉県でも「駆け込み退職」発生中 [2013年02月15日(Fri)]
■「駆け込み退職」、72人
先日(http://blog.canpan.info/matsudo/daily/201301/31)もここに書きましたが、地方公務員の駆け込み退職が、千葉県でも発生しています。2月末までに退職の希望者が13日時点で72人。うち28人が教職員です。みんな大変なんだなあと思いますが、印象的なのは、8人が退職金の減額を理由に挙げているということです。公務員としてか、一労働者としてか、はたまた権利を主張する人間としてかは分かりませんが、このように堂々と隠さずに意志表示する時代になってきていると感じました。
| 次へ