CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年10月 | Main | 2011年12月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
外国人労働者問題の勉強会@都内 [2011年11月30日(Wed)]

今日は午前中に役所へ行った後、PHP総合研究所内で行われた講義「外国人労働者問題について」の勉強会に行きました。講師は千葉商科大学の学長・島田晴雄氏。
移民法の無い日本で、しぼむ経済の中、外国人労働者とどう向き合っていけばよいかを真剣に考えるきっかけになりました。
招集告示日ですが [2011年11月29日(Tue)]

今日は12月定例会の招集告示日です。
一般質問の質問通告も今日から始まりました。同じ会派(市民力)の議員もそれぞれ動き出したようです。
私は、というと、一般質問の内容で悩んでいます。中間報告を求めるような内容を中心にしようか、今まで抱えている各論の集合体にしようか。減CO2もこのままにはできませんが(そう言えば今日、市の電気自動車が走っていました。因果です。)、図書館も気になるし(かといって3か月前にあれだけ時間を割きましたので、まだもう少し時間を見ようか)…。要は、相変わらず聞きたい事が多すぎて、絞り切れていないのが現状です。いつもの事ですが、頑張ります。

PS.来年の七草マラソンの‘通告’は先日済ませましたが、エントリーがまだの方は明日11月30日までです!ネットでも申し込みできます。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/index/kurashi/kyouiku_sports/nanakusa_marason.html
議案説明会 [2011年11月28日(Mon)]
明日はいよいよ12月議会の招集告示日です。
臨時議会が終わったと思ったら、もう次の議会。
今日は他会派と合同で12月定例会に上程予定の議案の説明を受けました。実は、無所属の一人会派時代から別の議員と合同でこの議案説明会を受けていたので、他の議員の視点も分かって大変有意義だと思いました。会派を組んでもより充実して継続できたことがうれしいです。
松下政経塾塾員総会へ [2011年11月27日(Sun)]

1894年の今日は松下政経塾の創設者、松下幸之助塾主の生誕日です。
都内で開催された塾のOB会「塾員会」へ行ってきました。
野田佳彦総理大臣も御多忙の中、限られた時間ではありましたが塾のOBとして駆け付けて下さり、大変盛り上がりました。野田先輩には私が塾生だった時、講義をして頂いた覚えがあります。
また、当時共に切磋琢磨した同期の第26期生の面々とも会う事が出来ました。遥か昔のように感じる塾生時代。色々な事があったなあと、寮生活や研修など、当時を思い出しました。本当に懐かしい・・・。

■写真上:左から千田勝一郎(神奈川県知事特別秘書)、山中、野田佳彦総理大臣(1期生)、兼頭一司(株式会社しまの会社代表取締役)、坂野真理(医師)。
■写真下:当時、苦しい思いをして100km行軍を完歩した同志「ロ組」の3人(右から兼頭、坂野、山中)。ゴール前のダンスは忘れられない思い出です。

100km行軍を終えて、私が当時書いたレポートはこちら
兼頭氏のレポートはこちら

※注:ご感想は本人まで!


★Twitterもやっています!→yamanakakeiji
10kmランニング@市内 [2011年11月25日(Fri)]
昨日、臨時議会を終えて、最近運動してなかったなあ〜と思い、夜にちょこっと10kmほど走ってきました。
気になるのは先日のホッケーの筋肉痛。まだ痛みが若干取れなかったのですが、走って逆にちょっと楽になりました。
ランニング後は一人でスーパー銭湯に入って疲れを取りました。私の健康法はこれが一番です。

さて、明日は14:30〜20:00まで南流山駅前でB級グルメをやるらしいです。
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/market/event/yataifea/yatai.htm
ちょっと美味しいもの食べに行こっと。
臨時議会 [2011年11月24日(Thu)]
本日は臨時議会がありました。議案は下記の1本のみ。

◆議案第22号 松戸市一般職の職員給与に関する条例党の一部改正について
<概容と私の視点>
市職員の期末手当を人事院勧告に沿って下げる議案。
上程直後、私の属する総務財務常任委員会に託されました。私は、本来のあるべき公務員給与の在り方や、人事行政の位置づけを問いました。また、大規模事業所だけを対象とした問題点の多いとされる「人勧」について、なぜ市は従うのか、という命題も引き続き課題として訴えました。
質疑から分かった事は、松戸市の一般職の職員の年収レベルの高さです。
松戸市では、民間の平均が475万円(年収)に対して、松戸市の職員の平均年収は718万円です。その差なんと243万円。
公務員を100とした時のラスパイレス指数は103.8と、これまた高い。具体的には、県内で2位、全国の自治体で6位でした。う〜ん、このままでいいのだろうか。
他にも、人件費10%カットをマニフェストにしている本郷谷市長に、「踏み込んだ改革はないのか」と訊いたところ、意外にも(!)執行部は給与を下げるべく(=当面は、より民間準拠すべくと言った方が正しいかも知れませんが)具体的な対策も練っているようで、今後密かに期待しています。
◆採決結果:賛成多数で可決。
<議決の内訳>
市民力はもちろん「賛成」しました。
反対は共産党(5議員)のみでした。

今日のような臨時議会は通常1日で終わります。ふと思うのですが、本会議と本会議の間に「休憩」をとって行われる常任委員会には殆どの議員が傍聴に来ません(今日も3〜4名でした)。我が会派も全員が出席していたわけではないので、これから市民力は原則全員参加にしようかな・・・まあ、せめて新人議員だけでも。
委員会終了後の本会議でも日頃の思いを乗せ、賛成討論をしました。詳しくは左から動画でどうぞ!
図書館アンケート [2011年11月22日(Tue)]
今日は臨時議会のための議会運営委員会がありました。臨時議会ゆえ当然話題も少なく、30分ほどで終わりました。
私は特に発言する事もなかったのですが、そういえば委員会で私が発言しなかった事って今までにホント少ないなあ…とふと思い、かえって新鮮な感じがしました。まあ、必死に発言のための発言をする議員よりは遥かにマシだと自負します。

さて、市立図書館に関するアンケートが今月29日まで行われています。
本館と各分館などに紙媒体の記入用紙があるのですが、わざわざ足を運ばなくてもインターネットで回答できるそうなので、興味ある方・お時間に余裕のある方はちょっとやってみてはいかがでしょうか。
http://www.library-matsudo.jp/anke/index.html
皆さんの力で、図書館を充実してゆきましょう!
臨時議会招集告示日 [2011年11月21日(Mon)]
今日は臨時議会の招集告示日でした。
人勧により職員のボーナスを下げる為に議案の一部改正が行われます。えっ、なんでこの時期に臨時議会(もう少し待って12月議会にしないのか)をやるって?
それは、12月1日にボーナスの金額の算出基準日が設けられているためです。12月議会では間に合わないのです。まあ、算出基準日か人事院の勧告日を変えろといつも思いますが…。

■臨時議会について
日時:11月24日(木)10時〜
場所:松戸市役所議会棟(本会議場)
傍聴可。

明日は10時から議運です。
今節ラスト!議会報告会 [2011年11月18日(Fri)]
明日は報告会です。
千駄堀に近い「八ヶ崎市民センター」にて初開催です。どうぞお越しください。


■11月19日(
■AM10:30〜
■八ヶ崎市民センターにて


勿論、病院問題に詳しい原ゆうじ議員も来ます!
それにしても来週は臨時議会(24日10時〜)だし、その翌週には12月の定例会も招集告示されるし、報告会をする間もなく連続で議会です。年末はみんな何かと「忙しい、忙しい」と口々に言うようになるので、私は今年は言わないようにするつもりでいましたが、既に良く分からないバタつきを見せている状態です。ゆっくりしたら温泉でも行きたいなあと思いつつ、週末はスーパー銭湯で満足してしまうと思います(笑)。
学院授業を終えて [2011年11月17日(Thu)]

先日の早大学院での講義は私にとっても実りの多いものでした。
数度目の講義でしたが、久々の母校訪問となりました。掲示版で場所を確認すると、当日参加希望の学生もいたらしく、会場が広い大ホールに変更して頂き、初の中等部の校舎へ足を踏み入れました。学院と言えば灰色のコンクリむき出しの校舎のイメージなのですが、今では白黒のモダンな建物になっていました。
地方自治の制度のついては(前回眠そうな学生が多かったので)ざーっと解説し、地方議会の役割や議員の処遇について、私の日々の活動や議会での取り組みを中心に話しました。
大人になると政治(だけでなく、宗教や性などについてもですが)の話はタブー視されがちです。しかし、利害関係の無い自由な立場で物事を考える事のできる高校生というのは大変貴重な時間です。柔軟な発想で素朴に発された彼らの言葉からは、普段の大人相手以上にこちらも考えさせられる事が多くありました。新聞は勿論、哲学書や文献をよく読んでいると思しき生徒や、自分の考えを持って高い問題意識から質問してくる生徒もいました。中にはインターンを希望してくる学生もいて、同行したインターン生(大学生)もびっくりしていました。
総じて私が強く感じた事は、今の学生(若者)は将来に大きな見えない不安を抱えつつも、必死に将来を見据えてもがいて生きているという事です。その後押しになっていれば幸いです。


講義が予定を15分ほど押して終了しましたが、片づけの間も興味を持ってくれた生徒が次々に話しかけに来てくれました。自分以上に能力も知識もある学生が多いので、早く私のライバルになって欲しいと思います(^^)。
※一番左で生徒たちと話しているのが私。
| 次へ