CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年09月 | Main | 2011年11月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
臨時議会の日程 [2011年10月31日(Mon)]

Twitterにも書きましたが、改めて。
大和田一紘先生の2日間の市町村財政講座から帰ると、議会事務局からFAXが来ていました。
人事院勧告に基づく一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正を行うため、11月に臨時議会が開催されることになったとの通知です。
職員の給与はラスパイレス指数が高い本市においては、以前から問題意識を持っていました。おそらく議案は1つでしょうが、私の所属する総務財務常任委員会に付託されるはずなのでしっかり審議に臨みます。

【臨時議会の日程】
11月21日(月)招集告示日
11月22日(火)議運
11月24日(木)本会議開催(10時〜)

尚、11月24日の本会議は傍聴可能です。


※写真は今日の講座@富士電機能力開発センターにて。原議員と。
【奄美市議選】安田氏おめでとう!トップ当選!! [2011年10月31日(Mon)]

改めて、奄美市議選について。
私の松下政経塾の先輩・安田壮平さん(32歳)が当選しました。
投票総数28855人、安田さん1人で1割以上(約12%)にあたる3463票を獲得。
投票率77.81%。浮動票が極めて少ない「島」という土地で、新人&無所属の安田氏に対して、この結果は凄いとしか言えません。
一方、最年少(20代)の候補は惜敗。‘若けりゃ誰でも良い’という風評を吹き飛ばすかのような結果です。
安田氏の凄さはもちろん、有権者の凄さ、奄美の底力を見た気がしました。
★詳しくはこちら!(必見)★
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=36005

写真は、先日の選挙事務所@奄美市で。
卒塾以来、実に数年ぶりでした・・・\(^^)/
財政の研修会へ [2011年10月30日(Sun)]

昨日の議会報告会は、お陰様で10数人もの方々に来て頂きました。
どうもありがとうございました!
             §
終わった足で、自衛隊駐屯地祭りに昼ごはんを調達しに行きました。
(0900〜1500までしかやっていないのでギリギリでしたが(^^ヾ)
以前は部隊グッズなど多彩に取り揃えてあったのですが、ここ数年は何の変哲もない屋台ばかり。昔買ったOD色のTシャツ、シンプルで丈夫なペンケース、コンパクト懐中電灯(登山で使用♪)は今でもお気に入りなのですが、もうどこにも売っていません・・・ちょっと残念です。
特殊車両だって、毎年同じの見ていたら飽きますね…もう写真も撮らなくなりました。
さて、そんなわけで今回は特に目新しいものはなかったのですが、強いて言えば「状況開始クッキー」を買いました。12枚に2枚だけ辛いのが入っているようです。
あとは、偶然今年はで店を出していた個人の方の作成したトトロの壁掛け(2000円)を買いました。そんなところかな、今年は。フランクフルトは火力が強くて芯まで熱々でした♪
              §
さて、今日は豊田市まで財政の勉強会に来ています。会派の原ゆうじ議員も一緒です。
19時までみっちりカンズメです。終わって食事をしていると、嬉しいお知らせが。
奄美市議会議員選挙で松下政経塾の先輩の安田壮平さんが、見事当選しました!
何でも総投票数3万弱のうち、3400程得票してぶっちぎりトップ当選したとか!!
投票率約8割。手伝ってみて実感したのは、浮動票が少ない島の選挙というのは本当になんとも言えない特殊さがあり、地縁・血縁で投票をする人が多く、厳しい選挙だったという事です。

以前も書いたかも知れませんが、安田氏は私と同じ歳とは思えぬ偉大な人物です。知識・知恵、思いやり、行動力・・・どれをとってもずば抜けています。これからは議員として勉強させてもらいたいと思います。勉強していないパッと出の若手が地方議員に台頭する中で、本当に貴重な「本物」がやっと出てきてくれて、本当に嬉しいです。私も負けないように必死で研鑽したいと思います。
議会報告会のお知らせ [2011年10月27日(Thu)]


週末のイベントの紹介です。
10月29日()10:30〜馬橋東市民センターです。
※6号線沿い・コンビニ隣です。
原議員による市立病院問題の「最新情報」もお伝えします。
どうぞ、お気軽にご参加ください。宜しくお願いします。



久々!議会活性化委員会 [2011年10月25日(Tue)]

昨日は半蔵門にある都市センターホテルにて行われた「地域医療政策セミナー」に会派・市民力全員で参加しました。福井の名田庄という所で地域医療を支える医師・中村伸一さんのお話が印象的でした。病ではなく、人と向き合う。医者だけではなく、すべての業種に必要な事です。
近い将来、より大きな課題となってくる医療難民問題。加えて、最期の場所の問題。様々なセミナーを聴講していると、日本でも訪問看護、そして在宅での看取りは今後増えてゆかざるをえない気がします。
                 §
さて、今日は久々の議会活性化委員会
やっている事は前回のやり残し。議会基本条例のレビューの続きです。
<主な山中の発言主旨(抜粋)>
・議会で研修会の充実を!
→選挙イヤーの前後年も開催しよう。
→具体的な講師の候補を挙げる。

・正副議長選挙の初心要明の推薦人を4人から2人へ。
→現状維持派が多く、旧態依然のまま。
・また、投票者を記名式にして透明性を測るべき!
→保留。すぐには変わらなそうな雰囲気(^^ヾ

・議場コンサート(開かれた議会の取り組みの一環)
→引き続き充実するべき!(ほぼ全員賛同)
・議会中継は委員会も含めるべき!
→議会中継動画の効果は出ているか(現段階では測定不能)
→ライブ&録画中継が見にくい(議会報告会で数多く頂くご意見を反映しました)ので、HPを含めた改良を!

           §

午後に委員会が終わって、ひと仕事してから事務所へ別の仕事をしに戻りました。
さて、夕方から(多分)最終便で本州を立ち、現在、鹿児島のホテルでこのブログを書いています。ちょっと疲れ気味ですが…。
限られた僅かな期間ですが奄美出身・無所属・新人の安田壮平さん(なぜか事務所にファン多し!)の応援に駆けつけるためです。彼は私と同い年ですが、私とは全く比べ物にならない人物です。大きな母体もなく、島への郷土愛だけで地味ながら粛々と貢献活動を続けてきました。記憶に新しい昨年10月奄美豪雨災害では死者、負傷者をはじめ、全壊・半壊の多くの建物の被害が出ました。山からは土砂が民家に流れ込み、様々なものが流され、甚大な被害が出ました。当時、彼から送られてきた何枚かの写真を改めて見返すと、東日本大震災の他にも昨年から今年にかけてはいくつもの大きな自然災害があった事を忘れてはならないという気持ちにさせられます。地元のNPOとして黙々と活動する彼の姿に、政経塾の同志達も必死に協力できる事を考え、それぞれが行動しました。果敢に市政に挑戦している彼のため、奄美のために少しでもできる事があればと思っています。
参考 安田壮平 http://www.mskj.or.jp/profile/yasuda.html
祝・ご結婚! [2011年10月25日(Tue)]

■ご結婚、おめでとう!
この週末、山中事務所で出会った2人のカップルがめでたく結婚しました。ちなみに、事務所がきっかけで付き合い、結婚に至ったカップルは彼らで既に3組目です。
新郎は私の横小&小金中の後輩、新婦は事務所インターン生OG(社会人3年目)です。
雨天の予報もなんのその、快晴の元で柏市にある「セントマーガレットウエディング」での挙式。
「雨降って地固まると言いますが〜」なんてスピーチを用意していたのですが、そんな必要もなかったようで(^^ヾ
新郎の同級生や先輩、インターンOB・OG、社会人など、事務所で出会った仲間達もこの日のためにたくさん各地から駆け付けました♪
本当におめでとう!!


■がらくた音楽団、参上!

さて、ご本人達の了解を得てこの記事を書いていますが、ここからは蛇足です(笑)。
本邦初公開(する価値もないと思っていましたが)になりますが、事務所で出会ったカップルに贈る余興、「がらくた音楽団」です。
祝辞のスピーチ後、私も一員として参加しました。がらくた音楽団の結成は数年前。ある友人(彼も山中事務所を通じて出会い、結婚に至る。)の家で飲み明かすうちに、酔っ払って手当たり次第に‘がらくた’を叩いて歌ったのが始まりです。技術には全く拘らず、ただひたすら楽しむことを目的に演奏します。音大卒のメンバーがいるので演奏は彼らに引っ張ってもらい、ピアノ歴ゼロの私なんかは、もはや本当においしいところを楽しむだけです(笑)
私はカホン担当。最近は台湾土産のオカリナも独学でたまに吹きます。ジブリ作品によくあうんだ、これが。
※写真は当日最終リハの様子。

■なぜ事務所から結婚カップルが生まれるのか?
今や友人には「パワースポット」と揶揄される(?)事務所を通じての出会い&結婚。私が扇動しているわけでもないのに数年で3組!ですから、へたな結婚相談所より成果を出していると思います。
この機に、良く聞かれる上記の理由を考えてみました。
一つは、私が若い議員であること。議員事務所という性質上、色々な方と御縁がありますが、比較的若い20〜30代が集まる事が多いのがここの特徴です。議会報告会やボランティアによるチラシ配り(ポスティング業者を頼んだ事は一回もありません)などを通じて、問題意識を共通する仲間が自然と増えて行くから、仲良くなるのだと思います。他の議員さんたちと比べればまだまだ極めて少ない人数かもしれません。しかし、来てくれる方々は非常に意識の高い人が多いことは間違いありません。本来ならば、市民に頼られるべき立場である私のほうが、いつも勉強させられることばかりです。
また、私が政党に属さない無所属の議員である事も、政治色を意識せずに色々な考えの方が来てくれる一つの理由かもしれません。
もう一つは、地元ということ。昔から松戸市に住んでいるので、小さい頃から知っている人、同級生や地元の友人など、「議員」対「有権者」としてではなく、ただの「近所の若者」として気軽に遊びに来てくれる人が多い事も、互いに親近感を感じてもらえる理由かと思います。私としても本当にありがたい事です。

■狭いけれど、人に恵まれた事務所
私の事務所には、えばれるものは何もありません。ただ、、私の運が良いのは、本当に周囲の人達に恵まれている事です。偶然人が集まり、自然に同志になって互いに高めあえる。そして、時に人生のパートナーを巡りあう事が出来る。魅力的な人達が集まる場所です。
…大体は、一枚のビラ配り(事務所ボランティア)から始まりますのでご了承を!(笑)


※めでたいので、前向きの写真を追加しました!
やったー!金メダル [2011年10月21日(Fri)]

とうとう金メダルを手にしました・・・と言っても、触らせてもらっただけですが。
公民館の無料の成人講座で、講師はロサンゼルス五輪でレスリング金メダリストの富山英明氏。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/index/profile/shisetsu-guide/kaikan_hole/kouminkan/kouza-kouen-event/seijinkouza.html
人生に対する教え、勝負に臨む姿勢など、どんな場面でも応用がきく大変貴重な話をして下さいました。講演後、持たせてもらった金メダルはずしりと重く、まさに汗と努力の結晶という感じでした。

PS.今日も松戸駅付近で気球を見ました。
USTREAM番組のご案内 [2011年10月20日(Thu)]

事務所前で、偶然上空に気球を発見しました。いいことありそう!(←耳をすませば調)と気持ちの良い一日です。

さて、ご案内です。
PHP総研「野田総理は松下幸之助の願いに応えられるか」
◆日時:10月21日(金)18:00〜
◆出演:松沢成文(前神奈川県知事 筑波大学客員教授)
 伊藤達也(元金融担当大臣 関西学院大学大学院教授) 
 荒田英知(PHP総研主席研究員) 
★内外の課題山積の野田政権の行方は? 松下政経塾卒塾生のお二人が、本音で議論します。
http://www.ustream.tv/channel/phpinstitute-tv
議員力検定のご案内 [2011年10月19日(Wed)]
少しずつ浸透してきた「議員力検定」が第5回を迎えます。

■議員力検定ってナニ?
私たちが毎日の生活を送っているこの社会のルールは、政治の場で決められています。そして民主主義社会における政治の基本となっているのが議会政治です。議員力検定は、民主主義の基本である議会政治をはじめ、広く政治の仕組みを「検定」を通じて学んでいこうというものです。この検定で学ぶことにより、政治に参画していくきっかけや、さらには議会という仕組みを市民として、あるいは議員として使いこなしていく力を養ってもらいたいと思っています。内外の経済や社会の情勢は混沌としています。誰かに任せるのではなく、私たちひとりひとりが地域や国のありかたを考え、市民と議員相互の「力」を高めあい、共有していくことが、いま大切ではないかと考えます。ぜひ、多くのみなさんに、この議員力検定を活用していただきたいと思います。(公式HPより)

■要するに、ナニ?
(私の解釈ですが)早い話が、この国の政治を良くするためには、@議員が政治(議会の仕組み、必要最低限の法や制度等)を知らないといけない。同時に、A主権者である市民がそれらの仕組みを上手く使いこなせないと機能しない。だから、議員はもちろん、市民も共に検定を通じて知識を増したり、勉強しようというものです。

■じゃあ、もっと普及しそうなのに、しないのはなぜ?
(これも私の解釈ですが)検定には合否という一つの明白な‘客観的評価’が結果として出ます。検定を受けて受かりそうな人は自らの研鑽のために進んで受けますが、検定を受けて落ちちゃいそうな議員に限って、不合格(=ダメ議員)のレッテルを張られる本受験をしり込みする事が原因の一つかと思います。中には、検定を受験した事を合格通知が来るまで隠している人もいるのではないでしょうか。

■いつやってるの?
次回は11月20日です。
詳細は↓をご覧ください。
http://giinryoku.jp/
広報委員会 [2011年10月18日(Tue)]

広報委員会がありました。
広報委員会では、議会だよりの編集やチェックをします。
字句の整理や細かいところから大きなところまで、10か所程度の指摘をしました。

<今回の山中の主な指摘事項(抜粋)→その結果>
・1面の写真を、東葛駅伝(松戸四中優勝)の写真を加えてはどうか
 →前向きに検討。
・一般質問の内容と写真の対応、写真下のコピー
 →共に改善される見込み。
・一般質問の小見出し
 →会派で話し合い必要との意見もあり、保留。今回はこのまま。
・修正案(議員提出議案)を「市長提出議案」としてひとくくりにしないよう提案
 →改善される見込み。
・その他、字句の整理・統一など
 →事務的な事は委員長・事務局に一任。

■次号は10月30日(日)発行予定です。どうぞ、お読みになったご意見を松戸市議会にお寄せ下さい。
| 次へ