CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年12月 | Main | 2011年02月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
議会報告会のお知らせ [2011年01月31日(Mon)]
 
                         

いよいよ明日から、改選後初となる議会報告会です。
会派を組んで初の議会報告会でもあり、心機一転、頑張ります!

 2月1日(火)18:30〜新松戸市民センター
 2月2日(水)18:30〜馬橋東市民センター
 2月5日()15:30〜新松戸市民センター
 2月12日()14:30〜六実市民センター(初!)


今期の選挙直後から4人で会派(‘市民力’)を組んで仲間と共に活動しています。その後の議会の様子や一般質問など、何でも聞いて下さい。参加無料&申込み不要。
学校跡地の市民フォーラム [2011年01月30日(Sun)]

新松戸で学校跡地有効活用検討会議の市民フォーラムがありました。
なかなかどうするかの方向性が定まらないこの問題ですが、今日は市民の意見陳述から参加しました。途中だったので全部は分かりませんが、高齢者のための福祉施設にしてほしい、防災時の避難場所にしてほしい、など様々な意見が出ました。
これからも注視が必要です。
私としては、0歳から育ってきた30年間の新松戸の今後を考えると、若手や働き盛りの世帯のため、これからの世代のために、子育て施設やスポーツ施設の充実をしてほしいと思っています。
臨時議会 [2011年01月28日(Fri)]
今日は臨時議会でした。
以前から継続になっていた議案2つが議論されました。1つは一般職の任期付職員採用制度を決める条例制定で、もう1つは総合計画後期基本計画の策定です。どちらも注目案件でした。
前者は日付修正で可決され、後者は本郷谷市長の案を大幅に削除した修正で可決されました。どちらも「修正」されるという異例の事態で、執行部(市長)と議会の対立が浮き彫りになっている感が濃厚です。
人事の条例については、いわゆる一般の職員採用とは違い、民間から随時有能な人材を確保して地方分権時代の要請にあった、従来の市役所にはない柔軟性を持たせて市民ニーズにこたえようというものです。千葉県下の他の市町村でも約半数の自治体で制定され、もはや「標準装備」。私も賛成討論をしました。
後期基本計画については、市長の掲げたマニフェストの基本ともいえる『12のプロジェクト』がすっかり削除されたので反対し、原案(修正された部分を除く原案にも)に賛成の立場から討論しました。
臨時議会のお知らせ [2011年01月27日(Thu)]
1月28日10時〜、臨時議会です。
継続になっていた議案2つが取り上げられます。私も少し討論をします。
HP更新のお知らせ [2011年01月21日(Fri)]
駅頭動画を更新しました。
ダイジェスト版は下記の公式HPでご覧頂けます。
http://k-ji.jp/
総務財務委員会 [2011年01月20日(Thu)]
今日は総務財務常任委員会でした。
継続議案になっていた2件に修正案が出され可決。詳しくは明日の議運で日程が決まる臨時議会で議論されます。おそらく28日になると思いますが、また追って報告します。
広報委員は何を為すべきか [2011年01月19日(Wed)]
広報委員会について。
今期から私は広報委員会に所属しています。1〜2期目の議員による比較的若いメンバー構成で、議会改革の推進にも期待が持てます。昨日はその広報委員会がありました。12月定例会の議会だよりの「確認」が主な目的です。
今期から一般質問の内容と質問した議員の名前が「併記」されることになりました。これによって、質問した議員がどんな問題に関心を持ち、どれだけ高いレベルの質問をしているかが分かります。数年前、私が一般質問の名前の併記を訴えた時に、当時のある職員(課長クラス)は、「名前を併記すると、行数が足りなくなる。だから、できない。」などと言っていました(信じられないかも知れませんが、事実です)。『オイオイ、そんなわけないだろう!事実、併記している他市議会も沢山あるのだから』と思っていました。それに、『それを工夫するのが議会の意気込みの見せ所だろう』・『そもそも、事務方がそんな(議会改革の意気込みを削ぐような)発言をしてもいいのか?』と心中で叫びながら、いつか絶対に変えたいと願いをより大きく持ち続けて、現在に至りました。念願かなって今回のゲラを見たとき、ちょっと感動しました。
併せて私は、
@(「会派名 ○○議員」となっているので)、「議員」を削除して
名前のフォントをもっと大きく記載すること
A議会の問い合わせ先に市外局番を入れること

(他市からの問い合わせにも答えられるように)
等を提案しました。
また、議会のURLが載っているので、リンク先が間違っていないか、しっかりリンクがはれているか確認しようと、飯箸公明委員長にノートPCを使って良いか尋ねましたが、なんと許可されませんでした!PCを使わなければ、URLが現在ちゃんと映るか間違っているかを確認できません。中には議会でのPC使用自体もっと議論してからとか言って、慎重論を唱える議員もいました。私は4年前のように、ノートPCを全面的に議会で許可せよと言っているのではありません。ただ限定的に、ここではPCでしか確認することができないからPC利用を申し出たのです。しかし、「それならば、事務局に確認を依頼すればいい」という意見も出る始末。どちらも本末転倒です。何のための委員会なのでしょうか。
だったらいっそ、‘誤字・脱字・HPリンク切れ等、全部事務局が確認してね!’と依頼すれば済みます。常識的に考えて、事務局はもう既に何度も確認しているはずです。それを第三者機関がチェックする意味も兼ねて、議員(委員)がチェックをしているのです。それを事務局に仕事として返してしまったら、意義もチェックも働きません。
そもそも、なんでそこまでパソコン使用に敏感になる人が居るのか、今一度考えたのですが全くわかりません。決定的に拒む理由がないものを拒んでいるようにしか私には見えないのです。決定的なデメリットを言わずに『PC利用、ちょっと待て』という人には、ブキミさすら感じます。本の辞書なら使用していいが、PC等に入っている電子辞書はダメというのと同じです。
ふう・・・私の市民感覚がずれていたら、お許しください。
正副委員長の決定に関する私の感覚 [2011年01月17日(Mon)]

昨年の議運の会議録が確認のために今届けられ、手元にあります。
この時の議運は正副委員長を決めるだけの簡単なものだったので、ほんの数枚。いつもは沢山あるので、確認は結構大変な作業です。
ふと今回の会議録を読んでいて思いました。
以下、会議録から流れを抜粋。
委員長がいつものように‘指名推薦’で決められることに。桜井議員が‘理由を言わずに’末松議員を指名。私は最大会派からとの‘理由付き’で渡辺議員を指名。臨時委員長の伊藤議員が多数決を取ろうとした時に、渡辺議員は‘理由を言わずに’辞退。必然的に、末松議員に委員長は決定。
引き続き、副委員長の決定。私は今回の渡辺議員の辞退をうけて、本人が望まぬ場合を避けるために立候補制を提案。しかし、深山議員が’理由を言わずに’指名推薦を提案。賛成多数でいつものおきまりの指名推薦で決める事に。
諸角議員が同会派の渡辺議員を‘理由を言わずに’指名。当然、該議員は先ほどのように辞退するかと思いきや、なんと今回は一転、辞退せず…。
指名する方も、辞退する方も、「理由を言わない」で決まるこのプロセスに違和感を感じます。まるで事前に誰がどのポストになるのか話し合われて決まっているかのような印象すら市民に与えます。
ちなみに、根拠を述べない指名や辞退は、私が所属する全ての他の委員会でも同様に発生しました。

正副議長選挙も正副委員長選挙も、もっとベターなやり方があると確信します。
少なくとも、誰かを指名する人間と、それを受ける(または辞退する)人間は、その理由を表明するべきだと思います。傍聴する市民も居ないところで行われているのですから、尚更、記録に残すべきです…。
まあ、なにより有権者が、情報公開や説明責任に関して認識のあると思う議員を選挙で選ぶ事が一番大切ですね。
結婚式in名古屋 [2011年01月16日(Sun)]

昨日は今年初の結婚式へ行きました。今年も周囲の結婚は続きそうです。
今回は大学時代のアイスホッケーサークルの同期が結婚したため、名古屋まで行ってきました。あの頃の‘ホッケー漬け’の仲間が約10年振りに集まったので、式は披露宴から同窓会さながら。ついついあの頃のペースでたらふく飲んで(飲まされて)しまい、年明け早々不摂生が心配です。雪で新幹線が遅れたりしながら、今日の仕事に向かいました。
お正月2日目の話PartU [2011年01月14日(Fri)]
昨日はこれまた良い体験をしました(これはまた今度書きます!)。帰ったら日付も変わり、疲れて寝てしましましたので中1日空いちゃいましたが、正月2日目の続きです。流鉄にもう少し揺られていたいものの、(全長でさえ5.7kmなので)すぐに目的地・小金城趾駅に到着。
   
  

ここから北側には数多くの由緒ある趣深いお寺や神社があります。まずは広徳寺へ。高城氏のお墓がある高台からは新松戸まで一望できるスポットで歴史を感じます…なんとだか気持ちが落ち着く場所。続いて、江戸時代(1630年代)の創建と云われる医王寺へ。ここも趣きがあるお寺で、ここで甘酒を頂きました。その後、香取神社へ参拝しました。すぐ近くにはいくつか無人販売機があり、新鮮そうなその日その日の野菜が売っています。実は私、肉大好き人間ですが、去年から野菜をたくさん食べています。地元産の大金平の米(300円)を購入しました。今年はもう少し料理のレパートリーを増やすつもりです(^^ヾ
   
  

さて、華厳寺に到着しました。松戸七福神でご存じの方も多いでしょうが、ここは「火防のお寺」として有名で、毎年2日に恒例の‘火渡り式’が行われます。というのも、ご本尊の地蔵菩薩は700年程前の坂川(当時の幸田川)出水時に地元の幸田の人たちが引き揚げて以来、火事除けの神通力があると言われています。火渡り式では文字通り熱い火の上を渡るのですが、地蔵菩薩の防災(火事除け)の御利益にあやかろうと、毎年多くの人々が訪れています。しっかり拝んでおきました!

あとは皆さんもおなじみ本土寺東漸寺と欠かせぬルートを訪ねていると、気付けば辺りは暗くなってしまいました。まだまだ行きたいところは尽きないのですが、時間です。
一年の節目である年初。1日中歩きましたが、仕事に追われる日々、ちょっと歩いて行ける地元を回ってみて、とても気持ちの良くなりました。ちなみにこの日は「水とみどりと歴史の回廊マップ」をちゃっかり参考にしました。(インターネット版でも発見!どうぞこちらを)。
それにしても、北小金以北には沢山の名所があります。時間のある方や年配の方はもちろんですが、忙しいサラリーマンや若いOLの方も、たまにはのんびり考え事をしたり、散歩を兼ねて歩くととてもリフレッシュできますよ。市内一日観光もおススメです。
正月気分としてはこんな感じで満足の1日でしたが、今年はこれからも市内の訪問記を書いていきたいと思います。
| 次へ