CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年10月 | Main | 2010年12月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
副議長選挙結果 [2010年11月29日(Mon)]
<開票結果(副議長)>(敬称略)
大井 知敏 32票 
谷口薫 7票
宇津野史行 5票

やはり、特定の人に集中しました…。

       §

それにしても今日は議員生活の中で最も多忙でした。
8時半の一般質問通告に始まり(7番目になりました)、全員協議会と続き、本会議では自らの議長選挙の所信表明をし、再び全協、午後は総務財務常任委員会を2回と議会運営委員会に委員として出席、更に幹事長会議、また本会議と、フル出席でした。

「市民力」は4人会派なので、最低でも一人二つ以上の委員会等に所属することになります。幹事長にはまだまだ慣れていませんが、色々と立て続けに行われるので拘束時間が多
くなった気がします。幹事長会議や議運で決まったことは休憩中などに会派内に伝えなければならないので、見えない時間もかなりかかります。ハッキリ言って、体力勝負も多いですが、むしろこの生活でマネジメント能力を培うことができそうで、大変勉強になります。頑張ります!!
議長選挙に出馬しました [2010年11月29日(Mon)]
会派から推薦を頂き、議長選挙へ立候補しました。
今後より重要性を増す地方議会。二元代表制を充実するためには、あたかも持ち回りのように見える議長職を脱却して、能力や政策のある議長にならなければなりません。
前回から始まった所信表明つき議長選挙では、私が出馬したことで過去最多の3名が‘出馬’となりました。
所信表明では、既存の古い体制を脱却し、黒塗りの議長公用車の廃止から個々の議員の議案の賛否の公開、議会の招集権を議長に持たせることまで、持ち時間を使ってマニフェスト型にして、議会改革を訴えました。
会派(市民力)は私を含めて4人でしたので、所信表明の推薦人(本人以外で4人)を集めるのだけでも大変でした。

結果は、8票で「落選」。
しかし、数票とは言え、推薦してくれた議員以外の票が集まった事で、所信表明(=言論)を聞いて判断して下さった議員もいる事が分かりました。この議会にはまだまだ希望があります。

<開票結果>(敬称略)
 平林俊彦 31票
 山中啓之 8票 
 伊藤余一郎 5票
 ※白紙なし


一方、議会選出の監査委員も決めましたが、こちらは所信表明もなにもなく、いきなり選挙です。新人議員にとっては、他の全議員の名前もおぼつかないうちに投票というような状態です。しかも、開票結果は当選人だけが読み上げられ、全ての得票数は一切公開されません。まだまだ課題だらけです。
そんな状態で、午後は副議長選挙です。決まったら結果はまたここでお伝えします。
松戸市事業仕分けを傍聴してきました [2010年11月27日(Sat)]
構想日本の力を借りて、松戸市で事業仕分けが行われました。
細かい点は色々と改善の余地がありますが、この取り組み自体はとても良かったと思います。
些細な悪い点ばかり言っても生産性がないので、良い点&悪い点の双方から雑感です。

「なあなあ」を「ハッキリ」に!
まずは、何よりも松戸で「事業仕分け」を行ったこと自体が、多面的に見て良い影響となったと思います。
今まで昭和30年代、40年代といった、私が生まれるずっと前からやっている事業について、時代背景や社会変化などの環境が変わっても垂れ流しのごとく行っている事業が多いのが行政です。ここにメスを入れることができたのは、本当に意義が大きいです。
次に良かったと思ったことは、役所が公開の場で「議論」していたことです。当たり前と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実は役所にはなかなかこの手の議論をする機会が少ないのが現状です。
職員は、持ち回りでやってきた業務を淡々とこなせば非難されることはありませんから、「この事業のそもそもの目的は?」「今の説明とその効果との因果関係は?」など、基本的な論点ですらも、改めて聞かれると自分の頭で考えたことがないと、言葉にして答えるのはなかなか辛いものだと思います。この点、民間の感覚が入ることは、仕分けの結果がどうであれ、議論自体がいい刺激になったのではないでしょうか。
議論は丁々発止で行われ、数値や金額などの客観的指標を聞かれたものも多く、マニフェストと似ているなあと思いました。誰もが聞いて納得できる基本的な原理原則を貫いた質問が多く、それに対してあやふやな長ったらしい職員の説明はコーディネーターに遮られ、「それは分かっています」「質問は〜〜です」などと軌道修正されます。これも、長い答弁を聞かされている議会人には新鮮で小気味良い感じに響いたのではないでしょうか。そもそも、聞いている質問に(答えに納得できるかどうかは別として)日本語として噛み合わない意味不明の答えをするのは、知的な文化人ならば堪え難き屈辱のはず…。色々な意味で、説明員(職員)には平素から(市民に伝わるような)論理的思考をしているかが問われる場でした。良い刺激になったと思います。これが意識改革につながればなお効果的です。
事業にもよりますが、仕分け人と説明の職員が良くコミュニケーションして共感できているな、と思うものもあれば、説明員がやや感情的になって見苦しい「議論(?)」もありました。相応の身分の職員は、せめて最低限の理論武装をして、質問には淀みなく答えてほしいものです。
総じて、市民が個々の事業内容を知る機会というのは、普段よっぽどのことがない限りはありませんから、市を知り、関心を持ち、次の行動につながるという点でも意義は大きいと思いました。同時に、職員の回答能力も市民が知ることができ、説明が上手(的確)な職員には、市民は決して批判ばかりではなく正当な評価をしているようにも見えました。

今後の課題
もっとパフォーマンスが大きいのかと思いきや真剣に議論している仕分け人を見て、期待感からあえて些細な気になった点をいくつか言います。
1.仕分け作業のメンバーの肩書と名前の記載に関して
私の調べた限りでは、他の自治体等の事業仕分けでは机上に名前が書いてあるか、傍聴者への配布資料に氏名などが明記されている所が多いようです。
今回は、朝の開始時と昼の開始時に司会の職員が紹介するだけでした。隠す必要もないのだから、もっとサービス精神を持って分かりやすくしたら市民も安心して、信頼感も増すのになあと思いました(もったいない!)。
2.配信体制について
結果はライブで即配信されたようですが、国の事業仕分けのように全国同時配信してくれれば気軽に見ることができたのになあと思いました。
USTREAM等でやればコストもかからないだろうに。
3.PRについて
今日の参加者は第一、第二会場あわせて300人近く来たようです。
でも、職員や議員、職員OBなど、関係者や「準」関係者が多く、本当に普段市政と関係ない一般市民の参加がもっと多くてもいいのになあと思いました。周知活動の不足は今に始まったことではないのですが、全市を挙げて盛り上がって行いたいものです。

<その他>
全700程ある松戸市の事業のうち、今日の仕分け対象はわずか18事業でしたから、今後も継続的に展開して行けばいいなあと思いました。言い方は悪いですが、職員が常に市民に‘晒される’状態が続けば、いやでも市民感覚に近くならざるを得ません。議論ももっと噛み合うでしょうし、市民の満足度も徐々に上がると思います。説明員である課長クラスの職員さんは、今まで数十年やってきた旧態依然の市役所の業務スタイルで対応することになり、回答が非常に苦しい場面もあると思います(しかもそれは本人のせいではない)。でも、時代が徐々に変わってきている以上、役所も徐々に変わらなければいけないのでしょう。

それにしても、仕分け人の方々はとても弁舌鋭く、言葉が絞られているのに本質を外さず、議員としても見習う点が多く、参考になりました。来週月曜の臨時議会を控えた新人議員も多く見学に来ていましたが、勉強熱心さに私も襟を正す気持ちで頑張ります!
会派「市民力」を結成しました! [2010年11月26日(Fri)]
今日は議員説明会でした。
そして、かねてより念願だった会派が決定しました。
その名も『市民力(しみんりょく)』
この名前には、市民の声を市政に届けたいという願いを込めて4人で話し合って命名しました。新病院計画の是非を問う住民投票を求める署名の時にも、市民の力があったからこそ32,000人もの署名が集まったのです。既存の会派に散見されるような「政党所属」議員はいませんし、良い意見があれば会派以外の方々の声でも聞いていきたいと思っています。国会議員や県議などの政治家のしがらみではなく、市民の声をしっかり聞いて議論できる議会にしたい、そんな想いも込めました。
今はまだやっと芽を出したばかりの小さな会派ですが、共鳴して下さる方が増えるように、一生懸命頑張ります。

以下、会派の構成員です。

  「市民力」

幹事長 山中 啓之
副幹事長 谷口 薫
議員 原 裕二
議員 海老原 弘

新しい4年間に向けて、「脱・一人会派宣言!」は実現しました。
今後、決まっていないことはメンバーで話し合って決めていきたいと思います。また、もし新しいメンバーが入った時には随時お伝えしたいと思います。

     §

ちなみに、私の所属委員会は以下の通りです。

総務財務常任委員会
議会運営委員会
広報委員会

ご覧の通り4年前と比べると仕事が数倍になりますが、今まで一人会派では入れなかった議運に入ることができたりして、とても嬉しいです。
3人につき1人の特別委員会等への参加に加えて、4人になると更に議員提出議案も提出することができます。
議会活動における選択の幅が広がり、ますます重責を感じています。頑張ります\(^^)/
臨時議会は29(月)です [2010年11月26日(Fri)]
昨日は臨時議会の招集告示日、そして新人議員には事務的な説明会もありました。私はこの空いた一日を使って、一般質問のためにひと足早く役所で色々と調査に走りました。

今日は全議員を対象にした全員協議会。会派を決めたり、議席や控室を決めたりと、事務的な作業が多いです。
29日月曜日は1日限りの臨時議会です。いよいよ改選後の新しい体制へと徐々に始動します。
もはや新人でもなく、最年少でもない自分。1期目以上に成長しなければなりません…頑張ります!
2度目の当選証書に思う [2010年11月24日(Wed)]

当選証書を受け取りました。今日が当選議員全員が初めて集う公式の場です。同じ文面を読み上げるだけの儀式ですが、よく聞いていると、たまに戸籍名と選挙時の通称が違う人もいて、ささやかな発見があったりします。

今日から、こうした‘2期目’の仕事が入ります。
つまり、体験も全て2度目。当選証書の付与に限らず、4年前(1回目)よりは辺りを冷静に見ることができ、ものの見え方や視野も違ってきます。3回目、4回目の人もまた違うのでしょうか…。
視野が多少広がっても、初心を忘れずに臨みたいと襟を正しました。
これまでとこれから [2010年11月23日(Tue)]
これまでの4年間、思えば色々なことがありました。

私の駅頭でのマニフェストを他の人に真似されたり、議会では一人会派ゆえ(数の力で省略されて)質問ができなかったり、議事録に残らないように発言を何度も削除されたり・・・正しいと思う事を貫いて孤立する時もありました。

市民のため――当時5,022票頂いた事実を思い出して、その期待があるから今の私があるんだ、と思って辛い時はなんとか踏ん張りました。

一方で、「愚直にこんなことをやっていても市民は見ていて(=評価して)くれるのだろうか」という考えが頭をよぎったこともしばしばありました。
でも、他の議員がやらない状態で私がやらなければ、誰もやらなくなってしまう。自分が最後の砦となってやるしかない!そう思ってなんとか貫いてきました。

また、議員活動で判断に迷うことがあった時はいつも、自分がまだ学生だった頃に「こんな政治家が近くに居たらいいのになあ」とぼんやり思い描いていた理想の政治家像を想い出して、自分がそれに近づけるような行動を取るよう心がけています。
まだまだ、私は完全な姿にはなりきれていません。でも、その理想を追い求め続ける姿勢こそが私の存在意義だとも感じています。

不安や障壁と闘いながらここまで来れたのは、間違いなく、市民の皆様のお陰です。

              §

その不安も、開票結果を見た今、いつの間にかどこかへ行ってしまいました。
今回、8,287人ものお気持ちを預かり、重責とともに新しい力が湧いてきたからです。
一期目はいわゆる期待票が入りますが、二期目は実績が評価されます。一人会派でできることはこの4年でほぼやり尽くしたと思っていますが、果たして本当に充分だっただろうか、また、自分自身では本当に充実感溢れた4年だったとはいえ、そもそもこの感覚に市民が納得してくれるだろうか、という不安は常にありました。

今やっと、自分が4年間やってきたことが正しかったと、少しは実感できるようになりました。

――‘孤立を恐れず信を貫く’――

私には所属する組織も団体もありませんし、いわゆる‘親分’政治家もいませんから、自分の考えを率直に吐露することができます。
また、妻子も無い独身の身分ですから、私の発言で家族に迷惑をかけることもありません。
(まあ、親には日頃から政治とは関係なく迷惑かけっぱなしですが。)

つまり自分が捨て身になれば、何でもできる。

議会内外での情報公開も、政策提言も、自分が責任を負う「覚悟」さえあれば、何でもできると思っています。

ただ、今まで強くそう思い続けてくることができたのは、(何度でも繰り返し言いますが)全て私を応援してくださった市民の皆様がいたからです。

              §

昨日は役所に行ってひと仕事済ませた後、今後のことについて原さん、海老原さん、谷口さんと、会派をめぐって確認の話し合いをしました。住民投票条例のことや、病院建設へのスタンス(まずは現地建替を軸に調査を!)など、共有事項を探し、議案の拘束についても話し合いました。
他の人たちも、政策や理念が合えば提携したいね、という話も出ました。
これからの議会がどんな会派構成になるかはまだ分かりませんが、随時皆様にお伝えしたいと思います。




※写真は当選後、原事務所でとりあえず4人結集。

※文章が長くなったので分割しました。
お陰様で、再びトップ当選!! [2010年11月22日(Mon)]
昨日未明から夥しい数のメールや電話・FAX等を頂き、ありがとうございます。
・・・嬉しい悲鳴ですが、全然返信が追いつきません。申し訳ありませんが、気長にお待ち下さいますと幸いです。
さて、このたびの市議選、再びトップ当選しました!8,287票を頂き、1位。
大変な重責ですが、言葉で表しきれない感謝は今後の行動と態度で示します。

今朝、けいじの政治「市議選結果特集」を配っている時には多くの方々から温かい激励を受けました。本当にありがとうございました。

     §

今回の選挙は、4年前とは違った厳しさがありました。

まず、立候補者の「乱立」です。
特に若手候補の乱立、そして政党所属候補の乱立。更に、私の地元(新松戸)での乱立…。本来ならば現職が有利といわれる『乱立』ですが、それはいわゆる「固定票」のある候補の事。
ジバン・カンバン・カバンなしの‘異色な’議員の私は、浮動票頼みゆえ、厳しさもひとしおでした。
もはや4年前のように新人でもなく、今回は最年少候補でもなく、目新しいものは特に何もありませんでした。お金がないからウグイスもみんなボランティア。基本的に演説するのは私。声は先月から枯れている…こんな状態でした。

そこへきて追い打ちをかけるように、4年前トップ当選したことから、(無い同然の)選対本部?の気は緩みまくり。

中でも今回一番私を悩ませたのが、「どうせ山中は当選するから、今回は他の人を応援するね!」という周囲の声の多いことでした。
現実には事務所に家族&学生1〜2人という、なんとも貧弱な体制でした。人手不足で、11月に入ってからも事務所を朝から開けられない時もしばしば。
周囲の予測と現実のギャップが誰にも伝わらなかったことに、とても不安を覚えていました。

             §

 昨日21時頃。気がつくと運動公園の開票所に来ていました。今思えば、どういう結果であれ自分の眼で選挙の結果を確かめておきたかったのでしょう。

開票が始まり、作業は順調に進み、自分の票が2000を超えたくらいで事務所に呼ばれて戻りました。コアラテレビが待ち受けていて取材を受けて万歳をした後の私は、事務所の一人ひとりへの挨拶や電話などの対応に追われ、あとの流れは詳しく覚えていません。ただ、当確後に朝4時半までかかって『けいじ〜』の特集号を一人で印刷していたことだけは鮮明に覚えています。

              §

今、新しい一歩を踏み出しました。
選挙は終わりではなく、あくまでもスタートです。皆様からの普段&不断の参加がなければ、議会も行政も、必ずたるんでしまいます。
引き続きご意見、ご提案、傍聴、議会報告会へのご参加やレポート配布ボランティアなど、今後ともよろしくお願いします。

PS.長文お読み頂き、ありがとうございました!!
明日から松戸市議会議員選挙です [2010年11月13日(Sat)]

明日から市議選が始まります。今、一仕事終えて、4年前の初心を忘れぬよう、あの頃のブログを読んでいます。

情報公開を徹底するため、4コマレポート『けいじの政治』を毎議会ごとに発行し、4年間の取り組みをレビューした『けいじの通信簿』を今日まで駅頭や街角で配布し続けてきました。

私の短い人生で一番濃かったこの4年間に、本当に色々な場で様々な体験をさせてもらい、それらを発信してきました。特にブログには、沢山の記事を載せました。
ここまでの軌跡を抜粋して、今日、公式HPに『山中けいじ4年間の軌跡』という、写真コンテンツをUPしました。(トップページからご覧ください)
http://k-ji.jp/index.html
今まで色々な活動を実践できたのは、全て、支えて下さった皆様のお陰です。
私一人では、ここまでも来れませんでした。
本当にありがとうございました。

いよいよ、再びの市議選です。
今回は政党所属候補者も多く、相変わらず「無所属」の私の厳しい状況は変わりませんが、全力で走り続けます。

今回の選挙で、もし再び前回と同じ結果が出れば、私は迷わず、次の高みへ挑戦します。
ブログの運用についてのご案内 [2010年11月13日(Sat)]
明日は松戸市議会議員選挙の告示日です。
公選法の関係上、明日から22日まで更新ができなくなります。
今日の更新をもって選挙前最終となりますので、ご了承ください。
コメントにもお返事ができなくなりますので、皆様も1週間お待ちください。

※厳密には今日一杯は更新可能ですが、コメントに回答する時間がございませんので、管理上、コメントも22日から頂きたいと思います。※只今から選挙明けまでのコメントはこちらで削除することがあります。

皆さまのご理解とご協力を宜しくお願いします。
| 次へ