CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
手話言語条例の制定へ! [2019年07月30日(Tue)]
67933066_2232572956869472_6185765466254868480_n.jpg
■手話言語条例の制定へ!フォーラム「手話でGO!」参加
週末はもう一つ面白いイベントがありました。
かねてより興味のあった手話言語条例の制定へ向けたフォーラムへ。
耳の聞こえないろうあ者の方々が長年かけて獲得してきた手話の歴史や文化を分かりやすく解説され、更に理解が深まりました。昨年から3回目の参加です。かつては口話教育が強要され、手話が言語として認められていない時代がありました。今や国連の批准を受けて、言語と認められ、各地で条例が造られています(国として制度化するのが本来でしょうが、とりあえず条例で頑張っています)。
                  §
寸劇コーナーでは防災行政無線が聞こえず避難が遅れて危険な目に遭った例や、病院待ちで呼ばれても気が付かず待ちぼうけを食らう例等が紹介されていました。健聴者として、助けるために何かできることはないかと真剣に考えさせられました。
新人議員の成島さんが質問コーナーで「耳の聞こえない人は一見分からないが、どうやって見分けるのか?」というシンプルかつ重要な質問をされていました。確かに外見では分かりません。当事者から率先して聞くことが大事というのが一つの答えですが、やはりちょっと注意して困っている様子はないか等、配慮が重要だなと思いました。
一番人気は川根先生の講演。各地で大人気だそうです。障害に対する本音から逃げずに真正面から答える姿勢と豊富な知識量、それでいて圧倒的な謙虚さからは「人格者」と言う言葉しか思い浮かびませんでした。思わず終了後に写真撮ってもらいました(下の写真)
67358612_2232573020202799_304384770354184192_n.jpg

いや〜それにしても、手話が分からなくても手話って見ていて非常に面白い。

福祉だなんだとゴタクを並べる前に、実際ちょっとでもやってみれば色々な事が分かります。手話は、やるだけで既に何かを実現している気がします。ちょっとした手話を覚えるコーナーも最後にあって、とにかく楽しい。これからも広めていきたいと思います。

・・・まあ、まだ自分の名前くらいしか表現できない私ですが(汗)

67381181_2232572986869469_5785545900919095296_n.jpg
| 次へ