CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年03月 | Main | 2019年05月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
新元号が「令和」と決まる [2019年04月01日(Mon)]
55759901_2033024120157691_8213578358882041856_n.jpg
■新元号が「令和」と発表されました
本日の午前11時半頃、発表されました。新元号は「令和(れいわ)」で、日本最古の歌集『万葉集』からの出典です。新天皇即位の5月1日に施行されます。
645年の「大化」から数えて248番目となる今回の元号は、調べる限りこれまでの経典『四書五経』からの由来だった元号とは一転、国書に由来する初めての元号となります。保守派の声に期待の声があったというのは朝日の記事(松戸駅前で昼過ぎに配布されていました)。
                   §
令和−’平和’でよく使われる「和」の文字は馴染み深い方も多いでしょうが、「令」の方は何を想像するでしょうか。命令、省令、制令・・・といった風に、’命じられるもの’や’いいつけ’のイメージが第一に思いつきました。一方で調べてみると、「良い、立派な」という意味や「他人の親族に対する敬称」の意味もあります。

万葉集にある歌の序文には「初春の令月にして、気淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」と令和の二文字が含まれています。一方で、中国の古典に詳しい一部ネットユーザーからは、中国の詩文集「文選」(もんぜん)までさらにさかのぼれるのではないかという声も出ているそうで、源流が中国にもあるのかと、興味は尽きません。

・・・どちらにせよ、次なる時代は今まで以上に平和であって欲しい、それも命令ではなくお互いに敬意を払いながら人間同士が信頼できる関係の下に良い時代になって欲しいと切に願います。
| 次へ