CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 松下政経塾 | Main | 地域活動など»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
6月定例会、議員の賛否態度をHPに掲載しました [2019年06月28日(Fri)]
【賛否態度UPのお知らせ】
賛否態度、公式HPにUPしました→https://k-ji.jp/

【個々の議員のココに注目!】

@政策実行フォーラムが議案・請願・意見書の全てにおいて会派内で賛否が割れる!(初)
…まあ、熟議をしたあとの拘束はない事がビラに書いてありましたから異論は無いのでしょうが。

A請願に、岡本ゆうこ議員(政策実行フォーラム)が市民力と同じ態度!(これも初!)
…示し合わせたわけではありませんが、この請願3号に反対討論をしたのは市民力の中西議員のみなので、討論の効果があったと思っています(ご自身の政治理念を貫くことができた当該議員にも敬意を表します!)。

B副市長人事、4人も反対者が出る!(当然、初!)
そしてなによりこれが大きな議題でした。副市長人事。通常(私以外は)質疑もなく通過することが多い人事議案について、中西議員、増田議員、宇津野議員と(私入れて)3会派計4人も質疑が重なりました。焦点は、大型事業。そもそも市長が言い出した6大事業(新庁舎建て替えを含む広範な新拠点ゾーンの開発、新松戸駅東側開発、クリーンセンター、矢切、千駄堀、北小金駅南口東側開発)に市民からも議会からも大きな疑問の声が上がっています。3つに優先順位をつけた3月議会の市長の異例の発言から舌の根も乾かぬうちに、また、議会から慎重に検討を要する!との決議も可決しているのに、ここに来て急に国交省のキャリア官僚を迎えて、大型事業を進める予感をぷんぷん匂わせているのですから、懸念の声は当たり前です。
更には新松戸の神明堀の強引な理屈による開通への変節、駅東側の市施工の区画整理へ向けた着工(平均減歩率77%!)、矢切の大型倉庫への態度表明もしない市長・・・どこを信頼していいのか分かりません。
選任された方には全く落ち度はありませんが、(我々議員はともかく)市長も会ったこともない人間に全幅の信頼を置いて自らの’片腕’にするというのですから、にわかに「ハイお願いします」とは言えないのが普通の感覚だと思います。
反対討論は私だけでしたが、他の会派からも反対者が出ました。後から賛成した議員が私の元へきて「私も反対しておけばよかった・・・」と漏らしていました。

なんだかんだ言っても、議員は態度が全て。今後も市民目線で質疑、採決に望みます。
市内男性、健康福祉会館購入に住民監査請求 [2019年02月01日(Fri)]
■市と住民の感覚がまたしても衝突
恐れていた事が起きました。だから議会であそこまで言ったのに&態度で断固反対を示したのに・・・という気持ちで一杯です。
                  §
私が議員になるずっと前に遡ります。1998年に建てられた五香西にある「健康福祉会館」を、市は年間2.7億円で20年間に亘り長期賃借契約をしてきました。これまでに支払った合計額は54億円に上ります!
高い買い物ですが、’障害者福祉のため’というキラーフレーズには敵わなかったようです。
そして今、あちこち老朽化も進んでいるこの施設を今度は更に追い銭で買い取ろうという太っ腹な議案が出たのが'17年12月議会。自民・公明はじめ保守系らの圧倒的賛成で可決しました。可決したものの議会では結構モメて、賛成議員からも厳しい指摘が相次いだのをつい昨日の事のように思い出します(…だったら反対すりゃいいのにと何度も思いました)。
※4コマレポート「けいじの政治」Vol.45バックナンバーを参照

2017年12月議会報告「けいじの政治」4コマレポート.jpg

当時「さすがに高すぎる!」・「これじゃ住民の理解は得られない!」と反対した私でしたが、上述の通り、反対は3人のみの圧倒的賛成多数で議案可決。議会ではマイノリティー(少数派)の私でしたが、なぜか読売に私の名前だけが載りました。
賛否公開を続ける私が「マニフェスト大賞」を受賞した時や、1人で政務活動費のHP完全公開が新聞に取り上げられた時もそうですが、議会で採用されない私のアイデアや姿勢が、全国的・世間的には注目される事に不思議な感覚を覚えていました。いわゆる’世間’と私の感覚の距離の近さを感じる瞬間でもありました。
※読売新聞2017年12月22日
Inked291222 読売新聞(東葛版)_LI.jpg

そして一昨日。とうとう住民監査請求が起こされていたと朝日の記事で知りました。
※朝日新聞2019年1月30日
Inked310130 健康福祉会館住民監査請求_朝日記事_LI.jpg

■果たして松戸市のガバナンスは機能しているか。また、議会のチェック機能は?
記事になるくらいですから当然と言えば当然ですが、住民監査請求と言えば大きな事件です。
議会が可決し、市が払ったお金の使い方に、市民がもう我慢できない!けしからん!となったわけですから。ちょっとやそっとではこんな風にはなりません。
最近、市(行政)が市民の声を聞かずに、対立する事件が枚挙にいとまがありません。
松戸駅西口の開発反対の陳情しかり、新松戸駅東側の開発しかり、神明堀然り...住民の意向と概ね寄り添った行政運営ならば決してこんな事態にはなっていないと思います。

また、議会は市の暴走を止めるべき「チェック機能」をどれだけ果たしていると言えるでしょうか。市の提案議案にほぼ追認状態ではないか、或いは結局ああだこうだ文句の末、ちゃっかり賛成してはいないでしょうか。私は、真に住民の真意と共にありたいものです。住民と市や議会のコミュニケーションがこのような法的な対抗手段でしか顕著に示されないのは残念ですが、住民不在や軽視の決定には、権利を守るには自ら立ち上がるしかないと考える住民が多くなってきたのだと思います。
そう、ちょうど私が市民の民主主義全般に関わる不当な懲罰の次なる被害者を出さぬように訴訟を起こしたように。
               §
更に。
今日の都計審でも反対者が複数出た新松戸東側の用途変更の議案が可決しました。疑問を残したままに。これからどれだけ市内各地でこうした住民の「納得いかん!」という火種が勃発するのでしょうか。公権力や為政者は数にモノを言わせて押し切るのではなく、対話と共感をとことん大事にしなければならないと認識を強めた1日でした。
1月の予定 [2019年01月08日(Tue)]
■今月の予定
告知が遅れましたが、月初からアップしています。
また、事務所に新根ののご挨拶にお越し下さったの皆様、不在がちで誠にすみません。
朝から晩まで市内を駆けております。半分くらいは議会控え室におりますので、御用の際には立ち寄ってみて下さい。
一方、申し訳ありませんが「用事はないけど新年だから、とりあえず会おうか」のようなご連絡・ご依頼は一切お断りしております。悪しからずご了承ください。
https://k-ji.jp/archives/2829
【即日UP!】12月定例会の個々の議員の議案の賛否態度の公開 [2018年12月25日(Tue)]
■12月議会の賛否態度、即日UP!

12月議会が閉会しました。色々ありますが、まずは賛否態度のUPを致します。
今回は議案数が少ないこともありますが、何より新人・中西かすみ議員も手伝ってくれて、即日の早い時間帯にUPが実現しました!
どうぞご活用ください↓
https://k-ji.jp/archives/1875#201812

49055061_1891744070952364_470444183295885312_n.jpg
写真:早速、個々の賛否態度の作成を手伝ってくれる中西議員の図。見る側から作る側の気持ちへ変化した様子。
広報まつど(12/1発行) [2018年12月01日(Sat)]
47317661_1858087000984738_6516954620697247744_n.jpg
■広報まつど
市の広報に載りました(本日発行、4年ぶり4度目の掲載。)。
選挙公報を除けば懲罰以来の公費による山中の掲載です。
駅や市民センター・支所などに配置されています。ご興味ある方はどうぞご覧ください。


【掲載情報】自治日報『議会』コラムー多数決は常に正義かー [2018年11月02日(Fri)]
45211752_1820318498094922_3933356119400906752_n.jpg
【掲載情報】自治日報「議会」コラムに私の投稿が掲載されました。

全国唯一の自治体専門紙『自治日報』の『議会』欄に私の原稿が掲載されました(平成30年11月2日発行)。
6度目の掲載となる今回は、私が自分の政治塾や講義に招いて頂いた際に使う地域実例を元に、多数決は常に正義かを考えて頂くことにしました。モチロン、最近起きた懲罰問題にも触れました(というわりにはかなりの分量を割いてありますが)。
皆様の正義の判断基準を考える材料にして頂ければ幸いです。
個々の議員の議案等の賛否態度を公開します [2018年10月02日(Tue)]
■H30年9月定例会における個々の議員の賛否態度を公開します

先週閉会した9月定例会の個々の賛否態度を公開しています。
協力して頂いた皆様、有難うございました!

H30年9月定例会分
https://k-ji.jp/archives/1875#201806

山中啓之公式HP
https://k-ji.jp/
6月定例会の個々の議案の賛否、公開しました! [2018年07月02日(Mon)]
先週金曜に終わったばかりの6月定例会ですが、さっそく個々の賛否状況をUPしました(というか、しています)。どうぞご覧ください。
https://k-ji.jp/
6月のスケジュールをUPしました [2018年05月29日(Tue)]
ちょっと気が早いですが、6月のスケジュールを公開しました(急遽変更することもあります)。
ご参考まで。
こちらをクリック↓
https://k-ji.jp/archives/category/schedule
自治日報の「議会」に掲載(5回目) [2018年04月18日(Wed)]
30729145_1554997467960361_3033902577918935040_n[1].jpg
【掲載情報】
バタバタしてすっかり忘れていましたが、先週4/13(金)発行の「自治日報」に私のコラムが掲載されました。若手市職員に「読みましたよ」と先ほど指摘されてのUPです(汗)
                   §
政務活動費を用いて学んできた政策立案におけるエビデンスの重要性を、@私が議会質問に生かして改善に繋げたがん検診の例や、Aエビデンスに乏しい行政の事業の数例を挙げて論じました。あと、さりげなくですがB松下幸之助塾主の哲学も盛り込みました。政治と経営は表裏一体だなあと強く思うこの頃です。
ご興味ある方はどうぞご覧ください。
| 次へ