CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 行政情報 | Main | 記事掲載・UP情報»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
松下政経塾にて喋り倒した1日 [2019年10月09日(Wed)]
72923380_2360560064070760_2790795845438537728_n.jpg
■実践政治学講義
今日は松下政経塾にて、政治家を目指す塾生達の前で、実践政治研修の講義をしました。
地方議会・議員の役割や市議会の仕組みといった基本的な制度の話から、無所属議員としての政策や議案に対しての心構えや着眼点、議員活動全般で心がけていること等を惜しみなくお話しさせて頂きました。
やる方も喋りっぱなしだったので、聴いている塾生たちはさぞ大変だったと思います。
表面的な手法にかまける事なく、公務(仕事)で魅せる事の持つ意義とパワーに触れてもらえたら嬉しいです。これを機に、1つでも多くの良きアウトプットが社会に還元される事を願っています。
                   §
ワンマン講義は4コマありましたが、私の受け持った3つの講義よりも、中西議員による山中の選挙分析のコマが最も盛り上がった事は特筆事項としてここに記しておきます^^ヾ
72470144_2360560117404088_6319200938976346112_n.jpg
100q行軍 [2019年09月27日(Fri)]
71243196_2336784429781657_879680160591249408_n.jpg
まもなく、松下政経塾の各チームが100キロ行軍のゴールを迎えます。

70キロ地点では足腰辛そうに見えた塾生も、気を振り絞ってゴールに一歩一歩着実に近づいています。

写真は辻堂駅を抜ける際に車から見かけたテラスモール湘南(AM3時頃)。来月25日には松戸にも同系列のテラモができるので、つい下車して記念?撮影。

いやはや、興奮しつつ眠いというグロッキーさは今日しか味わう事が出来ません。

最後まで気を抜かず頑張れ!


追伸:無事、全員ゴールしました。塾生、サポート隊の皆様、大変お疲れ様でした!(11:15-)
市川市議会議員選挙の応援演説が始まります [2019年04月17日(Wed)]
松下政経塾の後輩、無所属無党派・新人【つちや正順】の応援に来ています。
そして、
本日午後7時より、JR市川駅北口にて、
元内閣総理大臣の野田佳彦衆議院議員が応援演説に駆けつけて下さいます!

私が前座で少しお話しさせて頂きます。
松戸では言えない話も出来ると思いますので、どうぞお越し下さい!!
(もしお見かけの際はお声がけ頂けましと幸いです^ ^)
松下政経塾へ [2019年01月16日(Wed)]
50529067_1923655991094505_1483293898003447808_n.jpg
■私の志を磨いてくれた松下政経塾へ
今日は松下政経塾の初釜にお招き頂き、朝礼から塾生の皆さん達とご一緒させて頂きました。
塾生のお点前が綺麗で、自分の現役時代とは隔世の感がありました。
やはり、たまに帰ってくると心の大事な部分がギュッと引きしまる気がします。
地方議員の会@武蔵野市 [2018年08月23日(Thu)]
39910889_1901634086591992_3000913483874172928_n.jpg
■地方議員の会で松下市長を訪ねました
昨年、市長になられた松下玲子先輩のいる武蔵野市に研修に行きました。
武蔵境駅前に目立つ複合施設「武蔵野プレイス」をはじめ、市役所に隣接する「クリーンセンター」、最後は武蔵野市役所の市長室で市長と面談という、半日の日程ぎゅうぎゅうのスケジュールでした。

武蔵野プレイスには子ども・青少年に特化した20歳未満のフロアや、階別にコンセプトが分けられた図書館など・・・至れり尽くせりで、夏休みにもかかわらず多くの勉強(と遊び)熱心な学生が詰めかけます。どこかの共働き子育てNo.1(東京除く)とか強引に宣伝している自治体よりよっぽど子育てしやすそうな町だと思いました。
目立ったPRはしていないものの、広告物や掲載物のクオリティが高く、役所特有のダサさがない。何より、使う住民の意識が高く、ごみが落ちていない。お金が潤沢にあることが施設を作れる第一の理由でしょうが、それ以上に大切なことや、文化的な空気が流れているのを肌で感じました。
松下政経塾講義「地方議会改革の現状と可能性」 [2018年08月21日(Tue)]
DSCF4348.JPG
■松下政経塾の現役生たちに講義をしに
松下政経塾を訪れました。いい天気。徹夜さえしていなければもっと冴えていた気がします。
到着し、当時からお世話になっている職員の方々(ほぼ全員)にご挨拶してから塾の敷地を一周して感謝に包まれます。ご配慮で松下幸之助塾主がかつて宿泊されていたお茶室「松心庵」も開放して下さり、中の掛け軸を見て心を整えます。
39887013_1722480107878762_1968939572582678528_n.jpg
                  §
■塾での講義
講義の内容は『地方議会改革の現状と可能性』です。私の拙い問題意識と、議員活動で得た僅かな知見を凝縮して、数日後に迫った松下政経塾出身者による「地方議員の会」に参加する現役塾生たちに、準備として最低限必要な知識と心構えを叩き込みます。
なんとなく分かっているようでも、実際の議会の仕組みや流れは議会により違いますし、何より外からは分かりにくいものです。地方分権一括法施行からの流れを自作テキストや新聞記事などを用いて説明し、二元代表制における地方分権、更には真の民主主義とは何かなどを話しているうちにやり取りが熱くなり、時折、持論にも触れました。
私の話を熱心に聞くだけでなく積極的に訊く彼らの姿からは、私が‘教える’というよりも、共に同じ目標に向かってエネルギーを使いたいという気になってきます。目指す場所は違っても、大事な所で本気を出す直前の気配のようなものが時折交錯するのがとても新鮮でした。

持って行った梨を塾生と一緒に夕食時に食べました。寮の夕飯を久々に食べていたら、当時を思い出します。講義後も質問してくる塾生たちを見ながら、心の眼は十数年前の自分と重ねて見ていたのかも知れません。伝えたいことがどんどん溢れます。これで終わりにならず、また機会があればいいのになぁ。
松下政経塾@審査会へ [2017年11月21日(Tue)]
23844889_1409975345795908_2494004456948471996_n.jpg
久々に2週連続で松下政経塾へ。もう一昔前に卒塾したとはいえ、いつ・何度来ても、ここは身が引き締まる思いのする場所です。
今回は塾生たちの審査会に置いて、発表をオブザーバーとして見る役でした。
定期的に行われるこの「審査会」ですが、今回は外部審査員3名と内部審査員(塾長)1名の合計4名によって厳しく審査がされました。内部審査員が半数以上を占めていない所も大切なポイントです。
審査の結果により、塾生が研修を続けていけるか、今後も塾生としてやっていけるかが決まります。場合によっては落第してしまうので、塾生はかなりナーバスになりながらも必死に自己の志を磨き上げ、懸命に想いを乗せて取り組み計画を伝えます。
先般、松戸で「働き方改革」の講演をしてくれた大久拡君も頑張っていました。
                §
審査会において、私は発表した全ての塾生に対し、改善すべき点などを中心に批判的にフィードバックをします。思うのは、彼らへのアドバイスはまさに自分への示唆でもあるという事と気付かされます。何年たっても研修に終わりはありません。自戒を込めて、なお厳しく…。
                §
大切な事は、どこかから借りて来たような言葉や手法で綺麗に語ることではなく、「問題意識の原点」を見つめてきちんと「課題を整理」し、「優先順位」を明確にするといった基本的な部分がどれだけ煮詰まっているかです。そして何より、自分が困っている人や事象に飛び込む覚悟ができているか――。
私はしばしば、「選挙に出たいのですが…」という人からアドバイスを乞われる事がありますが、なんだか研修へのアドバイスがそのまま選挙に出る人へのアドバイスに通低しているような気がしました。
それはきっと、世の中の為にどれほど自分の身を切る覚悟があるか、人の為にどこまで尽くす事ができるか等、問われている視点が同じだからだと思います。高い安全な所から評論家のように語るのではなく、問題の現場に入り共に汗をかく姿勢が基本です。これは政治家に限らず、経営者にも教育者にも万人に共通する、普遍的で大事な事のような気がしました。
志を高め合うin松下政経塾(2日目) [2017年11月16日(Thu)]
■志、発表。
遅くまで語り合い、久々に寮で1泊。
塾生たちと同じ早朝研修(体操・庭掃除・ランニング等)を受けさせてもらいました。
走ってシャワー後にやっと朝食。寮のご飯は美味いなあ(涙)
同志で同じ釜の飯を食べるという体験、卒塾した今でこそ価値が分かる気がします。

23754761_1399900760136700_5305237911119818327_n.jpg
2日目は高校生たちが見つめた自分の「志」を発表します。
医療が受けられない貧困な人を救う、自然環境を守る為の活動をする、音楽で人を楽しませる…等々。色々な想いが、飾らぬストレートな言葉で発されます。具体的な内容も多く、将来が楽しみです。打てば響く。
「志」。メンターを通じて、大人でもなかなか(しかも堂々と人前で)言えない人が多いのではないかな、とちょっと心配になりました。自分の意見や考えを言わないで生きて行く方が、批判されず‘ラク’ですから・・・でも、結局人と関わらずに自分だけ幸せにはなれません。
視野を広げて周りの人と共に豊かになろうとする姿勢に、非常に元気をもらいました!
志を高め合うin松下政経塾 [2017年11月14日(Tue)]
23622520_1399900750136701_5903448240139492447_n.jpg
■志を高める
松下政経塾のある教育プログラムに、塾生に交じってメンターとして参加しました。研修を通じて志を高め合う非常に有意義な内容でした。学生も大人も、年齢や続柄に関係なく志が高い人は高い事を再確認しました。
                 §
「志」?
そう聞いても最初はなかなかピンとこない様子だった高校生達も、時間と共に徐々に吸収して成長して行きます。時に怒られ、時に励まされ、切磋琢磨し…私はそれを手伝う交通整理の役目。10人程度の小グループに分かれて素志を見つめます。瑞々しい感覚で意見交換。2日目は発表です。生徒も研修側も忙しい・・・。
満員御礼! [2017年11月11日(Sat)]
満員御礼!
23559863_1396090277184415_4714841358587767770_n.jpg
先週の山中企画特別講演「明日から楽になる生き方」(松下政経塾36期生・大久拡氏講演)は席を追加しないと足りなくなるほどの満員の大盛況でした!
活発な質疑と意見交換、冷めやらぬ熱気の中で終わりました(懇親会の終わりが30時過ぎになることは誰にも予想出来なかったと思います)。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
                  §
個人的にはアンケートがほぼ全員から出され、満足度が「良かった」以上が100%なのが良かったですが、それに甘んじずに更なる向上を目指して参ります。また、第二弾を望む声を多く頂きました。講師にノーギャラ(交通費も払ってません)でこんな講演ができるのは(準備も含めて手作りですので、結構手間がかかるのです。自分一人ならいいのですが…)なかなかないのですが、カンパ制も考慮して継続的にやろうかと考え中です。前向きなリクエストには是非答えたいと思っています。引き続き、聞き足りなかったぞという方は遠慮なくドシドシご意見下さい。

| 次へ