CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中学生&高校生に告ぐ | Main | 読んだ本など»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
広報委員会は市民の目にどう映っているか [2013年08月22日(Thu)]
smad4.jpg
■今日は広報委員会でした
今日は朝の駅頭活動を少しだけ早めに切り上げて、広報委員会に臨みました。内容は、個々の議員の賛否態度をどうやって検証するか(=誤認等のトラブル防止)がメイン。
と言うのも、前の定例会においてある議員の賛否の態度が、議会だよりの記載と違っている(賛成と反対が逆になっている)!と(複数の人から)指摘されたからです。
現在の松戸市議会では、採決後に、事務局に各会派(一人会派の場合はその議員)が賛否を書いた自己申告の紙(★1)を提出して、それを元に議会だよりの原稿案が作られます。
しかし、議員がその紙に申告した「賛否」と、実際のその議員の採決態度の「賛否」が同じという保証はどこにもなく、実は後から検証する手立てもないのです。これが今回のトラブルの発端となりました(人間ですから、故意の可能性も過失の可能性もありますが、ここではは置いておきます)。
もしも事実と違う事を(税金で作っている)議会だよりで記載して配っていたとしたら大問題です。当然、こういう事態を何とか防がねばなりません。技術的には採決をビデオで撮影すれば済むという意見もあり、今日は議場のひとつ上の階にあるカメラを操作する部屋(調整室と言うらしい)に委員で足を運び、これが採決の記録に使えそうかどうかの検証を試みました。その結果を一言で言うと、「できない事はない」(★2)
まあ、古いシステムですし、採決チェック用に作られたわけでもないので、採決記録用として活用するにはこのままでもできなくはないですが、欲を言えばひと工夫が欲しいところ。
お金がかかる、人手がかかる、時間がかかる…どれも100%完璧なシステムは無いでしょうけれど、批判だけしても前には進みません。ましてや議員ともあろう者が対案も出さず(出せず?)に終わってしまっては悲しい限り。そこで私は誰よりも多く様々な方法(★3)を提案しました。
しかし、誰が操作するかとか、現システムでは難しいとか、議長権限云々とか(私にはマッタク理解できないもの含め)委員からは色々な意見が出て、意見の一致には至りませんでした。

ただ、最も重要な事は「この(再発の可能性がある)状態をなんとかしなければいけない」ということです。ここに議員が知恵を結集する必要があると考えます。
現在のシステムではちょっと困難だからやらないというのではあまりにも拙速な判断で‘思考停止’以外の何物でもありませんから、それを言う暇があるなら、現状を凌駕する他のシステムやアイデアを考えるしかありません(^^ヾ
              §
ビデオ撮影・電子採決などのITツールを用いたアイデアを提案する私の姿勢を、かなり進んだ意見だとみる向きも議会内にあるようですが、いえいえ決してそんなことはありません。例えば、
議会改革全国NO.1に輝いたお隣りの流山市議会では、スマホ採決を導入しています。我孫子市議会でも同様(広報委員会で視察に行ったのはいつのことだったか…)、柏市議会も機械で採決結果がスクリーンにど〜んと載る「採決システム」を持っています。このように、私は松戸市議会も(せめて)近隣市並みになろうと思っているだけです(他市の議会を知ると、誰でも自然とそうなるんじゃなかろうか…)。
              §
結局、今回も会派に帰って意見を纏めたいといういつものお決まりの「会派持ち帰り」を言いだす委員がバラバラ出て、決定的な事は何も決まらずに終わってしまいました。せめて、会派単位での公開から(変えないと決めていた)約束の1年間が経ったので、既に1年以上前にやろうと決めていた市民への「アンケート」の内容も具体的な話をするべきだと最後に主張してきました(これはさすがに認められました!)

■一筋の希望ーー過去最大(たぶん)の傍聴者            
やはり、市民からよくご指摘を頂く「議会の意思決定スピードの遅さ」が顕著になると、市の衰退や議会不信につながる恐れがあります。何とかしなければいけません。
そんな中、今日は6人もの方が傍聴に見えていました(全て一般市民。議員は0人!)。私の知る限り広報委員会史上、過去最大です(どこで開催を知ったのかぜひ聞きたいところです)。
はっきり言ってこれは‘快挙’であり、希望です。いくら私が一人で「情報公開の推進を!」と言っても、一定数の市民の関心もないようだと「だれもそんなの気にしてないじゃん」ということになりかねません。今日は議員の意見も前回(一般市民の傍聴0人)よりかなり活発だった気がします。
欲を言えば、今日の傍聴者の方々がこのブログを見てくれていると嬉しいのですが…議会関係者(議員・職員)ばかりががっつり見ているブログにはしたくないので(^^ヾ

以上、長くなりましたが、皆様もこの「個々の議員の賛否の公開」について思う所がありましたら、駅頭でも議会でもメール(keiji*mskj.or.jp *を@に)でも、お気軽にご意見下さい。
※私の意見と同じ/違うにかかわらず、優れた意見(と私が思うもの)は取り上げる事があります。

(注釈)
★1自己申告の紙・・・公式な文書ではないとの理由で、市民には‘非公開’…本来はこれを公文書扱いにして公開対象にすれば、万一の違いの際にはそれぞれの責任が明白になると私は考えてますので、機を見て提案してみようと思います…その時に出た意見は、都度お伝えします。

★2できない事はない・・・1台のカメラでは一画面には映らないということ。個人的な感想としては、部屋の窓枠に三脚を置いて8ミリカメラで撮影しておいたら簡単に撮影できそうでした(^^ヾ

★3様々な方法・・・現システムの3台のカメラのうち、2台を併用して全44議員を映す方法。1台が舐めるようにして全員を映し(3秒程度の操作が必要・他の議員も同発言あり)録画する方法。ハンディカムカメラなどで調整室の3台のカメラ画面(スクリーン)自体を全部一気に撮る方法(これだと舐める操作が不要)。上述の8ミリ撮影方法(1〜2万円の出資でできそう)など…。