CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« マラソン | Main | よしなしごと»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
市民(わたしたち)の街づくり政策発表会in市民交流会館すまいる [2018年08月31日(Fri)]
【山中けいじ×中西かすみの】市民(わたしたち)の街づくり政策発表会!

いよいよ明日です!どうぞご参加ください!!
https://k-ji.jp/bighope/wp-content/uploads/2018/05/event20180901.png

9月1日(土)10時〜
@市民交流会館(新松戸)※無料駐車場多数あり
【ご意見募集!】市民力通信ができました [2016年04月20日(Wed)]
e2.jpg
◆【政策アンケート付】市民力通信(第22号)ができました!
市民力通信ができました。ぞくぞくお届けに参上します。裏面は政策アンケートになっています。議案の賛否への是非など、分かりやすいテーマで数問にしましたので、どなたでも気軽に回答できます。市民の皆様の声を、私の議会を通じての政策反映に活かします。当然、色々な意見がありますので全てを反映することはできませんが、勿論、全てに目を通した上で本質を見定めるように努めています。たとえ少数意見でも、小学生の意見でも、『これは良い!』と私が考えたものは全て行動に移します。インターネット用にも準備を進めていますので、ご利用しやすい方法でどうぞご協力ください。

●配布にご協力いただける方は・・・
→TEL 047(348)3933まで お名前と連絡先を残してください。

●アンケートにご協力いただける方は・・・
→keiji★mskj.or.jp(★を@に変えて)までお問い合わせください。
※回答はFAXでも受け付けています
 FAX 市民力控え室 047(366)7338
 FAX 山中けいじ事務所 047(348)3933
 いずれでもお使い頂けます。

会派構成員変更届を提出しました [2016年03月31日(Thu)]
◇ご報告です◇
先日に引き続きですが、議長宛の会派構成員変更届をたった今、議会事務局長を通じて提出してきました。
今月末(3月31日、本日)付で、市民力から谷口薫議員と原裕二議員が会派を離れます。
2名が3月31日付で会派を出るという正式な意向(結論の報告)を、私は3月定例会最終日(3月22日)に初めて聞きました。その際、他の会派(社民・無所属クラブ)と組む構想も持ってこられ、具体的に詳細の役職等までは決まっていないものの、合流したいという意思を伝えられました。そこで、私も交えて一度、対象者全員で話し合いの場を調整しようということになり、3月中を見込んでいました。もし調整が叶わなくても、@原議員は調整を試みた結果報告を私にすることと、A(調整の有無やその結果にかかわらず)原議員と谷口議員は市民力を3月31日付で抜ける意思を決定していることが確認されました。

その日以降、私は最終的に会派議員がどうなるのかが3名とも全員確定した時点で、3月31日に相応の文書を提出するつもりでいました。
しかし、先週金曜日(3月25日)に(既に前から決まっていた)大塚議員の脱退の書類を届け出た際、原議員と谷口議員の2名が既に「社民・無所属クラブ」へ入るという書類が正式に提出されていたと職員から聞き、「すでに2名欠けているので(会派要件である3人に満たないため、会派構成員変更届ではなく)『会派解散届』を書くことになります」と言われました。
2名は31日に会派を出ると聞いていた私はその書類の意味に対して了承をしていません(それどころか、その書類の存在自体知りません)でしたので、驚きました。勿論、その時点で原議員から調整の結果報告もありません。

 そもそもまだ今の会派を出ていないのに別の会派に入ることができるのだろうかという議会の基本的な手続きに対する疑念を抱き、正式な手続きを確認してもらったところ、やはり、まずは今の会派を出るのがきちんとした手続きのようでした。だとしたら、‘正式に受け取った’職員(正確には受理した事務局)にも不備はないのかと、私の疑問はますます深まるばかりでした。
 会派の存在に直接関わる極めて重大な問題において、会派内の正式な手続きを飛ばして別会派へ行くということや、上記@の調整の場はおろか調整を試みた結果報告もなしに、A(いずれにせよ31日付で抜けると言った)合意事項さえ遵守する姿勢が見られませんでした。
この点について私は、看過し難き深刻な事態と捉え、他にも関連する様々な事情を勘案し、残念ながら原議員と谷口議員の2名を、市民力から「除籍」する事に決定いたしました。
※昨日のうちに2名には電話で「除籍」する事を伝えました。

「除籍」も「退会」同様、会派を出ること自体は同じですが、基本的に中立な状態で脱退することを連想させるのが「退会」と呼ぶのに対し、「除籍」は(ご存知の通りでしょうが)そこに込められている意味が大きく違います。
会派というのは元々、会議規則等には規定されておらず、市議会議長会に確認したところ、各議会での運用に任されているという事でしたので(今まで松戸市議会では使われたことがなかったかも知れませんが)「除籍」という文言の入った文書を作成・提出し、正式に受理されました。

・・・要点は以上の通りです。
理由は全員が同じではないとはいえ、この短い期間に3名の議員が会派を離れる事になったことは、私だけでなく、有権者の皆様にとっても非常に由々しき事態だと考えます。
いずれ市民の皆様からもお問合せを頂くことも増えるかと思いますが、このような事をなるべく早く皆様にきちんとお伝えすることが重要だと考えておりますので、あまり明るい話ではありませんが、事実関係を中心に記載させて頂きました。

◇明日から◇
「市民力」という名称は変えませんが、よって明日から私は約6年ぶりの‘一人会派’になります。
こうなる事態を止めるために自分に何かできる事がなかったのか?と自問もしましたが、私の政策や考えは寸部も変わっていませんので、ひたすら初心に返り、今後も政策に対する姿勢を貫きます(もとい、会派の他の議員に迷惑をかける心配がなくなる分、鋭さを増すかも知れません)。

尚、本件については随時このブログに経緯などをお伝えしようと思います。
また、今後の議会報告会でも触れることがあります。
動画掲載のお知らせ [2016年03月28日(Mon)]
大塚議員と録画したビデオ動画をHPに掲載しました。
www.k-ji.jp

市民力から1議員が脱退しました [2016年03月27日(Sun)]
◇ご報告です◇
今月末付で、市民力から大塚健児議員が会派を離れます。
会派脱退は本人から申し出のあった昨年から重ねて話し合っており、完全に本人自身の意向によるものです。
大塚議員は2014年11月に初当選を果たした当初、川井元市長グループと縁のある清松会に所属しておりましたが、清松会を脱退して一時的に無所属(1人会派)となり、2015年8月から我が市民力へ希望して入会しました。市民力での在籍期間は8ヶ月となり(清松会比で在籍期間が若干長くなりました)、このたび市民力を出て再び一人会派になる道を選びました。
当初、私は彼が1期の任期の半分も経たぬ内に複数の会派を転々とし、再び自ら望んで1人会派になることは彼のためにも会派の為にもならないと思い留意しましたが、本人から、市民力が変わったわけではなく自分がぶれてしまって申し訳ないとの旨を言われ、彼の脱退の考えが変わらない以上は、会派に強く敵対しているわけでもなく純粋に思う所を誠意とともに伝えてきたものと判断して、度重なる会議の上、最後は会派全員で本人の意向を尊重して脱退を了解することにいたしました。
先週金曜日(3/25)に、議会の決まり通りに正式に3月31日付で「会派構成員変更届(脱会)」を事務局に提出しました。年度末ですのでまだ他の書類の提出などもありますので、最後まで丁寧に、決められた手続きを怠らず(当然ですが)必要な過程を経てしっかりと対応したいと思います。

彼を引きとめられなかった事は正直残念ですが、私としては文字通り何も信念を変える事なく、大塚議員から学んだ事も大切な経験として今後の議会活動に活かして松戸を良くしたいと思います。

尚、立つ鳥跡を濁さぬようにと、ホームページに近く動画ビデオを掲載する予定です。脱会に際して‘円満’解決と言うと少し変な気もしますが、今回の脱会に際しては、事前から手順を踏んで話を申し出てくれたので、きちんと話し合う事ができました。その点は大塚議員の誠実さが表れていたと思います。
障害者政策の別府市、まちづくりの杵築市へ [2015年11月05日(Thu)]
kitsuki.jpg
■会派で大分県へ調査に行って参りました
昨日から市民力では大分県の別府市と杵築市へ行ってきました。
別府市では『障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる条例』(名称が長いので‘ともに生きる条例’という通称が存在する)を学びました。
障害者手帳所持者が全国平均5.4%に対して大分県は6.8%、別府市は更に高い7.1%です(ちなみに松戸市は3.8%と全国平均以下)。障がいに対する理解を深め、差別や偏見をなくす共生社会の実現を目指した別府では、同時に障がいのある人に「合理的配慮」を行い、生活のしづらさや不安の解消を行っています。啓発やハードの改善に加え、今までは身体障害者の一部は市役所職員の受験資格すらなかったものを改め、車いすの職員も受験を可能に(し、今年1名採用)したとの事です。
私が感じた魅力は、その策定過程です。障がい者(当事者・家族など保護者)に意見を聞くのは勿論、市民の意見募集(パブコメ)を2回も実施し、更にはタウンミーティングで一般だけでなく、将来を担う子どもの意見を条例に反映しようと中学生(7校、1489人)にも行った事です。形骸化した条例が多い中、これには本気度を感じました。
杵築市では、景観を中心とした街づくりについて学びました。こちらは今日(さっき)見てきたばかりですので、またの機会に文章を纏めたいと思います。

sa.jpg bb.jpg
特筆事項としては、大分という地域性なのでしょうか、どちらの市もとてもオープンな雰囲気で、職員さん達も親切でした。
それを言葉で言うのは非常に難しいのですが、あえてそのいくつかを挙げるとすれば@両市とも入口にわざわざ「歓迎」の文字を啓示して下さっている事や、A資料に松戸市のデータも比較して作成してくれる所(別府市)、B職員が自分のプライベートな意見を持っていて謙虚ながら恐れずに話す所(杵築市)、Cどちらも個々の議員の賛否態度の公開をしている…などに表れているようでした。他にも随所に感じました。
別府はアジアからの外国人観光客や留学生なども多く(30人に1人が外国人とのこと。初耳!)、歓迎気質が自然と育まれているのでしょうか。副産物ですが、おもてなしの精神を松戸市も負けないくらいもたないといけないな、と痛感しました。
今回もたくさん宿題を背負って帰宅しました。得たものの多い研修でした。
9・6総がかり行動松戸集会 [2015年09月07日(Mon)]
96.jpg

■雨の中の9・6総がかり行動松戸集会!
昨日は雨の中でしたが沢山の方々が松戸の西口公園に集まりました。市議らもそれぞれの旗を持ち寄り、掲げて思い思いに集合しました。
市民力は無所属議員で構成されていますので政党旗は持っていませんが、会派全員が結集して想いを訴えました!
参加された市民の皆様、雨の中、大変お疲れ様でした。
市内全駅にて市民力通信号外を配布完了! [2015年09月04日(Fri)]
kgjs.jpg
■全駅完了!ありがとうございました!
8月1日の大塚健児議員の市民力参入直後から、天気にかかわらず市民力通信(号外)を配布しました。今朝は最後の「小金城趾」駅。
全部で23駅あると言われている市内の鉄道駅すべてを周り、大塚議員が市民力の門をたたいた理由や政治家を目指した理由と、私が会派の代表として受け入れるにあたり、方針を示しました。
インターン生やOB達も飛び入りしてくれたり、元気に皆様に新参のご挨拶をしました。

どうもありがとうございました!!

【あと一息!】そして、あと1駅! [2015年09月03日(Thu)]
akiyama.jpg
◆市内全駅まで、あと1つ!

カウントダウンが始まりました。
大塚議員が会派に参入したのが8月から、平日は公務などを除いてほぼ毎日、雨でも風でも駅頭にて号外「市民力通信」をお届けしています。エッ、議会中でも?モチロン!
市内23駅のうち、今朝は初めての秋山駅でした。聖徳の生徒さんを始め、女性が多い気がしました。のどかながら、ロータリーから遠くまで見渡せて、とても気持ちが良かったです。

・・・そして、明日の朝をもって、市内全ての鉄道駅にてレポートを配布完了する事になります。私の号外レポートは既に手持ちが無くなり、大塚議員のを貰って一緒に配っています。

明日はどの駅か、お楽しみに!
雨の上本郷 [2015年08月26日(Wed)]
ste..jpg
■雨の上本郷!
ここ数日、急に涼しくなりました。昨日は6年前にひょんなことから知り合ったドイツ人の地質学者と地元で夕食を食べました(写真上)。水槽で泳いでいるアジのたたきを注文して、まだ魚の‘本体’が生きている姿が非常に繊細で、これぞJapanese Style!と毎回喜んで帰って行きます。そんなアジの恨みか、今朝の上本郷駅は雨。100均のレインコートが大活躍しました!
今来ている学生も、選挙以来のウインドブレーカーを纏い奮闘中です!(写真↓)

int.jpg
| 次へ