CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 戸田・彩湖フルマラソン挑戦記 | Main | 大事なこと»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
新しい控え室 [2018年12月03日(Mon)]
47375644_1861254467334658_3656350859320623104_n[1].jpg
■今日から新しい控え室です!
新任期になって1週間。今日から新しい控え室です。無所属・中村典子議員とも同じ合計3人部屋になりました。場所が変わったばかりなので、間違えて入ってくる職員や議員が後を絶ちません。これまでと同様に、表にきちんと『市民力』って書いてあるだろうに・・・と思いきや、看板がないい!幹事長会議では3人未満の会派は『従来通り』の扱いになったので、『従来通り』に看板を掲示して下さいと先週中に伝えて了解を得ました。しかし、今日になって意思決定が変わったのか、庶務課長が急に態度を変えてこられて困りました。
そもそも幹事長会議では看板の話などはただの一つも出ていませんでしたので、事務局独自の判断で従来どおりの運用を変えようとするとしたら、それ自体が大問題と捉えています。
従来から何年も掲示しており、どの議員さんからも文句どころか指摘1つ言われてこなかったものが(幹事長会議の「従来通り」を事務局独自の解釈をして)議員が望まぬ方向にさせられるとしたら大問題です。念のため他の議員に聞いてみたところ、従来通りというのであれば看板を今後外すこととは理解していませんでした(そりゃそうでしょう)。
まして看板がなければ、今後も市民の方々が間違えて訪ねて来られる恐れも増しますので、自然に考えれば掲示し続ける事が常識だと思っていますが・・・こんなことに時間をとられるとは私も中西かすみ議員も予想外でした。そうは思いたくありませんが、「いやがらせじゃない?」との声も。

今後、話し合いの主体者(幹事長会議参加者)から掲示してはダメという意見が万一出たのならば、誰が・どんな理由でダメと言っているのか、はっきりと実名でここに書きます。一見、小さな事のようで、自治権を巡り事務局と議員間での認識の違いとその対応について考えさせられる出来事でした。
訴訟を起こしてから私が色々な立場での権利について考える機会が多く、研ぎ澄まされているのかも知れませんが、公務に関する事なので今後も市民に広く情報公開をしたいと思います。
議案説明、他 [2018年11月28日(Wed)]
■議案説明会
招集告示日を明日に控え、今日は全体での議案説明会でした。いつもより議案数は少なめで、30分強で終わりました。その後、議員団役員会議、議会表彰委員会が開かれ、それぞれ正副委員長決まりました。いつも通り、3大会派(まつど自民・公明党・市民クラブ)のだれかが無記名投票による「多数決」で決まる構図は全く変わりません。
                 §
その後、更に経理責任者会議がありました。これは無所属議員も含め15名が出席します。一連の正副委員長(ここでは座長)が決定する最後のチャンスです。これまで静観してきましたが、まるで保守系会派が示し合わせたような投票先の一致による同じ3会派からの偏った役職の選抜(※)に対し、異議を唱えました。当初段階で少数会派(4人会派)が4つもできたので、比例配分でまだ役職がない会派(立憲民主党、政策実行フォーラム、日本共産党)の中から話し合いで選出するべきと発言しました。一部の賛同意見を得たものの、大会派からは充分な理解を得られず、一人も賛同意見がないまま、現行通りで深山座長(市民クラブ)に続き大谷副座長(まつど自民)が選ばれました。
                 §
そもそもこの経理責任者会議の目的は、全国で不祥事が続く「政務活動費」をきちんと説明責任がつくような使い方を徹底しようという議員間の情報共有の意味があります(それでも過去に事故は起きていますが)。お互いに使途についての疑問を指摘しあうのですが、最終的には各議員の判断です。積み残しがいっぱいあるのも問題点だと指摘しました。
今後、市民感覚に近い新議員たちの指摘や行動に注目しながらいい方向にもっていきたいと思います。



※強いて言えば、今回できた4人会派「みらいクラブ」から副委員長が1人選出されたのがこれまでとの違いです。
臨時会 [2018年11月27日(Tue)]
46846129_1852559501537488_1856933113335119872_n.jpg
■新しい任期がスタート
本日から新しい任期です。松下政経塾を設立した松下幸之助塾主の誕生日にこの節目となる機会を頂いた有権者の皆様には感謝です。昨日、ボサついていた髪をさっぱりと切って気持ちも新たに臨みました。
                  §
慣習通りに議長・副議長、正副委員長を決めました。議場での議席も確定し、これまでの2列目「16番」から3列目「26番」になりました。一列違うだけで景色が今までとかなり違います。4期目の重みを感じました。常任委員会も決まり、建設経済になりました(偶然にも、新松戸駅東側開発議案が'継続'となった委員会で、前期に引き続いての続投です!)。

視座を高めて頑張ります。
20期議員説明会 [2018年11月26日(Mon)]
46733568_1850851155041656_916875058410946560_n.jpg
■議員説明会
今日は馬橋駅で中西かすみ(議員予定者)と駅頭を終えて、そのまま「議員説明会」へ。当選証書授与以降、初めて全議員が一堂に期す機会です。色々な説明があります。現職と新人の空気感の違いがひしひしと伝わります。

■新生「市民力」誕生!
只今、会派結成届けを出しました。脱・1人会派、達成です。
そして、私が12年間の議員活動で培った経験を、しっかりと中西香澄に継承します。これからが本番です。「けいじの政治塾」出身・初の議員として、また山中と中西の言葉を信じてご信託を頂いた市民への恩返しは、態度でしか表せません。
たかが1人増と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、・・・議会に山中が2人になったと考えてみて下さい。単純に今までの「2倍」です。情報公開も、行政改革も、市民参加の機会も・・・議会質問率No.1の働く議員が2人になれば、あらゆるものが今までより便利に使える・機能することになります。(実質上、質問していない議員もいるので数倍になると思います)

これからも皆様のご理解とご協力を「市民力」へ宜しくお願いします。
飲酒の一部制限についての表明 [2018年11月22日(Thu)]
【宣言】懲罰(戒告)を科されたことによる「お酒」への態度変更(一部制限)について
11月27日から新しい任期4年間が始まるにあたり、私・山中啓之は、9/28本会議で懲罰(戒告)に賛成した議員たちの前では基本的に飲酒をしないことをここに表明いたします。
特に視察などの公務時における「飲酒」について、従来より自らの態度を厳しく律することになります。あえて言う程の事ではないかも知れませんが、知らぬと驚かれても困りますので、念のため理由と共に私の意思を表明しておきます。
                  §
松戸市議会では年に1回程度、1泊2日の委員会視察が行われます。宿泊するホテル等で夕食を頂く際に議員間の懇親も兼ねて嗜好品である「お酒(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」が提供されるのが通常となっています。費用は勿論、各議員が実費(数千円程度)を支払いますが。
                  §
'郷に入りては郷に従え'と、私はこれまで慣例に従い他の議員同様に私費負担を受け入れ、お酒を嗜んできました。しかしご存知の通り、このたび私は議会で「懲罰(戒告)」を科されました。懲罰を科すべきとした議員たちの行動の持つ意味と、それに対して訴訟を提起している身であることを鑑み、判決が出る(出なければ任期4年が終わる)まで、この問題に対して私が本気で向き合っている事を議会内外に対して態度で示すべきと考えます。よって今後、'懲罰賛成議員'の公の前では飲酒を控える事といたします。
                  §
(私の言動に問題があるとして)戒告を科すことに賛成した議員たちとの飲酒はどう考えても「不適切」ですし、市民に対しても説明がつかないと判断しました。’懇親’という性質ならば、尚更です。
                 ■□       
元よりいわゆる’酒豪’ではありませんが、従来「慣例」で費やしていた酒代の浮いた分は、今後、市政発展のための仕事や訴訟費用に充当したいと思います。視察以外の公的な地域行事への来賓等での忘年会・新年会・祝賀会等も同様の扱いとします。
                 ■□
※なお、議員対象の会合等でお酒の提供を設定理由とした参加費の支払いを求められた場合は、自ら『飲まない』と表明している以上、寄付行為等の公選法等に抵触する可能性があるため、辞退させて頂く事がありますので、併せてご理解・ご協力の程、よろしくお願いします。
※今回の表明はあくまで懲罰(戒告)を科された私の決意・判断に基づく自身の態度についてであり、従来のように他の方々が視察時等にお酒をお飲みになっていること自体に問題を提起するものではありません。悪しからずご了承下さいますよう、お願い申し上げます。

この度の選挙で頂いた市民の皆様からのご信託に応えるため、より一層、信念を貫き、議員活動に集中して参ります!
当選証書付与式 [2018年11月21日(Wed)]
IMG_9431.jpg
■当選証書を頂きました
「ど〜しても今週中に朝の新松戸駅で感謝の態度を伝えたいっ!」という'4児の母'の強い願いを叶えるべく、新松戸駅頭へ。既に選挙明けから3回目です。驚くくらい「今回は(山中ではなく)中西さんに入れたよ!」という声を頂き、浸透している事を感じました(^^ヾ
                    §
そのまま付与式へ一緒にGO!市民力。
駅頭演説がかなり上手くなってきたのに、議会棟につくなり急に緊張しがちの表情になりました。「カタい、カタい!(笑)」と声をかける私をよそに、入念に準備チェックしていました。きっと私も最初に授与された時、こんな感じだったのかも知れません。

4枚目の証書は、ひとしきり重く感じました。
今回の選挙は今までと一味も二味も違う選挙でした・・・大逆境の中の大金星でしたので、しみじみと眺めてしまいました。私は今回も望外な信託を頂き、中西さんは無所属新人中のトップ当選・・・少し引き締まった笑顔の中西さんを見て、では私も!と互いに記念撮影しました。市民の期待の応えられるよう、頑張る決意を新たにしました。

IMG_9438.jpg
経理責任者会議 [2018年05月23日(Wed)]
■この会議はどこまで経理責任者を問えるのか
恒例の経理責任者会議がありました。各会派の代表2人(無所属は本人)が集まり、前年度(つまり今回はH29年度)の政務活動費(旧:政務調査費)の収支報告について疑問点や意見を出し合い、使途について指摘し合う会議です。

■ルールが遵守されていないのが問題
政務活動費は全国でも毎年のようにニセ領収書が添付されたり、不透明な支出があったり、何かと事故が続き問題になっています。これが原因で大勢辞職した議会もありましたね。とかくマスコミネタの話題に欠きません。
                   §
私は松戸市議会がHPで領収証公開(一部黒塗り)が始まるずっと前から領収証の完全公開(黒塗りなし)を自ら率先して実践してきました。
当時は先進事例として新聞に掲載されたこともあります。
松戸市議会ではかつて他の議員による事故も発生した経緯があり、世間からより一層透明性が求められています。
                   §
政務費の使途は議会ごとに議員が話しあってルールが決められています。
いわゆるガイドラインや手引きに留意点がズラッと書かれていて、私は毎年、(当然のことですが)遵守するようにチェックしています。
ところが!
例年のように、このルールを順守していない議員が複数います。。。毎年のように指摘しても直りません。今年はその’積み残し課題’の解決への話し合いも充分に成果が出ないまま、私からしてみれば‘尻切れトンボ’で終わった感が否めませんでした(10時〜2時間半ほどで終了)。
このまま放置しておくといつか世間で大問題にならないかとヒヤヒヤしているのですが、指摘を受けても直されないものが非常に多いのです。中にはもはや確信的にやっているのかと見受けられるものもあるほどです(例年指摘しているので)。
ここでは詳細は割愛しますが、今年も沢山、その手の問題が挙がりました。
議員が自分たちで決めたルールをここまで遵守しないでいると(経理責任者会議の存在意義って何なのだろうという疑問もさることながら)、議員が自ら決めたルールを守らない=あらゆる議会の決定事項に対する市民の信頼が揺らぐのではないかという危惧が私にはどうも深刻に思えてきてしまうのです。杞憂になる事を願ってやみません・・・。また今年も夏ごろにはHP公開される予定ですから…
建設経済常任委員会 [2018年05月17日(Thu)]
建設経済常任委員会の視察で兵庫県に来ています。テーマは、歩道について。
子供からご年配、車いすの方までが歩きやすい歩道とは何かを追い求めてやってきました。

初日の兵庫県芦屋市は、無電柱化が日本一進んでいる都市です。早くから交通バリアフリー計画を策定(H19.4)した時に、実際にまち歩き点検を行い、主要な道路を中心に歩きやすい道の整備、歩道の拡幅や清掃、街路樹に至るまで配慮を施していました。
市道総延長210,088mもある中で、マツやケヤキ、サクラやクスノキ等を選んで植樹しています。樹木による今後の課題は落葉の清掃や根っこによる舗装への影響、照明の確保、老朽化などです。これはどこでも一緒だと思いました。
緑が多く、気持ちの良い環境で、街並みが綺麗です。
                     §
中でも何より強く思った松戸との違いは、お店等の建物が「主張していないこと」でした。
よく目にする「〜〜売出中」「○○円セール」などの看板や外向きの広告は一枚も見当たりません。ひっそりと一歩引いたところに食事処や美容室、その他のお店や住宅が静謐を保ったまた営まれています。美味しいお店は知る人ぞ知る、マダムが口コミで教え合う、そんなセンスが感じられました。これも、住民の意識なのでしょう。高級住宅街のイメージが強い芦屋市ですが、住民の意識の高さによって待ちのきれいさが保たれているなあと思いました。
予算説明会 [2018年02月15日(Thu)]
朝から予算説明会→後に幹事長会議。その後は前日の議案説明に対しての不明点を本会議が始まる来週までに担当課に聞いて回ります。効率化のためダーッとメモ書きしてそれを担当課に置いてくるイメージです。本庁舎は広い!上階の9階からどんどん質問メモを担当に渡して回ります(答えは後から!と言っておくのも忘れない)。広いとはいえ同じ建物ですが、北松戸の競輪場や五香西の健康福祉会館はさすがにお手上げ・・・一部はメールで回答を求めました。返事が迅速に来て納得できたものについては本会議で質疑しない予定です。貴重な時間ですから、極力準備で絞っておかないと足りなくなりますので・・・。

健康福祉常任委員会(協議会)のお知らせ [2018年01月31日(Wed)]
■健康福祉常任委員会(協議会なので市民の傍聴不可能の見込み)
2月1日(木)午後0時30分〜2階第2委員会室
テーマ:松戸市こどもの未来応援プラン
    パブコメの関係について

・・・昨日決まったようで、今日議会事務局に掲示されていました。このように、議会は急に決まることがあります。私はずっと前から別の政務活動を申し出ており、予定が決まっているので行けませんが、議会HPにも掲載されていませんでしたのでご参考までにここに掲載します。



| 次へ