CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地域活動など | Main | 政治研究会»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
訃報 [2019年09月13日(Fri)]
69886442_2313057115487722_3678099070469013504_n.jpg
■貫く姿勢
一報を聞いたときは本当に驚いたが、衆議院議員の宮川典子さんが乳がんのため12日に亡くなった。享年40歳。
自民・宮川典子衆院議員が死去 40歳(産経ニュース)
https://www.sankei.com/politics/news/190912/plt1909120037-n1.html

彼女は私の松下政経塾の後輩で入塾は私の2つ下だったが、100q行軍研修(24時間以内にチームで三浦半島を100q歩く。1人でも脱落者が出たら全員失格)で一緒にゴールした記憶が、つい昨日の事のように思い出されます。水泳が得意で体力と胆力のある女性でした。印象的なのは、生半可なジェンダー論を振りかざす女性に対して真正面から喝破している姿でした。
                    §
最後に彼女と会ったのは今年6月の衆議院会館での勉強会でした。私の前に座り、いつもの笑顔で「(私大きいので)見えにくくないですか?」と話しかけてくれました。気遣いとユーモアを最後まで忘れませんでした。ゆっくり歩く後ろ姿を見て、4月に交通事故に遭ったと聞いていたため、てっきりその影響で体調が全快でないと思っていましたが…きっと物凄い痛みに耐えた上での笑顔だったのだと今では思います。同い歳ということもあり、政治家としての孤独や信念は少しだけ分かるような気がしますが、貫く姿勢は変わりませんでした。

心からご冥福をお祈りします。


※写真:右から4番目が宮川さん。私は一番左。共にゴールしたあの経験は一生忘れない。
本日! [2019年08月26日(Mon)]
8月26日(月)19時〜
議案勉強会@勤労会館
定員10名、残り3名のみ先着受付けします
墓参二日目 [2019年08月14日(Wed)]
67836959_2256297221163712_7979220994474639360_n.jpg
■京都へ
和歌山での松下塾主の墓参を終えた後、松下電器(現在のPanasonic)に馴染みの深い大阪をどこへ行くともなしにふらふらと歩きました。あと、調理師の友人のお宅でたいそうな料理を御馳走になりました。大阪はどのお店に入っても美味しいので大好きですが、家庭料理までこんなに美味しいお宅があるとは…有難うございました。ますます大阪好きになりました。
                   §
翌日は父の実家、京都へ来ています。朝は市内でお墓参り。親族や父の友人ともお会いする事ができました。山中家のお墓は同じ寺内に3つの墓石が立っており、増える度に増設したようです。ご先祖様と思しきもっとも古い墓は石に相当年季が入っており、妻が「こんなに古い墓石は見たことがない」と言っていました。空襲を免れた京都だからこそ寺社仏閣同様、古いお墓などもそのまま残っているのでしょうね。小さい頃から当たり前のように見てきたものが、俄かに貴重なものに感じられる一言でした。ちょうど法要と重なり、実家に親族や友人と共に午後から和尚さんに実家でお経をあげて頂きました。いい旅でした♪
67909808_2256297187830382_2687177964126208000_n.jpg
68703890_2256297151163719_5123710505965322240_n.jpg
関西へ [2019年08月13日(Tue)]
68351607_2254469924679775_1248454509416415232_n.jpg
お盆。
結婚後初の夫婦旅行は、松下政経塾の創設者・松下幸之助氏の墓参でした。両家の墓参りもまだですが、私の我儘で「どうしても1番に行きたい」と妻に申し出たところ、「私もそう思ってた」との事で、和歌山県千旦に行って参りました。
塾生以来初の墓参でご無沙汰していましたが、今の私が松戸の皆様のお陰で政治家としてここまでやってこれたのも、私達が出逢う事が出来たのも、全て幸之助塾主のお導きのお陰だと思っています。
これから塾主の思いを噛み締めて2人で生きていきたいと思います。
                      §
墓参を終えたあと、とても不思議な感覚が通り抜けました。言葉では陳腐になりますが、どこか懐かしいような、それでいて新しいような、心がすっと楽になったような感覚を覚えました。不思議に思って妻に言うと、妻も同じでした。
明日からも社会のお役に立てるよう、意を新たにした1日でした。

67876298_2254469974679770_5278409000264663040_n.jpg

68628681_2254470024679765_5227400873440706560_n.jpg
研修@地域活性化センター [2019年08月08日(Thu)]
67817649_2248436548616446_950598939755675648_n.jpg
日本橋の地域活性化センターで議員研修でした。
東大名誉教授の大森彌先生に久々にお会いする事が出来、数分の質問時間では運よく指名されました。質問のやり取りは以下の通り。
Q.多様性を認める社会になりつつある中で「チーム議会」の重要性を説かれていらっしゃる方が近年の講演では大森先生に限らず多いとお見受けしますが、実際には掛け声だけになりがちで、多数派の矜持がないと、たとえ光る少数派議員がいても実現しないのではないか。
A.答えるのが難しい質問です…。
               §
日頃から考えている事を真正面からぶつけたところ、大御所を唸らせてしまいました(汗)。
そんな中でも強調されていたのは、議員、特に多数派が認識しなければいけないことは、地方自治は二元代表制であることと、与野党はないということです。政党所属議員と無所属では前提となる意識が違うのかもしれません。
また、「過半数」を取れたら思考停止してしまいそれ以上に議論を深めなくなる議会と、「全会一致」を目指す議会との違いについて考察する事ができました。
詳しくは報告書にまとめます。
広島原爆投下の日に寄せて [2019年08月06日(Tue)]
■8月6日が来るたびに
1945年の今日午前8時15分は、広島原爆投下の日です。人類史上初の戦争で原爆が使用された歴史を忘れてはなりません。固定テレビを観ない生活になってから10数年が立経ちますが、新聞特集をはじめ、市役所や公共施設等いたるところで展示や折り鶴を目にするたびに、惨劇の記憶を次代に継ぐため、この時期の戦争特集の番組(特にドキュメンタリー)が気になります。これも年によって特集の組み方や戦争のフォーカス対象が違うような気がしますが、今年は何でしょう。いずれにせよこの現実から目を逸らさぬようにせねばと考えながら、黙祷を捧げました。




バタバタでした [2019年08月02日(Fri)]
67601550_2238781932915241_3111642293430386688_n.jpg
■LMサミット2日目
全国結集の議員さんたちとの早朝からお台場を走ってから2日目の研修へ。初の有明ランステ使用。
2日目は全国の市政及び議会改革の取り組みを有名な各地の議長や首長から報告いただきました。
当たり前のように改革をやめない姿勢と、「これが普通なのです」と言わんばかりの謙虚な姿勢。最後は「制度ではなく’人’のレベルがその議会のレベル」という言葉が深く刺さり、響きました…。

IMG_2186_1.jpg
■新松戸の開発の意見書を提出!
午後からは千葉県庁へ。県の都計審が13:30〜菜の花プラザで開かれた後に市民と議員の超党派ネットワークで意見書を提出するとの事でしたので、私は15時前に県へ行ってきました。1時間ほどで終わると言われていた都計審が、この新松戸開発に対する意見書の議案だけで1時間半ほどかかるという異例の事態。肝心の審査はマスコミも傍聴者(ハガキ送って当選したのに!)一切シャットアウト。待たされに待たされた挙句、意見書は「不採択」との報告が。しかし、委員の中からは質疑が相当多く&長く出て、市の方へ留意点をしっかり告げるよう指示があったとの事で、すんなり通ったわけではなかった模様…そりゃそうだ。
                     §
その後県議会へ場所を移し、県の担当の副課長の方に事業の修正や見直しを求める要請書を超党派で提出(始終バタバタで写真に写っていませんが増田議員など、他にも議員・市民多数いました)。この時やっと始まったのは16:20頃。市民からも減歩率の異様さや強引な調査による強引な進行など、フェアではないとの意見が噴出。質疑を終えたのは5時過ぎでした。

■聴覚障害者センターで手話本ゲット!
久々に県庁に来たので、帰りに千葉県聴覚障害者センターへ。「ろうあ協会」が出している手話の本を若干大人買い(第二弾)。先日のフォーラムでも言われていましたが、今年度中に手話言語条例ができると予想されますので、議会活動用に備えて勉強します。
67734742_2238793079580793_5388965993949167616_n.jpg
全国地方議会サミット [2019年08月01日(Thu)]
67499999_2234851449974956_5857349378921988096_n.jpg
全国地方議会サミット2019が今日明日の2日間行われるため国際展示場に来ています。
全国から集まる最先端の取り組みを市民力全員でしっかりと学んで来ます。賛否の公開もそうですが、学んだ提案を活かせるかは議会多数派の賛同が必要ですが…。

68307062_2238777352915699_7872889509875023872_n.jpg
明けない梅雨はないと祈る [2019年07月23日(Tue)]
梅雨がなかなか明けず洗濯物がカラッと乾かない日が続きます。昨日の記者会見でも、闇が明けないとウンザリしている方も多いと思います。
                   ¶
そこへ追い打ちをかけるかのように、今朝から松戸関連で世間を騒がす人身被害に関する悪いニュースをたて続けて見つけてしまい、市民としては一層気分が良くない日を迎えています。

今回もそうかは分かりませんが、近年、ストレスや精神的にカッとなったことにより暴力を振るう事件が多いように感じているのは私だけではないハズ。誰でも加害者にも被害者にもなる可能性はあります。月並みな発想ではありますが、ストレス解消のために趣味をいくつか持つと対策になると改めて思いました。
参議院選挙、終わる [2019年07月22日(Mon)]
■参議院選挙の開票結果から思う
7/4から続く長い参議院選挙が終わりました。改憲勢力の2/3には届かず・・・といっても未だ多い自公、それにたいし伸び悩む野党(特に国民民主)、諸派の議席獲得、そして今回は戦後2番目に低い50%以下の投票率・・・様々な「まとめ」が挙げられますが、私には徐々に民意が反映されていく予兆のような気がしています。
 個人的に気になったのは、H26年の松戸市議会議員選挙で828票で落選した舩後靖彦氏が、今回見事当選したことです。ALS患者であることや国会のバリアフリーが注目されるのは勿論ですが、時の政権に有利な今回の(合区制度の見返りともいえる)『特定枠』を逆手にとって当選を勝ち取る山本太郎代表のれいわ新撰組の作戦には目が覚めた人も多いのではないでしょうか。
そして何より、大事なのは当選後。しっかりと国会議員としての活動もサポートをし続けて成果を出して欲しいと思います。
| 次へ