CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 記事掲載・UP情報 | Main | 個人の活動»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
全国にある土地区画整理問題 [2019年10月02日(Wed)]
71641016_2347003828759717_946496666167410688_n.jpg
■土地区画整理問題は冷めない
一昨日終わった9月定例会で最も議論が噴出したのが「新松戸駅東側の土地区画整理問題」でした。
まず「一般質問」では私を含む複数名が直接的に質問できないので大型事業に関連したり、個人の人権を市な議する議場はないかと問い質しました。
ついで「議案質疑」では本会議場で市民力2名(山中・中西)が一般会計補正予算について直接取り上げ、追及しました。8月2日の県都計審の意見書’不採択’をスタートの合図と捉えたかの如く、翌週明け8月5日に事業認可の申請を市は県に送り、8月中旬に認可が認められました。スピード決裁に次ぐスピード決裁です。今回の補正でもどんどん事業を進めようとしています。
更に「決算委員会」でも質疑が続き、中でも目を引いたのが宇津野議員(共産党)の指摘でした。それは「事業計画」の収入計画の中で、1つの表の中に2つの数字があるという者でした、具体的には片方で92億円(デベロッパーが出した数字)とあり、もう一方では71億円(路線価からの数字)の両論併記があり、明らかな矛盾を示すものでした。20億円も価値の差がある計画を、きちんとした計画と呼べるのでしょうか。また同議員からは、試算で86億円の価値のマンションを作るのに、106億円の税金をかける必要があるのかという理論的な展開がされました。これにはぐうの音も出ません。業者は税金を使って大儲けですね。
インフラ整備の必要性は皆さん感じています。しかし、77%の減歩率という異様な今回の計画は、あまりにもこうした穴やヌケが多いと言わざるを得ません。
71762113_2347003765426390_2160792746627956736_n.jpg
71500359_2347003788759721_264729333015248896_n.jpg
■政務活動費、使わせて頂きます!
情報提供いただいた方からの資料で、こんな会があると判明(写真)。
全国で起こっている開発事業の研究集会のようで、いやはや、こんなに各地でもめているとは驚きましたし、励みにもなりましたし、やるせなさと奮起する気持ちが同時に沸くという不思議な気持ちになります。なんとか初日だけ都合をつけて足を運ぼうと思います。
週末の朗報 [2019年09月07日(Sat)]
■「珍しい連係プレー」中学生と教諭、心肺停止の男性救う(9/7(土) 14:25配信)
ヤフーニュースのトップに載っていました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000026-asahi-soci
祝・変更決定! [2019年09月01日(Sun)]
■関さんの森前の都市計画道路3・3・7号線(幸谷〜二ツ木区間)、遂に計画変更!
8月30日、関さんの森のところの都市計画変更が公示されました。
都市計画道路の線形が変更され、旧計画道路用地が特別緑地保全地区になりました。
これで合計約1.7ヘクタールが緑地として保存されることになりました。
                §
道路問題が深刻化して早10年ほど…ここまで来るのに色々な事がありました。私も地元の一議員として住民の想いを行政に届けるべく一般質問を重ねましたが、ようやく念願叶った次第です。先般の松戸の都計審では未だに反対者もいたようでどうなる事かと思いましたが、これからも安全に利用され、親しまれる地域であって欲しいですね。
第2回市民のまちづくりトークへ明日です [2019年08月16日(Fri)]
68242705_2262316067228494_8938741564851617792_n.jpg
市民のまちづくりトークのお知らせ
8/17(土)
午後6時から、新松戸市民センター大ホールにて
無料


前回は定員の倍ほど参加者があり、私も立ち見でした。
新松戸駅東側の開発に疑問を持つ人の声が高まっています。
もとい、よく知らない人が沢山いると思います。
なぜなら新松戸では、松戸駅周辺の時と違いまちづくり委員会もなければ市民のワークショップもない、否、それどころか市民全体の説明会もない。
それでいて総事業費約181億円という巨大開発事業!地権者の反対をものともせず、公金が多額に投入されようとしています。
まずは、知って下さい。

※8/25日午後1時〜TBS噂の東京マガジンも注目!
68390249_2262316107228490_3337367585321648128_n.jpg
手話言語条例の制定へ! [2019年07月30日(Tue)]
67933066_2232572956869472_6185765466254868480_n.jpg
■手話言語条例の制定へ!フォーラム「手話でGO!」参加
週末はもう一つ面白いイベントがありました。
かねてより興味のあった手話言語条例の制定へ向けたフォーラムへ。
耳の聞こえないろうあ者の方々が長年かけて獲得してきた手話の歴史や文化を分かりやすく解説され、更に理解が深まりました。昨年から3回目の参加です。かつては口話教育が強要され、手話が言語として認められていない時代がありました。今や国連の批准を受けて、言語と認められ、各地で条例が造られています(国として制度化するのが本来でしょうが、とりあえず条例で頑張っています)。
                  §
寸劇コーナーでは防災行政無線が聞こえず避難が遅れて危険な目に遭った例や、病院待ちで呼ばれても気が付かず待ちぼうけを食らう例等が紹介されていました。健聴者として、助けるために何かできることはないかと真剣に考えさせられました。
新人議員の成島さんが質問コーナーで「耳の聞こえない人は一見分からないが、どうやって見分けるのか?」というシンプルかつ重要な質問をされていました。確かに外見では分かりません。当事者から率先して聞くことが大事というのが一つの答えですが、やはりちょっと注意して困っている様子はないか等、配慮が重要だなと思いました。
一番人気は川根先生の講演。各地で大人気だそうです。障害に対する本音から逃げずに真正面から答える姿勢と豊富な知識量、それでいて圧倒的な謙虚さからは「人格者」と言う言葉しか思い浮かびませんでした。思わず終了後に写真撮ってもらいました(下の写真)
67358612_2232573020202799_304384770354184192_n.jpg

いや〜それにしても、手話が分からなくても手話って見ていて非常に面白い。

福祉だなんだとゴタクを並べる前に、実際ちょっとでもやってみれば色々な事が分かります。手話は、やるだけで既に何かを実現している気がします。ちょっとした手話を覚えるコーナーも最後にあって、とにかく楽しい。これからも広めていきたいと思います。

・・・まあ、まだ自分の名前くらいしか表現できない私ですが(汗)

67381181_2232572986869469_5785545900919095296_n.jpg
1週間を振り返る [2019年07月26日(Fri)]
67173819_2214655038661264_261858314881597440_n.jpg
色々な良いコトがありました。

お世話になっており敬愛する方と松戸駅でお会いできた事を皮切りに、地元の祭りで同級生たちと久々に再会。妻をビンゴ大会デビューさせました。みんな「結婚おめでとう!」と祝福してくれて&いじられて、結婚も意外と悪くないなと思いました。

その後、揃って投票に行きました。
私の中で投票は極めて大切な行為です。20歳以来、欠かさずひとりでワクワクしながら行っていましたが、初めて家族揃って投票することができました。上手く言えないけれど、物凄く、堪らなく嬉しい。民主主義の国に生まれた喜びを分かち合うことが出来るって、物凄く幸せな瞬間だと思うのです。記録したいけれど照れ臭いので、自分の写真だけアップ!笑

明日からも頑張ろうと思います♪
新松戸まつりでした [2019年07月16日(Tue)]
66614864_2202092083250893_4453912336134045696_n.jpg
■雨の新松戸まつり
週末は新松戸祭りでした。
実行委員での活動も13年目に入りましたが、こんな天候の年は初めてです。何より今年は涼しい。2日目は開始時から15時頃まで雨でした。ビールも売れなかったんじゃないかな?
私はいつもの「けいじの政治」をお休みして、丸2日「けいじの警備」を行なっています。
…ねっ、涼しいでしょ、今年は!^^ヾ

67255882_2207058996087535_3345250469512478720_n.jpg
いよいよ週末は新松戸まつり [2019年07月09日(Tue)]
66499956_2197481917045243_38812047495921664_n[1].jpg
■新松戸まつり近づく
第33回を迎える新松戸まつり。今年の実行委員のTシャツはこの色!
今年も警備担当で丸2日間本部にてお手伝いしております。
7月13日〜14日には梅雨明けを願って下さい(個人的には曇天希望ですが…^^)。

※ちなみに当日の地域の方用のTシャツはきみどりです。
テラスモール松戸 [2019年06月18日(Tue)]
1.jpg
2.jpg
3.jpg
■テラスモール松戸
住友商事から本日プレスリリース資料が提供されました。
秋のオープンを前に期待が高まります。何度もキテミタイと思えるような施設になりそうです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46262110Y9A610C1L71000/
【潜入!】ほわほわの森での医療ケア [2019年05月06日(Mon)]
310506.jpg
■未婚&子供なしの男視点での子育て行政
令和初視察は、子育て支援施設「ほっとるーむ東松戸」で5/6(月休)から始まった'ほわほわの森'事業です。普段から子育て支援施設としてあるのですが、今年度から在宅医ケアを必要としているお子さんとそのご家族の集う場所としても事業開始するというので見学に行ってきました!
■ノリに悩む!けどいい取り組み!
子どものいない独身男性が一人で入ったら間違いなく不審者と思われるであろうこの施設(^^ヾ今回は市民力の中西議員とお邪魔してきました。この手の施設は相当前に新松戸のほっとるーむができた際に視察に来たきりでしたが・・・一歩足を踏み入れると、そこはとても温かい空間でした。
※おそらく子育て経験のない人たちの多くはこの初めての感覚を共有できると思います。
この施設は普段、後6か月〜3歳までの子ども(と未就学児の一時預かり)をしています。充実した軽くて安全な立派な積木や絵本、木製のすべり台や、ボールプール(中に入ってプラスチックのボールト戯れるやつ。旧伊勢丹にあったような感じのもの)まであります。安全面などから、とにかく木(木製のもの)が多い。費用対効果を考える性分からするとハッキリ言って「豪華」です(いい意味で)。自分が幼稚園の頃は電子ゲームもなく『外で遊べ』で終了でしたが、時代は隔世の感がありますね…もし子育て中の親目線だったら、毎日リピーターで溢れてもおかしくない施設だと思いました。オマケに窓からちょうど電車も見えるので子どもは興奮すること請け合いです。余裕があるときには車掌さん(or駅員さん)が手を振ってくれるのだとか♪
今回は定休日の月曜の昼下がりを使っての取組み。看護師や助産師さんのサポートも得て充実した医療体制のもと、4組のご家族が参加されていました。ピアノの弾き語りや簡単なぬいぐるみやおもちゃを使った寸劇が30分ほど行われ、子ども達も楽しそうに歩き回っていました。子どもの体勢を楽にするよう布団も敷かれているといった充実ぶりです。ここまでされており、傍で見ていても非常に安心でした。
その後はママカフェに早変わり。やっていることは特別に派手な事ではありません。しかし、こういう交流が家族の負担も軽減するので重要だと思いました。
■その他の感想
このように素敵な取り組みでしたが、細かい点もさることながら、何より普段使わないような子供目線の脳や感覚が大いに刺激されたことが私には大きな副次的収穫でした。
親の子に対する愛情の深さには無論敵いませんが、スタッフの愛情もまた深いことに感動しました。日々の生活に思いを馳せると未経験者の私には想像に及ばぬくらい大変だと思いますが、子どもが真に豊かな社会を作ろうと意を新たにしました。やはり自分の目で見ると実感が湧きます。
| 次へ