CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«いよいよ週末は新松戸まつり | Main | ジャニー喜多川氏から人間を考える»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
考えることを考える [2019年07月10日(Wed)]
■由無し事ですが(その@)
高校時代の部活のOB会でいつの間にか幹事になっていました。人生の大先輩のタワーマンションで緊張した面持ちの現役生たちと企画の打ち合わせをする機会がちょくちょくあるのですが、流行りのもの等の雑談が入るので非常に新鮮な気持ちになります。
会議後、ひとしきり食事をして終電も迫った帰り際、学生たちはこぞって「先輩のお話、とても面白かったです」と挨拶して帰るのが気になりました。最近の若者の間で流行っている社交辞令の決まり文句かな?と思って聞き流していましたが、1対1になっても「ぜひまたお話聞かせてください」としつこく別れ際に言う。心当たりのある企画の話かなと思って振ってみるもどうやら違う。そこで、無粋とは思いつつも『何がそんなに楽しかったの?』と1人の後輩に踏み込んで訊くと「自分の考えが浅(ペラ)いと気付いて気持ちいいんです」とのこと。その感想の方が面白い…。
                   ■
きっと、学歴をしゃにむに追い求め、フツーに生きていれば大外しはしない、周りからも変に思われない…けれど何だかそれだけだと人生詰まらない、本当はもっと楽しめるはずだと考えている学生が多いのかなあと仮説します。多分、彼らはインターネットで最速の「答え」を探すのに慣れ飽きて、自分の頭で考える未知の体験に目覚めたのかも知れません。
それはちょうど、野球やサッカー、バスケ等ではなく、ホッケーのスティックで弾をトラップして当たった時の不思議な感覚のように。
                   ■■
ちょっと前、市内のイベントで出会った講師が『手は7割アタマ(脳)と繋がっている』という話をしていました。キーボードやスマホに書くのとペンで手書きするのは違うという意見には大賛成です。
昔から頭に構想したよしなしごとを書き溜めたノートの1冊(その時偶然持っていた)を学生に見せながら話すと「いつアイデアが浮かぶんですか」との質問が。面白い。
改めて自分の考えが浮かぶタイミングを考えてみると、デスクに座ってじっと考えている時よりも、歩いている時やジョギングしている時の方が(脳が活性化されているのか?)、頭が整理されて良い考えが浮かぶ気がするなあ・・・そんなことを話していたら、もっと思い出しました。そうです、一番浮かぶのは風呂でシャワーに入っている時です。それも、シャンプーを流して目を瞑っているあの時!・・・まあ、風呂を上がるとほとんど忘れちゃうんですけれどね。ほとんど。
コメントする
コメント