CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第3回期日のお知らせ | Main | 会派の変更など»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
6月定例会、議員の賛否態度をHPに掲載しました [2019年06月28日(Fri)]
【賛否態度UPのお知らせ】
賛否態度、公式HPにUPしました→https://k-ji.jp/

【個々の議員のココに注目!】

@政策実行フォーラムが議案・請願・意見書の全てにおいて会派内で賛否が割れる!(初)
…まあ、熟議をしたあとの拘束はない事がビラに書いてありましたから異論は無いのでしょうが。

A請願に、岡本ゆうこ議員(政策実行フォーラム)が市民力と同じ態度!(これも初!)
…示し合わせたわけではありませんが、この請願3号に反対討論をしたのは市民力の中西議員のみなので、討論の効果があったと思っています(ご自身の政治理念を貫くことができた当該議員にも敬意を表します!)。

B副市長人事、4人も反対者が出る!(当然、初!)
そしてなによりこれが大きな議題でした。副市長人事。通常(私以外は)質疑もなく通過することが多い人事議案について、中西議員、増田議員、宇津野議員と(私入れて)3会派計4人も質疑が重なりました。焦点は、大型事業。そもそも市長が言い出した6大事業(新庁舎建て替えを含む広範な新拠点ゾーンの開発、新松戸駅東側開発、クリーンセンター、矢切、千駄堀、北小金駅南口東側開発)に市民からも議会からも大きな疑問の声が上がっています。3つに優先順位をつけた3月議会の市長の異例の発言から舌の根も乾かぬうちに、また、議会から慎重に検討を要する!との決議も可決しているのに、ここに来て急に国交省のキャリア官僚を迎えて、大型事業を進める予感をぷんぷん匂わせているのですから、懸念の声は当たり前です。
更には新松戸の神明堀の強引な理屈による開通への変節、駅東側の市施工の区画整理へ向けた着工(平均減歩率77%!)、矢切の大型倉庫への態度表明もしない市長・・・どこを信頼していいのか分かりません。
選任された方には全く落ち度はありませんが、(我々議員はともかく)市長も会ったこともない人間に全幅の信頼を置いて自らの’片腕’にするというのですから、にわかに「ハイお願いします」とは言えないのが普通の感覚だと思います。
反対討論は私だけでしたが、他の会派からも反対者が出ました。後から賛成した議員が私の元へきて「私も反対しておけばよかった・・・」と漏らしていました。

なんだかんだ言っても、議員は態度が全て。今後も市民目線で質疑、採決に望みます。
コメントする
コメント