CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«定例会招集日 | Main | 一般質問»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
一般質問はじまる [2019年06月12日(Wed)]
■一般質問(初日)
今日から一般質問が始まりました。来週火曜日までの5日間です。
質問内容は旬な課題からスタンダードなものまでさまざまでしたが、特筆事項としては、新人議員の発言取り消しでしょうか。一般質問を通告すると担当課の職員が事前にヒアリング(すり合わせとも言う)に来る習慣がありますが、その時にもらえると想定していた答弁と違う事にご立腹された政策実行フォーラムの岡本議員が質問権の侵害と言われ、質問後に執行部に説明責任を求めると強い口調で言われましたが、その直後、宇津野議員から(休憩して)もしそれが事実なら問題ではとの指摘もあり、彼女は議長室に呼ばれたようで、最終的には自ら発言を取り消すというかたちになりました。
                     §
私も1期目の時、何気なく発言したことが中川ひでたか議員に指摘されて初めて発言取り消しをした覚えがあります。たしか最初の9月議会でした。当選から1年も経たないうちに異例のことに戸惑った覚えが懐かしく思い出されますが、当選後約半年でこんなことになるとはなんというか、色々と驚いたのではないかと思います。

今回の発言取消は本人の問題と言えばそれまでですが、これまでの執行部と議会の質問やり取りに問題はなかったのか、或いは会派での'新人教育'は十分だったのか、議会としてできる事は何かなど、本人の責任以上のあるべき姿を想起させる出来事でした。

PS.余談ですが、その後の増田議員の新松戸駅東側の開発に関する質問時には、職員が市民に対して大変失礼なやり取りがあったと発言され、少し議場がざわつきました。別件で(発言こそしませんでしたが)私も担当職員の言われ方には強い違和感を覚えた経験が少なからずあるものですから…このように、市民に見えない場(主に控え室)で担当と議員だけの密室で行われているヒアリングに色々と弊害が出ているのではないかと痛感する次第です。
インターネット中継では雰囲気までは伝わりにくいかもしれませんが、傍聴された方などはどうぞご感想をお寄せ下さいますと幸いです。
コメントする
コメント