CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2/15に報道された市内小学校の指導について | Main | 報告会ご参加御礼!»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
2/15に報道された市内小学校の指導について【その2】 [2019年02月15日(Fri)]
■以下は私見です。
この件に関して、前の記事では市教委から報告された「事実」をベースに書きましたので、ここからは私の「意見」を書きます。

*私の状況は、一方的に市教育委員会から報告を受けた情報です。相手方から聞いたわけではありません。また、不特定多数のネットの書き込み等では市や学校に批判的なコメントが圧倒的に多いですが、その情報を全てうのみにするつもりもありません。

*ただ、今回の市教委の報告に加え、UPされた当該動画などを見るだけでも、児童Aは明らかに被害者であることは間違いありません。
※学校側が児童Aと保護者に謝罪していますので、その見解は公式には確定していると言えます。
ただ、他に被害者がいるか、関係者の責任や処分等はどうなるのか、問題の本質は何か等については、「第三者委員会」を立ち上げて客観的な検証をする必要があるのではないでしょうか

*市教委の今日の報告では、学校側の児童Aに対する謝罪がメインであるとは(少なくとも私は)確信が持てない内容でした。肝心の謝罪の部分が(※カッコ書き)だったことや、児童Aが他の児童とトラブルを起こしたこと等が並列して書かれており、メインの問題点がなんだろう、<児童Aに原因を求める点もあると言いたいのかな?>と色々と疑問が生じました。
市教委が本当に悪いと思うのならば、まずは「お詫び」の一点に絞るべきだと私の常識では考えるからです。

*一番気になったのは、現場の体質です。
なぜこんな重大なことを学校は迅速に市教委へ報告しなかったのでしょうか。その意図はなくても、大騒ぎにならぬようにしたかったと取られても仕方ない状況です。結果、TBSの「あさチャン!」の報道後に慌ててこの対応で、このタイミングになってしまいました。
※今日の夕方放送の「Nスタ」でもいじめ特集が組まれていたと市内ママさんから情報あり。

*加えて、動画UP及び本日のTBS報道を受けて、慌てて議会に何か報告せねばとはやり、「プロ」として求められるべき正確で、客観的な、誠意ある報告をするべきところ・・・今回のような意見と事実が混同したような拙速な報告(?)になったのだと思います。

このガバナンスの危うさが、一番危機感として残りました。市で起きてしまったことも悪ければ、その後の市教委のフォロー対応も悪かった。二重の悲劇です。
本当に困った時、孤立した時、相談できる大人が周囲にいないのだとしたら、当事者の子どもたちはかわいそうでなりません。いじめはこども同士だけでなく、時に子どもと大人を巻き込んで行われることもあります。
野田市で痛ましい事件が起きた矢先の今回の件です。
教育現場は「何かできなかったのか」と胸に手を当てて考え、真剣に自問するべきだと思います。かくいう議員の私も、こうして情報公開くらいしかできていない自分の非力さが悔やまれます。
今後も、正確な事実検証と対応、そして情報提供を求めていきます。
コメントする
コメント