CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«市内小学校でのトラブル報道について | Main | 2/15に報道された市内小学校の指導について【その2】»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
2/15に報道された市内小学校の指導について [2019年02月15日(Fri)]
■松戸市教委からの報告の内容(本日AM11時頃〜)
全議員に対して、今回の松戸市立小学校で発生した事件に対して、市教委から突然、以下のような説明がありました。小学校名はネット等で既に書かれていますが、担当者は「議員さんだからお伝えしますが〜」と前置きして小学校名を言われたりしました。私は(えっ、今さら何を言うのだろう?)と、まるで事態の‘火消し’に奔走しているような印象の物言いに困惑し、(大丈夫だろうか…)と大きな疑念を伴いつつ、まずは市の教育委員会の言い分・主張を聞き始めることになりました。
                 §
市の説明(A3資料1枚のみだったが、それも会の途中になって「後に回収する」と議長より明言があり、メモを取ったのに等の異論を唱える議員もいたが最終的に全員分回収された)があり、私が知った概要は以下の通り。
※以下に書かれている事象については、全て松戸市教委の報告を極力正確に記述・再現するよう努めています。


■事態の概要
児童A・・・被害者と訴えている児童
児童B・・・加害者とされる児童

H28年5月24日(火)に帰りの会前後に起きた児童のトラブルへの指導状況の録音動画が、H31年2月1日(金)に動画サイトユーチューブにUPされた。2月4日(月)に当該小学校から市教委に連絡があり、市教委が知ることになった。
                 §
<H28年5月24日のできごと>
ドアで通せんぼをしていた児童B(以下、B)に児童A(以下、A)が通りかかって口論となる。先にBがAにちょっかいをかけたところ、AがBを叩き返す。教師が指導してそこで一度争いは終わったが、帰りの会後にAがBの二の腕をグーで叩いたところ、Bが怒って机を倒し「やられたらやり返していいんだよな」と言ってAの腹をグーで叩いた。担任はそれをやめるように言わなかった(この件については当事者と両親へ教頭と担任が謝罪している)。Aが痛そうにしてしゃがみ、立ち上がろうとした時に担任が「まだ座っていた方がいい」とAの肩を押して座らせた。黒板が見えないと訴える別の児童がいたため、場所を移動しようとしたが、Aは「Bを叩く」と言って振り払い、教頭が対応。その後、Aの保護者が学校に来て、学校側の不適切な対応を謝罪。
                 §
H28年5月25日、Aの保護者が来校し、学校が再度謝罪。

H28年5月31日、Aが別の子とトラブル

H28年6月1日、Aが学校を欠席しはじめる

H31年2月4日、学校から動画UPされていると連絡を受けた市教委が調査開始。

H31年2月8日、学校がAの保護者と面談

H31年2月12日、臨時保護者会

・・・以上です。

細かい点まではメモをとりきれていませんので、概要のみです。上記の内容を詳しくお知りになりたい方は(出るか分かりませんが)開示請求等でご対応下さい。
その他、教育長が取材と報道に対して私見を述べたりされましたが、議員として知りえた重要な事実を中心にお伝えしました。
私の質問に対して、改めて議員には報告の場を設ける旨を市教委担当側は答弁しました

今回の件について市教育委員会は一丸となって解決に向けて誠意ある対応に全力を注いで欲しいと思います。
コメントする
コメント