CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«議案説明会 | Main | 2/15に報道された市内小学校の指導について»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
市内小学校でのトラブル報道について [2019年02月15日(Fri)]
■今日は招集告示日。ですが・・・
予算説明会がありました。1時間で駆け足のような説明。新人議員の何人かはアップアップしていました。この説明で分かりにくいのは元より、新人議員にはツラいよな・・・何かあればいつでも聞いて下さいと言っておきました。
さて。

■市内小学校のトラブル
その直後、教育委員会から何か言いたいことがあるようで、異例の時間がとられました。
今日のTBSでのテレビ報道(松戸市立小学校の児童トラブルに教師側が不適切な対応をしたとされる事件)の説明(?報告?謝罪?弁解?)がありました。
正直、市教委の発言中あまりにも「〜と思います」等の言葉が頻繁に使われており「事実」と「意見」が混同しているため、聞いている側は事実なのか推測なのかが非常に分かりにくく(他の議員からも説明ならば「事実」をしっかり報告せよとの旨の指摘がありました)、モヤモヤが収まらぬ状態でした。伊藤教育長はTBSの取材に怒りを感じているようでしたし、市教委は現場を庇っているように聞こえました。本当に大事な報告は何だったのでしょうか。
私としてはかえって非常に疑問を深め、不誠実な印象を受けましたことを報告します。

                    §
更に、配られたA3の一枚きりの資料は、説明が終わり質問のやり取りの半ばで突然「後で回収します」と山口議長に言われ、異論を唱えた女性議員に対して「ならば今回収します!」といわれ、売り言葉に買い言葉のようなやりとりもあり、その場にいた私は「これが松戸市議会か」と恥ずかしい気持ちで一杯でした。(回収すべきかの是非は別として)回収するならするで初めにきちんと言うべきですし、回収に不服があるなら「資料に既に多量のメモ(情報)を書いたので、それはしないで頂きたい」等の理由を言って、まずは批判ではなく正式にお願いするべきでした。
民主主義的な、事件の正確な内容の共有のためのやり取りとは思えませんでした。松戸市議会で懲罰を科された時に痛感した民主主義に対する違和感と同じような感覚を覚えました。
                    §
私は与えられたわずかな時間で、一番気になっていた当事者たちの安否について「児童やその他の人の健康は大丈夫ですか」と開口一番に尋ねました。ユーチューブに動画が挙げられた朝、担任が少し遅れて来たとの報告がありました。

次に、この場で多くの詳細を質問しても、正確に語る能力や立場は今の市教委にはないのではと察し、「今は不完全な説明だが、一連の事実確認が行われた後で、正確な経緯や顛末、関係者の責任等を含めた報告を議会にするのですか?その際、改めて質疑は今後もできるですか、それとも今のこの場しかないのですか?」と確認しました。後でまた機会を設けるとの事でしたので、他の議員も挙手していたので、その場で深いことは控えました。私なりの協力です。
PS.何度も手を挙げて複数回質問している議員や、質問のはずなのに要望している議員、自分の質問が終わったら他人の質問に失礼なヤジを飛ばす議員の存在もありました。物事に対する姿勢や意見は色々あれど、議会も『議論すること』に対しては最低限ジェントルに対応するべきだなと痛切に思いました。一番の被害者は当事者です。

■ガバナンスに危機感を抱く
市教委の対応と、この会議での他の人たち含むやり取り自体に、問題の根深さを痛感しました。議員13年目にして、なかなか体験する事のない危機感です。
市は徹底して事実確認をして、正確な報告と、しかるべき責任を取る事が必須だと考えます。

今日の仕事がひと段落したら、後でまた改めて書きたいと思います。取り急ぎ。
コメントする
コメント