CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«臨時会 | Main | 招集告示日»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
議案説明、他 [2018年11月28日(Wed)]
■議案説明会
招集告示日を明日に控え、今日は全体での議案説明会でした。いつもより議案数は少なめで、30分強で終わりました。その後、議員団役員会議、議会表彰委員会が開かれ、それぞれ正副委員長決まりました。いつも通り、3大会派(まつど自民・公明党・市民クラブ)のだれかが無記名投票による「多数決」で決まる構図は全く変わりません。
                 §
その後、更に経理責任者会議がありました。これは無所属議員も含め15名が出席します。一連の正副委員長(ここでは座長)が決定する最後のチャンスです。これまで静観してきましたが、まるで保守系会派が示し合わせたような投票先の一致による同じ3会派からの偏った役職の選抜(※)に対し、異議を唱えました。当初段階で少数会派(4人会派)が4つもできたので、比例配分でまだ役職がない会派(立憲民主党、政策実行フォーラム、日本共産党)の中から話し合いで選出するべきと発言しました。一部の賛同意見を得たものの、大会派からは充分な理解を得られず、一人も賛同意見がないまま、現行通りで深山座長(市民クラブ)に続き大谷副座長(まつど自民)が選ばれました。
                 §
そもそもこの経理責任者会議の目的は、全国で不祥事が続く「政務活動費」をきちんと説明責任がつくような使い方を徹底しようという議員間の情報共有の意味があります(それでも過去に事故は起きていますが)。お互いに使途についての疑問を指摘しあうのですが、最終的には各議員の判断です。積み残しがいっぱいあるのも問題点だと指摘しました。
今後、市民感覚に近い新議員たちの指摘や行動に注目しながらいい方向にもっていきたいと思います。



※強いて言えば、今回できた4人会派「みらいクラブ」から副委員長が1人選出されたのがこれまでとの違いです。
コメントする
コメント