CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«近況速報 | Main | 議案に対する賛否態度の公開を求める請願、不採択に!»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
議会近況 [2018年09月10日(Mon)]
金曜日の議会の続きです。
待たされに待たされ、結局20時を過ぎて再開。
その間に、実はたまたまですが、私が入れなかった議運のある委員から、何故あの箇所が問題とされたのか、議運の委員たちは一体何を考えているのか、など、議論の経緯を聞く機会に恵まれました。議運での説明が一切なかったので大変貴重でした。
どうやら、私が事実の陳述と思っている1点目の箇所が、委員会では個人の賛否公開への意向と取られたようでした。なんだ、それならそうと言ってくださればいいのに…私は再三委員会でもここでも包み隠さず自分の意図を述べていますが、初めてここですり合いました。意味が分かり納得できた以上、私に意図はなかったものの誤解を与える表現と取れなくもないと思い、ならば私が取り消すのが一番丸く収まるだろうと、取消しました。議長に命じられた本会議で取消説明中に「ハイかノー(いいえ)」で答えるよう促されましたので、途中の説明を省いて「ハイ」とだけ答え、(二択でと訊かれてもつらつらと説明を続ける執行部の答弁みたいにならぬよう)従順に従うことで誠意は伝わったかと思います。
それにしても、1期目から議長に発言取り消しの際には議長に促され、議運に諮られ、までは同じですが、今回本会議での命令という扱いはイレギュラーでした。何かいつもと違うことが起きているようにさえ感じました。挙げ句の果てには本会議後に今回は何が起きたのかと訊くも、議会事務局にも上手く説明できないくらいパターンがあると言われたり、より会議規則について勉強が必要だと思いました。
今後も研修会などに出て知識と知恵を深め、議会運営に寄与したいと思いました。
コメントする
コメント