CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«近況 | Main | 喫煙スペース、遂に廃止»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
【速報】介護保険料業務に関わる松戸市のミスの報告がありました [2018年07月30日(Mon)]
◆速報◆
明日の新聞に載ると思いますが、一足早くお伝えします。
松戸市のミスにより、一部の方の介護保険料口座の引き落とし額に間違いが生じることになります。
今年度第2期分の引き落としが、第1期と同じ金額で7月31日(火)に引き落とされます。
(今月26日に発覚)

【対象者 1,629人】
内訳
・本来より高く引き落とされる人:1,487人
 最高額6,500円、最低20円、平均474円

・少なく引き落とされる人:20人
 最高額7,360円、最低280円、平均3,163円

・引き落としできない人:122人
 最高額15,100円、最低1,000円、平均5,525円

                 §
対応としては第3期で相殺など調整する見込み。

余談ですが、それにしても今回の市の不祥事の通知文書が分かりにくいこと分かりにくいこと・・・。お詫びという形をとっていないので、誰の責任でどうなったかという一番肝心な部分がぱっと分かりませんでした。
そこで担当課に電話で「細かい話は聞きませんが」と充分前置きしてから「一言でいうと今回の件は市が100%悪いんですよね?」と聞いたところ、担当者から即答が得られなかったことが、実は一番の驚きでした。担当課一同、今回の件についての再発防止には取り組んでいらっしゃるでしょうが、そもそも本当に真摯に反省しているならば、誰が悪かったかという問合せには(それが市民・議員に関わらず)文書や上司に確認せずとも開口一番「この度はご迷惑をおかけしております。はい、市の責任でございます…」と即答できるのが当然の常識だと思っているのですが、それすらいちいち時間をとって確認されようとすると(アレ?大丈夫か?)と思ってしまいます。誠意があるなら、相手の時間を極力使うことなく本質的な答えをする(できるはず)のが誠意の基本ではないでしょうか。以上、取り急ぎ。
コメントする
コメント