CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«松戸駅西口駅前広場(ペデストリアンデッキ)のバリアフリー工事完了! | Main | 松戸市長選挙に思ふ»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
松戸の子育てを考えるイベントin東部スポーツパーク [2018年05月31日(Thu)]
b11.png
■ご参加御礼
松戸の子育てを考えるイベントin東部スポーツパークが無事終了しました。
最初に主催者の中西さん(4児の母)が「子育てNo.1って松戸市は宣伝しているけれど、ホント?」との問題提起をされ、子育て中のパパママから「確かに!」「そうよねえ」と合の手が入ると、よく分からないから解説を・・・という流れで、私からはまず『日経DUAL』の共働き子育てランキング1位(東京のぞく・全国編)についての各12の指標の解説を行いました。
主に保育所・保育士の充実が高評価につながったことに触れ、首都圏や人口の多い自治体の多くランクインしていることを伝えました。
それにしても、意外と指標の内訳や2位以降の自治体をご存じない市民が多かったことは、手放しで喜べないなあと思います。これではNo.1を実感できなくて当然です。
b2.png
次に現職議員の視点で、保育所の第1希望に入れない家庭が増加していることや小規模保育所の一人当たりのコスト等を挙げ、「保育の質」についての脆弱性や財政への課題を指摘しました。そして何より、市のPR動画やポスターに踊らされたりすることなく、基本的な数字(入所率、希望達成率、兄弟同じ園の率の推移等)で把握することや、当の松戸市民が本当に今の子育て状態に満足しているのかをよく自問して下さるようにと訴えました。1企業の1指標に過度に浮かれるのではなく、市民が自分の頭と体と心で感じ・考えること。そこに答えがあるのですから。←ここが一番のポイントです。
                  §
参加者は全員集中して聞いてくださり、また後半の意見交換ではポストイットがなくなるくらいたくさんの活発な意見が出ました!(^^)
会が終わった後でママさんのお一人が「なかなかこうやって話し合う機会がないから楽しかったです」と言われたのが印象的でした。目の前の行事や事務的な連絡は頻繁に話に出るようですが、意外と市政の子育て事業全般を俯瞰する機会というのは考えてみれば確かに少ないのかも知れません。
ニーズがあることは確認できましたので、またこういう機会にお邪魔して‘アゲイン’させて頂きたいと思いました。
b3.png
参加いただいた皆様、お忙しい中、どうもありがとうございました!!
次回は「議会」をテーマにしてやります。近く告知しますので、どうぞお楽しみに!今回これなかった方もどうぞお越しください^^

コメントする
コメント