CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«本日、一般質問です! | Main | 6/2東京新聞の掲載記事(PTAについて)»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
【大公開】PTAについての投稿(東京新聞へ) [2017年06月14日(Wed)]
■大公開!新聞掲載された元となった山中啓之の意見投稿(全文)
これをご覧になっている頃はちょうど私の一般質問中かと思いますが、質問とも関連性が高いのでご参考まで。先日のPTA記事に対して反響が大きかったので、東京新聞に投稿した全文を載せます。
掲載記事では伝えきれない、細かいニュアンスまで伝われば幸いです。

※議会ライブ中継はコチラ↓
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/matsudo/WebView/

以下、全文です。

はじめまして。山中啓之と申します。5月12日付(21面・考えようPTA)を拝見し、意見させて頂きます。
■「ボランティア制度の導入『できる活動』選び参加」を読んで
PTA問題は古くて新しい問題だと思います。ボランティア制度を導入した大田区立の小学校の記事には非常に興味を持ちました。毎年恒例の役員選出時に、多くのPTAでは雰囲気がギスギスしがちですが、本来の自発的にやりたい人を募るボランティアという性質に原点回帰した所は非常にいいと思いました。
一方で、疑問も抱きました。組織名を従来のおカタイ名称から楽しそうな呼び方に変更したり、メルマガで活動者を募る等の形式的なハード面の整備はされているようですが、本当にそれだけで参加者が増えるとはいまひとつ実感が沸かないのです。
事実上の内容が変わらない限り、各イベントの準備や開催の労力等の実質的な負担はどうしてもかかるからです。自発的な募集制度になった事で逆に「自分は全く手伝わなくてもいいんだ」と‘逃げ’を決め込む人も少なくないのではないでしょうか。おそらくですが、意識ある人が互いに声を掛け合ったりするなど、文面には表れていないソフト面の数々の工夫が施されていることと推察します。参加への意識改革は普段の会話や人間関係そのものから発生するからです。

■毎年恒例のPTA加入問題と役員選出問題
私は松戸市(千葉県)で市議会議員をしています。地域との関係が深い仕事の性質上、この時期になると必ずと言っていいほど何人かの保護者から(主に匿名で)メールを頂きます。主な内容は以下の2つ。
「PTAは強制参加なのか。承諾や申込書もないのに入っている事になっている」
という‘事実上の’自動的な加入に納得がいかないという指摘と、
「欠席していたのに役員にさせられた」・「共働きで父母の介護もしているのに平等でくじ引きで役員にさせられた」
という役員選出の問題です。
特に前者の指摘は、加入の決まりや会費の引落し手続きがある程度確立している東京都内から転入されてきた保護者からが多く、不明瞭なルールの明確化・明文化を望む声や、市全体でこのような杜撰な運用がまかり通って当然なのかという確認作業を求める質問も少なくありません。私も知らぬ存ぜぬでは済まされない立場から、まずは現状確認をしようと市内全ての小中学校の「PTA会則」を市教育委員会に照会したのですが、これが意外と手に入りません。
埒が明かないので議会で質問したところ「PTAも数ある社会教育団体の1つで、任意団体だから市教委では会則を把握していない」というものでした。任意団体とはいえ、これまで教育現場で様々なサポートを与えてきた市教委が、市内で最大級規模であるPTAという団体を相手にしても「任意団体の1つ」とみなして消極的な答弁に終始する姿勢には怒りを越えて呆れました。市教委は会則を把握していないので、どのPTAのルールが市の標準なのか分かりません。まさに隣は何する人ぞ、です。
それでいて、一方では地域には一層の協力を求めると日頃から言っているのですから、ご指摘の保護者の気持ちもよく分かります。

■時事的な問題から、活動やルールの公開を
従来の顔の見える地域の関係は薄まり、生活スタイルや価値観が多様化しています。折しも本市では市立小学3年生の児童が殺害・遺棄され、その見守り活動をしていた保護者会の会長が逮捕されるという痛ましい事件がありました。
つい最近も市内で発砲事件があり、市内で生活する子どもたちの安全な環境の整備が急務です。子どもたちの為にも、まずは各PTA(保護者会含む)の会則をオープンにして、当事者である保護者だけでなく地域の方々のボランティア等への参加を促して、信頼のできる地域づくりが望まれていると思います。
以上、私の意見を述べさせて頂きました。この問題は議員としても個人としても大変力を入れております。
(もしも取り上げられる場合は、主旨を損なわない範囲でしたらご自由に編集して下さい)
          
以上、文章終わり。

東京新聞の記事を読んだのが5/12、それに対して投稿したのも同日(5/12)です。
掲載は6/2です。今後もこのテーマにかかわらず、重要な事は社会に広く発信したいと思っています。ご参考まで。
コメントする
コメント