CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«来年の広報まつどを発見 | Main | 謹賀新年»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
年末年始のお知らせ [2010年12月31日(Fri)]
早いもので大晦日です。
なんとなくプロフィールを更新しました。
そして今は、正式な「けいじの政治」VOL.17 を作っています。
年が明けたら神社に行くくらいで、基本的に今日も明日も自然体で働くつもりですので、仕事のご用件は、いつも通りにご連絡下さいますと幸いです。

【時候の御挨拶に関するお知らせ】
先日も書きましたが、例年、携帯やPCから「あけましておめでとう」メール等の時候のご挨拶を沢山いただきますが、基本的に電子媒体の時候の挨拶に私からお返事は出しませんのでご理解下さい。
※ミクシイ年賀状等も同様です。

私の考えでは、このようなご挨拶は本来、直接伺って御挨拶するべきものと考えています。特に時期柄、イベント的な電話やメールが集中すると、本当に必要な緊急時の電話やメールの通信の支障にもつながります。
公選法の関係もあり、私は議員になってから基本的に年賀状は自分から書きません(厳密には、書けません)。ご理解下さい。
また、市内の方から
「地元のある議員からは毎年元日にウチに年賀状が来ている。議員から出せないなんて嘘だろう!」
というご意見も毎年のように頂いておりますが、その議員は公選法違反の可能性があります。新人の1回目なら優しくご注意を、法を良く知るベテラン議員ならば確信犯かもしれませんので厳しく御対処を、というところです。

一方、遠方の方や特別の御事情のある方もいらっしゃいますので、郵便局を通じた手書きの年賀状にのみ、私から直筆で御返事を書かせて頂いております。(これは公選法上も問題なしです)
(それでも毎年遅くなりまして誠にすみません。)
あらかじめ、ご理解とご協力をお願いします。

                          §

最近になってお礼状を書く機会が増え、特に思うのですが、一度に大量頒布が可能な「電子メール」と、時間と労力がかかる「手書きの手紙」では心の込め方に大きな違いがあると思っています。形式美と内容美ともに、人間の手書きに勝るものはありません。

以上、今年は選挙前後のお問い合わせメールもやっと返事をしている状態ですので、何卒ご協力お願いします。その分といってはナンですが、駅でお見かけの際は遠慮なくお声掛けくださいますと幸いです。m(_ _)m
コメントする
コメント