CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
第4回ちばアクアラインマラソン [2018年10月22日(Mon)]
301021 chiba aqua.jpg
■完走しました!
時期柄、月間走行距離20qという無謀な状態でしたが、「ちばアクアラインマラソン」4度目の完走しました!
一番後ろブロックの最後尾から出走したので、突っ込むこともなくマイペース。それでも道すがら、多くの友人ランナーに声をかけて頂きました。本当にありがとうございました。

1万5669人が参加し、1万3909人が完走。完走率88.77%(17:40-公式発表より)と相変わらず厳しい数字です。過去4回とも晴天(もとい猛暑)が多く、途中棄権も多いこの大会ですが、昨日は風もあったため体が動きやすかったです。一緒に出た初マラソンの友人もサブ5で見事完走!
今回は東京五輪2020を見越しての事業でもありましたので、私は完走を目指して「安全運転」で走り、低いと言われる千葉県の‘おもてなし’具合を堪能してきました。35q地点の梨ジュースや名産品、君津の冷凍ブルーベリーなどは非常においしかったです。

■記録
5’23’01(G)
5’13’16(N)
6502位

写真(右下)にも、富士山が写っています!気持ちよかった〜!!

(参考)KyodoNews「1万6千人、海上駆ける ちばアクアラインマラソン」
https://www.youtube.com/watch?v=-QAB9U9hdN0

…余談ですが、同日行われた波乱のプリンセス駅伝で、こんなことがありました。
(参考)日刊スポーツ「女子駅伝でアクシデント!200m四つんばいで前進」
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201810210000473.html
岩谷産業の飯田怜(19)選手が骨折したにも拘らず、四つん這いで約200mを進み襷を繋ぎました。外野が批難するのはとても容易ですが、私は本人の判断に心の底から敬意を表します。痛かったろうし、恥ずかしかったろうし、悔しかったろうし・・・けど繋いだ。自らの意志で繋いだ。自分を守らず全力で繋いだ。スポーツにも政治にも言えることですが、こういう生き様を見ると理屈抜きに感動すると思います。動画を観ると涙が出るので要注意です!
【緊急談話第2弾】’もしかすると’最後の、議会報告会 [2018年10月19日(Fri)]
■今期最後の議会報告会「政啓談話」
最近何故だか地味な私服でいても、多くの方から声をかけて頂きます。市民の皆様、連日ご意見や激励を本当にありがとうございます。

さて、明日は今期おそらく最後の政啓談話です。

10月20日()17時〜市民交流会館(すまいる)
無料駐車場多し

一般質問&質疑、9月定例会で起きた事件、ここには書けないこと(例えば弁護士との対話など)等・・・色々とお話しいたします。どうぞお越しください!^^
懲罰の件が議会だよりに掲載予定です [2018年10月18日(Thu)]
■広報委員会
今日行われた広報委員会の資料(閲覧のみ可)によると、懲罰の件が議会だより1面に載ることが決まりました。懲罰特別委員会の議論の中身に触れず、外から見える事実(例:動議提出人数や懲罰委員会の人数など)のみが掲載されるとしたら、肝心の市民の皆様がお知りになりたい「一体どの発言がいけなかったのか」という点については依然闇のままということになります。
                    §
更に、今後、懲罰委員会の議事録(現在、作成中かと)が公開対象にならなければ、何が悪いとされたのか、一般の市民には(傍聴も完全シャットアウト!)議論の中身が全く分かりませんね。
私にも本当に、私の討論発言のどの発言が侮辱にあたり、またどこが議会の体面を汚したのか、一向に分からないままです。
何のための懲罰なんだろうか。『これでは戒告の意味がないではありませんか』と言っていた懲罰反対議員の討論が何度も頭にリフレインして響くようです。

議会だよりは、市議選直前の11月1日発行。
【出演情報】お呼ばれしました [2018年10月18日(Thu)]
44347585_1794354494024656_5439182992092168192_n[1].jpg
【出演情報】
埼玉政経セミナー主催の特別講座に山中啓之がコメンテーターとして出演します。

テーマ「市民が設定する市議選挙の争点とはー来年4月実施の統一地方選挙に向けてー」
日時 10月26日(金)18:30〜(18:15〜開場) 
場所 越谷市市民活動支援センター5F(越谷駅の目の前)

最初に廣瀬克哉法大教授(自治体議会改革フォーラム代表)の講演あり、その後にコメンテーターの出番の模様
受講料 1000円(会員500円)
定員 先着80人

この時期に急な依頼・・・ですが、こんな風に他自治体の講師に呼ばれるのは初めてではありません。折角ですから、寝た子も起きるような言いたいコト言うつもりですので、お楽しみに!^^
’2回目の’懲罰根拠の明示の要望書に対する回答 [2018年10月17日(Wed)]
■御礼
連日、市民の皆様からの励ましのメッセージありがとうございます。
朝の駅頭で懲罰ビラを配れば軒並み‘品切れ’、昨日都内での有志議員の勉強会でも懲罰ビラは‘品切れ’です…メール、FAX、封書などメッセージには基本的にお返事を書くつもりですが、どうしても遅くなってしまい、すみません。頂いたものは、全てに目を通しております。メッセージは引き続き大歓迎です。
皆さんから頂くご意見は大きく3点あります。
@「どうしてこの発言(=山中の討論)が懲罰となるのか理解できない」
という、問題箇所が不明なゆえに懲罰根拠が分からないもの(私と同じ)。
A「松戸市議会は腐っている!議員のレベルはこんなものか!?」
という、社会通念上認められるべき弁明が一切認められなかったこと等による近代民主主義的な手続きの不在に対するお怒りや議会・議員の機能を問うもの。
そしてB「負けずに頑張れ!支持・応援する」
という私への激励です。
一番多いのBの激励については、私を一方的に応援するという方に留まらず、「今回の事件は民主主義(表現・言論の自由)を守る問題だから頑張って闘って欲しい」とか、「今の議会を一掃するため頑張れ」というご意見、中には「今まで(戒告に賛成した)●●議員を応援していたけれど、今回の件で君(山中)を応援することにした」というご意見まで…等々、色々な方がいて下さり、私も大変勉強になっています。
・・・いずれにせよ、この件をもっともっと多くの方に知ってもらい、真実に近づくことが必要だと考えています。

■事実上のゼロ回答・・・
さて、本日17時頃に議事調査課から電話があり、先日私が出した懲罰の根拠の明示についての要望書(2回目)に対して、議長から事務局を通じて回答が来ました。
↓をクリック
回答書(H30.10.17分).pdf


・・・またしても事実上の「ゼロ回答」。

日本語がうまくかみ合っていないのか、同じ回答を何度繰り返されても、やはり「これでよく分かりました!」とはなりません。

今後の対処を含めて検討したいと思います。引き続き、皆様のご意見をお寄せください。ご意見、法律に詳しい方や関係者のご意見もお待ちしております。
※尚、情報提供者に対してはその方の社会的不利益とならぬよう配慮しております。念のため。
公文書開示請求の決定通知が出ました! [2018年10月16日(Tue)]
■山中けいじに対する処分要求書を出した議員とそこに書かれた理由が判明!
懲罰を科された翌月曜日(10月1日)に開示請求を出していた「処分要求書」を先ほど入手しました。元々懲罰委員会の委員には見せられた資料だったので議事調査課長に頼んで見せてもらおうとしたら断られた為、開示請求をかけましたが、久々の完全開示でした!これにより処分要求書を出していた議員の理由が分かりましたので下記に公開します。

【侮辱を受けたとする事実又は事情】
請願第7号の討論中、公式記録に基づかず、不必要に実名を公表された(原文ママ)

【処分要求書を出した議員名】
大塚 健児(おおつか けんじ) 議員
大橋 博(おおはし ひろし) 議員
箕輪 信矢(みのわ しんや) 議員

300928 処分要求書_大塚健児議員.jpg

300928 処分要求書_大橋ひろし議員.jpg

300928 処分要求書_箕輪しんや議員.jpg
                
(考察)
実名を用いたのは『桜井議員に対する辞職勧告決議』(改選直後のH26年12月議会)で上記3名が「退席」したという公人の職務中の事実を述べたに過ぎませんが、まさかそれが『公式記録に基づかず、不必要に実名を公表された」ということなのでしょうか?公式記録以前に、滅多にない退席など鮮明に記憶に焼きつきますし、全議員も同席かつ傍聴も可能な本会議で起きたまぎれもない事実なので、自覚されていらっしゃる事と思いますが…少なくともそれが’侮辱’というのに該当するとは到底思えません・・・。
ちなみにこの討論では、現状の松戸市議会の賛否公開は'全会一致'とされていても退席者を母数に含めない事が実際にあったという実例を用いて討論内容の説得力を増すためのものであり、引用の必要性が極めて高かったとも考えていますので、『不必要に』とあるのも当たらないと思うのですが、・・・とすると私にはもはやどの部分が侮辱なのか分かりません。皆様の感覚ではいかがでしょうか?

■真相はどこに!?深まる謎
今回の私への懲罰の根拠の1つとされているこの処分要求書ですが、そもそも不可解な点が多すぎるのも看過できません。箇条書きで羅列します。
@懲罰動議を出したのは別の議員(大井知敏議員)であること
A懲罰委員会より’侮辱’の処分要求書が後であるということ

 ※しかも懲罰委員会が設置された時点で(こちらの方が扱いが重いので)、処分要求書は確か実質上無効扱いされるはず…。
B3人の記載している内容が一言一句違わず、全く同じであること
 それぞれの議員がそれぞれの発露で書き、偶然全く一緒の文言になったのでしょうか?偶然でないとしたら、まるで一緒に示し合わたかのように思う人が多いのではないでしょうか?

処分要求書が出される前に動議が出され、議運が開かれています。
懲罰を巡って今回の「処分要求書」が提出されたタイミングと本当の理由が気になります。
                  §
それにしても、元同会派だった大塚議員からも事前に一言もなく処分要求が出されるとは夢にも思わなかったです…皆様から頂いた税金を使って作られたつい数年前の『市民力通信』を読むと、てっきり賛否を公開する姿勢自体に感銘を受けていると思っていましたから。
市民力通信_大塚議員参入特集号.jpg


近況 [2018年10月15日(Mon)]
近況です。

昨日の緊急報告会@関さんの森にお越し頂き、ありがとうございました。
定例会での質問や議案ー特に新松戸東側の開発の件ーや、どの発言か分からないまま弁明の機会もない懲罰の件については、やはり皆様のご関心が高いと分かりました。

さて、10/1に開示請求をかけていた文書があるのですが、本日17時過ぎになって議会事務局より電話(留守電)がありました。昼過ぎまでは議会にいたのですが。
私が開示請求をかけているのは、9/28に私に対して出された処分要求書です。誰がどんな理由で出したのかも見せられていないので、分かりません。まさか採決時の「退席」を侮辱と捉えた、なんてことはありませんよね?公人ですから…。
【裁判傍聴速報】神明堀の貫通問題 [2018年10月12日(Fri)]
43738997_1787136628079776_2343358058190602240_n.jpg
■裁判傍聴記
本日行われた三番を傍聴しに、朝から千葉地方裁判所松戸支部へ行ってきました。
私の議会発言が引用されたあの「ココット」の裁判以来、数年ぶりの裁判傍聴です。
この裁判の名称は「平成 30 年(ワ)第 706 号“「けやき通り」貫通道路の建設差 止請求事件”」で、要幹線二級市道 7 号にかかる、事業名称を「新松戸七 丁目道路ネットワーク整備事業」とする建設工事及びこれに伴う付帯工事をし てはならないと請求するものです。
以下、傍聴記です。
※なお、私のメモを元にした情報発信ですので、二次利用については責任を負いません。ご参考まで。事実確認や細かいニュアンス等の確認は各自でお願いします)。
■傍聴記
10:20頃現地到着、10:30頃〜整列開始、10:35〜整理券配布。関係者・傍聴希望者らを乗せたバスが到着。10:45整理券を傍聴券と取り換え、法廷の傍聴席へ。多いと抽選になるが、スタート直前に数えると51人位でキャパの範囲。
10:59裁判長らが入室。通常1名のところ、今回は左右陪席もついて3名体制。また、松戸支部で一番大きな法廷で開かれたことからも、重要視されていることが分かる。

代理人の弁護士より意見陳述があり、この神明堀貫通に関する裁判の前提となる背景を説明。被告は松戸市。40年程前からのけやき通りの街並みや反対運動の歴史を踏まえ、人格権の侵害、平穏生活権や環境権、景観権の侵害等と主張。また、神明堀に接する2軒の家の居住者からも5分程度ずつ意見が出された。

私が一番印象的だったのが、宮間氏から歴代市長が守ってきた「(貫通は)住民合意をもってから進めたい」としてきた姿勢が、本郷谷市政になって急に変節した点だ。私も市長室で市長と今日来られた関係者の方々との話を聞いている。納得できないのは当然だろう。市は住民に対して十分な説明をすると事あるごとに言うが、先般の市の6月補正予算の上程は、その方々と市の協議が進行している最中(5回ほど会議が行われた模様)の出来事で、これが大きく水を差す結果となった。市の姿勢が、彼らを裁判へ踏み切らせたと言っても過言ではないのではないか。
                   §
また、住民の意見で初めて聞いて衝撃だったことが2点あった。
@9/5に、裁判中の工事はしないで欲しいとの文書を市長宛に提出するも、昨日(10/11)市に問い合わせたところ、きちんと記録されていないようだったこと。
A昨日(10/11)3人の市職員が神明堀付近の住民に「測量のため、敷地内に入らせてくれ」とやってきたこと(裁判が終わってからにしてくれ、と言うと帰ったらしい)。
・・・の2点だ。

「住民合意をもって〜」からの市の'変節'により、既にこれだけ多くの人たちに心理的負担や影響を与えておいて、市は一体、この裁判をどれほど真剣に受け止めているのか疑問が残った。
やはり、こういう姿勢が市にある限り、住民合意は遠のくのではなかろうか。
                   §
意見陳述が終わり、約30分の第1回目の裁判は終了。
市側は答弁書のみで済ませ、当日出席者(代理人・弁護士含む)は来なかった模様。
次回から、争点を決める事になる。目が離せない裁判だ。

松戸市はそろそろ、(裁判以上に)原告が裁判を引き起こすまでになった市自らの姿勢について考えなければならないと強く思った。

次回は12月21日(金)午前11時〜。
神明堀関連の裁判について [2018年10月11日(Thu)]
■裁判傍聴のご案内
神明堀貫通に関する裁判が、
10月12日(金)11時〜
松戸地方裁にて行われます。

傍聴希望者が多い場合、抽選になります。整理券の配布がありますので、10:30までには到着をおすすめします。
広報委員会のお知らせ [2018年10月11日(Thu)]
■広報委員会のお知らせ
かなり前から決まっていたことですが・・・
10月18日(木)10時〜、広報委員会が開催されます。
(※本日13:20現在、市議会公式HPに記載なし)
               ¶
ここで、11月1日発行の議会だよりの紙面について話し合われます。
今回の「懲罰」についても掲載される事が決定するのではと思います。
傍聴にこられる方は、お早めにご予定をお空け下さい。

市議選直前に議会便りにバーンと出たら「山中は懲罰を食らったんだ」という1点だけが一人歩きするかもしれませんが、どうぞ皆様、どこの発言部分が悪かったのかについて、もしも掲載がなき場合は(私ではなく)広報委員会の担当にお問合せください。
松戸市議会事務局 
047(366)7382 議事調査課
047(366)7381 庶務課
| 次へ