CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松戸政治塾
松戸政治塾とは、大学生が政治参加することを目的とした、学生主体の活動組織です。
主に、千葉県松戸を中心に活動しています。
地元議員のお手伝いから、市政視察旅行企画など、学生しかできないことをしています。
メンバーの大学はいろいろ。学部だって、出身地だって違います。
ただ、ちょっと政治に興味があることが共通点のそんな私達です!!
会議で話し合ったことやアイディア、日々の生活で思ったことなどを書いていきます!!
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
しむ
アピオス (12/14) まえだ
浦安市立図書館の見学 (10/06) 吉村 大輔
One Voice Campaign (05/16) まえだ
未来を考えるイベント (04/30) まえだ
第7回戸田・彩湖フルマラソン (04/30) yamanaka
マラソンを振り返る。 (04/24) 松戸政治塾
読書会に参加して。 (03/26) よしむら
読書会に参加して。 (03/22) まえだ
The Future Times (03/19) よしむら
2月7日 災害支援ボランティア養成講座 (02/11)
読書会「それをおかねで買いますか」(マイケル・サンデル)[2015年10月19日(Mon)]
image.jpegimage.jpeg

昨日10月18日(日曜日)16:00〜、新松戸にある「アビルコーヒー」にて、
読書会を行いました。
今月課題図書はマイケル・サンデル氏の「それをお金で買いますか」でした。

私たちはお金を払えばほとんど何でも手に入れることのできる時代を
生きていますが、
本当になんでもお金で手に入れてしまって良いのか。

本書は「公正さ」と「腐敗」の観点からそれを問いかけ、
お金というテーマから、私たちにより善く生きるとはどういうことかを問いかけてくる本でした。


よく、「お金の使い方でその人の生き様がわかる」というような
話も聞きますが、現代がなんでも買えてしまう世の中だからこそ、
人間の身勝手さを心に留めながら、
自己を律し、美しい生き方を求める姿勢が必要なのかもしれません。





=次回読書会のお知らせ=

毎回熱い議論の交わされる読書会にあなたもご参加しませんか?
次回読書会は11月28日(日)16:00〜新松戸周辺にて実施します。
課題図書は松下幸之助氏の著作「リーダーを志す君へ」です。
こちらも素晴らしい良書ですので、ぜひ興味を持たれた皆様はお読みください!
そして、読書会に参加してみたい!という方は、
keiji@mskj.or.jp(@を半角に変えてください)へのご連絡をお願い致します。
皆様のご参加、お待ちしております。
大雨に感じたこと[2015年09月11日(Fri)]
大雨により、多くの被害が出たことにお見舞い申し上げます。

私の住んでいる地域は、9月10日午前中大変な雨が降りしきりましたが、
午後は止み、道路の状態も安定していました。
松戸市の大雨の影響により発令されていた避難準備情報も、
9月10日午後7時15分をもって解除されたそうです。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/

しかしながら茨城県常総市など、沢山の方が今も避難をしている地域もあり、心配です。
みんなが無事で、早く落ち着いた生活を取り戻せますように。。。

普段は殆ど閲覧しない市のHPですが、
こういうとき、最新の情報を提供する自治体の重要性に気付かされます。

今日も、普段がいかに平和なのかを実感しました。
平和に無事で暮らせるありがたさをしっかり受け止めて、
日々を過ごして行きたいと思います。
ふるさと住民票[2015年08月21日(Fri)]
今朝の朝日新聞に「ふるさと住民票」という制度に関する記事が載っていました。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11924532.html
http://digital.asahi.com/articles/ASH8N45W2H8NUGTB002.html

自分がそのまちに住んでいなくても、ふるさと納税をしていたり、災害などで他市に避難していたりする場合等に、「ふるさと住民票」を発行し、広報が届いたり、そのまちのサービスを住民価格で受けられる、という内容のものだそうです。

私は、住んでいる・住んでいないに関わらず、
「そのまちが好きだ!」という思いを持ってさえいれば、
そこはもう自分のふるさとと言えるのではないか??
と思ってきたので、この制度構想は素晴らしいな、と単純に思いました。

どんな政策にも、メリットがあればデメリットもある、と言いますので、
この構想によってどんなデメリットがあるのかも含めてよく調査し、
その上で支持できたらいいな、と思いました。
タウンミーティング[2015年08月20日(Thu)]
先日タイミングが合って、初めて、
大塚けんじ松戸市議会議員のタウンミーティングに行ってきました。
大塚議員からは、行革・人事・スポーツと多岐にわたる分野で「松戸市に対して、仕掛けていくぞ!」
という気持ち(というかエネルギーの塊みたいなもの)が伝わってきてパワーをいただいたほか、
その具体的なアイデアまで聞くことができました。
ぜひ一つ一つ実現していってほしいな、と思います。

今日の朝日新聞に載っていた、HISが再建を手掛け、今も成長の勢いを見せるハウステンボスの記事を見ると、
成功の要諦は、既存の枠組みに縛られず、新しいチャレンジ、試行錯誤をしまくることなんだと、改めて気づかされます。


テーマパークとしてのハウステンボスだけでなく、
松戸市にも、もとからあるのに光を浴びていない施設や取り組み、
これからまだまだ仕掛けられる可能性の種がいっぱいあるはずです。
某小説の、高知県テーマパーク化計画、じゃないですが、
松戸もテーマパークのように、
わくわくする魅力ある市になると良いなと思います。


image.jpg
松戸の梨園![2015年08月12日(Wed)]
こんにちは、松戸政治塾です。
突然ですが皆さん、松戸は梨のブランドの原産地って知っていました?


二十世紀梨というブランドの梨の産地だそうです。
8月中旬から10月中旬まで梨もぎ体験と購入ができる、ということで、こんな資料が!


image.jpg


image.jpg


夏休みや9月のシルバーウィークの思い出にももってこいですね!
私も一度行ってみたいです。
[参加者募集!]9月12日(土)開催、次回読書会のご案内[2015年08月12日(Wed)]
皆さんこんにちは、松戸政治塾です。
暑い日が続きますね。

一般公開を始めてから、
毎月盛り上がりを見せている「読書会」ですが、
9月のご案内をさせていただきます。

下記、ご興味のある方は、
keiji●mskj.or.jpまでご連絡下さい。
(●を@へ変えてください。)


日時:9月12日(土)10:00〜
場所:新松戸周辺(参加表明者へ個別にご連絡いたします。)
課題本:「『科学的思考のレッスン』学校で教えてくれないサイエンス」
(NHK出版新書、戸田山和久)
http://amzn.to/1WheKrs
参加費:1,000円(資料代、会場費、ワンドリンク込)

11825228_754044494722333_5545777644316892433_n.jpg


ぜひぜひお待ちしています!
読書会『公共哲学』(マイケル・サンデル)終了![2015年08月03日(Mon)]

昨日8月2日は、月に一度の読書会でした。
テーマはマイケルサンデルの「公共哲学」。

タフな本だったため、
読み込むのが大変でしたが、
皆さんと議論したことで、理解を深めることができました。


一部の裕福な人々に対して、
中流以下の人たちが増えてきていている現代社会。

自分もいつ困窮したり、
より弱い立場に立つことになるかわからない毎日ですが、
今まさに困っている人、苦しんでいる人を含め、
みんなで少しづつ痛みを分かち合っていけたら、
と思いました。
それが「公共哲学」ではないでしょうか。

また私は、毎日の中でただ痛みを分け合う、だけではなく、
そんな毎日の中にも、大きな幸せを感じられるような生き方がしたいと思いました。


「その幸せってどうやって手に入れるの?」
という質問をいただきました。

それは、人と目指したいビジョンや夢や希望を共有していくことかな、と思います。

その、私が求める共有感ですら、
独りよがりなものになる可能性はあるけれど、
それを恐れずに心開いていくこと、
失敗しても信じて進み続けることに大きな幸せのヒントがある気がします。

成功の要諦は成功するまで続けること。
みんなでがんばりましょう。
読書会『松下政経塾講話録』終了![2015年07月27日(Mon)]
7月26日(日)15時より、新松戸市民センターにて、
読書会を行いました。

今回の課題図書は、
『松下政経塾講話録』(PHP文庫、松下政経塾 編)でした。
1979年、松下幸之助氏によって設立された松下政経塾には、
常勤の講師はいません。
研修設計から自分たちで行い、準備をし、
講師の方に来ていただいたり、自ら現場に赴いたりするという
「不親切な」塾が、松下政経塾なのだそうです。

そんな松下政経塾における5名の方々の講話録。
私が特に印象に残ったのは、
p24〜26「三千時間は自分が主役」という牛尾治朗氏の講話と
p199〜202「専門知識より、豊かな良識を」という宮田義二氏の講話でした。



私たちは働いていても勉強していても、
1年の中で3000時間は、拘束されない自由な時間を
持っているのだそうです。

p26
「そして、できれば、年初頭に会社の二千時間はどうやって
自分の個性のある演奏、演技をするかということについて
十分考えると同時に、残りの産前時間についても毎年何か
志を立ててほしい。
三千時間のうちの一千時間は無為にすごしてもいいけれども、
のこりの二千時間を二つに分けて、
なにか二つのことに挑戦しなさいよ」

という言葉に、
「このままではいられない。自分の生活を見直し、
たくさん学び、たくさん経験し、
たくさん成長できるようにがんばろう!」
という思いが湧き上がりました。

また、その思いをどういう形で形にしていくか、という点で
「専門知識より、豊かな良識を」という言葉にヒントを感じました。

「豊かな良識」とは、
わかったような、わからないようなフレーズですが、
知識と知識を組み合わせて次に起こりそうなことを予測したり、
全体を俯瞰して考え、判断する力のことだと、私は思います。

なんとなく知識の海に身を委ねたり、
その中で溺れてしまうのではなく、
知識を使って新しい何かを生み出したり、
わくわくするような企画を打ち立てたり、
次の一歩の行動を起こせるような人になりたいと思います。


私たち松戸政治塾で行っている「読書会」も、
豊かな良識を身につけるための一つの方法だと思います。

引き続き、みんなでいっしょに学んでゆきたいと思いますし、
もっと多くの仲間と出会い、一緒に高め合っていけたらと思います。

松戸政治塾の活動に興味のある方は、ぜひ、
keiji@mskj.or.jp(@を半角に変更してください)まで
お気軽にご連絡ください。

皆様との出会いを楽しみにしています。
【新生!松戸政治塾より】読書会のお知らせ[2015年07月12日(Sun)]
皆さんこんにちは。
松戸政治塾です。
1年ぶりの投稿となってしまいましたが、またここから少しずつ更新していけたらと思います。

さて、新たに活動を再開した松戸政治塾より【読書会】のお知らせです。
【読書会】とは、
「もっと考える力をつけたい!」
「読書のきっかけがほしい!」
「仲間と一緒に議論してみたい!」
などというメンバーの思いから生まれた活動です。

準備は、「課題本を読んで自分の考えをまとめてくる」これだけです。

互いの学びを共有しながら、ホンモノの‘知性’を身につけましょう!
参加希望者はkeiji@mskj.or.jp(@を半角に変更してください)までご連絡ください。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

大学生向けチラシ (前田奈津希 の競合コピー 2015-07-03).jpg
全速前進[2014年03月25日(Tue)]
こんばんは、こむろんです。


喜劇王、そう呼ばれてチャップリンはどう感じていたのでしょうか。

「Next One.」、己の最高傑作を問われてそう答えるチャップリンは、どう思っていたのでしょうか。

今となってはわかりませんが、次を見据え続ける芸術家が、自分に満足して快く「王」の呼称を認容していたのだろうかとも思います。

ぼくも、彼の様に次を視ることを意識したいです。

進もうとしなければ、

きっと止まることさえ危ういんでしょうから。

前へ前への気概を持ち続けようと思います。


ありがとうございました。


こむろん
| 次へ
プロフィール

松戸政治塾さんの画像
松戸政治塾
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/matsu-sei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/matsu-sei/index2_0.xml